FC2ブログ

テレビが終わる日


アナログ放送が終了する7月24日は【テレビが終わる日】──僕はそう思ってきた。
僕はテレビで育った世代である。ずいぶん長い間テレビを見てきた。おもしろい番組もたくさんあったし、ためになったり感動した番組もある。投稿ビデオ番組で飼っていたカメレオンの映像が紹介されたこともあったし、僕自身が自作ヒーロービデオ(※1)でテレビ番組に出演したこともあった。思い出深いテレビ番組も決して少なくはないのだが、今のテレビとの決別に特に感慨のようなものはない。

というのも昨今のテレビ番組の制作姿勢には失望や憤りを感じることが多く、テレビ番組を見る事自体にフラストレーションを感じるようになっていたからだ。
そして実際に最近ではテレビを見る機会はめっきり減って、テレビに対する気持ちは冷めきっていたといってよい。
これは決して僕だけが感じてきたことでは無いだろう。僕の周囲にもテレビを見ない人、テレビ自体を持たない人がいる。


●テレビは愛好的支持層を裏切り続けてきた
昨今のTV番組制作の姿勢には疑問を感じる。目先の視聴率を稼ごうとしてのことだろう──本来のファン層の期待に応える質の高い番組作りをしようという意気込みは感じられず、家事等しながら(?)無目的・惰性的にテレビをつけてチラ見いる人達の気を引くような画面作りに走っているような印象が強い。そのジャンルにふさわしいとは思えない人気タレントの起用、バラエティ化、本筋と離れた部分での過剰な演出──それらは、本当にそのジャンルが好きで一生懸命観ていた人達を大いに失望させてきた(※2)。
短期的にはそれで「本来のファン層以外の人達」の視聴率を取り込んだ分、数字は高めることができるかもしれないが、長期的には「本来のファン層」から見限られ、テレビ離れに拍車をかける事にしかならないだろう。それはおそらく制作側にもわかっているハズだが、各局がこうした短期的な視聴率競争から離脱できずに悪循環を続けてきた感じが否めない。

テレビ番組制作側は、本来一番大事にすべき愛好的支持層に背を向け、目先の視聴率稼ぎに躍起になって「粗悪な番組」を作り放送し続けてきた──少なくとも僕にはそう映る。
僕も以前は好きなジャンル・テーマを扱った番組は見ながら録画していたが、昨今は「好きなジャンルの番組をフラストレーションを感じながら見る」ことが、さすが辛くなってきた。そして最近では録画はおろか見る事もしなくなってきていた。

そこへきて、地デジ化への乗り換えが迫られる事態となったわけである。
すんなりと移行する気には、とてもなれない。


●アナログ放送終了後、地デジ放送を受け入れるかどうかは各々の自由意志
「地デジ化」については電波域の整理のため、必要なのかもしれない──それはわからないではない。しかし、これは視聴者の都合ではなく、国や放送局側の一方的な決定である。これによって視聴者は、それまで使っていたテレビや録画機が利用し続けられなくなってしまった。

アナログ放送終了後もテレビを見続けようとすれば、地デジ対応の機器を新たに購入しなくてはならない。
果たして新たな投資をしてまでテレビ番組を見続ける価値はあるのだろうか?──立ち止まってそう考えるのは当然の事である。むしろそう考える方が健全だろう。
アナログ放送視聴層が全てそのまま地デジ視聴層に移行するかのような幻想の上に立った地デジ化計画は傲慢で身勝手と言わざるを得ない。

テレビを視聴し続けるかどうか、地デジに完全移行するまでようすをみながら判断しようと考えた人もいただろうし、アナログ放送終了の後に地デジ導入の採否を決めようと思っていた人もいただろう。
地デジ化が国や放送局にとって必要な措置であったとしても、新方式のテレビ等を購入してまで見続けるかどうかは各々の判断である。

アナログ放送終了を機にテレビとの決別を決断する人だって当然いていいわけだし、こうした人達の意志も尊重されるべきである。
放送局側は、こうしたアナログ放送限定でテレビを視聴している人達に対しても誠意をもって最後の1秒まで、これまで通りベストの放送を心がける──それが最低の責務というものだろう。アナログ放送終了は視聴者の都合を無視して国や放送側の一方的な決定で行われるのだから。

ところが実際はというと……アナログ放送視聴層に対するテレビ局の対応はひどいものだった。地デジ化をうながすスーパーを常時表示させ、画面を見づらくする事で地デジ化へ追い立てよういう露骨な嫌がらせを展開してきた(※3)。まるで立ち退きを迫る地上げ屋のようだ。

地デジ化にする気がない視聴者にとってこの嫌がらせ表示はうっとうしいことこの上ない。
アナログ放送視聴層は受信料を払っていても、テレビ業界にとってもはや「客」ではないということなのか。
こんな扱いを受けて、テレビが好きでいられるだろうか?

地デジ化を迫る、不当で高圧的・傲慢な手法はテレビに対する嫌悪をさらに強め、決定的にした。
僕の環境ではテレビの画質が落ち、7月に入ってからはそれまで使っていたDVDレコーダーでの番組録画ができなくなっている。
実質的にはアナログ放送の終了を待たずに「テレビ」は終わっていた。
こんなテレビを、もう見たいとは思わない。


●アナログ放送終了でNHKの受信契約は一度クリア(解約)されるのが筋
視聴率稼ぎの演出が見苦しい民放に対し、NHKはドキュメンタリー番組などに良い作品があったように思う。しかし番組内容の善し悪しとは別に、理不尽な受信契約を根拠に、高圧的・暴力的な受信料の取り立てをしていることに問題を感じるようになった。こうした組織が許されてよいのだろうかという疑問である。
受信料を払わない個人に対し財産を差し押さえる強制執行に及んで「はぎ取って」いった例もある(強制執行の法的根拠となる放送法自体に問題がある)。
NHKは「やむを得ないと判断した場合は、支払督促制度と強制執行手続きを活用し、受信料の公平負担の徹底を図る」としているが、これは実質的な「脅し」だろう。

本来ならば、受信料を払わない人は閉め出し、「見られないようにする」というのが筋である。一方的に電波を送りつけ、受信できる環境にあったのだから(見る見ないにかかわらず)支払えと強要するのは悪質な「押し売り」と変わりない。財産差し押さえという暴力的な手法で回収しようというのは、まるで暴力団ではないか。

テレビ放送が始まった当初はスクランブル放送等の技術が無かったのかもしれないが、現在はその技術がある。実際にWOWOWなどではすでに使われている。地デジ化へ移行する際にはNHKもスクランブル放送を導入し「受信料を払わない人には見せない」ようにできたはずだ。「受信料」を徴収するのであれば、そうすべきだったろうと思う。
にもかかわらず、NHKはこれまでどおり「電波の押し売り」を続けるつもりなのだろうか?

しかしNHKの番組も、アナログ放送終了によって、地デジ未対応の旧受像機では視聴できなくなる。受信契約の根拠自体が失われることになるわけだから、旧(アナログ放送)受信契約は一度すべてクリア(解約)されるべきだろう(視聴者側からの解約申請ではなくアナログ放送終了を受けての自動的な契約解除)。そうでなければおかしい。
その上で、地デジ化対応機器を導入した利用者とあらたに受信契約を結ぶというのが筋である。

アナログ放送のみを受信していた(地デジ放送は受信できない)旧契約者から、地デジ化完全移行後も受信料を引き落とし続けるなどといった不正受給まがいの詐欺があっては断じてならない。
そして、旧契約者が地デジ化移行後も受信契約を更新するか否かについての確認責任は、被害を受ける視聴者側ではなく、あくまでも一方的にアナログ放送終了を決めた国やNHK側にある──というのが論理的には「正しい」あり方であろう。


※1●ミラクル☆スター~実写版~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

※2●最近のテレビ番組に思うこと
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

※3●アナログ放送の空耳?字幕
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-132.html

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック