FC2ブログ

虹色ハムシと呼びたいアカガネサルハムシ

虹色ハムシ!?



タマムシ(ヤマトタマムシ)に匹敵する美しさを持ちながら、こちらはタマムシに比べるとかなり知名度が低い。タマムシにボリウム(大きさ)の点でだいぶ格差はあるので目立ちにくいのだろうか。あるいはブドウの【害虫】という良くないイメージがついてまわることで人気者になれなかったのか……。




メタリックに輝くタマムシ色のボディは美しい。こんなにキレイだと天敵の鳥たちに目立ってしまうのではないかと要らぬ心配をしてしまいたくなるが、タマムシのメタリックな輝きは鳥を避ける効果があるというから(※宝石昆虫タマムシ/玉虫の金蔵とは!?)、アカガネサルハムシの場合も同様に鳥を避ける効果があるのかもしれない。
一見目立ちそうな体色だが、食草の若葉は赤みを帯びるので、緑と赤の体色は餌の葉についていれば案外溶け込んで見える──保護色になっているのではないかと考える人もいるようだ。


さて、この【アカガネサルハムシ】──名前(標準和名)がしっくりこない。
《アカガネ》は漢字で書くと「銅」「赤金」──色を現しているのだろう。「銅色(あかがねいろ)」を調べてみると「赤銅色(しゃくどういろ)」とある。色見本で「赤銅色」をチェックしてみたが、地味なイメージに首を傾げてしまった。
どうして【《銅》サルハムシ】なのか?
《サルハムシ》の方はハムシ(葉虫=葉につく虫からきているのだろう)の中に「サルハムシ」というグループ(亜科)があるのでこのグループの虫という事なのだろう。
このグループをなんで「《猿》葉虫」と呼ぶのか……このあたりも釈然としないのだが……ネットで検索すると丸みのある姿が縁起物の《くくりざる》なるものに似ているからではないかという説があるようなのだが……《くくりざる》を僕は聞いた事が無かった。名前をつけるさいに、そんなマイナーな(?/イメージしにくい)ものに例えたりするものだろうか? それとも命名当時、《くくりざる》は一般的に広く知られていたのだろうか?

アカガネサルハムシには、よくみると毛が生えている。画像的にはあまり毛が目立たないものの方がキレイな気がしているのだが……サイズも大きさも似たものに【トビサルハムシ】というのがいて、これは体毛(?)がかなり濃い。


もしかすると、この毛深かさが獣の被毛を連想させ、《猿》(腕の長い感じが似ている?)のようなハムシ──《サルハムシ》がグループ名に付けられたのではないか?……なんて思ってみたりもしたが、これは根拠の無い想像にすぎない。

いずれにしてもアカガネサルハムシは標準和名としては長いわりに本来のイメージを現していないように感じる。
見た目のイメージからすると、やはり【虹色ハムシ】がピッタリくるように思う。
もしそんな名前がついていたら、この虫ももっと親しまれ知られていたのではあるまいか?

名前の由来となったエピソード!?

昔、アカガネサルハムシはタマムシと同じくらいの大きさがありました。
アカガネサルハムシとタマムシは仲が良く、きらびやかな衣裳をまとってつるんで歩くのが好きでした。
ある日、2人が武道館の前を通りかかったところ、アイドルのコンサートが開催されていました。お金持ちのタマムシは「見て行こう」とさそいましたが、アカガネサルハムシはお金を持っていなかったので、その場から立ち去ろうとしました。そうすれば友達のタマムシもあきらめて一緒に来ると思ったのです。
しかしタマムシはアカガネサルハムシを置いて武道館に入って行ってしまいました。
アカガネサルハムシは無視されて、悔しさ寂しさと恥ずかしさで身が小さく縮んでしまいました。
そのときのアカガネサルハムシの一連の心の叫び──、
<あ、金がねえ(無い)、「去る」は無視!?>
これが名前の由来となりました。
武道館に入れなかったアカガネサルハムシは悔しくて「ブドウ」を食害するようになったそうです。


──というのは全くの作り話。
なんで「アカガネサルハムシ」なのか……名前の由来をあれこれ推理しているうちに、納得の行く情報がつかめず、こんな妄想まで展開してしまったしだい。

口直しに虹色昆虫つながりで…





メタリックに輝く虹色のハチ


スポンサーサイト



コメント

No title
本当にそうだったような気がしてきました~(^o^)丿

私などカメラの角度や光線の加減で、アカガネサルハムシの見たままの輝きを写し取るのは難しいです~!
No title
アカガネサルハムシ……もっとふさわしいネーミングがあったのではないか? とか、なんで、この名前になったのだろうと、あれこれ妄想してしまいました(笑)。

この虫は小さいし、動いたり落ちたりするので満足できる角度からの画像がなかなかとれませんね。
フラッシュを使うと色がうまくでないし、光沢のある体に映り込む(?)周囲の明るさみたいなものも関係して、なかなか見た目の美しさを記録するのが難しいです。

逆に言うと、画像では黒くつぶれてしまいがちな部分・ととんでしまいがちな明るい部分を同時にみることができる人の眼(&脳の処理能力?)はスゴイ──ということなのかもしれませんが。
No title
アカガネサルハムシ教えていただきありがとうございました。
ノブドウ、エビヅルあります。なるほどです。
またよろしく。
No title
アカガネサルハムシは美しいですね。
知らない人でもついカメラを向けたくなってしまう昆虫でしょう。

同じ昆虫といっても、ヒモワタカイガラムシみたいなのもいるし……昆虫の多様性には驚くばかりです。
No title
こんばんわ。
本当に美しい虫ですよね。
桃の袋掛けをしながら・・思わす撮ってしまいました。
なんと言う虫だろうと思いながら・・。
アカガネサルハムシ・・なかなか舌をかみそうですが・・・。
でもハムシって言う名前は。。結局・・害虫ということになるんでしょうか??
No title
アカガネサルハムシはブドウにもつくので《(ぶどうの)害虫》ということになりますね。

ハムシの仲間でも農林業に害のない植物を食べる種類は害虫にはならないと思います。

アカガネサルハムシ──野山で出会えば、ちょっと嬉しい虫ですが、ブドウ園ではやっかい者みたいですね。
No title
今日母を迎えに行って車に乗せました。
気づくとフロントガラスの内側にアカガネサルハムシが‼
その時は名も知らぬ昆虫。
とりあえず捕まえて目的地に着いてから逃がしましたが、その間母と2人で綺麗やねーと見惚れました。
なので早速調べた次第です。
かなりレアな昆虫だと思いましたがどうなんでしょう?みんな見たことあるもんなのかな?
No title
> ker*****さん

知らずに初めてアカガネサルハムシを目にすると、あまりの美しさに、珍しい虫なのかと思ってしまいますね。
(ふつうにいれば、もっと知られていてよさそうな美しさでいす)

でも、よく見かける虫の1つです。タマムシのように金属光沢が美しいのに小さいので目にとまりにくいのかもしれませんね。
注意して見ると、小さいながらきれいな虫・面白い虫はけっこういたりします。

管理者のみに表示

トラックバック