FC2ブログ

メニュー[インディーズヒーロー][ローカルヒーロー][フェレット][コノハムシ][昆虫][漫画][童話]等


★インディーズヒーロー
ミラクル☆スター~実写版~※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド~実写版~※小学2年のスーパーヒーロー誕生
ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
自作ヒーロー:型紙マスクの作り方
幻のインディーズヒーロー・アクション『ミラクル☆スター2』の絵コンテ
ヒーロー的宙返り

★ローカルヒーロー フォト漫画レポート


ローカルヒーロー首都決戦2009@亀有/■ローカルヒーロー首都決戦2010@秋葉原
 
★フェレット漫画『ふぇレッツ・ゴー』 ※カラー加筆復刻版
しっぽの役割:編(尾の役割&しっぽ振りの意味)
超魔術イタチ:編(&動画【超魔術イタチ】/ケバエ幼虫との遭遇)
グランジ目線で散歩:編(&グランジが散歩した距離/動画【快走!散歩派フェレット】)
イタチと迷信!?:編(イタチは不吉!?)
ニオイでほんろう:編(最後っ屁対決!?/&【イタチのさいごっぺ】について)
すっげ~:編(最大のハプニング!?)
忍者イタチ:編(&忍者イタチ動画)
『フェレットinジャケット』(フェレット漫画第1作)
ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編
『フェレットのいる風景』




★昆虫★~メニュー《1》~昆虫など~メニュー《2》~昆虫など~メニュー《3》~カマキリの卵のうと積雪の関係虹色のハチ怪獣のような幼虫!?ネコのような虫!?ジュエリー昆虫木片そっくりの蛾ハチを思わせる蛾ハチそっくりのカミキリ宝石昆虫タマムシ・玉虫の金蔵とは!?虹色ハムシ・アカガネサルハムシ仰天!?眼をつむるシロコブゾウムシ青リンゴの香り:キバラヘリカメムシフユシャク:翅が退化した♀/翅でニオイを嗅ぐ♂手すりの昆虫ドラマフユシャクの婚礼ダンス眼状紋と眼隠蔽模様宝石蜂(jewel wasps)セイボウノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか?ニホントビナナフシ東京でも両性生殖テントウムシに写り込むカブトムシ《ツノのジレンマ》!?背中に【T】:TokyoToraカミキリ@東京切られた触角の謎~《ひげ噛み行動》考托卵の機会をうかがうムツバセイボウミドリセイボウとルリジガバチ葉上のドラゴン:ウコンカギバ幼虫黄金色のコガネムシ紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火昆虫のギミック&トリック冬の極小カミキリ登場マエムキダマシ!?クロスジホソサジヨコバイは誰を騙すのか?豆粒ほどのお地蔵さん!?アカシマサシガメ虹色の輝き!アカガネサルハムシエゴヒゲナガゾウムシ:オスの眼はなぜ離れてる!?キマダラカメムシの臭腺開口部アカスジキンカメムシの抜け殻おとしカメムシの抜け殻落とし行動セミヤドリガの羽化スーパーヒロイン模様の虫ミミズクのダンス枯葉チックなアカエグリバ&冬尺蛾眠れる森の長老!?ミミズク幼虫輝くアオマダラタマムシと銀の蛾ヨコヤマトラカミキリの模様変化する模様!?キマダラミヤマカミキリ他エメラルドを隠し持つムツボシタマムシカギバラバチ:大量微小卵のナゼ?ハリサシガメぷちまとめハリサシガメぷちまとめ2ハート紋のモンキツノカメムシ&…アカスジキンカメムシぷち実験で輝き復活意外な翅の役割り!?クロスジフユエダシャク牙付きマツトビゾウムシ牙付きクチブトゾウムシゴマダラカミキリに思う…隠れ構造色の蛾奇妙なセモンジンガサハムシの蛹ヒメエグリバのトリックアートシブく輝くウバタマムシ他変化する輝き!?アカアシオオアオカミキリ@葉テングスケバ天狗の鼻は何のため?アカエグリバ&ヒメエグリバの枯葉擬態立冬すぎのアブラゼミ!カメムシの奇行!?抜け殻落としプチまとめ など
リアルこびと虫(人面虫)
漫画【虫屋な人々】

★マンガ★~メニュー~

★読み切り童話・短編・ショートショート&イラスト★~メニュー~



※読み切り作品を試験的に(?)再構築中↓
★はてなブログ>チャンネルF
スポンサーサイト



コメント

No title
モンクロシャチホコではないかとのご指摘。調べてみたらその通りでした。ありがとうございます!
No title
今年は僕の近所でも桜でモンクロシャチホコ幼虫が大発生しているようです。成虫を見ると「白樺の枝片」をイメージしてしまうのですが……似た感じで「桜の枝片」にそっくりなツマキシャチホコなんていう蛾もいます。
・木片そっくり【ツマキシャチホコ】
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/17168986.html
No title
ご訪問ありがとうございます^^

黒い虫の正体も教えていただいて助かりました^^

よく御存じなんですね^^

やはり気になっておりましたから明日病院へ行こうと思いました背中まだ腫れが酷くって虫の名前教えていただいたので医師にも答えられますよ

本当にありがとうございました
No title
> uraomoteさん

以前テレビ番組で、昆虫写真家の海野和男さんがヨコヅナサシガメによく似たサシガメ(海外ロケだったので正確な種類はわかりませんが)をつまんで紹介していたところ刺されるというアクシデントがあって、すごく痛がっていたことがありました。
やはりカメムシの仲間のタガメも、刺されるとすごく痛いそうです。獲物を溶かして吸うタイプの昆虫は、消化酵素のためか痛かったり傷の治りが遅いこともあるみたいですね。お大事に。

管理者のみに表示

トラックバック