FC2ブログ

Yahoo!ブログの可能性


誰もが手軽に始められるブログ。
今では当たり前のツールだが、昔をふり返って考えてみると「夢のような時代」になったものだと思う。

僕が童話を書き始めた頃は、パソコンはおろかワープロもまだ無かった。原稿用紙に手書きで文字を埋めていくしかない時代だった。
自分の書いた文章が活字化(活字表記)されるなんて機会もめったになかったし、活字化自体にあこがれたものだ。
また、作品を書きあげることができても、それを他の人に読んでもらうのが一苦労。素人が作品を気軽に発表できる場も無かった。
そのため、自費出版を考えたり、同人誌に参加して仲間たちと互いの作品をまとめた冊子を作ったりしたものだ。最初に作った同人誌は手書き文字のガリ版印刷で、苦労して作った割に見栄えが悪かった。
後に自分で軽オフ印刷機を買い込み、同人誌を主宰したりもしたが、これも手書き文字だった。発行部数だってたかが知れている(200部前後)。当時100万円以上する印刷機&製版機を買って実現した同人誌だったが、一般の人の手に渡る機会は非常に少ない、《発表の場》としては、ささやかなものだった。

自分で書いたものを活字化(活字表記)したり他の人に読んでもらうためにはコストや労力が必要……それが当たり前の時代だった。

それが今ではどうだろう。
インターネットに接続したパソコンさえあれば誰でも手軽に、お金をかけずにブログを開設できるし、書いた(タイプした)記事は、瞬時に世界中から閲覧可能な《場》に公開できる。
しかも表記は読みやすい活字だし、そればかりか同人誌では高額でなかなか利用できないカラー写真やカラーイラストも載せ放題。さらに動画まで添付できるというのだからスゴイ時代になったものである。

何かを表現したい、まとめたい、情報や意見を交換したい──と考える人にとってブログは「夢のようなツール」といっても良いのではないかと思う。
もちろんブログにも限界や難点はあるし、種類によって一長一短があったりするが、それらを差し引いても、同人誌をやっていた頃から比べれば利用価値の高いすごいツールであることは間違いのないところだろう。工夫次第で色んな可能性が広がりそうである。

というわけで、Yahoo!ブログを使って、どんな事ができるのか──いろいろ試してみているしだいである。
昔、ビデオで作ったインディーズヒーロー関連の記事をまとめてみたり、写真と漫画を使ってコノハムシの観察をまとめてみたり。
以前モノクロで描いたマンガに色を塗ったものをアップしてみたり、やはりモノクロ挿絵とともに発表した短い童話をカラー挿絵つきで縦書き画像にしてアップしてみたり。
また、ローカルヒーロー・ショーをフォト漫画風に加工してレポートしてみたり。
思いつくまま試しているので内容的には統一感に欠ける気がしないでもないが、TOPページにメニューとして色々な項目をハイパーリンクでまとめてあるので、興味のある人には該当項目がみつけやすいのではないかと思う。

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック