FC2ブログ

実録バイクアクション!?


若い頃、バイクに乗っていた時期があった。HONDAのXL250Sというヤツ。モトクロス基調のデザインでロードも走れるデュアルパーパスと呼ばれるタイプだ。
バイク屋でXL250Sのポスターを見て、そのスタイルに惚れ込み、このバイクに乗るために中型免許を取った。
そして念願のXL250Sを手に入れ気分良く乗っていた。

しかし、バイクに乗っていれば時折目にする【事故現場】。
バイクが絡む事故はライダーの過失の有無にかかわらず、よりダメージを受けるのはバイク側だ。
「悲惨……」と思うと同時に「いつかは俺にも巡ってくるんだろうか……」などと予感めいた不安が脳裏をよぎることもしばしばあった。

そして、予感通り……はたしてその瞬間は、やってきた。
XL250Sで自宅にほど近い市街地の一方通行の優先道路を走っていた時だった。信号の無い交差点にさしかかったときに、右側の路地から突如、乗用車が飛び出してきたのだ。
乗用車は「一時停止」を怠ったどころか「徐行」でもない──信じられないスピードで、いきなり目の前が塞がれた形だった。
反射神経にはいささか自信があったが、この時はブレーキをかける間もなかった。視界に入ったのとほとんど同時に乗用車の左側面にそのままのスピードで突っ込んでいた!

その瞬間、
「ああ、ついに俺にも巡ってきたか!」と観念する気持ちと同時に
「ああ、俺のバイクがぁぁぁぁ!」
という悔しい思いが脳裏をフラッシュ!
不思議と「怖い」とか「痛い」とか──自分の体に対する不安はなかった。
一瞬の心を占めたのは、「ノーブレーキで自動車に激突した愛車がどの程度のダメージを被るか」という心配だけだった……。

車に突っ込んだ瞬間、でかい音とともにXL250Sの長いフロントフォークが信じられないほど沈み込んだ──という意識はあるのだが、その直後の記憶が一瞬サダカではない。

衝突直後、目に映ったのは、愛車を酷い目に遭わせた憎っくき乗用車がそのまま走り去ろうとしている「後姿」だった。
あろうことか、事故を起こした車は止まるどころか、加速して逃げようとしていたのである。
「逃がしてなるものか!」と激怒したものの、倒れているXL250Sで追いかけるのは無理(すぐにはエンジンはかからないだろうと思った)。
「ならば、せめてナンバーだけは覚えておかねば」と、走り去る車のナンバープレートに意識を集中した。この瞬時の判断が功を奏し、警察は数時間後に逃げ去った犯人を検挙することになる。ちなみに無謀な運転をしていたのは、「なんと」というか「なるほど」というか──免許を取得していない十代の若者だった。後にわかった事だが、この車は事故現場から逃げ去るさいにその先の一時停止の交差点も猛スピードでつっきっていたらしい。

気になる事故の被害だが……XL250Sはフロントまわりの交換が必要だった。
衝撃でフォークやリムがひしゃげたのは当然のことだろうが……モトクロス基調の頑丈なハンドルがうっすらU字型に曲がっていたのには驚いた。これは激突した瞬間、両腕でふんばったための変形だろう。かなりのGがかかった事を物語っている。「それにしても、ハンドルを曲げてしまうとは……俺って超人ハルク!?」なんて思ってしまった。
後日、大胸筋に激しい筋肉痛(ふんばったため)がでたものの、バイクが受けた損害の割には僕が受けたダメージはほとんどなかった。他には治療中の前歯の1本が折れた程度である。
ちなみに事故時にはモトクロス用のマウスガード付きヘルメットをかぶっていた(画像のものとは別)。なのにどうして歯が折れたのか?……と不思議に思ってマウスガードをよくみると塗装にヒビが入っていた。事故のとき乗用車のバイザーが落ちたので、屋根のへりにマウスガードが当たったのかもしれない。衝突時の一瞬、記憶が飛びかけたのは、このヘルメット越しのアゴへの一撃のせいだと思う。かくして愛用のヘルメットも交換となった。
もちろん修理代とメット代は、後に捕まった犯人に全額負担させた。

さて話を戻して、衝突直後の現場だが……事故を知った人が集まってきた。目撃していた人が通報してくれたおかげで、ほどなくパトカーが到着。
現場検証のかたわらで警官の聴取に応じることとなった。僕はナンバープレートの番号を覚えるのに懸命で、乗用車自体の特徴については今ひとつ記憶に自信がなかったのだが……とりあえず、ナンバーを記憶していたことが良かったのだろう。犯人はその夜捕まり、XL250Sの修理代&ヘルメット代で自腹を切ることは免れたのである。

ただ、我ながらちょっと不思議なのは……事故直後、あわてて逃げて行く車両のナンバーをよく覚えられたものだな──ということ。
ノーブレーキでバイクごと車に突っ込んだのだから……普通に考えたらナンバープレートなど見ている余裕はないだろう。
どういう状況で車両ナンバーを確認できたのか、自分でもハッキリしないのだが……それについては事故を目撃していた営業マン風の男性に聞かされた。事故後その人は僕のそばにやってきて興奮気味に声をかけてきた。
「お兄さん(その時は若かった)スゴイね、とばされて一回転して立ったね!」
ふつう事故にあった人にかける第一声は「大丈夫ですか?」だと思うのだが(笑)。
しかし、確かに、そんな状況でもなければ走り去る車のナンバーを記憶する時間はなかったのかもしれない……。

着地した時にミラクル☆スターに変身していたら大したものだが……さすがに修行が足りず、そこまでのことは起こらなかったのである。


画像は当時の愛車XL250Sと若い頃の修行風景!?

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック