FC2ブログ

カマキリの卵のうと積雪の関係


今年もカマキリの卵嚢(らんのう)がみられる時期になった。
カマキリの卵嚢といえば思い起こされるのが「カマキリの雪予想」。
【カマキリの卵嚢が高い位置にあれば大雪】──というものだ。
もともと雪国の伝承だったようだが、これを科学的に確かめたという本──『カマキリは大雪を知っていた』(酒井與喜夫/農山漁村文化協会)が2003年に出版されたことで、この話題は一気に全国に知られるところとなった。
 
しかし……結果から言うと、この説はデタラメだった──そうみる専門家が多いようだ。
僕もそう思う。
カマキリの卵嚢の高さにはかなりバラツキがあるのを僕も確認しているし、『カマキリは大雪を知っていた』を読んでみたところ、疑問に思うところが多かったからだ。
 
それでも一度広まってしまった【カマキリの雪予想】を科学的事実として信じてる人は多いようだ。カマキリの卵嚢が目立つようになるこの時期、ブログ・ネタとしてバイラルCMのように伝播しつづけている感もある。
 
「あれは間違いだったみたいだよ」と指摘する日記も、もっとあっていいのではないか──そんな思いもあって、この説を広めるきっかけとなった『カマキリは大雪を知っていた』についての感想を記しておくことにする。
 
『カマキリは大雪を知っていた』の著者・酒井氏は、こう考えた──、

【カマキリの卵嚢は雪に埋まらないギリギリの高さに産みつけられる】
 ・卵嚢は雪に埋まると孵化がきわめて困難になるため、雪に埋もれ
  ない高さに産みつけねばならない。
 ・しかし高い位置の卵嚢は鳥に見つかり食われる危険が高まるので
  可能な限り低い位置に産もうとする。
 ・ゆえに、雪に埋まらないギリギリの高さ──最深積雪とほぼ同じ
  高さに産みつける必要がある。
【ならば、カマキリの卵嚢の高さを調べればその冬の最深積雪値が判るはずだ】


そこで【カマキリの卵嚢の高さのデータから、その冬の最深積雪値を予想する】研究が始まった。
 
本来ならまず確かめるべきは【カマキリの卵嚢は、本当に雪に埋まらないギリギリの高さに産みつけられているのかどうか】という大前提の真偽だろう。ところが本書ではその真偽は確かめられていない(裏付けデータは出てこない)。
 
酒井氏は熱心にカマキリの卵嚢の高さのデータ集めをしているが、調査した卵嚢が実際に雪に埋まったかどうかは一々確かめていないのである。
卵嚢の高さがその地点での最深積雪値になるという前提のもとに、集めたデータから市街地の(卵嚢の計測地点ではない場所の)最深積雪予想値を割り出そうとしているに過ぎない。その結果、予想値が実際の最深積雪値とほぼ一致したとして「【カマキリの卵嚢が高い位置にあれば大雪】は成立する(正しい)」と結論づけているのである。
 
しかし、実際のところは……カマキリの卵嚢の大半は雪に埋まり、雪に埋まっても孵化率は低下しないことが他の研究者によって確かめられている。
 
大前提(カマキリの卵嚢の高さ=最深積雪値)が間違っていたことが確かめられているのに【酒井氏の雪予想】の方は成立するというから不思議である。
それについては、データの改ざん操作のよる辻褄合わせがあったのではないか……という疑念を払拭できない。
 
実は本書に記された酒井氏が集めたオリジナル・データでは、卵嚢の高さと最大積雪深との間に相関関係は見られない。実際に計測された卵嚢の高さはまちまちだったのだ。
それを酒井氏は、高さにバラツキがあるのは場所によって雪の積もり方が違うためだ──と解釈し、場所による誤差を平均値に修正するための人為的な補正を何重にも加えて数値の変換を行っている。そうした数値操作をほどこすことによって、初めて卵嚢の高さ(補正値)と最深積雪値との間に相関関係らしきものを引き出すことに成功しているのだ。この数値操作に辻褄合わせがあったのではないか?
 
また、計測のさいにもあまりに高い位置にあった卵嚢はデータから除外されており、都合の悪い数値を排除する取捨選択が行われているのもアンフェアな感を否めない。
こうしたデータの収集方法や補正加工が適正だったのか、大いに疑問が残るところである。
 
【カマキリは雪に埋もれない高さに卵を産む】という前提から出発した研究なのに、酒井氏はその前提をしっかり確かめもせず「思い込み」のまま進めているのが、そもそもの間違いではないか──という印象が強い。
 
『カマキリは大雪を知っていた』は、意外な事に(?)実際は【カマキリは雪に埋もれない高さに卵を産む】という伝承を検証した本ではなかったのである。
 
【カマキリの卵嚢が高い位置にあれば大雪】──初めてその話を聞いたとき、これはガセネタ(正しくない)だろうと感じたが、その後『カマキリは大雪を知っていた』を読んで改めて、その感を強くしたしだいである。
 
※『カマキリは大雪を知っていた』を読む前に書いた日記(再録)
カマキリ卵の大雪予言説はなぜ生まれたか?
 
※『カマキリは大雪を知っていた』を読んでのもう少し詳しい感想(再録)
カマキリは大雪を知っていたのか!?
スポンサーサイト



コメント

No title
数年前に新聞で読んだことあります。
こちらにはカマキリいませんが少し南の地方にはいるようです。
こちらの寒さで言うと雪に埋もれていたほうが厳しい寒さにあたらなくていいような気もしますがね・・。
No title
「カマキリの雪予想」はマスコミがけっこう取り上げたみたいですね。
だけど、反証の方はとりあげたところが少なかったようで……。

安藤喜一弘前大学名誉教授(昆虫学)によると、弘前市の野外で採集した雪に埋もれた卵嚢の孵化率を調べたところ──約4ヶ月雪に埋もれていた417個の卵嚢内の9139個の卵/62日間雪に埋もれていた卵嚢内の5936個の卵──いずれも孵化率は97.9%だったそうです([東奥日報]2007.12.09)。

>こちらの寒さで言うと雪に埋もれていたほうが厳しい寒さにあたらなくていいような気もしますがね・・。

安藤氏の調査結果も、雪に埋もれていた方がむしろ孵化率が高かったそうです。
No title
こうやって神話が出来るのですね、伝説とか言われるのも同じかと、ご指摘、ありがとうございました。一方、木と話をする叔父さんが居たり、動物とお話をする少女が居たり、この世の周波数ではない振動を感知する人達も居るのでしょう。いつか死ねば分かると誰かが言って居ましたが、どうなのですかねえ、魂は夜空の旅をするのでしょうか?
No title
カマキリの雪予想については、これをあつかった本が出た頃はマスコミがこぞってとりあげたのですが、この説が間違いであるという訂正フォローはほとんどされなかったようです。
河北新報も「アブラムシ 積雪占い!?」の記事を報道したからには、きちんとその後の結果(真偽)をフォローしてほしいものです。

こうしたキャッチの良いネタ。受け取る読者は純粋にとらえる向きも多いことでしょう。読者の純粋なロマン心を利用して、キャッチの良い(都合の良い)記事ばかりが紹介されるようだと、ちょっと困るなと感じています。
No title
私も,カマキリの卵のうが産み付けられる高さと積雪深との関係を,秋田県において研究したことがありますが,関係は見られませんでした。
雪原において,卵のうがむき出しになっていると,鳥などに食べられてしまう,という実験もしています。
雪に埋もれたほうが安全なのです。埋もれても死なないし。
No title
> 北方 犬楠さん

北方さんは実際に研究されたことがあるのですね。
やはり卵のうの高さと積雪深は関係が見られませんでしたか。
『カマキリは大雪を知っていた』を読むと、酒井氏のオリジナルデータでも相関関係は見られなかったのに、「場所によって雪の積もり方に差があるからだ」と理屈をつけてデータを補正し強引に相関関係があるかのような数値を導き出すやり方は「改ざん」ではないのかと疑いたくなります。
卵のうの耐雪性は確認され、雪に埋もれても孵化率は変わらないそうですが、そうしたことを考えると「むき出し」の方が鳥に食べられるリスクが増える──というのは納得です。むしろ「雪に埋もれたほうが安全」というのが本当なのだろうなと感じました。
貴重なコメント、ありがとうございます。

管理者のみに表示

トラックバック