FC2ブログ

バケツからの生還


バケツからの生還
※外部ブログから加筆再収録

実写版で自作の変身ヒーローを撮ろうと思い立ったきっかけの一つが、東急ハンズで型取材が手に入ると知ったことである。これを使えば自分がデザインしたオリジナルのヒーロー『ミラクル☆スター』のマスクを実体化できるのではないか……そんな思いがよぎったのが発端だった。

造形に関しては全くの未経験だったが、マスクの作り方は(理屈として)はなんとなく想像できる。

頭部の型をとって石膏で再現。それに粘土を盛ってマスクの原型を作成。その型をとってFRPを塗って固めれば原型通りのマスクができる……ハズである。
そう考えて、型取材や石膏などを買って帰った。

さて、まずは頭部の型をとる作業である。本来ならモデルとなる人と作業をする人の二人が必要だ。しかし、身近に手伝ってくれる人がいなかったので、とりあえず独りで試してみることにした。

で、考えたのが、ポリバケツに型取材を入れ、呼吸用にゴムホースをくわえて頭を突っ込む。そのまま型取材が固まるのを待って頭を抜く──という方式。
深く考えずに実行に移したのだが……。
これが実際にやってみたところ……次第に固まっていく型取材の中に目をつむったまま(当然だが)顔を突っ込んでいるというのはけっこう圧迫感があってコワイのである。
そのことに気がついたのは、もちろん顔をバケツにつっこんでいる最中。
コワイと思うとだんだん息苦しさも増してくるから不思議なものである。

「ホントにこんな方式でうまくいくのかいな?」という疑問が頭をよぎると不安が堰を切ったように脳みその中になだれ込んできた。圧迫感は急加速する。
「は…早く頭を抜きたい」
そろそろ固まってきたかという頃、「もう我慢できん!」とついに頭を引き抜こうとして愕然とした。
「ぬ…抜けない!?!」
型取材が髪の毛やまつげまでもしっかり押さえていて抜けないのである!
不安は一気に臨界点を突破して恐怖に反転。
「げっ! そ…そんな」とアセり、じたばたしてると、なんとくわえていたホースだけが抜けてしまった。
呼吸用のホースはいわば命綱──もし、型取材が固まりきっていなくてホースの抜けた穴が塞がってしまったら……そのまま窒息死である。
ポリバケツに頭を突っ込んだまま死んでいる自分の姿が脳裏をよぎる!
目の前は真っ暗──って、目をつぶって型取材の中に埋まっているのだから当然だが──そんな死に方はいくらなんでも恥ずかしすぎる!
ミラクル☆スターが最初に迎えた最大のピンチ!?

かなりあわてたが、ホースの抜けた穴から空気は通っているようす。とりあえず窒息死の危機は免れているらしいと判り、ちょっぴり平常心を取り戻した。
心理状態を立て直し「なんとかバケツから頭を抜かなければ……」ともがきはじめると、スポッとバケツから抜ける感触があった。
「助かった」と思いきや……相変わらず顔は覆われたまま!?
なんのことはない、頭を埋めたプリン状態で型取材ごとバケツから抜けただけだった。
これではなんの解決にもならない。プリン頭でさらにじたばたしていると、型取材が二つに割れ、ようやく顔を出すことができた。そして固まった型取材からなんとか頭を引き抜くことに成功し、ミラクル☆スターは生還したのである。

独りでロケにのぞんだ『ミラクル☆スター』撮影中には、「ああ、もう一人自分がいたらなぁ」と思う事が何度もあった。しかしこの造型プロセスでもスタッフがもう一人ほしかった──。
もしも、もう一人いたなら、バケツに頭をつっこんだままジタバタしている自分の姿を撮影しておく事ができたではないか! そんな面白い命がけ(?)のシーンがあったのに、映像を撮り逃した事が大いに悔やまれる……。

さて、その造形の続きだが……割れた型をバケツの中に戻して合わせ石膏を流し込むと、なんとか頭部の型がとれた。これに粘土を盛ってマスクの原型をつくったのは冒頭の画像の通り。
この原型から型をとって、初めてFRPなるものを使ってマスクを制作したのだが、液状の樹脂を塗っていく段階で凝固剤を多く入れすぎ、作業中にもくもくと煙が立ち始め、なんと発火! あわてて外へ放り出した──なんて事もあった。

ミラクル☆スターは怪人と闘う以前に、窒息死のピンチや火事の危機とも闘っていたのである。


●ミラクル☆スター~実写版~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

●ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示

トラックバック