FC2ブログ

ショートショートの新概念?

01座敷童子&花火画A

マジック・ストーリーまたはトリック・ストーリー
僕は意外なオチを意図した短いアイディア・ストーリーが好きだ。読者を誘導する自然な展開の中に、実は巧みに仕組まれた伏線があって、結末に思いもかけない展開が用意されている──いわゆる《ドンデン返し》が面白い。オチの《意外性》は「なるほど、そうだったのか」と合点がいくものが好ましい。つまり《思いもかけない展開》でありながら《説得力》の裏付けがあることで、読者はストンと腑に落ちるわけである。すんなり納得できることが、意外性の《キレ》を演出することになる。
アイディア・ストーリーでは《読者をだます仕掛け》がほどこされ、同時に騙された読者を「なるほど」と納得させる《説得力のある伏線》が仕込まれているいることが多い。《ミスリード(読者が描くイメージ)》と《種明かし(真相)》がセットになって成立しているところがある。

これに対して、作中で披露した《謎》を作中では種明かし(解説)せずに幕を閉じるスタイルの作品があってもよいのではないか……と最近思うようになった。
結末に《謎》を残す作品スタイルとしては【リドル(riddle=謎)ストーリー】と呼ばれるものがある。結末を明らかにせず読者に委ねる形の作品だ。「このあと、どうなるのか?」──結末を明記せずに《謎》を残すということでリドル・ストーリーと呼ばれるのだろう。僕の作品でいうと『チョウのみた夢〜善意の報酬〜』がこれに当る。
リドル・ストーリーで提示される《謎》は、読者が仕掛けを理解した上で《未確定の結末をゆだねられる》というものだが、こうしたタイプの作品ではなく、作中に提示した《謎》を〝読者がその仕掛けを理解できぬまま〟幕を閉じるスタイルの作品があってもいいのではないかと考えるようになった。

もう少し具体的な例をあげて説明すると──。
《同じ顔ぶれのまま人数だけが1人増える》という不可思議な《座敷童子現象》をモチーフに、僕はいくつか作品を描いてきた。
《同じ顔ぶれのまま人数だけが1人増える》というのは起こりえない現象だ。しかし、この不思議をどう描けば起こったかのように演出することができるか……色々と思案してきた。
作中で《座敷童子現象》の合理的な種明かしを考えたのが『病院跡の座敷童子』で、僕の着想と同じ原理で、実際に「手の指が1本増える」という催眠ショーが演じられているのをテレビで見て驚いた記憶がある。
その後《座敷童子現象》を成立させる作品を模索していく中で『福神降臨ざしきわらし召喚アイテム』や『花火と座敷童子』といったショートショートを試作。『福神降臨ざしきわらし召喚アイテム』はトリックアート(騙し絵)と絡めたもので、作中で《座敷童子現象》という不可思議=《謎》を成立させているが、その《種明かし》は(作中では)行っていない。読者は騙されたまま(?)──どこで騙されたか、にわかには理解できない(ことを狙って描かれている)。『花火と座敷童子』の方は計算の錯誤を誘導するひっかけパズル(?)のような形の《謎》を提示──知らぬ間に座敷童子が現われて花火代を抜いていったかのような錯覚を読者に与えることで《謎》を成立させている(させることを意図している)。作中では種明かしがなされておらず、どこにトリックが仕組まれているのか、読者は自力で解明をしなくてはならない。

種明かしをしないで終わるという意味では〝実際には起こりえない現象を起こったかのように演じてみせる〟マジックに似ている。マジックはトリックを明かさないで成立する。
実際に読者が騙されるかどうかは別にして、読者を騙す(錯誤を誘導する)意図で描かれ、作中では不可思議な現象(謎)を提示するだけで種明かし(錯誤の解説)をしない──こうしたスタイルの作品があってもいいだろう。ならば、こうした作品群をさす呼称があっても良いはずだ。ということで、このテの作品を【マジック・ストーリー】もしくは【トリック・ストーリー】とでも呼んでみてはどうだろうか。
文芸作品では、これまでにあらゆる実験が行われてきているのだろうから、あるいは僕の新概念もすでにあるのかもしれないが……とりあえず、個人的には【マジック・ストーリー】もしくは【トリック・ストーリー】の仮称を考えていたりする。


チョウのみた夢〜善意の報酬〜
病院跡の座敷童子
福神降臨ざしきわらし召喚アイテム
花火と座敷童子


創作童話・ショートショート・漫画メニュー
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示