FC2ブログ

フォーラム終了の頃に見た夢

前回【便利なブログの不安なところ…】で、ネット上の情報は《サービスの終了》とともに消滅する儚い運命にあることを記した。ブログとは少し違うが、やはりネット上の「電子会議室」がサービスを終了することになったときも、似たような経験をしている。その頃に見た、たあいもない夢なのだが……記しておくことにする。
僕は昔フェレットを飼っており、その散歩中に遭遇した怪しげな虫(ケバエ幼虫)について調べていた。その過程でniftyの電子会議室【昆虫フォーラム】を知り、ここに出入りするようになった。虫屋さんたちとの出会い、虫見を始めるきっかけとなったのが【昆虫フォーラム】だったわけだが、niftyのフォーラムは2007年3月31日でサービスを終了している。当時、利用者(昆虫フォーラム・メンバー)たちは【昆虫フォーラム】にかわる新たな《場》をめぐって、翻弄された感がある。その頃に見た夢である……。

昆虫フォーラムと遺跡発見の夢
夢の中で、僕は昆虫フォーラム(F昆)の狭山お散歩オフに参加していた。これは狭山丘陵を散歩しながら昆虫を探し観察する恒例イベントで、虫屋ではない僕もちょくちょく〝おみそ参加〟していて、そのときのことは【虫屋な人々】というマンガにしている。
01虫屋な人々扉
夢の中で集合したF昆メンバーは、さっそく丘陵散策に出発。しかしスタートしてほどなく遭遇したのは、昆虫ではなく何かの《遺跡》だった。どうやら重要な発見をしたらしい。貴重な発見を放置して虫探しを続けるわけにもいかなくなり、遺跡発見の取り扱いをめぐって物議をかもす。そのため、お散歩オフが頓挫するという展開の夢だった。遺跡や考古学に関心のない僕としては、「虫探しに来たのに、やっかいなものに出くわしちゃったな」という心境だった。
余談だが……この夢で思いだされるのが、ある虫屋さんの体験談。シジミチョウの越冬卵の採集に訪れた山中で、怪しげな〝人型の物体〟を見つけるが、(その場で通報するとややこしいことになりそうなので?)その場では《捨てられたマネキン》ということにしておいて、目的の採集をした帰りに《遺体》であることを確認して通報したそうな。越冬卵採集に来て《遺体》に遭遇してしまい、目的が頓挫することを懸念しただろう虫屋さんの心情は、僕が夢の中で感じていた「昆虫観察に来たのに思わぬ《遺跡》に遭遇して、虫探しができなくなる懸念」と通じるものがある。
話を僕の夢に戻して──昆虫フォーラムが終了し、これに変わる新たな引っ越し先を模索していた頃に見た夢であることを考えると、夢の中で昆虫フォーラムの一行が遭遇した《遺跡》とは《移籍》のことだったのではなかったか──そう気づいたのは夢から覚めてしばらく経ってからだった。《遺跡》と同じ〝音〟つながりで《移籍》……つまり、フォーラム終了にともなう《移籍(移行先の模索)》の問題が昆虫フォーラムとしての活動を阻むという構図であり、フォーラム終了当時の不安&懸念を反映した夢だったと考えると、みょうに合点がいく。

昆虫フォーラムと飼育容器そうじの夢
その頃にはもう1つ、昆虫フォーラム絡みの夢を見ている。これには野外オフ会の前半の展開があった気がするのだが、内容は覚えていない。記憶に残ったのは夢の後半部分。なぜか場面が研究室のような室内に移っており、僕は昆虫の飼育容器を掃除している。
ゴールデンハムスターくらいあるでかいアリの飼育容器を掃除する間、数匹の巨大アリを一時的に別の容器(イチゴパックみたいな華奢なもの)に入れておこうとするのだが、次々に容器からはい出してしまい、なかなかフタができない。逃げ出そうとする巨大アリを捕まえては容器に戻すのだけど、そのときは別のが這いだしていて……必死でアリを容器に入れようとあたふたしているしている夢だった。

目覚めてからその意味を想像してみると……「掃除している(昆虫が入っていた)飼育容器」は「リニューアル中(?)の昆虫フォーラム」のことで、「巨大アリ」というのは「昆虫フォーラムのメンバー」、それを一時的にまとめておくための「イチゴパックのような(仮の)容器」を「(フォーラム利用者の)緊急避難的な仮設場」と考えると──、「昆虫フォーラムが(新たな場で)リニューアルされるまでの間、メンバーを集めておく仮の《場》が脆弱なのであたふたしている」──そんな雰囲気を投影した夢だったような気がする。
当時、フォーラムの利用者たちはmixiに仮住まいを設けたり、folomyという新たに立ち上げたSNSに移行したりしていた。folomyの方は6年ほどで閉鎖となっている。
どうして「昆虫フォーラム・メンバー」が「巨大アリ」なのかは良くわからないところもあるが、虫屋の〝まめさ〟が勤勉なアリのイメージと結びついたのかもしれない。アリは小さな存在だが、虫屋の存在感は決して小さくない──それで巨大なアリになったのだろうか?

このブログでは、これまで時々《夢》にまつわる記事も記してきた。
たあいもない夢も、色々と考えてみるとおもしろい。
「夢に意味があるのか」という向きもあると思うが、その点において《夢》は《人生》と似ている。そこに意味を見いだすかどうかは、その人しだいなのだろう。



つれづれに夢の話
金縛り考
ヒトはどうして眠るのか?〜ロボットの反乱&自意識の覚醒
覚めぬ夢・夢の中の夢のハナシ
飛翔へのあこがれ!?
遠いロッカールーム〜夢の話〜
夢の中から電話!?
九千円札!?の夢
夢の中のエラー現象
チョウのみた夢〜善意の報酬〜(読み切り童話)
赤いクモ〜夢の前兆〜(ショートショート)
夢の中から電話で自分を起こした話(ショートショート)

◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示