FC2ブログ

福神降臨ざしきわらし召喚アイテム

福の神!?座敷童子を召喚する奇跡のアイテム!?!
うしろを向くと1人増える!?……トリック・アートとコラボのショートショート。

01座敷童子召喚SSa

02予言妖怪比較

02座敷童子召喚SSb
03座敷童子召喚SSc

04座敷童子図解A
05座敷童子図解B
06座敷童子図解C

07座敷童子召喚SSd改


以前【座敷童子召喚グッズで大もうけ!?】で投稿したネタだが、もう少しショートショートっぽく、そしてわかりやすく──と思って作り直してみたもの。本文(縦書きにした部分)は原稿用紙にして3枚半ほど。
もちろんこれはフィクションであり、錬金術はトリックなので実際にはこの方法でお金を増やすことはできない。初見の人は、どこにトリックがあるのか見破るのに時間がかかるかもしれない。

図解で示した14人から15人に増えるトリック・アートは、単純にAとBを入れ替えることで成立する。その方がシンプルで手際が良いともいえるが、《入れ替えると1人増える》という形にすると、見ている人は、ハッキリとは理解できなくても《入れ替え》に仕掛けがあるだろうことを察してしまう。そこで《全員が後ろを向くと1人増える》とし、3つのパーツを1つずつ裏返して行くという演出を考えた。1つずつ裏返すことでAとBの入れ替えを(裏向きで)行っているわけだが、この《入れ替え》の過程を《後ろを向かせる(裏返す)》という理由付けで行うことによって意識誘導する(入れ替えという目的とは別のところに意識をそらす)狙いがあった(ミスディレクション)。
分割画面を1つずつ裏返すことで描かれた人影は分断され、どうなっているのかわかりにくくなる。ぷち混乱を引き起こすことで《入れ替え》の認識から遠ざけるミスディレクションの意図もあった。
また、裏返すことで人影が分断されるプロセスを入れることによって14人から15人に変わったときに発生する人影の身長の変化──14人を15人にすることで平均身長が低くなる──このことに気づきにくくする効果も期待できると考えた。
こうした理由から、表向きのままあっさりAとBを入れ替えるよりも、《後ろを向かせる(裏返しにする)ことで1人増える》という説明で、A・B・C全てのパーツを1つずつ裏返していき、最後に全体を表向きにする方が、意味ありげで謎めいた印象を与えるだろうと判断した。

作中で紹介したエピソード──子どもたちが遊んでいるといつのまにか1人増えていて、それが誰かわからないという話は、宮沢賢治の『ざしき童子(ぼっこ)のはなし』に出てくる。ちなみに登場したハカセの名前「柳沢國治」は、(座敷童子を紹介した)『遠野物語』の著者・柳田國男と、宮沢賢治をもじったものである。



病院跡の座敷童子 1人増える座敷童子現象を謎解きする読み切り童話
花火と座敷童子 気づかぬ間に来ていた花火好きの座敷童子!?
ひとり多い!?座敷童子2題 座敷童子パラドックス小咄
人数が増減する騙し絵の簡単な解説
アマビエは龍宮の使い!?
創作童話・ショートショート・漫画メニュー
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ

スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示