FC2ブログ

時の流れ(ショートショート)

1ヶ月先の光景!? 400字詰原稿用紙で4枚半のショートショート。

01時の流れA
02時の流れB
03時の流れC
04時の流れD
05時の流れE


店頭に年賀はがきのサンプルが並ぶ時期になった。毎年、時間の加速感を実感する時期でもあるが、記憶の衰えはノリコおばさんと同じ……。特にエピソードの時系列がだいぶ怪しくなってきている。この作品──『時の流れ』を書いた時期についても記憶がサダカではない。今回ほんの少し手を加えているのだが、元の原稿では年賀状の芋版(の干支)が犬になっていたから、戌年か、その前年暮れあたりに創作したものだろう。2018年ということはないと思うから、2006年か1994年のあたりではなかろうか……。
《時の流れが人を成長させる》というポジティブな展開を作っておいて、同じように《時の流れが人を老化させる》というネガティブな側面で落とすという意図で書いた(タイプした)ショートショートだったが、今読むと自虐的な味わいを感じてしまう……これも《時の流れ》というものだろう……。



時間の加速感
時はどんどん加速する
長生きほど人生は短い!?時間の逆転現象
記憶層と忘却の浸食
年賀状について
年賀状雑感

創作童話・ショートショート・漫画メニュー
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ

スポンサーサイト



コメント

老化ネタ1/2
 あはは、いやだなぁ、当時ポンコツだったクンちゃんこと国見明人氏が、ノリコ先生を覚えていないだけ、って可能性もあるじゃないですかぁ(現実から目を背けながら)

 このお話を読んでいる間に、ふと、小学校時代の恩師のことを思い出しました。
 卒業後も毎年送っていた年賀状が、あるときを境に宛先不明で戻ってくるようになり、もともとだいぶご高齢の方だったので、何となく事態を察してひどく寂しくなったのを覚えています。

 ノリコ先生、どうかお元気で長生きしてください。
Re: 老化ネタ1/2
 勘違いは若い頃からありましたが、昨今、増えたような気がしてなりません。
 爪や髪が伸びるのが早まって、新陳代謝が活性化したかのような若返り感を覚えたものの、実は加齢による時間の加速感で、髪刈りや爪切りの間隔が短くなったと「感じる」だけだったりして。

 子どもの頃は、年末年始は年賀状を作ったり・届くのが楽しみな時期でしたが、歳をとってくると、喪中葉書や寒中見舞いが届く不穏な時期になっていたりします。

管理者のみに表示