FC2ブログ

《草食系》の違和感

《草食系》という言葉に対する違和感
若い女性も...進む“草食化” 増加する未婚 & 交際なし30代】という見出しのニュース記事があった。この中では《恋愛に消極的な人を【草食系】/積極的な人を【肉食系】》と表現しているのだが、これがどうにもひっかかる……。
《肉食系》や《草食系》という言葉は既に浸透しているらしく、しばしば使われているが、目にするたび・耳にするたびに違和感を覚える。

僕の感覚で言えば《草食系》といえば《繁殖欲旺盛》というイメージ。肉食獣には「数で勝負」──生態系のピラミッドを思い浮かべればわかるように、《草食系》は本来《肉食系》よりも繁殖力が強いはずだ。でなければ生態系を支えられない。
1859年にオーストラリアに持ち込まれた、たった24匹のウサギが、爆発的に繁殖し、1940年代には8億匹に達していたというのは有名な話。《草食系》の繁殖力おそるべしっ!──それが僕のイメージだ。世間で使われている《肉食系》や《草食系》の意味とは真逆である。

なぜ、この言葉がこんな使われ方をするようになったのか、想像してみると……、
「送り狼(親切を装って女性を送っていき、途中ですきがあれば乱暴を働こうとする危険な男)」や「男は狼」など、《女性を狙う積極性(?)》を持つ男性を恐ろしい肉食獣に例える言葉があることから、これに対して「おとなしく積極的でない男子」を《草食系男子》と呼ぶようになったのではないか……そんな気もするが、やはり僕には違和感があって、好きになれない言葉である。
余談ながら……化粧をし、アクセサリーをまとい着飾る男性を《装飾系男子》と呼ぶのは、あっても良いと思う。



さらに余談:《装飾系男子》ならぬ《装飾系昆虫》
01ハリサシガメ幼虫装飾A
02ハリサシガメ幼虫装飾B
珍虫ハリサシガメの観察❲総集編❳参照

エッセイ・雑記 〜メニュー〜
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ
スポンサーサイト



コメント

No title
こんにちは。
写真のハリサシガメの装飾… エグいですね~。
以前の記事の中にこの写真もあったのかもしれませんが
スズメバチの頭とか…
何度見てもシュールすぎて笑ってしまいます。
下の写真の緑色の構造色のは何でしょうね?
ハリサシガメは星谷さんの記事では拝見していますが、実際は成虫も幼虫も見たことがないです。
記事のメインテーマと違うところに食いついてしまってすみません。。。
Re: No title
装飾系の擬装をする昆虫は他にもいて、それだけで興味深いのですが、カメムシの仲間でこんなことをする奴がいるというのが思い切り想定外だったので、ハリサシガメ(の幼虫)は衝撃的でした。
装飾も個性的で、メタルグリーなのはマメコガネあたりの脚でしょうかね? おそらくアリの廃棄物(食べ残し?)ではないかと思っているのですが……。上の画像でアリの腹の影に見えているのはトビサルハムシの翅鞘でした。アカガネサルハムシだったら(もっと綺麗だったので)よかったのに……(笑)。

管理者のみに表示