FC2ブログ

ツチノコの正体!?

01ツチノコ図

ツチノコ・フィーバーをふり返って
昔、ツチノコというUMA(未確認生物)がブームになったことがあった。
実際に遭遇したことがあるという矢口高雄氏の漫画『幻の怪蛇バチヘビ』(バチヘビ=ツチノコ)が、ツチノコブームの火付け役となったとされている。僕もこの作品は夢中になって読んだ記憶がある。
世の中の関心が高まるなか、ツチノコに賞金をかけツチノコ探しのイベントで地域おこしをはかる自治体が現れ、それがブームにさらに拍車をかけた。ツチノコにかけられた懸賞金の最高額は2億円。実在しない生物の発見や捕獲に多額の賞金をかけて集客するのは、当たりのないクジを売るようなもの──賞金は最初から支払われることがない(ことを見越した)見せ金で、ブームに便乗したあざといPRイベントではないのかといぶかしく思ったものだ。
ツチノコ探検隊には多くの参加者が集まり盛況だったらしいが、当然のことながら、肝心のツチノコは確認されていない。
ツチノコの存在を確かめることが真の目的であるならば、発見がかなわなかったのだから催しは《失敗》ということになるはずだが、実際は集客に成功し地域PRのもくろみが当ったことで、企画者たちは《成功》とほくそ笑んでいたことだろう。
けっきょくツチノコは地域PRのアイテムとして利用されただけ。未知の生物に対する関心など見せかけで、実際に欲しかったのはツチノコによる集客利益だったのではなかったか……そう考えると、なんだかさもしい印象がなくもない。

ツチノコの目撃情報──イタチ誤認説!?
ツチノコの存在を裏付けるものは何もみつかっていないが、目撃情報だけはたくさんある。おそらく全てが何かの見間違い──誤認情報だったのだろう。
ツチノコの正体(誤認された別の生物)については諸説あるようだが、僕は目撃情報の中にはイタチを見間違えたケースも何割か含まれているのではないかと秘かに思っている。《イタチ誤認説》はあまりメジャーではないようなので、一応記しておくことにした。

ツチノコの正体については、僕も既存の在来ヘビ(捕食後や卵を抱えて胴がふくらんだ個体)や輸入物資に紛れ込んできたデスアダーのような外来ヘビの可能性を考えていた。そんな僕が《イタチ誤認説》を持ち出すのは、以前飼っていたフェレット(家畜化されたイタチ科動物)が散歩中にヘビと間違えられたことが何度かあったからだ。
「白蛇」と誤認された個体がこれ⬇。
02フェレット切株A
一見、フェレット(イタチ)とツチノコは全く別物だ。だから最初ヘビに間違えられた時は僕も意外だった。
フェレットは通常、背中を丸めているが、警戒しているときなどは、地面に貼り付いた姿勢で匍匐前進(ほふくぜんしん)することがある。見通しの良い浅い草原のようなところ(身を隠す場所が無い所)では、天敵の猛禽を警戒する習性からか、よく地面にへばりついた匍匐前進スタイルで移動する。すると脚が見えず、草の上をズンドウで尾が細いヘビが滑るように移動しているようにも見える。その姿勢で頭を持ち上げると、鎌首を持ち上げたツチノコのできあがりである⬇。
03フェレット匍匐A
水を張った容器に体をつけて涼むフェレット(別個体)⬇。
04フェレット水浴
こうして見るとフェレットの細長い体はズンドウのヘビに見えなくもない。
フェレットは家畜化された動物だが、日本のイタチも同様に匍匐前進することがあるなら、これを見てズンドウで尾が細いヘビ=ツチノコと誤認する人がいてもおかしくない──そう考えたしだい。
ツチノコの目撃情報の中には、まばたきをする(ヘビは眼が透明なウロコでおおわれており、まばたきはしない)とか、ジャンプする、体表面には毛がはえていたというようなものもあるというが、これらはイタチを誤認したものではないかという気がする。中には角が生えていたという話もあるが、これはイタチの耳介が角に見えたのかもしれない。
矢口高雄氏は『幻の怪蛇バチヘビ』の中で彼がヤマメ釣りで遭遇したバチヘビ(ツチノコ)について《色は黒褐色で背中に斑点あり》と記しているが、イタチはよく川にもぐってエサをとり、水からあがったときの姿は水を含んでくっつきあった毛先(黒っぽい)が細かくまとまり黒っぽい斑点もようになる(髪を細かく編み込むコーンロウで頭に模様ができるように)──。ツチノコの模様については、イタチが川から上がってまだ被毛が濡れているときにできる模様のことではないかという気もする。
ツチノコの目撃情報のうち、イタチを誤認したケースがどれだけあるのかわからないが……フェレットがヘビに間違えられるのを目の当たりにしている僕としては、一定の割合で《イタチを誤認した目撃情報》が含まれているのではないかと思えてならない。

白蛇と間違えられたフェレットは、こんな動物⬇


実在しない生物を追うより、実在する生物に関心を!
ツチノコ・ブームのときは、〝未知なる存在〟への憧れ──ツチノコ探しがロマンを追うことのように世間では捉えられていたフシがある。しかし、ツチノコ探しに情熱を傾ける人たちを見ていると、既存のヘビに対する基本知識が欠如していたり、ヘビに対する関心が無いばかりか、ヘビ嫌いの人も含まれていたようで、僕には違和感があった。ツチノコを新種のヘビだと考えている人が多かったようだが、既存のヘビについて語ることができない人たちが、どうして未知のヘビについて語ることができるのか。ヘビについて無知だからこそ、ヤマカガシやマムシをツチノコだと誤認するようなことが起こり得たのだろう。
ツチノコ探しに賞金をかけたり、〝ロマンを感じて〟探検隊に加わった人たちの〝本気度〟がどこにあったのか、僕によくわからない。自治体のPRや功名心、あわよくば賞金稼ぎ……そんなところに真意があったのではないか?
《ロマンは欺瞞》と言いたくなる。

僕としては……《実在しない生物にロマンを求めるのではなく、実在する生物に求めたらどうなんだ!》という気持ちがある。
《まぼろしの生物ツチノコ》はユニークではあるけれど、その想像図とよく似たヘビ(デスアダーやヒメハブなど)は実在する。ツチノコが実在していたとしてもさほど奇異なことでもないだろう。あるいは、そのビミョ〜なリアリティが「もしかしたらいるかも?/見つかるかも?」という幻想(?)を後押しすることにつながったのかもしれないが……。
しかし、《奇異な存在》《ふしぎな生物》という点でツチノコ以上という存在は、既存の生物の中にもたくさんいる。どうして不確かな《未知の生物》ばかりに関心を向け、既存の生物に着目しようとしないのか──僕には不思議でならない。
たとえば先日、人気番組の中でとりあげられたシャチホコガの幼虫なんぞは、ツチノコよりもはるかにインパクトのある生物だと僕は思っている。
05シャチホコガ幼虫TV
幻想にロマンを求めるのではなく、身のまわりに実在している不思議を再発見することに、もっと関心を向けてもよいのではないか……僕はそう思うのである。



散歩派フェレット・プチアルバム
ザ!鉄腕!DASH!!にシャチホコガ幼虫
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜トップページ
スポンサーサイト



コメント


管理者のみに表示