FC2ブログ

2019年07月の記事 (1/1)

ファーブルと寓話『セミとアリ』

01昆虫記5巻下

前の記事(*)でも触れたファーブル昆虫記だが、小学生の時に読んだ本は子供用にリライトされたものだった。セミの鳴くそばで大砲を撃ってもセミは鳴き続けた──だからセミには音が聞こえない、もしくは耳が恐ろしく遠いというところに疑問を持ったことは覚えているのだが、他にどんなことが書かれていたのか、内容はほとん記憶に無い。本当はどんなことが書かれていたのだろうと気になって完訳版のファーブル昆虫記でセミのことが書かれているところをあらためて読んでみることにした。集英社・刊『完訳 ファーブル昆虫記 第5巻 下』(ジャン=アンリ・ファーブル/奥本大三郎・訳)の第13章〜第17章にセミに関する記事が記されている。
昔読んだリライト版では載っていなかったのか、それとも僕が覚えていなかっただけなのか──セミの生態について知らなかったことが色々記されていて、内容的には興味深く、おもしろかった。しかし、小学生の時に感じた「なじめなさ」はやはりあって、読み進めるのに努力を要した。今回はそのあたりのことについて少し記してみたい。

第13章の「セミとアリの寓話──セミに対する誤解──」から読み始めたのだが、まずは《怒れるファーブル》に驚いてしまった。日本では『アリとキリギリス』として知られているイソップ寓話があるが、これをラ・フォンテーヌという詩人が翻案したものが『セミとアリ』(キリギリス役がセミになっている)で、フランスではよく知られていたらしい。この寓話にファーブルはひどく憤っているのだ。問題の『セミとアリ』を要約すると──、


アリが働いている夏の間、セミは歌って暮らしていた。北風が吹く頃、セミはひもじくなってアリに物乞いに行く。アリは「夏の間歌っていたのだから冬は踊っていればいい」と冷たく拒絶する。

この寓話には不可解なところ──セミとして描かれている虫が挿絵ではキリギリスだったり、本文でもセミのひもじさを表現するのに「ハエやミミズの切れ端ひとつ口にはいらぬ」(実際のセミはそんなものは食わず、木の汁を吸うのに)と記された箇所があったりと、登場人物(登場昆虫)の習性が実態にそぐわないことをファーブルは指摘。どうしてこのような《不可解》が生まれたのか、謎を推理して記している。
良く知られた作品の中に登場する動物が何なのか──というウンチクはひとつの話題になり得るし、一般に信じられているイメージと実態が乖離している場合は読み物として成立し得る。だから、ファーブルが不可解の謎解きを記したことは理解できるのだが……なぜか、彼は憤っている。『セミとアリ』は「登場する虫について知らずに(調べずに)描かれたものだ」という批判めいた暴露は納得できるが、しかしどうしてこんなに怒る必要があるのだろう? ファーブルはセミとアリについての間違ったイメージを広めたとしてラ・フォンテーヌ(翻案者)や寓話作家を執拗にののしっているのだが……その偏屈ぶり(?)には読んでいて、ちょっと引いてしまった。
寓話の意図から察すると「(夏の間)歌ってすごしていた者」の役に「(夏に)鳴く虫」からの発想でセミもしくはキリギリスがキャスティングされたのだろう。いずれにしても寓話としてはさほど不自然ではない配役だ。この寓話が擬人化された作り話であることは誰の目にも明らかだし、この寓話が昆虫の生態を正しく紹介する目的で書かれたものではないことも明白だ。虚構性の高い寓話に描かれている内容が実際の昆虫の習性と違うからといって、ここまでけなす必要は無いだろうに……ファーブルの義憤は理不尽だと感じた読者は僕だけではないはずだ。この章の終わりにある訳注にもファーブルの過剰な憤りについて「大人げない」と記されている。

ファーブルが何に怒っていたかというと、「物乞いをする怠け者のセミ」と「ほどこしを断る働き者のアリ」という構図・レッテルに腹を立てている。実態は反対で、セミがアリに物乞いするなどあり得ず、逆にアリの方が吸汁しているセミのおこぼれを略奪したり、セミを食糧にもしていてタチが悪いのだと、一生懸命セミを弁護(?)している。
つまりファーブルは、寓話に登場した昆虫の「善玉」と「悪玉」が実態とは逆であり、間違ったイメージが世の中に浸透していることに憤っている。

しかし……(寓話の意図とはかけ離れた次元の話だが)そもそも昆虫の生態を観察するときに「善玉」「悪玉」というイメージを当てはめて見ることに僕は違和感を覚える。ファーブル昆虫記を読んで「なじめない」と感じるのは、このファーブルの独善的な捉え方にある。
自然界の生命活動を真摯に観察しようとするなら、昆虫の営みにヒトの善悪感覚を持ち込むのは不遜な気がするのだ。
昆虫の世界では食うものも食われるものも、どちらも同じ自然の法則に従って生命活動をしているわけで、どちらが善でどちらが悪という見方はふさわしくない。生理的な好き嫌いはあったにしても、両者を等価に捉えることが自然観察者の基本ではないかと僕は感じている。だからファーブルの人間的な感覚を観察に持ち込む姿勢に「なじめなさ」を感じるのだ。
一方、昆虫を擬人化して語りかけるようなファーブルの文章が、好きな人には好まれているのだろうという気もしている。



なじめなかったファーブル昆虫記
ファーブル昆虫記:ファーブらない昆虫記!?
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜
エッセイ・雑記 〜メニュー〜

スポンサーサイト



なじめなかったファーブル昆虫記

01昆虫記DVD本

ファーブル昆虫記は小学生の頃に読んだ記憶があるのだが、内容はあまり覚えていない。セミはなぜ鳴くのかについて「セミには音が聞こえていない(もしくは恐ろしく耳が遠い)/セミは生きているよろこびのために歌って(鳴いて)いる」とする結論が納得できなかったのを覚えている。
昆虫に対する興味から手に取ってみたファーブル昆虫記だったが、読み始めてみると、どうもなじめず没頭できなかった。その後、ファーブル昆虫記を称賛する虫屋さんが多いらしいことを知ったが、それでもあらためて読んでみようという気にはなかなかなれずにいた。ところが比較的最近、ちょろっと読む機会があった。ハリサシガメについての情報を探していてファーブル昆虫記の中に同属のセアカクロサシガメの項目があることを知ったからだ。図書館で借りてその章を読んでみたのだが(*)……やっぱり小学生時代に読んだ「なじめなさ」をあらためて感じることとなった。

ちなみに、ハリサシガメの幼虫は全身を土粒でおおい、アリの死骸などをデコレーションするというユニークな特徴を持っている。

03針刺亀幼虫01再
04針刺亀幼虫B1再
ファーブル昆虫記に出てくるセアカクロサシガメの幼虫も、同様に全身に埃をまとうという似た特徴を持っているらしい。ファーブルがこのユニークな生態をどう解釈したのか期待して読んだのだが……、

幼虫は体から、一種のねっとりした液体を出す。それはおそらくは、幼虫の食物である脂肪に由来するものだろう。体から分泌しているこの鳥黐(とりもち)によって、幼虫自身が別に何かしなくても、移動するたびに触った埃が体にくっつく。サシガメが服を着るのではなくて、体がかってに汚れるのである。この幼虫は塵の球になる。つまり、歩く汚れそのものになるのだ。それは幼虫がべとべとした汗をかくからなのである。(『完訳 ファーブル昆虫記 第8巻 上』第6章より)

──と記されていた。汗腺などない昆虫が、どうして汗をかくのかよくわからないが、ファーブルは特有の(?)「妙な擬人化」で、あっさりと片付けている。これには少々がっかりした。

僕は虫屋ではないが、子供のころはカブトムシやクワガタを捕ったり飼ったりしていた。僕の昆虫に対する興味というのは、人工物とは全く異なる仕様の存在感……いってみれば人間の言語(フォーマット)とは違う言語で創造された世界を実感できるところにあったような気がする(*)。昆虫を通して、彼らが帰属する自然界に興味を覚えたわけだが、そんな昆虫たちの世界がファーブル昆虫記ではひどく人間的な視点で捉えられている……自然(非人工)の世界を描いているのに、その描写や比喩がすこぶる人間的であったところがなじめなかった原因だったように思う。
虫の営みを擬人化した例えで説明している箇所が多く、その比喩が適切でないと感じる部分も少なくない(セアカクロサシガメの幼虫のベタベタを「汗」だと片付けるところなど)。観察した現象の理解(解釈)がファーブルの人間的な(?)予断に傾いたもので(セミが生きているよろこびのために歌うとか)、共感や同意するのが難しい……こうしたことが小学生の時にファーブル昆虫記を読んで感じた「なじめなさ」だったのだろうと思う。
「人智の関与しない昆虫の世界を見ようとしているのに、どうしてそんな世俗的な例えをあてはめようとするのか」「そういう見方で虫を見るのはヘンではないか?」という違和感──強い言い方をすれば抵抗感のようなものがついてまわり読書意欲を減退させる。著者(ファーブル)の虫を見る眼(捉え方)に疑問が生じてしまうと読み続けるのは、しんどくなる。それが、読み返そうという意欲がわかなかった原因だったように思う。
とはいえ、客観的にみれば、僕がげんなりした部分──ファーブル昆虫記の《人間臭い視点で描かれている点》が、きっと好きな人には魅力となって伝わりファンが多いのだろうという気もする。ファーブル昆虫記の原題は直訳すると「昆虫学的回想録」になるそうだが、回想録として読めば文学的表現(?)も作者の味として感じられるのかもしれない。

個人的には読みにくいファーブル昆虫記だが、DVDは持っていたりする。『完訳 ファーブル昆虫記』シリーズの翻訳をされたフランス文学者にして虫屋の奥本大三郎氏が案内役をつとめたテレビ番組を収録したものだ。昆虫の映像見たさで入手したものだが、映像は素晴らしかった。ファーブルが進化論に批判的だったことは、このDVDを観て知った。『ファーブル昆虫記 Vol.2 カリバチとヤママユ 本能の命ずるままに』では、ファーブルが進化論に疑問を呈すところがある。強力な毒牙をもつ危険なクモを完成された技術でしとめるカリバチについて、「昆虫記 第2巻12章より」というスーパーとともに、次のようなナレーションが流れる。


はるか大昔に1匹のカリバチがいて偶然に獲物の神経を傷つけた。そしてそれは危険な戦いを回避させてくれ、幼虫のために新鮮な獲物をもたらしてくれた。蜂はこれは素晴らしいと思い、その傾向を子孫に遺伝子によって伝えるようになったと進化論者は言う。ならば、それ以前のカリバチはどうやって生きてきたのであろう。不慣れな暗殺者がいい加減な仕事をすると彼らは最初の世代で滅びてしまうのである。

ファーブルはこのように進化論者を批判しているが、ならばクモ狩りのカリバチはどのように誕生したというのだろう? ある日いきなりクモ狩りの完成した技術をひっさげて出現したというのだろうか?
完璧に見えるその技術がどのように獲得されていったのか──という疑問・発想は無いのだろうか?

ファーブルが示さなかったカリバチのルーツを無知で素人の僕が想像してみると……、
カリバチの祖先は、やはり狩りをしていたが、現在のように特定のターゲットに対する完成度の高い狩り技術を獲得していなかった……そんな時期があったのではないか。スズメバチやアシナガバチも狩りをし、獲物を肉団子にして幼虫に与えるが、ハンティングの対象となる種類は比較的幅広い。同様にカリバチの祖先も狩りの対象を今ほど限定しておらず、捕えやすい相手(獲物)を中心に狩りが行われていたとする。あるいは色々な種類の獲物を狩る中で獲物を麻酔する技術を獲得し高めていったのかもしれない。そして色々な虫を狩る中で、たまたま毒牙を持つ危険なクモに挑んだものがいて、たまたまその蜂が持っていた技術で、狩りが成立することがあったのかもしれない(針を刺す位置が、そのクモの神経節の位置と合致した?)。中にはクモの毒牙に倒されるものもいたろうが、失敗ケースは残らなかった(淘汰された)だけだ。数あるチャレンジの中で成功したケース(カリバチAと、その攻撃パターンが有効に機能したクモA'の組み合わせ)が子孫に受け継がれたと考えることはできないだろうか?
現在のカリバチの仲間は種類によってエサ(宿主)がかなり限定されているようだが、これはそれぞれのカリバチの体格・ハンティング技術に対応する(カリバチの攻撃ポイントと獲物の急所が一致する?)「うってつけの獲物」にしぼった方が狩りの成功率が高められることから限定化に向かったのではないか──僕なら、そう考える。

また、カリバチは獲物を貯蔵する巣の位置をちゃんと覚えていて獲物を運び込む。位置情報なのかあるいはニオイ情報なのか……何を手がかりにしているのかはわからないが、それを「記憶」する能力があるからこそ、ちゃんと巣に戻ることができるのだろう。
カリバチに、そうした優れた「記憶」の能力があるのであれば、幼虫時代に食った獲物のニオイを覚えていて、成虫になって狩りをするときにそのニオイをたよりに獲物を選定するシステムだってあってよさそうな気がする。母蜂の狩猟技術でしとめることができる獲物──それを食べて無事に育つことができた幼虫が成虫(母蜂)になったときに、母蜂と同じ種類の獲物を選択的に狩るのは《成功例を踏襲する》という意味で理にかなっている。

余談だが……宝石蜂セイボウの仲間は、他のカリバチが作った巣(幼虫用の食糧を貯蔵し卵が産みつけられた部屋)にもぐりこんでカッコウのように托卵するという複雑な生活史を持っている。これも《幼虫時代のニオイ記憶が母蜂を誘う》システムで説明できそうな気がする。麻酔の技術を持たないセイボウの祖先は托卵習性を獲得する以前、生きた宿主に直接卵を産みつけていたとする。あるときセイボウが卵を産みつけた獲物を別のカリバチが狩って巣に運び込むというアクシデントが発生……そしてカリバチの巣の中で孵化したセイボウの幼虫はカリバチの子供を殺し(食べ?)カリバチが幼虫のために貯えた獲物を食って育ったとすれば……。カリバチの巣で安全に育つことができたセイボウ幼虫が成虫(母蜂)となったとき、自分が育った獲物&環境のニオイを記憶しており、それをたよりにカリバチの巣を探し当て、侵入して卵を産むようになった──そんなシナリオも成立しそうな気がする。
もちろんこれまで記した想像は根拠の無い素人の脳内シミュレーションにすぎず、実際にどうだったのかはわからない。ただ、昆虫が複雑な習性を進化の中で獲得していくことは充分あり得ることだと思う。少なくともある日突然、完成された技術を持った昆虫がいきなり現れた──という神がかり的な(?)発想よりは、納得しやすいのではないか。

進化論に対してファーブルがどんなふうに考えていたのか知りたくて、DVD『ファーブル昆虫記 Vol.2 カリバチとヤママユ 本能の命ずるままに』に引用されていた「昆虫記 第2巻12章」を読んでみようと図書館へ行って借りてきた。奥本大三郎氏・訳『完訳 ファーブル昆虫記 第2巻 下』の12章は「ベッコウバチ──クモを捕える狩りバチ──」だったが、どうしたことか、ナレーションで紹介されていた上記の文章は、 完訳のはずの第2巻12章に載っていなかった。

調べてみると、『完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 上』にも「第9章 アナバチたちの獲物/進化論に対する批判」という項目があって、これにも興味を覚えたが、運悪くその巻は市内の図書館では貸し出し中。ネットで検索してみると、Wikipediaの【ジャン・アンリ・ファーブル】に「進化論への批判」の項目が出ていた。


ファーブルが行った批判のひとつに狩りバチの例がある。例えば「進化論へのお灸」と題した章がある。ここで彼は進化論を現実から乖離させた概念のお遊びであると非難し、具体的な問題提起として、アナバチの例を挙げている。彼の知る何種かが近縁であることは形態等から明らかであるから、進化論的にはそれらに共通祖先があったことが想定される。しかし現実の種はそれぞれに別な固有の獲物(ある種はコオロギ、別の種はキリギリスモドキ、また別の種はカマキリ類)を狩る。では、それらの祖先はいったい何を狩っていたのか、と問い、もし祖先の中から特定の獲物を狩るものが出たのだとすれば、祖先はそれら全部を獲物の選択肢にしていたことになる、とすれば、多様な獲物を狩れる中から、限られたものしか狩れない者が出てくるのでは、明らかに進化しているものの方が不自由であり、変であると論じる。もし、祖先がある1つの獲物を狩っていたとしても、そこから現在のさまざまな種が出る間には、複数種を狩れる段階があったはずであり、同じ問題を生じる。(※Wikipedia【ジャン・アンリ・ファーブル】より)

先に僕の想像(脳内シミュレーション)を記したが、カリバチの祖先が多様な獲物を狩っていて、その中から、それぞれが得意とする狩猟&麻酔技術と対応種(宿主)をみつけていったのだとすれば、獲物を得意相手に絞った方が、狩り〜子育て(うまく麻酔できた獲物を幼虫が食べて育つ過程まで)の成功率は上がるはずだ。多様な種類をターゲットにすれば、獲物の神経節の位置の違いなどから攻撃ポイントを外したり探すのに手間取って狩りに失敗する確率が高まるだろう。危険な相手であれば返り討ちにあわないとも限らない。

ファーブルが記しているようにカリバチの麻酔技術が高い精度を要するものだとするなら、神経節の位置が違う雑多な獲物にフレキシブルに対応するより、成功実績の高い得意相手にしぼって狩りをした方が成功率は上がるだろう。狩りの対象種が限られてきたのは、進化による《不自由》ではなく《最適化》と見るべきではないか。
また母蜂の技術で狩ることができた獲物で育った子供が、食った虫のニオイを記憶し、母蜂になったときに《成功例》を踏襲すれば、狩りの精度は強化されていくだろう。獲物を絞って《最適化》することは、種の生存率に有利に働くはずだ(もちろん最適化した獲物が衰退すれば一蓮托生のリスクははらんでいる)。

ファーブルはカリバチの「獲物を殺さずに麻酔をする巧みな技術」(幼虫が蛹になるまで獲物を殺さず新鮮さを保つ)や「幼虫が獲物を殺さずに喰い進む順序」(最初は内蔵を包む脂肪層、次に皮膚の内側にある筋肉というふうに生存に重要でない部分から食べていく)などが、みごとに理にかなっていることから、昆虫が生理学を熟知しているかのようだと感嘆しているが、カリバチはそれを理解して行動しているとはとても思えない。たまたま結果として理にかなった行動をとるものが生き残り、そうでないものは残らなかった……ただそれだけのことだったのだろう。現存する現象(生態)は、結果として理にかなっていたから残っているのであり、「うまくできている」のは当然・必然とも言える。

たとえば──、
馬券の換金窓口にやってきた人の所持する馬券が全て当たっていたとする。この人が換金に必要な当たり券だけを持って来たのは理にかなっている。不要となったハズレ券は破棄したのだろう。なのに、彼が持参した券がすべて当っていたことから、「この人は、どうしてレース結果を確実に知り得ることができたのだろう」と考えるのは、おかしなものである。カリバチの巧みな生態を見て「どうしてハチが生理学を熟知しているのだろう」と考えるのは、これと同じ気がする。超能力(予知能力)を持たなくても当たりを引く人はいるし、生理学を知らない虫でも理にかなった行動をとるものはいる。

ファーブルは昆虫を観察して、理解を超えた「うまくできたしくみ」に気づき、その複雑さ・完成度の高さに驚嘆し、これは「進化」で獲得できる領域のものではないと考えたのかもしれない。
確かに昆虫の生態は複雑で、とても偶然&自然選択の結果であるとは思えないほど「うまくできている」と感じることがある。しかし、一見複雑きわまりない生態に見えても、実は1つ1つの進化の行程は意外にシンプルだったりするのかも知れない……というのは、複雑な形をしたドラゴンの折り紙を折って感じたことだ。

04折紙ドラゴン
1枚の正方形の紙から折ったとは、にわかに信じがたい複雑な形をしたドラゴン⬆も、折り方をたどってみれば、1つ1つの行程は意外にシンプルでそう難しいものではなかった。
まるで超自然的な意志でも働いているかのように「うまくできている」昆虫の生態も、自然な進化の積み重ねによって獲得されたものではないか。今は解明できないでいる複雑な生態のルーツにも、きっと合理的なプロセスがあるに違いないと僕は思っている。


ハリサシガメとファーブル昆虫記
昆虫の何に魅かれるのか?
ドラゴンを折って昆虫進化の奇跡を思う
ファーブルと寓話『セミとアリ』
昆虫を見る意義!?〜人はなぜ死を恐れるのか?
ファーブル昆虫記:ファーブらない昆虫記!?
ファーブル昆虫記の違和感について
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜
FC2ブログ版〜抜粋メニュー〜

《かわいさ》は赤ちゃんの武器!?

ベビーシェマは赤ちゃんに備わった武器ではない!?
01フェレット幼体成体

赤ちゃんはかわいい。ヒトに限らず、イヌやネコなど、ほ乳類のベビーは、おおむね可愛いものだ。そう感じる現象について、「赤ちゃんが持つ《かわいらしく見える特徴(ベビーシェマというらしい)》は、赤ちゃんが自分を育ててくれる大人を惹きつけるための装備・戦術である」というようなウンチクを目にすることがある。
東洋学園大学の【知れば知るほど面白い!人間科学チャンネル】というサイトでも【赤ちゃんの“秘密の武器”!? ベビーシェマ】というタイトルで教育学博士が、そのような解説をしている。曰く《ひとりでは生きられない赤ちゃんが、生まれながらに備えた“秘密の武器”》《赤ちゃんは、自分を育ててくれる大人を惹きつけるために、「可愛さ」という武器を身につけて生まれてくるのです。》
──こうした考え方について僕は以前から疑問を持っていた。
「(赤ちゃんの)可愛さは武器」という感覚はわからないではないし、言い回しとしてはあってもおかしくない気もするが……科学的な解説で「赤ちゃんが獲得した生存戦略的特徴」みたいな伝え方は正しくないと思うからだ。

ヒトを含む子育てをする動物が《赤ちゃんを可愛と感じる機構》はあると僕も思う。ただ、それは《赤ちゃんが特別に備えた能力》ではなく、《子育てをする親に備わった能力》によるものだろう。
ベビーがかわいく感じられるのは、「赤ちゃんが《親の気を引くための特徴》をわざわざ備えて生まれてくる」からではなく、「親が《赤ちゃんの特徴をかわいいと感じる認知機構》を備えている」からだ──というのが正しい理解ではないだろうか。

なぜなら、子育てをしないトカゲやカメであっても赤ちゃん(幼体)はかわいいからだ。生まれてすぐに自立する爬虫類なら《親の気を引くための特徴》など必要ないはずである。しかし、にもかかわらず、トカゲやカメの幼体であっても、我々はイヌやネコの赤ちゃん同様にかわいいと感じる。ということは、そう感じる我々の側に「幼体の特徴をかわいく感じる認知機構」があるからだと考えるのが自然だろう。


子育てをしない爬虫類でも幼体はかわいい⬇
02ヤモリ幼&成体
03クサガメ幼体再
(※【身近な自然:里山】より)

「相対的に大きい頭」などベビーシェマと呼ばれる特徴は生物の幼体としての自然な形であって、《親の気を引くため》に特別にデザインされたオプションではない。そうした幼体の自然な特徴を「かわいく感じるスイッチ」が見る側の我々に備わっているということなのだと思う。
「赤ちゃんを可愛く感じる」機構は子育てを必要とする動物にとって重要なものだろう。しかしこれを、あたかも赤ちゃんが獲得した特別な生存戦略的特徴のように説明するのは的外れな解釈という気がしてならない。



カメのヘソ!?
エッセイ・雑記 〜メニュー〜

イタチmeets猫

01猫&イタチ
02猫&イタチ
03猫&イタチ
04猫&イタチ
以前飼っていたフェレット(イタチ科)の画像から、散歩中に出くわしたネコとの2ショット4コマ。2匹は初対面だったが、人なつっこいフェレットと、それに戸惑うネコの姿がおもしろかった。
(※動物同士の接触には注意が必要)
このネコとは別に、フェレットを散歩させているとき、その姿に興味津々でついてくるネコがいた。獲物と認識してか背後から忍び寄ってその距離を縮めるが、フェレットが気づいて近づいて行くと、予想外の反応(?)に驚いてあわてて逃げだす。そして安全なところから(?)ようすをうかがい、フェレットが散歩を続行すると、やはり気になるのか、ついてくる……といったことをくり返していた。
フェレットはおもしろい動物だったが、ネコ(イエネコ)もなかなかおもしろい。ともに家畜だが、もとは捕食性動物。おもしろ動物の同士が対面したとき、互いのことをどう意識しているのか興味深い。


とぼけるネコがおもしろい

他人の物をこっそり盗んで知らん顔をすることを「ねこばば」という。漢字で書くと「猫糞」──ネコが糞を隠す習性に由来する言葉らしいが、ネコがフン(悪事?)を隠して「しれ〜っとしている」知らんぷり感は、なるほど「ねこばば」にふさわしい。ネコは「とぼける」姿が(も)おもしろい。
ネコは本来、単独で生活する動物だったのだろうが、家畜化され(野生の時代に比べると)密度の高い環境で暮らす機会も増えた。社会性動物のオオカミから家畜になったイヌとは違い、本来、単独性だったのだから、テリトリー内に他の個体がいること・他の個体と出くわすことは、それなりのストレスだったに違いない。頻繁にでくわす仲間との緊張を回避し平和に過ごすために家畜化したイエネコが会得したのが、「しらんぷり」だったのではないかと僕は考えている。
テリトリーの中で出くわしても、互いに相手をガン見せずに目線をあえてはずしたり目をつむったりして、互いに相手に気づいていないふりをして緊張が生まれないようにする──トラブルを避けるイエネコの社交術というわけだ。この「(とても気になっているのに)全然気にしてないふり」が、ヒトから見れば「知らん顔してとぼけている」ように見えて、おもしろい。きっとネコ同士も相手が「とぼけている」ことはわかっているのだろうが、「とぼけている」=「緊張回避サイン」として認識し合っているのだろう。おもしろいのはネコがとぼけてみせるのはネコ相手だけではないということだ。

僕は昔、ウサギを飼っていたこともあったのだが、このケージを日光浴に出したところ、近所のノラ猫が目ざとく見つけてやってきた。ネコが近づくとウサギのストレスになるといけないので、僕はケージのそばで監視していたのだが、(僕がいるので)近づけないネコは、少し離れた陽だまりで毛繕いをし、まったりし始めた。あさっての方に顔を向け、目を逆ハの字型に閉じて「オレは、ここに日向ぼっこに来ただけ。ウサギがいるなんて、全然知りませ〜ん」という態度。僕がちょっと目を離して再び戻ったときには、ネコのいる位置が少し近くなっている。それでもネコはすっとぼけて「日向ぼっこしてるだけ」感をアピールしていた。
この「しれ〜っとしている」感が「ねこばば」の知らんぷり感に繋がっている気がする。

冒頭の4コマ写真でも、ネコは近づいて来るフェレットに気づき、知らんぷりを決め込むことにしたようだった。しかし、フェレットの方は好奇心がおう盛なので、ネコを調べ始めた。ネコの方は戸惑いながらも、身もだえしつつとぼけ通そうしているのがおもしろかった。

ネコもフェレットもおもしろい。なので童話やマンガで描いたこともあった。

05猫童話&鼬漫画


創作童話・ショートショート・漫画メニュー

泣いてるとゾンビが脳みそ喰いに来る

笑いをこらえるのは難しい……そのことは『怪喜!笑い袋爺』(*)で記したが……泣き叫ぶ幼児をなだめるのも難しい!?──ということで。

泣く子を黙らす方法!?

小さな子どもが泣くのには、痛みや不安など、危険を知らせる警告信号としての意味がある。保護者に必要な注意を喚起する手段と考えると有益だが……ときに子どもは《わがままを通すための手段》としてこれを使うことがある。「(帰らなくてはいけないのに)まだ遊んでいたい」「気に入った玩具を買って欲しい」などの要求を通すために、(そこで騒ぐと)親が困ることを察知した上で大泣きすることもありがちだ。大声で泣き叫ぶのは《泣き落とし》ならぬ《泣き脅し》である。これに屈して子どもの要求に応えれば、《泣き脅し》が有効であることを学習した子は、《泣き脅し》にみがきをかけて頻繁に使うようになるだろう。
こうした《脅し泣き》を阻止し、泣き止ます方法として、次のように言い聞かせるのはどうだろう。


泣いてると ゾンビが脳みそ 喰いに来る

友蔵 心の俳句(by『ちびまる子ちゃん』)みたいだが、ゾンビが脳味噌を喰いにくるとなれば、泣く子も黙ろうというもの。脳みそを喰わせろとゾンビたちがおしよせてくる映画『バタリアン』を見ていれば効果は抜群。恐怖による抑止は「泣ぐゴは居ねがー(泣く子はいないか)」とねり歩くナマハゲ効果に近いものだが、ゾンビが泣く子をターゲットとする理由を図解してみよう⬇。
泣く子とゾンビ図解
涙はしょっぱい──これは泣いている子には、わかることだ。つまり、泣くと涙とともに塩辛さが体の外へ排出される。すると、塩気が抜けることで、脳味噌はどんどん甘くなる。脳味噌喰いのゾンビは、泣き声を聞きつけると、音源には甘く熟れた脳味噌があることをよく知っていて、よろこび勇んで喰いにやって来る──というしだい。
さすがに上級生あたりではこの理屈は通用しないかもしれないが、だだをこねて泣き叫ぶ年頃の子どもには説得力があるのではあるまいか?
僕が昔この説得法(?)を思いついて甥っ子に試してみた時には効果があった。

ところで、ホラーといえば夏……いやいや、夏といえばホラーだが、今年は7月に入っても涼しくて過ごしやすい日が続いている。毎年、夏には暑さ・冬には寒さに往生して(*)、夏になると「(ドラえもんの)《どこでもドア》があったら、涼しい高原とつないで戸を開放しておくのに……」と嘆いていたが、今年は今のところ《どこでもドア》いらずである。
「なんだ、なんだ。夏だって、やる気になれば涼しくできるじゃん」と思っているのは僕だけではあるまい。



実録『怪喜!笑い袋爺』
冬来たりなば貼るトウガラシ
【冗区(ジョーク)】〜メニュー〜