FC2ブログ

2013年11月の記事 (1/1)

アメリカザリガニは排除すべきなのか

●アメリカザリガニは排除すべきなのか

アメリカザリガニを【特定外来生物】に指定すべきだという動きがあるという。

■生態系に脅威 ザリガニを特定外来生物に指定を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131122/k10013254341000.html

ビオトープづくりに熱心なナチュラリストが、「憎っくきアメリカザリガニ」を殺しまくっている記事はたまに目にしていたから、こういう動きがでてくるのも当然なのかも知れない。
しかし、個人的には……感情論込みであることを認めて言うのだが……抵抗がある。

ブラックバスが【特定外来生物】に指定されるのは判る。そうすべきだと思う。
ミシシッピアカミミガメが【特定外来生物】に指定されたとしても、しかたがないと思う(現在は【要注意外来生物】)。どちらも日本の自然にふさわしくない。どちらも、生態系への悪影響が大きそうだ。
しかし、アメリカザリガニについては……個人的には僕が子どもの頃には身近な里山の風景の一部としてすっかりなじんでおり、もはや普通種になってたという印象がある。
今やアメリカザリガニを含む生態系は全国的に安定してしいるのではないか。
それを今さら【特定外来生物】に指定して排除すべしというのは……排除しきれるものでもないだろうし、すでに安定してしまった生態系から特定の外来種を排除しようとするのは生態系の再破壊につながるではないのか……という違和感を禁じ得ない。

ナチュラリストの中には「人間が持ちこんだ種だから、人間が責任をもって駆除しなければならない」という崇高な理念を持っている人もいるようだが……在来生態系に悪影響をおよぼしかねない外来種の《侵出を阻止するための駆除》なら、それもやむなしと思うけれど……移入後新たに構築された生態系がすでに出来上がっていたとするなら……そして、ターゲット種の排除が現実的に不可能ならば、「駆除作業」はナチュラリストの「崇高な理念」を満たすためだけの自己満足にすぎないのではないか……という気もする。

問題の記事を読むと──、トンボやゲンゴロウなどの希少種が少なくなったことを懸念した市民グループ「神奈川トンボ調査・保全ネットワーク」が、「希少昆虫の減少」を「アメリカザリガニの増加」と結びつけ「アメリカザリガニが希少昆虫を減らした原因」と見なして、「希少昆虫を守るためにアメリカザリガニを駆逐すべきだ」と考えたことが「アメリカザリガニを【特定外来生物】指定へ」という発想につながったようにも見える。

市民グループの見立ては本当に正しいのか?──この点は、ちゃんと検証されているのだろうか?
元々希少種はちょっとした環境変化で絶滅に向かう可能性は高い。問題のトンボやゲンゴロウを減らす事になった原因が実は他にあって(温暖化など)、同じ原因でアメリカザリガニが増えた──という可能性はないのか充分検証されているのだろうかと、ちょっと心配になった。

また、「希少トンボを守るためにアメリカザリガニを駆除すべし」という発想は、「トキを守るためにテンを駆除すべし」という発想に近いのではないか……という印象も受けた。
以前、佐渡トキ保護センターで特別天然記念物のトキがテンに襲われて物議をかもしたことがあった。テンは半世紀前に持ち込まれ、生態系の一部となっているが、トキ保護派は「トキを守るため、ワナをかけてテンを駆除すべきだ」と主張していた。
自分たちがひいきしている種を守ることこそが大事で、そのためには障害となる他種を殲滅してもかまわないという身勝手な発想が根っこにあって、それを正当化するために外来種問題を持ち出した印象が否めない。

トキの場合は、(自然の中では)もはや絶滅した種でこれを人工的に復活させようと言う発想がそもそも非自然きわまりない話なので、「神奈川トンボ調査・保全ネットワーク」の取り組みとは同一に語れないが……「思い入れのある希少種を守るために、邪魔者の帰化種を排除すべき」という発想は同類のような気がしないでもない。

僕も個人的な「思い入れ」でいえば……アメリカザリガニは郷愁のひとつとなっている。僕の子ども時代の体験をふりかえれば、アメリカザリガニは「自然」や「科学」への興味の入り口となったアイテムの1つであったといえる。
アメリカザリガニをとったり釣ったりする「遊び」は僕の中では貴重な体験だったし必要なものだったとも思う。アメリカザリガニを飼ったり観察することを通じて、「生命」や「自然」を感じて育った人も多いと思う。
それが【特定外来生物】に指定されてしまえば、飼育観察することもできなくなる。

個人的な感覚でいえば、限定的な地域に残っているトンボやゲンゴロウの一部が絶滅するより、全国で子どもたちに親しまれているアメリカザリガニを【特定外来生物】に指定することで失われるものの方が損失ははるかに大きいと感じる。

生態系の問題に感情論を持ち込むのはあまり良い事ではないと思うが、このテの保全運動のモチベーションも、それぞれの望郷感覚が根ざしていることが多いように感じる。

正直なところ、僕もアメリカザリガニと生態系についての正しい(科学的な)現状認識を持ち合わせているわけではないので、【特定外来生物】に指定すべきか否かは判断ができない。
しかし、心情的には(感情論で言えば)、【特定外来生物】に指定してほしくない──という気持ちが強い。
この問題について、おそらく多くの人がいろんな意見をもつだろうが、一個人として感じた事を記してみたしだい。

スポンサーサイト



黄色いトビナナフシ

珍しい?ニホントビナナフシのイエロー

九州以北で見られるニホントビナナフシはたいてい♀で、体色は緑色オンリーだとばかり思っていたのだが……先日あざやかな黄色い個体を見つけた。
ナナフシ(ナナフシモドキ)に緑色系と茶色系があることは知っていたが、ニホントビナナフシにこのような体色をもつものがいるとは知らなかったので、意外さと美しさに驚いた。




『ナナフシのすべて』(岡田正哉・著/トンボ出版/1999年)によると【ニホントビナナフシ】の特徴は次のように記されている。

オス・メスとも翅がある。メスの体色は緑色。ただし胸・腹部腹面は淡い黄緑色。触角は前脚より長く、淡紅褐色で先端部は濃淡のまだら状となる。後翅の膜質部は赤紅色。オスはメスより細身で茶褐色。後翅の膜質部はくすんだ紅色で区別は容易。

以前見たニホントビナナフシ♂は茶褐色だったが、中脚と後脚は緑色。体幹の茶褐色も枯れ枝っぽい感じの色だった。これに対して今回見た♀は黄葉を思わせるあざやかな黄色で、体幹も脚も一色だったので、♂とは全く違う印象だった。姿からして♀であることに間違いは無い。
ニホントビナナフシでは《メスの体色は緑色》と記されているから、本来やはり緑色が基本なのだろう。






ノーマル・グリーンとスペシャル・イエロー!?

















緑色と黄色の個体が並ぶと、より美しさが引き立て合う気がする。
ニホントビナナフシのイエローは、個人的にはなんだか意外に感じ、珍しかったので記録しておくしだい。

追記:複数いたイエロー個体!?



実は最初のイエロー個体を見つけた後にも、オス探し(*)をする過程で何度かイエロー個体をみており、全て同一個体だと思っていたのだが……画像を見直していて別個体だったのではないかと気がついた。

2匹目が疑われる黄色い個体をみつけたのは、最初にイエロー個体を見つけた9日後。1匹目がいた場所からおよそ100m離れており、この時は同一個体なのか別個体なのか判断に迷った。
若干色が濃くなったような気もしたが……ハッキリしない。帰宅後撮影した画像を見比べて、頭部に残った白い付着物の痕跡(のようなもの)から、同一個体だろうと判断した。


2匹目の頭部左側に残っていた白い点を見て、最初に見た時についていた付着物が剥がれ、わずかに残ったものだろうと判断。
2匹目をみつけたのは1匹目を見つけた場所から擬木づたいに100mゆるやかに登ったところだった。ニホントビナナフシは高い所へ移動しようとする傾向が強いので、9日かけて登ってきたのだろうと考えた。その後も同じ場所でイエロー個体を目にしており、同一個体という認識でいた。

ところがあらためて画像を見直していて、翅に違いがあることに気づき、別個体だった可能性が浮上した。


さらにその後同じ場所で見た個体。


左前翅に以前はなかった黒い点があり、腹にはシミのようなものも見られる。前回と同じ場所にいたので、きっと同じ個体だろう。新たな特徴は、その後ついた傷や老化?による(痛んできた)ものではないかと思うが、3匹目のイエローであった可能性も否定できない。

少なくとも2匹目は別個体だったのではないかと考え直しているのだが……単為生殖で受け継がれた遺伝子をもつ姉妹では同じように色素異常で黄色となる個体が出やすいのかもしれない。

追記その2:やや黄色い個体

前述の追記後に、イエロー個体がいた場所から2kmあまり離れたところで、第3の(?)イエロー個体をみつけた。ニホントビナナフシ成虫♀。以前みた黄色一色の個体と違い、こちらはノーマルカラーの緑色がうっすら確認できる「やや黄色い個体」だった。






個体の特徴や発見場所が離れていることから、前述の個体とは別の個体だろう。擬木の上では寿命を終えようとしている個体・終えた個体も目立つようになってきたが、この「やや黄色い個体」は元気だった。
初めて黄色い個体を見たときは驚いたが、ニホントビナナフシで黄色がでることは、さほど珍しい事ではないのだろうか?

今季(晩秋)に見た珍しいニホントビナナフシは──、
・雌雄モザイク…………………………………1匹
・ニホントビナナフシ♂………………………2匹
・ニホントビナナフシ♀のイエロー個体……3匹(たぶん?)
この時期に見たノーマルの成虫♀は数百匹(以上?)。発生率はやはり低そうな気がする。


ニホントビナナフシの雌雄モザイク

体の半分がオスで半分がメス!?雌雄モザイク

落ち葉が目立つこの時期──。擬木の手すりなどでニホントビナナフシをよく見かけるようになる。目につく個体が増えてくる頃だが、この時期がニホントビナナフシのメインの活動時期というわけではないだろう。本来は木の枝にとまり、葉を食べているはずだ。それが紅葉や落葉で食べる葉を失い枝を離れるのか、あるいは落葉とともに落ちてくるのか……食樹を離れた個体が擬木に登ってくることで、この時期に目につきやすくなるのではないかと想像している。

狭山丘陵で見られるニホントビナナフシはメスばかり。岡田正哉・著『ナナフシのすべて』(トンボ出版/1999年)によると、ニホントビナナフシは《九州以北ではおもに単為生殖、屋久島以南では両性生殖をすると思われます》とのこと。だから、狭山丘陵で見られるニホントビナナフシは、単為生殖で世代更新をしてきたメスばかりで当然──「(この界隈に)オスは存在しない」と僕は長い間そう思っていた。
が……去年12月「(この界隈に)いるはずのない(と思っていた)ニホントビナナフシのオス」と遭遇して驚いた(*1)。調べてみると、関東でもニホントビナナフシのオスがみつかることはあるらしい。
僕が去年みつけたオスは残念なことに羽化不全で翅が縮れていたのだが……今年は完品のオスに出会いたいものだ──そう密かに期待していたところ、こんな個体が目に入ったに。




老眼の目にも♀とは違うことは一目でわかったので、「あっ! オスがでていた!」と、まず思った。デジカメを引っ張り出しながら、「オスにしては大きいな……」という漠然とした違和感を覚え、撮影を始めて「なんだか、ヘンだ……」と違和感を大きくした。
そこで、右半身に♂の特徴が、左半身に♀の特徴が現れていることに、ようやく気がついた。
1つの個体の中にオスとメスの特徴が混在する《雌雄モザイク》──昆虫の世界ではしばしば出現するという事は知識としては知っていたが、実際に見たことは無かったし、そう簡単に見られるものでもないだろうと思っていた。なので昨年「東京でニホントビナナフシのオスにであった驚き」に勝るとも劣らぬ大きな驚きがあった。

オスとメス、雌雄モザイクとの比較

ということで、ニホントビナナフシのオスとメスの画像と比較してみたい。
まずは、去年であった♂(*1)から。──羽化不全なのか翅が縮れてしまっているが……全体的に茶褐色で、♀にくらべてかなり小さくきゃしゃな印象↓。


雌雄モザイクの近くにいた♀の画像↓。全体的に緑色。


そして問題の雌雄モザイク↓


♂の頭部は茶褐色だが、この個体では♀同様緑色。前胸と中胸は右半分が♂の特徴である茶褐色で、左半分が♀の特徴である緑色。ニホントビナナフシの前脚は♂が茶色/♀が緑色だが、この個体では右前脚が茶色で♂の特徴。左前脚も若干茶色が入っているように見えるが、右前脚ほどではない。


翅は長さも色も違う。♂は茶褐色で♀は緑色。体の左右で特徴が別れている。


腹も体の左右で特徴(♂は茶褐色/♀は緑色)が分かれている。






前脚をそろえて伸ばすと(↑)♂の特徴が現れている右前脚の方がわずかに長いことがわかる。
そして、ちょっと強引に、近くにいた♀とのツーショット。雌雄モザイクは ♀に比べると小さいが ♂より大きい。



《九州以北ではおもに単為生殖》と考えられているニホントビナナフシで雌雄モザイクが出現するという事は、《単為生殖でも雌雄モザイクが出現する》ということなのだろうか。だとすれば、単為生殖で繁殖をしてきた九州以北でも突然♂が出現する事だって、あってもよさそうな気がする。
どういう仕組みで、こういったことが起こるのかは知らないが……なんとも不思議な気がする。

見つめ返す!?【偽瞳孔】あるいは【擬瞳孔】

ところで、これまでの画像からもわかるように、トビナナフシを撮ると「いつもカメラ目線(?)」で写っている。複眼の中の黒い点が「こっち(見る側)を見つめ返し、追尾してくる」かのようにみえる。




複眼の中の黒い点は【偽瞳孔】あるいは【擬瞳孔】と呼ばれるもので、「見る側を追尾している」ように感じるが、実際に追尾している器官があるわけではない。同時に2人の観察者が別々の方向から眺めても、【偽瞳孔】はそれぞれに向いているようにうつる。
【偽瞳孔】のしくみは、以前おおざっぱに記した(*2)が、カマキリなど他の昆虫でも見られる。



ノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか?

ノコメエダシャクの《対称性かく乱戦術》

遊歩道の擬木やフェンスに落ち葉が引っかかっているのが目につくようになる頃──そんな枯れ葉と間違えそうなノコメエダシャクという蛾が現れる。本州にはヒメノコメエダシャクとオオノコメエダシャクというのがいるらしいのだが、僕には正確に区別できないので、とりあえず「ノコメエダシャク」で話を進める。
去年初めてこの蛾の存在を知った時は《対称性を壊して隠蔽擬態の精度を高めている》と感じ、《左右非対称に見せる》トリッキーな手法に驚いたものだった(*)。今年も10月下旬からノコメエダシャクの姿を見かけるようになり、《ノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか》について改めて考えてみたことがあるので、簡単にまとめてみたい。
とりあえず「傾いで止まる」ノコメエダシャクの姿を。カメラを縦にして撮ったもの↓。




上2枚は同じ個体をカメラの高さを少し変えて撮影。次の画像も並べた2枚は同一個体。腹端が向いた方が下(地)になる。


昆虫は本来《左右対称》の形をしている。天敵は虫を見つけるさいに、この《対称性》を手掛かりの1つにしているにちがいない。この、天敵の《対称性サーチ》にひっかかりにくくするための工夫をすることでノコメエダシャクは生存率を高めてきたのではないか──というのが、僕の解釈。
去年ノコメエダシャクの存在を知ったとき、彼らの《対称性かく乱戦術》(?)について次のように考えてみた。

【1:腹を曲げてとまる】ノコメエダシャクは止まっているとき、たいてい腹を曲げている。この特徴は《対称性》を察知されにくくするための行動だと思う。鉛直面にとまっているときは、腹はだいたい下側に曲げられている。

【2:かしいでとまる】ノコメエダシャクは、たいてい傾いでとまっている。捕食者の両眼は水平についていることから、頭を真上あるいは真下にしてとまる虫より《対称性》が察知されにくい姿勢(《鉛直軸に対しての左右対称性》を崩す姿勢)なのかもしれない。
「傾いでとまる」と腹を曲げた方がバランスが良いため、その結果「腹を下側にむけて曲げる」ようになったのか、あるいは逆に「腹を曲げてとまる」ようになったことで、バランスがとりやすい「傾いでとまる」姿勢が生まれたのか……【1】と【2】には関係がありそうな気がする。

【3:左右対称であるはずの翅の先端が角度によって違った形に見える】真正面ならぬ真背面(?)から見ると左右の翅は《左右対称》であることが確認できるが、左右方向にちょっとずれた位置からながめると《左右非対称》に見える。これも補食者たちの《対称性サーチ》を逃れるための工夫だろう。


今年あらためてノコメエダシャクを目にするようになって、彼らが「傾いでとまる」ことには、【3】がらみの意味もあるのではないかと考えるようになった。

ノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか?

もし、ノコメエダシャクが頭を上に向け(傾がずに)翅を左右同じ高さに広げて止まっていたとすると──、
ノコメエダシャクに近づいた捕食者が、その真後ろ(真背面)を通過する時点では「左右に広げた翅は《対称》に見える」ことになり、(翅に関しては)《対称性かく乱戦術》が無効になる。

僕が遊歩道を歩いていて、擬木やフェンスに止まったノコメエダシャクを目にするときの例で言うと、「傾いでとまっていなければ」最接近したとき(ノコメエダシャクの真背面に立ったとき)には「(翅は)《対称》に見える」ことになる。相手から見つかりやすい近距離で《対称性かく乱戦術》が使えないのでは頼りない。

しかし、翅の片方を上、もう一方を下に向けて「大きく傾いだ姿勢で止まっている」と、その真背面を通過するさいもノコメエダシャクの開いた翅は《非対称》に見えることになる。真背面を通過するとき、《非対称》に見えないケースは、目線の高さとノコメエダシャクの止まった高さが、ちょうど一致した時だけである。
鉛直面に傾いでとまったノコメエダシャクが真背面からどう見えるかを示したのが次の図。


ノコメエダシャクが傾いで止まっていれば、すぐそばを通る捕食者からは(ちょっと眼の高さとのギャップがあるだけで)翅の形も《左右非対称》に見えることになり、天敵の《対称性サーチ》をまぬがれる可能性は増え、そのぶん生存率も高まるはずである。
上の図で、もしノコメエダシャクが傾いでいなければ、5つ全ての視点から左右の翅は《対称》に見える事になり、傾いでとまった場合より天敵に見つかりやすくなってしまう。
このことから、【ノコメエダシャクが傾いで止まるのは《対称性かく乱戦術》のため】ではないかと改めて考えるしだい。

ノコメエダシャクは自然の景色の中では枯れ落ちた葉に見えるが、他にも枯れ葉や木片に擬態した蛾はいて、そのカムフラージュ造形の完成度に驚く事もしばしばある。しかしノコメエダシャクのトリッキーな《対称性かく乱戦術》は、またひと味違っていてユニークだと思う。




笑顔とハート(愛)のエサキモンキツノカメムシ

笑顔・笑顔・笑顔…そして、♥



森林ぞいの擬木に集まっていた「笑顔」の集団は、【エサキモンキツノカメムシ】の幼虫。
《笑う門には福来たる》という笑顔の力か、成虫になると「ハート」マークが現れる。


【エサキモンキツノカメムシ】は漢字で書くと【江崎紋黄色角亀虫】。「エサキ」は昆虫学者「江崎悌三」氏に由来するとか。「紋黄」は成虫の背中の紋が黄色という意味だろう。この【エサキモンキツノカメムシ】によく似た【モンキツノカメムシ】というのがいて、このカメムシ成虫の背中にある「紋」は丸みをおびた逆三角形で「黄色」をしている。その【モンキツノカメムシ】によく似た種類ということで「江崎」がついて【エサキモンキツノカメムシ】の名前になったのだろう。【エサキモンキツノカメムシ】の紋はハート型で、「黄色」ないし「白~クリーム色」をしている。ちなみに「ツノカメムシ」はグループをあらわす「科」の名前。「ツノ」は前胸の左右に張り出した突起のことだろう。オオツノカメムシ・セアカツノカメムシ・ハサミツノカメムシ・etc.「ツノカメムシ」の名前をもつカメムシは他にもいる。
ということで由来は想像できるが【エサキモンキツノカメムシ】という標準和名は、いささか長ったらしい。「ハート亀虫」と呼びたくなるカメムシだ。
見た目にキュートなハート(愛)模様だが、このトレードマークはダテではない。エサキモンキツノカメムシは、昆虫ながら《親が産んだ卵や孵った幼虫を守る》という健気な習性を持っている。


エサキモンキツノカメムシの羽化の様子は→【ハート亀虫羽化 見守るキリスト!?
越冬の準備なのか、10月後半くらいから擬木などで集団を見かけるようになった。







赤僧侶vs黒僧侶!?/アカシマサシガメとビロードサシガメ

赤僧侶マン vs 黒僧侶マン

【アカシマサシガメ】は時々みかけるサシガメ(捕食性のカメムシ)で、以前「空目ネタ」で使ったことがあるが……《大きな福耳をした赤ら顔の僧侶》に見えなくもない。


1度図のように見えてしまうと、アカシマサシガメを見かけるたびに《大きな福耳をした赤ら顔の僧侶》に見えてしまう。
そのことをふまえた上で……先日、こんなサシガメを見つけた。


帰宅後調べてみたところ【ビロードサシガメ(ビロウドサシガメ)】というアカシマサシガメに近い種類らしいということがわかった。ビロードサシガメもアカシマサシガメもヤスデ類を補食する地上性のサシガメだそうだ。
ところで、この【ビロードサシガメ(ビロウドサシガメ)】を目にした時の第一印象は「アカシマサシガメのブラック・タイプ!?」──《大きな福耳をした僧侶》の黒バージョンに見えた。
そのとき頭に浮かんだのが映画『スパイダーマン3』↓


『スパイダーマン3』では正義のスパイダーマン(赤)に対し、ブラック・スパイダーマン(黒)という悪役が登場する。このポスターを連想してしまったしだい。


《赤僧侶マン vs 黒僧侶マン》的なイメージ?
スパイダーマンはスパイダー(クモ)に噛まれて誕生したスーパーヒーローだが、それなら、アカシマサシガメに刺されて変身したアカシマサシガメーマンが赤僧侶マンで、その宿敵として現れたのがブラック僧侶マン!?──みたいな?

バットマンのようなツマグロヒョウモン蛹

空目ネタからスパイダーマン・ネタまで妄想が広がってしまったが……スーパーヒーロー・ネタついでに、バットマンを連想してしまう昆虫空目ネタをば。




ツマグロヒョウモンは今では東京でも普通にみられるチョウだが、1980年代までは近畿地方以西でしか見られなかったとか。


(※↑【キマダラカメムシ東京進出/年々増える新顔昆虫!?】】より)