FC2ブログ

このブログについての記事 (1/2)

1000件を越えていたブログ雑感

■ブログ記事が1000件を越えていた
FC2ブログでは投稿した記事のURLに通し番号が振られている。(←これを見ると)いつのまにかこのブログ《チャンネルF+》の記事件数は1000を越えていた。
このブログは2019年にサービスを終了したYahoo!ブログから移行してきたもので、2019年4月5日にインポートを完了した記事の数は892件だった。その後FC2ブログで投稿し続けて、この記事は1019件目にあたる。
ブログの考え方は人それぞれだろうが、僕は自分の感じたり考えたことあるいは創作作品などを記録&整理するツールとして利用してきた。テーマを決めて始めたブログではなく、ブログというツールでどんなことができるのか──その都度、興味のおもむくままに試しながら記してきたわけだが、その記事が1000を越えることになるとは当初想像していなかった。個人的な興味から投稿した記事には色々なジャンルが混在している。
01千件越え雑感ブログ
テーマを限定せずにその時々で興味を覚えたものを取り上げていくやり方は、以前つづっていた個人誌と同じだが、ブログというツールの可能性は個人誌をはるかに超えるものだった。
カラー写真をふんだんに使用できることや、紙媒体では不可能だった映像(動画)を添付できることなど、表現の幅はだいぶ広がった。利点が増えただけではなく、同人誌や個人誌づくりではネックとなりがちな労力や資金の負担はブログでは格段に軽減した(制作発行経費は0!)。そして画期的だったのが、インターネットという〝誰もが閲覧できる《場》〟にたやすく〝公開〟できるということだった。同人誌や個人誌は苦労して発行しても、それが届く相手はごく限られていた。インターネットが普及する以前は、個人が世間一般に向けて発信するツールなど無く、不特定多数の人がアクセスできる《場》はマスメディアしかなかったからだ。だからブログを使い始めた頃は、すごい時代になったものだと感心しきりだった(【Yahoo!ブログの可能性】※Yahoo!ブログ時代に記した記事)。
同人誌を作っていた頃は、どんな作品を描いているのたずねられると、そのつど紙媒体で送ったりしていたが、今はブログで〝誰もが閲覧できる《場》〟にあげておけば、URLを知らせるだけで見てもらうことができるので便利だ。それで簡単に読み切れる短めのサンプル作品をみつくろってブログにまとめてたりもしている。


創作童話・ショートショート・漫画メニュー

ブログでは画像が簡単に掲載できることもあって増えたのが昆虫関連の記事だった。僕が積極的に身のまわりの昆虫を見るようになったのはインターネットが普及しはじめた頃で、昆虫を調べるのにインターネットをよく利用した。そのうちに、いつも恩恵を受けるばかりでは心苦しいと感じるようになり、ふだん活用しおせわになっているネット情報の充実に僕自身も貢献すべく、観察や考察の情報を還元したいと考えるようになった。僕がネット情報で重宝したように、僕の記事も誰かにとって意味のある情報であればと願っている。
愛用していたデジカメが壊れてからは昆虫に関する記事は減ったが、デジカメを持ち歩いていたときは昆虫を見かければ撮っていたので似たような内容の記事が増え、煩雑化が気になっていた……。整理のために主だったところをトップページでも抜粋しているのだが、ここであらためて、特に自分なりに印象深かった記事を思いつくままに挙げてみると……、

謎の幼虫大群:ケバエ
これは僕が身近な昆虫を積極的に見るようになり虫屋さんたちが集う昆虫フォーラムに出入りするきっかけとなった虫なので印象深い。幼虫の群れは毎シーズン初めて目にした人に激しいインパクトを与え──そんなブログも散見するが、今年もそろそろ出現の時期である。

紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火
チョウの写真を紹介しているブログは多い。ウラギンシジミもその常連だが、紹介されているのはもっぱら成虫ばかり。その幼虫にはとてもユニークな器官がある──その《線香花火》を知らずに初めて見た時は驚いた。僕にとっては成虫よりも幼虫の方が格段に注目度が高いチョウ。

眼を隠すシロコブゾウムシ
昆虫にはまぶたがない。だから「目を閉じる」ことなどではないはずなのに、そう見えて、とても驚いたことがある。その理由を素人なりに考察。シロコブゾウムシはよく見かける虫だが、見るたびに当時の「驚き」を思い起こす。

エゴヒゲナガゾウムシ:オスの眼はなぜ離れてる!?
エゴヒゲナガゾウムシ(ウシヅラヒゲナガゾウムシ)はオスとメスで顔(頭部)に大きな違いがある。オスの眼は左右に大きく離れている──観察から推察したその理由など。

切られた触角の謎〜《ひげ噛み行動》考
ヒラタシデムシの仲間のユニークな《ひげ噛み行動》についての観察と考察&予想!?

《カブトムシの角は矛盾だった》のか?
テレビのニュースなどでも報じられ、信じられている(?)カブトムシ♂のツノのジレンマについて、個人的に大いに疑問に思うこと。

宝石蜂セイボウ:輝きの秘密と生活史考
金属光沢が美しいハチ──ヤマトタマムシとはまた違ったきらめきの構造と、多くが狩り蜂に寄生するという背生活史についての素人推理。

メタリックな美麗昆虫10種
アカガネサルハムシやタマムシなど金属光沢が美しい、身近な美麗昆虫。

カギバラバチ:大量微小卵のナゼ?
二重寄生をするふしぎな生活史をもつカギバラバチ誕生の素人考察。

アカエグリバ&ヒメエグリバの枯葉擬態
カムフラージュする昆虫というと熱帯地方のものを思い浮かべがちだが、身のまわりにも(日本にも)完成度の高い隠蔽擬態をする虫がいる。枯葉以上に枯葉チックな進化の芸(?)は、賞讃に値すると思うのだが……。

フユシャクの婚礼ダンス
クロスジフユエダシャクはなぜ隠れて交尾するのか
意外な翅の役割り!?クロスジフユエダシャク
オスとメスでは全く姿が異なる冬に現われるユニークな蛾──フユシャク。昼行性のクロスジフユエダシャクの興味深い《婚礼ダンス》の観察。

ニホントビナナフシの雌雄モザイク
ニホントビナナフシ東京でも両性生殖
黄色いトビナナフシ
ニホントビナナフシの珍しい記録。

ヤニサシガメのベタベタは分泌物なのか松ヤニなのか?
ヤニサシガメに関する素朴な疑問のため、飼育観察してみたのだが……。

カメムシの奇行!?抜け殻落としプチまとめ
羽化後あるいは脱皮後のカメムシの不思議な行動に気づき、観察&考察してみたもの。

珍虫ハリサシガメの観察❲総集編❳
幼虫時代に擬装する珍しいハリサシガメの野外観察&考察をまとめた記事。

コノハムシ〜卵から成虫まで〜
擬態昆虫として知られているコノハムシの飼育観察。

──と、こんなところが思い浮かぶ。
これは昆虫記事のごく一部だが、これらは紙媒体の個人誌だったら、なかっただろう。インターネットがあったから色々調べることもでき、ブログというツールがあったから記事にまとめようという気になった。
何か展望があって始めたブログではなかったが、振り返ってみれば感慨のようなものがなくもない……。


◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ
スポンサーサイト



改めて「このブログについて」

このカテゴリ【このブログについて】はFC2ブログに移行してくる以前、Yahoo!ブログ時代(2019年にYahoo!ブログは消滅)に作ったもので、これ以前の記事はYahoo!ブログ時代のものということになる(FC2ブログ移行後は【FC2】というカテゴリを作っている)。

このカテゴリはしばらく放置していたのだが、知らずに訪れた訪問者にはわかりづらいかと思い、あらためてこのブログ《チャンネルF+(プラス)》について簡単に記しておくことにした。

ここへ引っ越して来る前──Yahoo!ブログ時代のブログの名称は《星谷 仁のブログ》だった。当時の記事はここ《チャンネルF+(プラス)》に移行済み。そのあたりの事情は【ブログ引っ越し騒動:ひと区切りついて】で記している。

僕の場合、ブログは何か特別なテーマを決めてスタートしたものではなかった。まだインターネットがなく個人が情報発信する方法がごく限られていた頃に同人誌や個人誌を作ったことかある者としては、ブログというツールは興味深かった。それで、このツールを使ってどんなことができるのか、色々試してみた──というのが、ブログを始めるきっかけだった。このあたりのことは、当時の【Yahoo!ブログの可能性】という記事に記している。

そのつど自分が興味のあることについて記してきたが、これはかつて作っていた粗末な個人誌《チャンネルF》と同じ。FC2ブログでの名称《チャンネルF+》はこの個人誌の延長──という意味合いを込めてつけたものだ。

方向性を決めずに投稿してきたのでブログ全体としては一貫性はないのだが、テーマによってメニュー(目次)ページをいくつか作っており、トップページには抜粋メニューの記事を置いている。自分が記録してきた記事を読み返したい時に探しやすいように、また閲覧者にも興味のある記事が探しやすいよう整理したものだ。参考になれば幸いである。


チャンネルF+〜抜粋メニュー〜
インディーズ&ローカルヒーロー目次
昆虫など〜メニュー〜
小動物など〜メニュー〜
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜
エアポケット幻想
創作童話・ショートショート・漫画メニュー

コメントがログイン必須になっていた

これまでコメントを頂いていた外部のブロガーさんからの指摘で、Yahoo!ブログが《コメントの閲覧・投稿にログインが必要》と仕様変更されていたことを知った。

■コメントの閲覧・投稿などがログイン必須となります
http://blogs.yahoo.co.jp/y_j_blog/34873610.html

2015年11月26日より「コメントの閲覧・投稿、トラックバックの閲覧・投稿を行う際はYahoo! JAPANIDでのログインが必須」と変更されていたようだ。

この仕様変更で外部からのコメントがしづらくなったことは確かだろう。僕が外部の閲覧者だったら、ログインを求められた時点で引き返す。必要ないIDを取得させるための営業戦略の一環なのかと勘ぐってしまうかも知れない。これはYahoo!ブロガーにとっても、外部の閲覧者にとっても損失だろう。
「いたずらコメントや、スパムコメント対策のひとつ」とのことだが、コメントやトラックバックを閲覧まで制限することに意味があるのだろうか?
スパム対策としては既存の「承認制」を選択することでそれなりに対応できていたように思う。スパムコメント・スパムトラックバックを閉め出したいのであれば、現在選択制になっている「承認制」を標準にすれば済むことではないのか──という気がしないでもない。

今回の仕様変更に疑問を感じる人は多いだろう。実際に不満や抗議のコメントも寄せられているようだが、そうしたデメリットをおしてまで導入しなければならないメリットがどこにあるのか、よく理解できない。

《不良ユーザーを閉め出すために善良ユーザーが不便や不利益を被る対策》は理不尽だと思う。
もし本当に必要な仕様変更なのであれば、(どうして「承認制」ではダメなのかを含め)《これまでの仕様を了解した上でYahoo!ブログを利用してきた従来のユーザーたち》に向けて理解を得られるよう丁寧な説明があってしかるべきだという気がする。



【追記(2016.04.05)】評判が悪かったコメントの閲覧・投稿制限が見直されたようだ。

■コメントの閲覧・投稿機能の見直しを行いました
http://blogs.yahoo.co.jp/y_j_blog/35095676.html

これによると、《これからは、ヤフーIDをお持ちでない方、ログインされていない方も、コメントの閲覧、投稿ができるようになります》とのこと。ようするに「コメントの閲覧・投稿などにログイン必須」の改正(改悪)前の仕様に戻されたわけで、いちおう一件落着といったところ。

コメントの返信機能

■コメント欄に【返信機能】が追加されていた

Yahoo!ブログを閲覧していて、コメント欄に【コメントに返信する】という表示がついているのに気がついた。

■Yahoo!ブログからのお知らせ>コメントに返信機能が付きました
http://blogs.yahoo.co.jp/y_j_blog/34108737.html

今日から追加された機能のようだ。「《きょう》からなのに《きのう》とは、これいかに!?」というダジャレはさておき、「Yahoo!ブログでもあれば良いのに」と思っていた機能だけに、ちょっと嬉しい。

コメント主に返信できる同様の機能はmixiの方では既にあって、これに馴れていたので、この機能がなかったYahoo!ブログに不便を感じていた。

これまでYahoo!ブログでは、複数のコメントをいただいた場合は、誰に対する返信コメントかわかるように表示名を一々タイプしていた。しかし濁音や半濁音を間違えやすかったり、コメント主がその後表示名を変えると、返信コメントにタイプした名前と一致しなくなって、どのコメントに対する返信コメントかわからなくなってしまうという欠点があった。

表示名の変更による(返信コメントにタイプした名との)「不一致」が発生することがあったため、これまではコメントが単独の場合はあえてコメント主のハンドルネームをタイプせずに直下に返信コメントを記してきた。複数のコメントがあるときには、やむなくコメント主の表示名をタイプしていたが、混乱をさけるために、まめに(コメントが単独のうちに)返信コメントを投稿するようにしてきた。

それでも「欠点」を完全にカバーすることはできず、気になっていたので、今回の返信機能はうれしい。
コメント主の表示名と返信コメントの表示名がリンクして表示されるのであれば、これまでのような「不一致」は起こらなくなるはずだ。
単に表示名をタイプする手間が省けるだけでなく、ずっとわずらわしく感じていた問題から解放されるのがありがたい。

コメントに関して更に希望を言うなら、「全角500字」という字数制限が少なすぎる気がしている。これではマトモな意見交換はできない。というこで、Yahoo!ブログのコメント欄は意見交換の場ではない──と今は割り切って考えている。

※【追記】コメント主の名前アイコンがそのままリンクされた形で返信機能に反影されるのだろうと早合点してしまったが、「コメント欄に記されるコメント主の表示」(リンクあり)と「返信機能で自動的に記される表示」(リンクなし)は必ずしも同じではないようだ(名前アイコンは返信機能では表示されない)。返信機能で自動表示される表示名がリンクしていないとなると、コメント主がコメント後に名前を変更したら「不一致」が発生するのではないか? この点の不備はまだ解消されていないようだ……。


●Yahoo!ブログの考え方

http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/31460445.html

◎Yahoo!ブログの可能性
http://blogs.yahoo.co.jp/ho4ta214/22818875.html

ブログ記事の字数制限が5000字から20000字へ

字数制限拡大は歓迎・それにともなって

Yahoo!ブログからのお知らせ(2014.01.29/ブログの記事本文の最大文字数を2万文字にいたしました!)で、5000字だったブログ記事の字数制限が20000字に増やされたことを知った。
Yahoo!ブログの考え方】でも記しているが、それまでの「字数制限:5000字」は少なすぎると不満に感じていた。この字数制限のため、やむなく記事を2つに分けたり、はみだす部分の文章を画像にして投稿するなど、不本意な対応をせざるをえないケースがあったからだ。

カテゴリー(書庫)別に作ったメニュー(記事とリンクしたタイトル集)のページでも【昆虫など】は字数制限のために2つに分けざるを得ず、TOPの主なメニューをまとめた頁も5000字という制限のため、新たに何か加える時は、別のタイトルを割愛するなどで対応してきた。

それが今回、字数が大幅に増えたことで字数制限への不満はだいぶ解消された。
【昆虫など】のメニュー頁は新たに1つにまとめた(昆虫など~メニュー~)。2つに分けていた記事──【映画『七人の侍』の巧みさ】も1つに統合。TOP頁のメニュー・タイトルも少し増やしてみた。

今後は字数制限を(さほど)気にせずに記事を書くことができる。これは長文になりがちな僕にはありがたい変更だった。