FC2ブログ

ユーザータグ : SFの記事 (1/1)

『タイム・マシン 特別版』感想


 
現行の放送を受信できるテレビを僕は持っていない。テレビ放送が地デジ化へ移行し、アナログ放送が終了したのを機にテレビから離脱している。
あれからどのくらいの時間が経過したのであろうか……。最近のテレビ番組は見ていないのでさっぱりわからない。年末に発表される流行語大賞など、「何それ?」状態で、なんだか浦島太郎にでもなったみたいな気がしないでもない。

今更テレビ復帰したいとは思わないが……昔、テレビで観た映画などで、また観てみたいと思うものはある。その1つが1960年に製作されたアメリカ映画の『The Time Machine』──H・G・ウェルズの古典SF小説を映画化した作品で邦題は『タイム・マシン 80万年後の世界へ』だった。
子どもの頃にテレビで放送された本作を見て、熱中した記憶がある。後に何度か観ているのだが、久しぶりに『タイム・マシン 80万年後の世界へ』を観てみたくなった。検索してみると『タイム・マシン 特別版』というDVD商品が安価で出ていた。ちなみに2002年に『タイムマシン』というタイトルでリメイク映画が製作されているが、こちらはひどい出来だったので、『タイム・マシン 特別版』が1960年版の方であることを確認して購入した。この商品には『タイム・マシン 80万年後の世界へ』本編102分に加え、映像特典で、メイキング・ドキュメンタリーが48分、オリジナル劇場予告編の映像が2分半程収められていた。

『タイム・マシン 80万年後の世界へ』のストーリーをかいつまんで説明すると──、
冒頭、発明家ジョージの招待を受けた友人たちが彼の家に集まる。ところがホストのジョージがいない。客人達は怪訝がりながらも、数日間行方知れずというジョージ抜きで夕食会を始めようとしていた。そこへ突然ボロボロになったジョージが現れる──このただならない導入部でグッと心をつかまれる。
彼はどこから帰還したのか!? 彼の身にいったい何があったのか!?

「タイムマシン」というアイディアもさることながら、この謎めいたドラマチックな導入が良い。ただ単に「タイムマシンを発明して時間旅行に旅立った」という展開では、この面白さはでなかったろう。
疲れ果てたジョージは友人らに、時間軸を自由に移動できる装置──タイムマシンを発明し、時間の旅をしてきたことを話し始め、彼の回想でドラマが展開する。

タイムマシンの試運転で初めてジョージが降り立ったのは17年後の世界だった。そこで彼は成長した友人デビッドの息子に会い、デビッドが戦死したことを聞かされる。その後も人類の戦争の歴史は後を絶たず、ついに核戦争が勃発。それが引き金となり天変地異が起こりタイムマシンは長い間溶岩に閉じ込められてしまう……そして次にジョージがたどり着いた先は80万年後の世界だった。
そこは自然に囲まれた楽園のような世界で、イーロイと呼ばれる未来人がおおらかに暮らしていた。戦争から解放されたユートピアのようにも思われたが……彼らは無関心・無意欲で文明は崩壊していた。人類は長い戦争の末、地下に潜ったモーロックと地上に残ったイーロイの2つの種族に分かれ、イーロイはモーロックの家畜として養われ、食われていたのだ。
溺れかけところをジョージに救われたことからジョージに関心を示すようになったイーロイの娘ウィーナもモーロックに捕われてしまい、ジョージは彼女や捕われたイーロイたちを救出するためにモーロックの巣窟に乗り込む。
モーロックとの壮絶な闘いの後、ウィーナとも生き別れとなりながら、ジョージはタイムマシンで現在の世界に帰還することができた……。

ボロボロになって帰還したジョージから突飛な体験談を聞かされた友人達は、にわかには信じられないといった反応を示す。ジョージはウィーナからもらってポケットに入れておいた花をとりだす──それが未来から持ちかえった唯一の証拠だった。
友人達が帰った後、ジョージは未来再建のため、ウィーナのいる世界へ再び旅立ってしまう。

この作品を初めて見たのは小学生の頃──スリリングな展開に引き込まれ、若き発明家ジョージの活躍を息をのんで見守った。

人類の未来は輝かしいものだ──科学が発達して高度な文明を築いているだろうと漠然と思い描いていたが、『タイム・マシン 80万年後の世界へ』では文明は崩壊し、人類は人食い人種に成り下がっていた──この展開は意外でショッキングだった。「タイムマシン」「未来世界の意外性」というアイディアがこの物語の核になっているが、映画(映像)の魅力として、タイムマシンのデザイン・造型の秀逸さや、「止まったまま、時間の中を移動する」という概念を視覚的に分かりやすく表現した特殊効果の素晴らしさがあったように思う。今でこそタイムマシンはよく使われるSFツールだが、当時はまだ未知の概念だったろう。誰も見たことが無いものを想像力の力で具現化してみせたスタッフの功績は称賛に値する。この作品はアカデミー特殊効果賞を受賞している。

DVD『タイム・マシン 特別版』で久しぶりに『タイム・マシン 80万年後の世界へ』(1960年製作)を堪能することができた。ところで、この商品には映像特典として『Time Machine:The Journy Back』という48分ほどのドキュメンタリーが収録されている。『タイム・マシン 80万年後の世界へ』で若き発明家を演じていたロッド・テイラーが案内役をつとめ、映画製作の裏話などを紹介したものだ。最後には『タイム・マシン 80万年後の世界へ』後日談のショートドラマも含まれている。この『Time Machine:The Journy Back』が製作されたのはなんと1993年──本編『タイム・マシン 80万年後の世界へ』から33年も経ってのことである。本編を観たあと続けて『Time Machine:The Journy Back』を視聴したのだが……「33年後のロッド・テイラー」を見て「時間(の経過)」というものを改めて実感した。
「本編の《80万年後の世界》」はフィクションだが、「ロッド・テイラーの《33年後の姿》」はリアルだ。映画の中では時間を支配する若き発明家だったロッド・テイラーも時間(老化)の支配を免れることはできず……玉手箱をあけてしまった浦島太郎状態!? そしてドキュメンタリーでは、老けたとはいえ元気だったロッド・テイラーも昨年(2015年1月7日)84歳で亡くなっている。
『タイム・マシン 特別版』で、本編と映像特典を続けて見たことで、はからずしも(?)あらためて「時間」について色々感じたのであった……。

●久しぶりに『ジュラシック・パーク』を観て

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-109.html

●映画『ゼブラーマン』感想
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

●映画『七人の侍』の巧みさ
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-110.html

●映画『生きる』について
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

●橋本忍氏の脚本観
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-112.html

●『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』感想
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-525.html

■エッセイ・雑記 ~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

スポンサーサイト



SFメルヘン『地球のタネ』

※400字詰原稿用紙14枚半ほどのSFメルヘン



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 



個人紙《チャンネルF☆通信》13号(1995.11.25)に載せた『宇宙観』という短編をまったく別のシチュエーションで描きなおしてみたもの。

ちなみに、『宇宙観』はごくごく普通のありふれた男女のハナシ。会話の中でテラフォーミングがでてくる。2人の日常とはかけ離れた全く次元の異なる話題が展開していくが(『地球のタネ』で書かれている内容)、それが最後に男女の現実的なテーマに帰結するという作品。
書きたかったのは「地球にとってガン細胞のようにも思える人類が、実は地球の遺伝子の役割を担った存在だったという世界観の改変」──法廷物の逆転劇みたいな面白さを狙ってのことだったのだが、そうした壮大な次元のハナシを、あえて日常的な舞台で展開し、最後に男女の抱えている日常の問題と重ね合わせることができれば、洒落た感じでまとまるのではないかと考えた。

ところが、『宇宙観』を読んだ友人は、僕が書きたかったことではなく、男女の関係の方に期待して読んだらしい。
読み手にしたら、会話の中でかわされる非日常的な話題より、男女の関係の方に注意が向くのも無理ないかもしれない。
そこで、シンプルな設定でつくりなおしたのが『地球のタネ』ということになる。
宇宙に浮かぶ宇宙船の中での1シーン──そのイメージはハードSFではなくメルヘンに近い(僕が考える狭義の【メルヘン】ではないが)。『地球のタネ』を描いたのは『宇宙観』(1995年)と同じ頃だったのではないかと思う(今回わずかに手を入れてアップ)。

タイトルの「地球のタネ」は、実は僕が考えた言葉ではない。漫画家のますむらひろしさんが月刊MOEにアタゴオルシリーズを連載していた頃に著者のひとこと欄(だったか?)に「《地球の種》の夢みた」というような事を書かれていたように記憶している(たぶん?)。「地球の種」とはまたすごいと感心し、「果たしてそれはどんなものなのだろう?」なんて思ったことがあったので、『宇宙観』の着想から「地球の種」に結びついたところもあったかもしれない。

※本文に不備がありました。改訂版は→地球のタネ

掌篇童話『消えた大発明』

フェレットに続いて飼っていたペットを挿絵の中に描いていた掌篇。これも朝日小学生新聞の読み切り童話で2枚半。掲載時は単色だった挿絵に彩色。

きえた大はつめい



 


 


 
※作&絵・星谷 仁/朝日小学生新聞1993年12月28付

挿絵の中に登場させたのはグリーンイグアナだった。