FC2ブログ

ユーザータグ : 飛翔の記事 (2/2)

ヘリグロチビコブカミキリはなぜ冬に活動するのか

新しいデジカメ(OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough)の練習を兼ねて、旧デジカメでは小さすぎてうまく写すことができなかったヘリグロチビコブカミキリをひきつづき撮ってみた。

冬に活動する極小カミキリ





ヘリグロチビコブカミキリ:衰弱の理由は?


この日みつけたヘリグロチビコブカミキリは、ミズキと接する欄干の上でじっとしていた。前回は撮影途中で欄干のすきまに逃げ込まれたため、慎重にカメラを近づけ撮影を開始。被写体が動かないのを良いことに、とりあえず、アングルを変えたり露出補正をしたり、画角と距離を変えたりしながらいろいろ撮ってみる。


肩甲骨カミキリと僕が勝手に呼んでいるハイイロヤハズカミキリのような筋状隆起が翅鞘上部にあるのがわかる。
この画像を撮るさいにヘリグロチビコブカミキリを指にとまらせてみたのだが、この時になってようやく、この個体が弱っていることに気がついいた。
いつもなら(冬にもかかわらず)活発に動き回るヘリグロチビコブカミキリがおとなしくモデルを務めていたのは衰弱していたためだったようだ。
動きは緩慢。ひっくり返してもなかなか起きられない。ということで、この機会に腹面も撮影。


次に半透明の小型タッパーの上に置いて撮影。すると体に沿わせてたたんでいた触角を広げ、ようやく、ゆっくりと歩き始めた。

しかし通常の「冬なのに活発に動き回る(いきなり飛翔することもある)」姿はみられず、別人ならぬ別虫。まるで《冬場のカミキリ》のよう──カミキリとしてはこれが自然な姿なのだろうが……これまで冬に見てきたヘリグロチビコブカミキリの方がむしろ、寒い中、不自然なくらい元気だったといえる。
この個体の緩慢な動きは、いわゆる(?)寿命がつきる前の電池切れ(が近い)状態──といった感じ。
冬のさなか、暖かい日に出てきてしまった越冬昆虫が、ぶりかえした寒さで動けなくなった──そんな風にも見えるが、この日は実は暖かかった。全国的に最高気温が平年を上回り「沖縄以外で今年初の夏日」とニュースでも報じられていたくらい。それに、もっと寒い日に活発に動いていたヘリグロチビコブカミキリが、この暖かめの日に「寒さが原因で動きが鈍かった」とは考えにくい。
外傷も見当たらないし、《繁殖活動を終えて寿命がつきようとしている》可能性を想像してしまう。
昨年も3月に1度、擬の上で死んでいたヘリグロチビコブカミキリを目にし、《繁殖活動を終えて寿命がつきた》個体ではないかと思ったことがある。
【ヘリグロチビコブカミキリは、カミキリの天敵が活動していない冬に繁殖して生存率を高めているのではないか】──そう考えると冬に見かける機会が多いことや、寒い中、予備動作無くいきなり飛翔できる耐寒活動性を備えていることもうなずける。
逆に、そうでなかったのなら、《安全な場所で省エネモードでじっと越冬していた方が生存率は高そうなのに、なぜ冬にわざわざ出歩く必要があるのか?》──無駄な危険を冒す意味がわからない。
単なる想像にすぎないが、そんな可能性も考えてみたくなる。
動きが緩慢なのを利用して、1円硬貨の上において大きさ比較。


このヘリグロチビコブカミキリは1円硬貨から再び欄干におりてやがて動かなくなった。

また飛んだ!やはり活発なヘリグロチビコブカミキリ

その後、擬木の上で、せわしなく歩き回っていたヘリグロチビコブカミキリを見つける。ヘリグロチビコブカミキリとしては、こちらが普通の姿。さっそくカメラを向けるが、動いている時は追いながらピントを合わせるのが難しい。しかしつきまとうカメラをやりすごそうとするためか、ときどき動きを止めてじっとする。その静止した時に撮ったもの。

例によって、体にそうようにたたんでいた触角を左右に広げるとやがて動き出す。

陽が当たる場所ではヘリグロチビコブカミキリの黒い体と影が重なってしまい、輪郭がわかりにくくなってしまう……ということで、虫影を消すために、日陰を作って撮ってみた。

さらに輪郭をわかりやすくするために、半透明の小型タッパー容器に乗せてとってみる↓。前胸の左右に突き出した棘状突起の少し上に一対の丸いコブがあるのがわかる。

そして翅鞘の黒いヘリに囲まれた白い部分だが、アップにすると……、

白い部分はなんとなく「禿げ」のイメージでとらえていたが、逆に細かい毛が密集しているように見える? 実際の毛なのか模様なのかわからないが、この表面の構造で光が乱反射して白っぽく見えるのかもしれない。

実は翅鞘のアップの次に前胸のアップを撮るつもりだったのだが……翅鞘ショットを撮った直後、ヘリグロチビコブカミキリは急に動き出し、擬木のへりまで早足で移動すると、ピントを合わせる間もなく飛翔した!
これまでも、1月・2月に何度か撮影中、飛び去られており、飛翔は想定していた──というより新しいデジカメで飛翔ショットをおさえるつもりで、むしろ狙っていたのだが……予想以上の素早い飛翔に追いつけなかった。
飛翔ショットを撮り逃し「しまった!」と悔やんだが、モニターから顔を上げると飛翔するヘリグロチビコブカミキリはまだ手の届く範囲にあった。「テイク2」にかけるべく、とっさにかぶっていた帽子をとってネット代わりに宙をすくってみたのだが……空振りに終わった……。
狙っていたシーンが撮れなかったので、過去にとらえた冬に飛翔するヘリグロチビコブカミキリのテイクオフ・ショット。


この時期、活発に擬木の上を歩き回り、あっという間に飛翔するヘリグロチビコブカミキリは、ちょっとカミキリの中でも特別なのではないかと思わずにいられない。
このときもそうだったが……《冬によくみかける擬木の上を歩き回っている姿》は、オスなら《メスをさがす行動》、メスなら《産卵場所を探す行動》なのではないか……そう考えたくなる。
春に出現し繁殖活動をするカミキリのなかで、ヘリグロチビコブカミキリは耐寒性を高め、徐々に天敵の少ない寒い時期へ繁殖時期を前倒ししてきて冬でも活動できるようになったのではないだろうか?
冬に欄干や擬木の上でしばしば見かけるヘリグロチビコブカミキリたちの中にペアの姿を見つける事ができれば、そんな想像もにわかに現実味を帯びてくるのだろうが……はたして、そんな光景を目にする日がくるのであろうか……。


冬に飛ぶ極小カミキリ

冬に飛翔するヘリグロチビコブカミキリ

去年の冬に初めて目にしたヘリグロチビコブカミキリ──1月・2月・3月そして12月と、僕はこれまで冬にしか見た事が無い。冬にだけ活動しているというわけでもないのだろうが……隠れる場所が少ない冬に目立ちがち──ということなのだろうか? 年が明けて、今年も1月中に見られるだろうと思っていたが、やはり出会った。



例によって冬だというのに元気に擬木の上を元気に歩いていた。体長4mmのカミキリ──小さすぎて僕のカメラと腕ではシャープに撮るのが難しい……。



この個体は歩き回っては時々止まり、やがてまた歩き出すという動きをくり返していた。立ち止まるのは警戒してのことだろうか。触角を体に沿わせるようにたたんで固まったかと思うと、やがて触角をゆっくり左右に開き、活動を再開する。



この日のヘリグロチビコブカミキリも、予備動作(準備運動?)なしに、いきなり飛翔した。
去年1月・2月にも撮影中いきなり飛び去ったことが何度かあった。最初はカミキリが「冬に野外で活動している」ということに驚いたが、寒い中いきなり飛び立つことができることに更に驚かされた。


冬でもこれだけ動けるのなら、天敵の少ないこの時期に繁殖活動をしていてもおかしくないのではないか……と、そんな想像がひろがる。
蛾の中には冬限定で繁殖するフユシャクのようなグループだっているのだから、カミキリ界でも同じような戦略をとっているものがいても不思議ではないだろう。
ヘリグロチビコブカミキリの繁殖時期が実際はいつ頃なのか……ちょっと気になっていたりする。

冬にも見られるキボシカミキリ

1年前にヘリグロチビコブカミキリの存在を知ってから、ことし初めて見るカミキリはこのカミキリだろうと思っていたのだが……予想に反して今年の初カミキリはキボシカミキリだった(*)。キボシカミキリは5月頃から見られるが、意外に遅くまで出ているカミキリで、12月に目にする事もめずらしくない。去年は12月13日に飛翔するのを確認しているが、12月も下旬になると見かける個体は動きがにぶく、もはや電池が切れかかった状態(?)。キボシカミキリは年が越せないものだと思っていた。それが今年は1月中旬に見られたので驚いた。ただ、その個体も動きはかなり緩慢だった。同じ冬に見かけるといっても、活発に動き回るヘリグロチビコブカミキリとは、かなり違う印象を受けた。



1月にカミキリ【ヘリグロチビコブカミキリ】

今年初のカミキリは極小サイズ

先日、今年初めてのカミキリを見た。12月にキボシカミキリを見ることはあったが、1月にカミキリを見たのは初めて。


擬木の上を歩いていたのでなんとか気づくことができたが……小さい上によく動くのでなかなかきれいに撮れない。ちょっと見づらい画像だが、カミキリ屋さんに見てもらったところ、【チビコブカミキリ】か【ヘリグロチビコブカミキリ】ではないかとのこと。
(※【ヘリグロチビコブカミキリ】と判明。文末に追記あり)
小ささにも驚いたが、冬のまっただ中に越冬モードではなく動き回っていたことにも驚いた。しまいには飛び去っていった。

おそらく同じ種類と思われるカミキリのより鮮明な画像をたざびーさんがブログにアップされている→【カミキリ】【再びカミキリ

このカミキリがいたのは東京都と埼玉県の境あたり。東京では1月14日に(東京にしては)大雪が降っていたのだが、その雪がまだあちこちに残っているこんな場所↓。この日もフユシャクがみられた。

最近見たフユシャク♀(の一部)


たぶん上の♂と同じ種類=シロフフユエダシャクの♀。フユシャクは冬に出現する蛾(成虫)で、♀は翅が退化して飛ぶことができない。
※以下のフユシャク♀はどれも種類が(僕には)特定できていない。





この種類↑は卵を毛で覆わないようだ。翌日、卵は裸のまま残されていた。フユシャクの中には産みつけた卵を毛で覆う種類↓もある。




夢見るゴリラなフユシャク!?より再掲載画像

※追記【ヘリグロチビコブカミキリ】と判明

その後3匹の同じ種類と思われる極小カミキリを見ることができた。うち2匹はカミキリ屋さんが直に確認。【ヘリグロチビコブカミキリ】とのこと。先の画像を含めヘリグロチビコブカミキリだったようだ。

わずかの間に4匹も見ることができたということは、最初に見つけた1匹が、たまたま(例外的に)冬に迷い出てきたというわけではく、冬にも活動する(ことがある?)種類なのだろう。
次の画像は日当りの良い欄干の上で動き回っていた個体。ときおり止まって触角をつくろったりするが、すぐにまた歩き出し、せわしない。最後は飛び去って行った。


周囲にはまだ雪が残っている1月──なのにカミキリが活発に動き回る姿は意外だった。
このぶんだと、食餌(後食)や交尾・産卵も可能なのではないかと思わせる。
もしかするとフユシャクのように、まだ天敵が少ない寒い時期に活動を始めることで生存率を高めるような戦略でもとっているのではないか……などと想像が飛躍した。


アオマダラタマムシ

実物の方が断然キレイ!?アオマダラタマムシ


きのう(4/28)雑木林沿いの歩道の手すりにアオマダラタマムシ(17~29mm)が出ていた。
ヤマトタマムシ(30~41mm)やウバタマムシ(24~40mm)に比べればボリュームでやや劣るが、美しいタマムシだ。

アオマダラタマムシの金属的な輝きはヤマトタマムシに似ている。鞘翅表面の木目のような立体模様はウバタマムシの方に似ている。
小ぶりながらヤマトタマムシとウバタマムシ、両者の魅力を兼ね備えている──といえなくもない。

ただ、その美しさ(輝き)は画像では、なかなか伝わらない。
写真でしか見たことが無かった人が初めてこの虫(実物)を目にしたとき、誰もが「意外にキレイ!」と思うのではないか──そんな気がする。

光沢のある昆虫は生の色合いを写し撮るのが難しいが、アオマダラタマムシはカメラを向けると動き回ることが多いので、よけいにきれいなショットが撮りにくい。
1枚の画像では、光線の加減で色が変化する感じがなかなか伝わらないので……以下数枚はきのう見かけた同一個体(上の個体と同じ)──動きまわるアオマダラタマムシを追いかけながら撮ってみたものである。





アオマダラタマムシを検索してみると、分布が局地的で個体数が少ないとか埼玉県では準絶滅危惧だという記事もあったが、僕が歩く東京都と埼玉県の境界付近ではちょくちょく見かける。
毎年、今ごろ遊歩道の手すりでよく目にする。



夏には同じ木にたくさん集まっていることもある。



輝くアオマダラタマムシと銀の蛾※アオマダラタマムシ美麗個体
宝石昆虫タマムシ/玉虫の金蔵とは!?*ヤマトタマムシ・ウバタマムシ
花よりだんこ…虫*ウバタマムシ他
昆虫など〜メニュー〜

クロゴキブリ滑空説は迷信!?

先日、某所のコラムで「ゴキブリは滑空しかできない(上に飛ぶ事はできない)」という内容の記事を読んだ。アース製薬の商品企画課・課長を取材した内容の記事である。
(※ゴキブリには飛べない種類もあるので家庭で見かける事が多いクロゴキブリなどのことだろう)

しかし僕は自分の経験や知人から聞いた話などに照らして、クロゴキブリ滑空説には疑問を覚えた。そこで検索してみたところ、この「滑空説」があちこちで紹介されていることを知った。もしかすると出所が同じ誤情報が伝播しているのではないか?……そんな危惧を抱かずにいられない。

そしてさらに調べてみると、この説を否定する内容の文献がみつかった。

【クロゴキブリの自発飛翔.環境動物昆虫学会誌 14(1):47~48 (2003)】
この文献には、室内でクロゴキブリが垂直面から飛び立ち、1メートルほど上昇し20秒間飛翔したという内容の観察例が報告されている。


やはりクロゴキブリは飛翔する!
──僕はそう思っている。