FC2ブログ

ユーザータグ : 飛翔の記事 (1/2)

飛来したトビナナフシ

飛んできた!?ヤスマツトビナナフシ

ハリサシガメの姿を探して石垣を眺めていると──目の端から飛翔する虫が視界に入ってきた。なだらかな角度で飛来した虫は、そのまま石垣に着地──その姿を見てビックリ! ヤスマツトビナナフシのメスだった(この昆虫のオスは見つかっていない)。トビナナフシの飛翔を見たのは初めてだった。


このあたりで見られるトビナナフシはニホントビナナフシとヤスマツトビナナフシの2種(僕はこの2種しか見たことが無い)。ニホントビナナフシも見かけるのはたいていメス(本州では単為生殖といわれている)。ごく稀に見つかる小ぶりな割に翅が大きいオスはともかく……ニホントビナナフシとヤスマツトビナナフシのメスは飛ぶことができるのだろうか?──と、これまで疑問に思っていた。よく出会うニホントビナナフシ♀も、これまで飛翔する姿を見たことがない。カメラを向けると警戒してジャンプすることはよくあるのだが、これは「落下」というべきもので、落ちる姿ばかり見てきたので飛翔能力を疑ってきた。
今回飛翔する姿を見たのは、ほんの1~2秒。着陸した石垣は雑木林のふちにあるので、離れた場所から飛んできたのではなく、近くの木の上からジャンプして降りてきたのかもしれない。石垣に着地する寸前に減速するようなことはなく、ぶつかるように貼り付いたので、あるいは滑空に近い形だったのかもしれない。しかし、いずれにしても、これまで見てきた「落下」とはずいぶん違うなだらかな軌跡で、その翅はちゃんと機能していて「飛翔」と呼べるものだった。
「この虫は飛べるのかな?」と疑問に思っても、飛んでいる姿を見たことがないからといって「飛べない」と決めつけることはできない。飛ぶ姿を見ないかぎり疑問はずっと「謎」のままだ。だが一度飛翔する場面を確認すれば、「飛べる(飛べるものもいる)」ということが確定できる。
「ヤスマツトビナナフシ♀は、飛ぶことができるんだ!」と驚くと同時に、ひとつスッキリした。
僕を驚かせたヤスマツトビナナフシ♀↓。


トビナナフシには見てわかるように翅があるが、パッと見で上翅(前翅)だと思いがちな部分は後翅の革質部(かくしつぶ)と呼ばれる部分で、この下に薄い膜質部(まくしつぶ)が畳み込まれている。後翅革質部の付け根にある小さなカバーのようなものが前翅。


肉眼では判りにくいが、ヤスマツトビナナフシの触角には緑色の部分がある(ニホントビナナフシにはない)。複眼に入った模様もニホントビナナフシとは少し違っている。


これがヤスマツトビナナフシ♀の小さな前翅↑。この画面でいうと白い模様の下がヤスマツトビナナフシ♀は緑色だが、ニホントビナナフシでは赤褐色(*)。


腹端の「尾毛(びもう)」と呼ばれる1対の突起↑は長め(ニホントビナナフシ♀はもっと短い)。
顔のつくりはよく似ているのに複眼の模様でニホントビナナフシ♀とはずいぶん違った印象に見えるヤスマツトビナナフシ♀↓。


複眼の模様とは別に、黒い点──偽瞳孔(擬瞳孔)が撮影角度に応じて位置を変える。


スポンサーサイト



エメラルドを隠し持つムツボシタマムシ

翅を開くとエメラルドの輝き!ムツボシタマムシ



擬木の上を歩き回るムツボシタマムシを見つけた。この虫はすぐに飛び去るのでなかなかじっくり撮ることができない。この個体も翅を広げて飛び立とうとする仕草を見せたが、故障しているらしく離陸できずにいた。こうした状況は3年ぶり(*)。気の毒ながら、飛び去ることができないのをいいことにカメラを向けた。




ムツボシタマムシは、手もとの図鑑では7~12mmと記されているが今回みつけたのは、ずいぶん小さめの個体だった。




ムツボシタマムシは美麗昆虫の代表格ヤマトタマムシ(30~41mm)にくらべるとずいぶん小さいし、一見、色合いも地味だ。よく見れば凹んだ紋には鈍い金属光沢があって、光線の加減で金~薄緑色にみえたりして、それなりにシブい美しさがあるのだが……この普段の姿が目に入っても多くの人は気にとめることがないだろう。
ところが、一見地味なこの昆虫が飛翔する瞬間を目にした人はハッと息をのむに違いない。ふだん翅で隠されている腹の背面が、実はすばらしく美しい。翅を広げた瞬間、このエメラルドの輝きがあらわになるのである。
今回見つけた翅を故障した個体は離陸できずに何度も翅を開くので、その瞬間をいくつか撮ることができた。










昆虫のメタリックな輝きは画像にするとかなり目減りしてしまうものだが……それでも宝石のように輝いていることはおわかりいただけると思う。
ムツボシタマムシは翅を広げた姿が、とにかく美しい!
一般民間人的にはきらびやかな昆虫を見るとテンションがあがる。せっかくこれほどの輝きを持っていながら、ふだん翅で隠しているのが非常に惜しい。まことにもったいない。残念でならない。やりきれない。くやしいったりゃありゃしない!

これは例えてみれば……いつもさえない衣類を身にまとっているオッサンが、しょぼい服を脱いだら宝石だらけのピッカピカのステテコを履いていた──みたいなのもだ。「おまえ、着飾るところ、間違ってるだろ!」と言いたくなる。
エメラルドのステテコを履いたオッサン──エメラルド・ステテコッサンの別名を与えたくなる……なんて私情はさておいて。
「いったい、どうして、一番美しいところがそこなんだよ」と思わずにはいられない。2年前もいろいろ考えてみたが、今回もあれこれと妄想が展開した。考えたコトを全て紹介していくと煩雑になるので、解釈として一番妥当そうなものを1つだけ記しておくことにする。

飛翔時限定の《宝石の輝き》の理由!?

ふだん翅の下に隠されているエメラルドグリーンの腹──これは飛翔している間だけ露出し、この上なく目立つ。ということは逆に、降りて翅をたたんでしまえば隠蔽効果が高まる──ということなのではないだろうか。
鳥(天敵)が近づくなどして危険を察知したムツボシタマムシは飛翔して逃げようとする。飛んでいる間は輝く腹の背面がよく目立つので、敵はこの《エメラルドの輝き》に注目して追尾するに違いない。そこで追いつかれる前に降りて翅をたたんでしまえば、《エメラルドの輝き》を追っていた敵は目標を見失う。翅を閉じたムツボシタマムシをスルーして《エメラルドの輝き》を探しつづけることになるだろう。こうして「飛翔時限定の輝き」はムツボシタマムシの危機回避に役立ち、生存率を高めているのではあるまいか……。
久しぶりにムツボシタマムシの《エメラルドの輝き》を見て、そんなことを考えた。
ところで、宝石にも(「花言葉」のような)「石言葉」というのがあって、エメラルドの石言葉は「幸運・幸福・希望・安定」だそうだ。翅の下にそれを隠し持っているムツボシタマムシは、縁起が良い昆虫といえるかもしれない。

気づけば今日6月4日は《虫の日(「6・4」で「む・し」)》だ。
64(むし)の日に、6ツボ4タマ64……ということで。

ついでに、やはり擬木の上でメタリックな輝きを放っていたイモサルハムシ↓。





ヘリグロチビコブカミキリ飛翔またNG

《冬に飛ぶ極小カミキリ》というイメージが僕の中ではできあがっているヘリグロチビコブカミキリ。何度も飛翔する場面を目の当たりにしていながら、そのキャッチフレーズ(?)を象徴するテイクオフ・ショットがなかなかキレイに撮れずにいる……というのは前回の記事にしたばかりだが、その続報──前の記事の後に見つけたヘリグロチビコブカミキリなど。

ヘリグロチビコブカミキリの飛翔・続NGショット

擬木や欄干・柵などの日向で見かけることが多い気がするヘリグロチビコブカミキリだが、このときは日陰側で停止モードだった。


先日、暖かかった日に見つけた個体は、最初触角を広げていたが↓


カメラを近づけると広げていた触角をゆっくりたたんだ↓






落ち葉に乗せると活動モードにスイッチして歩き回り、落ち葉の柄の先端へ。




触角はやや前方に持上げられ《飛翔モード》!?──上翅を開きかけたが、この時は飛ばず、1度上翅を閉じたが、触角の表情は飛ぶ気満々。はたして──、


──というわけで、ほんのわずかシャッターが遅れた。体はだいぶ浮き上がってブレブレ。翅の先がフレームアウトして……やっぱり残念なショットになってしまった……。

同じ日に見つけたヘリグロチビコブカミキリは、見つけた時は薄陽のさす柵の上で、砂漠に棲むサカダチゴミムシダマシみたいに体を斜めにし、太陽光を効率よく浴びる体勢をとっていた。以前にも擬木の上でこうした姿勢をとっているヘリグロチビコブカミキリを見たことがある。活動温度を得るため(体温を上げるため)の日光浴ポーズっぽい。その時はそのポーズを撮ろうとして近づいたら解除してしまったので、今回はそーっと近づいたのだが……気配を感じたのかヘリグロチビコブカミキリは早々に日光浴ポーズ(?)を解除。触角を左右に広げた《活動モード》に入って動き出した。


撮りづらいので例によって落ち葉に乗せる──と、せわしなく歩き回って……、


──ということで、シャッターのタイミングとしては合っていたが、ピントが合っていなかった……。
今回も「冬に(も)飛ぶ」という「証拠写真」程度の残念なショットになってしまったのであった……。
極小昆虫のテイクオフ・ショットは難しい……。

ぷちカミキリ!?──まぎらわしい甲虫類

この日は暖かく、見られる虫たちの種類も多かったのだが……そんな中で、極小カミキリと見間違えそうな、まぎらわしい甲虫を──。
まずはヘリグロチビコブカミキリを見つけた近くで目に入って「えっ!?」と思った虫。


細長い体型&大きさは裸眼ではヘリグロチビコブカミキリっぽく見える。しかし上翅(翅鞘)がえんじ色!?──「これは別種の極小カミキリ!?」と胸をときめかせてカメラを向けて拡大した画面を見ると……カミキリではなかった。
やけに平べったいのでヒラタムシの仲間だろうと見当をつけ、帰宅してから検索してみたら、クロムネキカワヒラタムシというのに行き当たった。




クロムネキカワヒラタムシは樹皮の下にいて(だからこんなに平たいのだろう)昆虫などを捕食する虫らしい。この日はあちこちでこの昆虫を見かけた。今回の画像は全て別個体。
また、この日やっぱり裸眼ではヘリグロチビコブカミキリと見間違えそうな大きさ&シルエットの極小ハネカクシも複数見られた。



冬に飛ぶ極小カミキリの触角ランゲージ?他

ヘリグロチビコブカミキリの触角ランゲージ~飛翔

《冬に飛ぶ極小カミキリ》というイメージが(僕には)あるヘリグロチビコブカミキリ。先日も陽の当たる欄干の上に出ているのを見つけた。お気に入りの昆虫なので、見つけるとついカメラを向けてしまう……が、その割になかなかうまく撮れないでいる。


例によって欄干上では、冬の陽射しが長い影を作り、黒いヘリグロチビコブカミキリの輪郭がつぶれてしまいがち……そこで、落ち葉に移動願う。


欄干のヘリグロチビコブカミキリは小さすぎてつまめないので、落ち葉を敷いて指先でそっと追いやる。すると触角を左右に広げ、落ち葉の上へすんなり移動した。


触角を広げ《活動モード》に入ったヘリグロチビコブカミキリはそのまま落ち葉の上を徘徊し、葉のフチまできて止まったので「飛翔するか!?」とそなえたが……触角を倒して《停止モード》に入った。


何度もヘリグロチビコブカミキリを見ているうちに、触角の表情(形)で、なんとなく行動が読めるような気がしてきた……かもしれない?
触角を体に沿わせるように倒しているときは、じっとしていることが多く、とりわけ触角のカーブが内側にふくらんでいるときは比較的安定した《停止モード》。触角を体側にたたんでいても、そのカーブが外側にふくらんでいるときは、とりあえず止まっているもののすぐに動きだしがちな《ポーズ(一時停止)モード》。たたんでいた触角を左右に広げると、動き出す《活動モード》──そんなふうに見えなくもない(気がする)。
人の気配などに警戒したときも目立つ長い触角を隠すためか《ポーズ(一時停止)モード》《停止モード》になることがある。逆に人の気配に気づいて《活動モード》に入り逃げ出すことも。触角を前方に傾けたり、やや持上げているときは周囲の情報を収集しようとしているのだろうか?(あるいは視界域を広げるため?)──《警戒モード》あるいは《飛翔準備モード》という感じがしないでもない。
──というのは、僕の少ない経験から感じている触角サイン──《ボディー・ランゲージ(body language)》ならぬ《触角ランゲージ》!? もちろんコミュニケーション目的のしぐさではないのだから、正確には「ランゲージ(ことば)」ではないのだけれど、《行動を「読む」べく「しぐさ」》という意味で。
これは、あくまでも個人的な解釈。カミキリ屋さんからすれば、「あたりまえ」のことかもしれないし「まったくマトはずれ」な見方かもしれない。

さて、落ち葉に移動させたヘリグロチビコブカミキリが《停止モード》に入ったので、影が小さくなるよう葉の向きやカメラのアングルを調整して撮ったのが上の画像。それでもまだ影が気になるので、直射日光が当らないように影に入れて撮ってみたのが↓。


《停止モード》で動かないのをいいことに、1円硬貨を使った「大きさ比較」をしてみた↓。


そうこうしているうちに、《停止モード》が解除されて《活動モード》へ。落ち葉から、落ち葉をつまんだ指に登ってきたので、ひきつづき手乗りを撮影。




そして指先で再び《ポーズ(一時停止)モード》に。






そしてまた動き出すと──、




これまで何度も撮り逃してきたテイクオフ・ショット──「こんどこそは!」とキアイを入れてその瞬間をとらえた!──と思ったら……なんとピンぼけ……。とりあえず「冬にも飛ぶ!」という証拠画像ということで。あいかわらずOKショットが撮れず、NGショットのストックを増やしただけ……もちろんヘリグロチビコブカミキリはそのまま飛び去ってしまったのであった……。


ヒロバフユエダシャク♀ふたたび

この日はフユシャクも見られた。カミキリとフユシャクの両方を同じ日に観察できるというのもフシギな気がする。最近いちばん目につくのがシロフフユエダシャクのメス↓


他にフユシャク亜科のフユシャク♀も複数見られた。オスではシロトゲエダシャクが出ていたが、まだ今シーズン♀は見ていない。そして──、




前回、ヘリグロチビコブカミキリを見た日(【2月のカミキリ~ヒロバフユエダシャク♀】)、やはり31匹目のフユシャク♀が今シーズン初のヒロバフユエダシャク♀だったわけだが、今回も31匹目だった。ヒロバフユエダシャク♀はこれが今シーズン2匹目。

冬の極小カミキリ登場

冬の極小カミキリ!?ヘリグロチビコブカミキリもでてきた





フユシャク(冬尺蛾)がすでに活動している12月。今シーズン初のヘリグロチビコブカミキリを見つけた。個人的には《冬の極小カミキリ》という印象。カミキリ屋さんのビーティングでは他の時期に他のカミキリなどと一緒に採集されているのだろうが……ルッキングのみの僕がこのカミキリを見るのは冬(これまで12月~3月の間しか見たことがない)──しかも寒い時期にもかかわらず元気で、いきなり飛翔したりする。他の時期にも目につきにくい場所で活動しているのかもしれないから《擬木や欄干の上で見られるようになるのは冬》──というのが正確なのかもしれない。それにしても冬に(も?)活動しているというのはカミキリとしては《意外性》があって(個人的な)ユニーク・ポイントが高い。
小さい昆虫は鮮明に撮るのが難しいのでスルーしがちなのだが……こうしたユニークな虫はスルーするわけにはいかない。苦手ながらカメラを向けるのだが……「やっぱり、小さいなぁ!」と改めて実感した。
見つけた時は欄干の上にじっとしていた。日向だったが、そのまま撮ると黒い体が影に溶け込んで輪郭がつぶれてしまう。そこで影を作って撮ってみたのがこれ↓。


赤っぽいのはカメラ(OLYMPUS STYLUS TG-2 Tough)の赤いボディの反射のせい。
これではイカンということで、枯葉に乗せてアルミホイル的なんちゃってレフ板で影を薄めて撮ってみたり↓


指に乗せて撮ると、とりあえず輪郭はわかりやすくなる↓




首(前胸)の左右に突き出した棘状の突起もなんとかわかる。上翅には小さな瘤が点在しているのだが、前胸背面にも一対の瘤のような丸いもりあがりがあるように見える。前胸背面の瘤をアップで撮ろうとしてみたが……小さすぎて難しい。


とにかく小さすぎる!──ということで、大きさが実感できるように1円硬貨にのせて撮ってみたり↓




この後、擬木の上で今シーズン2匹目のヘリグロチビコブカミキリをみつける。これは右の触角が欠けていたが、光線の加減で1匹目よりキレイにとれそうな状況。止まってくれさえすれば少しはマシな画像がとれるハズ──と待ち続けるがいっこうに立ち止まらない……。




NGを量産しているうちにカメラの電池切れ……。
8ヶ月半ぶりにヘリグロチビコブカミキリを撮ったが……やはり小さくて撮りづらいと改めて感じたのであった。


その後みつけたヘリグロチビコブカミキリの画像を追加

薄曇りの日に擬木の上でみつけた個体。ずっと歩き続けていたが枯葉の上に乗せてみたところ動きをとめたので撮影。






さらに2015年2月に撮影したた追加画像↓(冬にも飛翔する)








寒い冬に出現し、平気で飛ぶ姿は何度も見ているが……ならば、フユシャクのように天敵が少ない冬に繁殖活動をしていてもおかしくないのではないか……などと想像力をかきたてる《冬の極小カミキリ》なのであった。