FC2ブログ

ユーザータグ : 雌雄モザイクの記事 (1/1)

寓話的ヤスマツトビナナフシのオス

ヤスマツトビナナフシのメス



葉の上にトビナナフシがとまっていた。狭山丘陵で見かけるトビナナフシはニホントビナナフシのメスが多い。見慣れたニホントビナナフシ♀に比べ、なんだかちょっと間が抜けた感じ? そう思ってよく見ると……眼の後ろからのびるラインがない──ヤスマツトビナナフシ♀だった。ヤスマツトビナナフシは単為生殖をする昆虫で、オスはまだ見つかっていないらしい。「もしも、未知のオスと遭遇したら……誰も見たことがないヤスマツトビナナフシ♂だと同定できるのだろうか?」──そんなコトをぼんやり考えながら炎天下を歩いていると、例によって(◎)暑さで溶けだした脳味噌にヤスマツトビナナフシのオスをめぐって妄想的イメージが展開した……(後述)。
ちなみに、狭山丘陵でよく見られるニホントビナナフシ♀はこんな姿↓。


日本には3種類のトビナナフシ(ニホントビナナフシ・ヤスマツトビナナフシ・シラキトビナナフシ)がいるが、オスが見つかっているのはニホントビナナフシだけだという(トビナナフシ亜科ではなくヒゲナナフシ亜科にタイワントビナナフシというのがいるが、この種ではオスはごく稀)。
オスが見つかっているニホントビナナフシでは、オスはメスよりもぐっと小さく、翅や前脚が長い──まるで別種のように見える↓。


『ナナフシのすべて』(岡田正哉・著/トンボ出版/1999年)によると、ニホントビナナフシは屋久島以南では両性生殖・九州以北では主に単為生殖すると考えられているそうな。Wikipedia情報では《本州の個体は単為生殖を行う》とのこと。
だから、いないと思っていた東京で初めてニホントビナナフシのオスを見たときは驚いた。さらに12月の東京で交尾しているのを確認した時には仰天した↓。


温暖な地域ではオスが出現し両性生殖し、北上するとメスだけの単為生殖となる──とみられていたニホントビナナフシのが、どうして冬の東京でペアになっていたのか……。
ニホントビナナフシには驚かされることが多い。オスとメスのパーツが混在する雌雄モザイク個体を見つけた時もビックリした。


この個体↑は頭部だけ見るとメスだが、体はほぼ右半身がオスで左半身がメスの特徴を持っていた。オスはメスよりも小ぶりだが、前胸はオスである右で短くなるためか右側に湾曲している。翅や前脚はオスである右側の方が長かった。
翌年みつけた雌雄モザイク個体では、もう少し複雑にオスとメスのパーツが混在していた↓。


また、ニホントビナナフシ♀は緑色だとばかり思っていたが、黄色い個体もいくつか見たことがあり、「へぇ!?」と思ったことがある。


『ナナフシのすべて』(岡田正哉・著/トンボ出版/1999年)には《ヤスマツトビナナフシ、ニホントビナナフシ、シラキトビナナフシのメスはどれも緑色で、体の形もたがいによく似ています》と記されているが、遺伝的な欠陥など(?)で青の色素が作れないと黄色になるのだろうか? イエロー個体はずいぶん印象が変わって見える。
トビナナフシの仲間も、なんだか不思議な昆虫だ……ということで、(どうでもいい)ヤスマツトビナナフシ♂妄想!?

寓話風妄想:ヤスマツトビナナフシのオス

あるところにたいそう昆虫好きの王様がいました。昆虫を収集するのが王様にとっての最大の関心事。きれいな昆虫・珍しい昆虫はもちろんのこと、地味で小さな昆虫でも集めずにはいられません。お城には専用の標本展示室がありましたが、それも手狭になってきて拡張することに。それにともなって、国中に生息しているありとあらゆる種類の昆虫のオスとメスをコンプリートしようと王様は心に決めました。

昆虫に詳しい学者・採集屋を城に集め、王様は命令しました。
「新たな標本展示室ができるまでに、国内に生存する全ての昆虫のオスとメスを採集するように! 目的を果たすことができれば皆に褒美をやろう。珍しい虫・綺麗な虫・おもしろい虫を見つけてきた者にはさらにボーナスを弾む。しかし、もし1種類でもオス・メスが揃わなかったら、ムチ打ちの刑に処す」
というわけで、分類学者によって昆虫リストが作成され、採集屋にノルマが振り分けられました。
虫屋のAも招集をかけられた1人。当初、「好きな昆虫採集をしてお金がもらえるなんてラッキー」と喜んでいましたが、ノルマのリストを受け取って青ざめました。ヤスマツトビナナフシが入っていたからです。この昆虫は単為生殖をする種類で、これまでオスは1匹も見つかっていません。「オスを見つけるなんて、無理に決まっている!」
しかし新たな標本展示室ができるまでに見つけなければムチ打ちが待っています。Aは途方に暮れました。じっさいにノルマ・リストが次々にクリアされていく中で、ヤスマツトビナナフシのオスだけは見つからず……不安なまま、期限は近づいてくるのでした。
そして迎えた期限の日──。
王様の前に立ったAは布にくるんだ標本箱を抱えていました。
「王様、とても珍しい昆虫を採集することができました。これまで1匹も見つかっていなかったヤスマツトビナナフシのオス──珍品です」
「ほう!」王様は目を輝かせました。
「希少というだけではありません。じつに変わった特徴を持っており、使いようによっては役に立つ昆虫かと」
「ほほう!? かわった特徴とな?」王様は身を乗り出しました。「どんな特徴じゃ?」
「メスは普通に誰にも見えるのですが……オスは《愚か者には見えない》という、とてもユニークな特徴を持っているのです。これまでオスが見つからなかったのも、これに関係しているのかもしれません」
「《愚か者には見えない》とな?」
「はい。物事の本質、真の姿は賢い者には見えるのに、愚か者には見えない──そんなことは多々あります。ヤスマツトビナナフシ♂は、そんな賢い者の目にのみ見えるつりくのようです」
「ううむ、それは変わっておるな。で、役に立つというのは?」
「《愚か者には見えない》ヤスマツトビナナフシ♂は、いってみれば、賢さをはかる物差し。標本展示室において家来の反応をうかがうのです。『見えない』という愚か者をクビにしていけば、賢い者ばかりが残り、家来の質を高められるでしょう」
「なるほど! 名案だな。今まで、虫を何かの役に立てることなど考えもしなかった」王様の声も期待にはずみます。「その虫をここへ」
Aは抱えてきた標本箱の覆いをとって王様の前へ進み出ました。
さしだされた標本箱をのぞき込んで王様は息をのみました。王様には標本箱がカラに──《愚か者には見えない》という世にも不思議なヤスマツトビナナフシ♂の姿が見えなかったのです。
「いかがです。すばらしいでしょう?」王様の絶句を感激と誤解したのかAは満足そうに笑みをうかべています。なんと応えたものか戸惑った王様は、わきから真剣な顔で標本箱をのぞき込んでいる大臣に気がつきました。
「どうだね、大臣?」王様は所感を大臣にふりました。大臣にも、実は何も見えていなかったのですが……しかし、「見えません」などと応えてしまったら……愚か者の烙印を押されてクビにされてしまいます──それを恐れた大臣は「た、たしかに見事ですなぁ」とごまかして王様の顔色をうかがいました。大臣が「見えた」のに、王様が「見えない」と言ってしまったら、「王様は大臣よりも愚か者だ」ということになってしまいます。家来の間にそんな噂が広まってしまうことを王様は恐れました。「うむ。すばらしい。これほどの昆虫は、そうはいまい」王様はカラの標本箱を受け取り、大げさに喜ぶふりを続け、大臣や家来もそれに合わせて「見える」ふりをしました。こうしてAはムチ打ちをまぬがれ、褒美を得て帰ることができましたとさ。

     *     *     *     *     *

『裸の王様』の《バカには見えない服》──からの連想。ありもしない(存在しない)服が見えているフリをしてしまう王様や大臣なら、そこにいない(存在しない)虫が見えるとノッてしまうのではないかという発想。そのために起こるエピソードも思い浮かんだりしたのだが……長くなるので割愛。おもしろいオチでキメられればよかったのだが……今回それはなし。暑さで溶けかけた脳味噌にわいたイメージということで。



スポンサーサイト



半♂半♀のトビナナフシ

雌雄モザイクのニホントビナナフシふたたび



オスの特徴とメスの特徴が混在するニホントビナナフシを先日みつけた。《雌雄モザイク》と呼ばれるものだが、実は去年も同じ時期(11月)に見ている↓。


去年見た個体↑(【ニホントビナナフシの雌雄モザイク】より)は頭部がメス、それ以外は右半身がオス・左半身がメスとキレイに分かれていたが、今回みつけたのはもう少し複雑で──頭部はメス・両前脚はオス・中胸と腹と前翅は左側がオスで右側がメス・後翅革質部は逆に左がメス/右がオス──そんな特徴が見られた↓。


昆虫ではしばしば見られるという《雌雄モザイク》だが、僕は他の種類では出会ったことがない。去年、初めて《雌雄モザイク》をみつけた時は驚いたが……それが、今年もまた同じニホントビナナフシで確認できたというのは、単なる偶然にしては希有すぎる気がする。
ニホントビナナフシには《雌雄モザイク》が出やすいという事情(?)でもあるのだろうか?
例によって妄想的考察(?)が脳内で展開されたが、それを記す前に、ニホントビナナフシについて僕が知っていることをあらためて記してみる。

まず、ナナフシの仲間は本来は南方性の昆虫らしい。熱帯・亜熱帯に種類が多いそうで、単為生殖をし、オスがいない種類もあるという。両性生殖する種類でも、気温が低い地域では単為生殖にシフトしている種類もあったりする。
ニホントビナナフシも《屋久島以南では両性生殖》だが《九州以北ではおもに単為生殖》(岡田正哉・著『ナナフシのすべて』トンボ出版/1999年)と考えられているらしい。狭山丘陵で見かけるニホントビナナフシも、もっぱらメスばかりだった。


ニホントビナナフシは九州以北では主に単為生殖で卵を産み続ける。


だから僕は《東京にオスはいない》ものだとばかり思い込んでいた。しかし、2012年12月に初めてニホントビナナフシ♂を見つけて驚いた。さらに2013年には11月下旬に再びオスを見つけ、12月には交尾がしているところを確認↓。


気温が高い南方地域でのみ両性生殖していると思っていたニホントビナナフシが、単為生殖地域の東京で、しかも冬に交尾をするということにビックリしたが……それはさておき、オスとメスの2ショットを見ると、その違いは顕著。これとをふまえて、あらためて今回みつけた雌雄モザイク個体をみてみる。






《成虫♀に比べると小さく、♂よりは大きい》という点は、前回(2013年11月)見つけた雌雄モザイクと同じ。もうひとつ気がついたのが、《腹端の腹面にできた黒っぽい腫瘤のようなもの》。去年みつけた雌雄モザイクにも同じようなものがあった。雌雄混合体だと生殖器の形成不全でこのような腫瘤(?)になるのだろうか?






ニホントビナナフシの雌雄モザイクはオス化途上現象?

ニホントビナナフシの成虫は夏頃からみかけているが、オスを確認したのはいずれも晩秋になってからだった。
これには、落葉の時期に葉とともに落ちてきた個体が擬木に這い上がってくるケースが増えることで目につきやすくなる──ということもあるのだろう。夏でも目につきにくい樹上でオスは活動していたのかもしれないが……いずれにしても、僕が目にするニホントビナナフシは落葉の頃から個体数が急増する。出会う機会の少ないニホントビナナフシ♂を見つけるならこの時期がチャンス──そう思って、オスを探しながら歩いていて見つけたのが雌雄モザイクだった。

他の種類では見たことも無い雌雄モザイクに2年続けて遭遇する確率は、ちょっと考えるとかなり低そうな気がする。ならば、何か出現しやすい理由があるのではないか? ニホントビナナフシの場合、普通の(?)雌雄モザイクとは違ったシステムで出現しやすいのではないか?──などと考えてしまう。

《おもに単為生殖》の地域で《オスが出現する(こともある)》──ということは《未交尾のメスが産んだ卵からもオスが発生する(ことがある)》ということではないのか。すなわち、(どの時点で起こるのか判らないが)《メスからオスへの転換》が起こる(ことがある)のではないか?
ニホントビナナフシの《雌雄モザイク》は、その転換がスムーズに行なわれなかったケース──《オスになりそこねた個体》なのではないだろうか?

ワニやカメは孵化する時の温度によって、誕生する個体の性別が決まるというし、魚の中には成長してから性転換する種類も存在する。
昆虫と脊椎動物ではだいぶ違う気もするが……単為生殖を基本とするニホントビナナフシが、何らかの原因で《♀ベースから♂へ》とシフトすることはあっても良さそうな気がする。
そんなオスを探しているときに、またしても雌雄モザイク個体にであったので、《オスになりそこねた個体が雌雄モザイクになる》のではないか……などという想像が脳内に展開したわけである。
何らかの理由で《オス化》のスイッチが入ったとき、「緑色だったカエデの葉が一転して紅葉する」ように《♀ベース》から《♂》へシフトする……みたいなイメージ?
《♂化》スイッチが入れば、本来ならば全組織でオスへの分化が進むはずだが、スイッチの司令を何かの加減で受け取り損ねた組織があれば、その系列配下ではそのまま《♀ベース》のままで分化が継続される……そしてオスの組織とメスの組織が混在する個体が生まれるのではないか?

科学的な根拠があっての仮説ではない。知識が乏しい者の漠然とした脳内シミュレーション。素人の妄想レベルのハナシだ。

夏には緑色だったカエデの同じ葉が、秋には一転し紅く映える……その途上で緑と紅が混在する時期がある。今回《雌雄モザイク》を見つけた帰り、ちょうど「緑と紅が混在する」カエデが目にとまった。そしてこれが「雌雄が混在する」ニホントビナナフシの《雌雄モザイク》のイメージと、ちょっと重なった。




ニホントビナナフシの雌雄モザイク

体の半分がオスで半分がメス!?雌雄モザイク

落ち葉が目立つこの時期──。擬木の手すりなどでニホントビナナフシをよく見かけるようになる。目につく個体が増えてくる頃だが、この時期がニホントビナナフシのメインの活動時期というわけではないだろう。本来は木の枝にとまり、葉を食べているはずだ。それが紅葉や落葉で食べる葉を失い枝を離れるのか、あるいは落葉とともに落ちてくるのか……食樹を離れた個体が擬木に登ってくることで、この時期に目につきやすくなるのではないかと想像している。

狭山丘陵で見られるニホントビナナフシはメスばかり。岡田正哉・著『ナナフシのすべて』(トンボ出版/1999年)によると、ニホントビナナフシは《九州以北ではおもに単為生殖、屋久島以南では両性生殖をすると思われます》とのこと。だから、狭山丘陵で見られるニホントビナナフシは、単為生殖で世代更新をしてきたメスばかりで当然──「(この界隈に)オスは存在しない」と僕は長い間そう思っていた。
が……去年12月「(この界隈に)いるはずのない(と思っていた)ニホントビナナフシのオス」と遭遇して驚いた(*1)。調べてみると、関東でもニホントビナナフシのオスがみつかることはあるらしい。
僕が去年みつけたオスは残念なことに羽化不全で翅が縮れていたのだが……今年は完品のオスに出会いたいものだ──そう密かに期待していたところ、こんな個体が目に入ったに。




老眼の目にも♀とは違うことは一目でわかったので、「あっ! オスがでていた!」と、まず思った。デジカメを引っ張り出しながら、「オスにしては大きいな……」という漠然とした違和感を覚え、撮影を始めて「なんだか、ヘンだ……」と違和感を大きくした。
そこで、右半身に♂の特徴が、左半身に♀の特徴が現れていることに、ようやく気がついた。
1つの個体の中にオスとメスの特徴が混在する《雌雄モザイク》──昆虫の世界ではしばしば出現するという事は知識としては知っていたが、実際に見たことは無かったし、そう簡単に見られるものでもないだろうと思っていた。なので昨年「東京でニホントビナナフシのオスにであった驚き」に勝るとも劣らぬ大きな驚きがあった。

オスとメス、雌雄モザイクとの比較

ということで、ニホントビナナフシのオスとメスの画像と比較してみたい。
まずは、去年であった♂(*1)から。──羽化不全なのか翅が縮れてしまっているが……全体的に茶褐色で、♀にくらべてかなり小さくきゃしゃな印象↓。


雌雄モザイクの近くにいた♀の画像↓。全体的に緑色。


そして問題の雌雄モザイク↓


♂の頭部は茶褐色だが、この個体では♀同様緑色。前胸と中胸は右半分が♂の特徴である茶褐色で、左半分が♀の特徴である緑色。ニホントビナナフシの前脚は♂が茶色/♀が緑色だが、この個体では右前脚が茶色で♂の特徴。左前脚も若干茶色が入っているように見えるが、右前脚ほどではない。


翅は長さも色も違う。♂は茶褐色で♀は緑色。体の左右で特徴が別れている。


腹も体の左右で特徴(♂は茶褐色/♀は緑色)が分かれている。






前脚をそろえて伸ばすと(↑)♂の特徴が現れている右前脚の方がわずかに長いことがわかる。
そして、ちょっと強引に、近くにいた♀とのツーショット。雌雄モザイクは ♀に比べると小さいが ♂より大きい。



《九州以北ではおもに単為生殖》と考えられているニホントビナナフシで雌雄モザイクが出現するという事は、《単為生殖でも雌雄モザイクが出現する》ということなのだろうか。だとすれば、単為生殖で繁殖をしてきた九州以北でも突然♂が出現する事だって、あってもよさそうな気がする。
どういう仕組みで、こういったことが起こるのかは知らないが……なんとも不思議な気がする。

見つめ返す!?【偽瞳孔】あるいは【擬瞳孔】

ところで、これまでの画像からもわかるように、トビナナフシを撮ると「いつもカメラ目線(?)」で写っている。複眼の中の黒い点が「こっち(見る側)を見つめ返し、追尾してくる」かのようにみえる。




複眼の中の黒い点は【偽瞳孔】あるいは【擬瞳孔】と呼ばれるもので、「見る側を追尾している」ように感じるが、実際に追尾している器官があるわけではない。同時に2人の観察者が別々の方向から眺めても、【偽瞳孔】はそれぞれに向いているようにうつる。
【偽瞳孔】のしくみは、以前おおざっぱに記した(*2)が、カマキリなど他の昆虫でも見られる。