FC2ブログ

ユーザータグ : 金色の記事 (1/2)

金緑色カミキリと樹液の間欠泉

金緑色にきらめくアカアシオオアオカミキリ





雑木林内の葉の上にアカアシオオアオカミキリが休んでいた。夜行性で樹液に集まるカミキリだが、7月初旬にも同じように日中、葉の上でまったりしているところを見つけて記事にしている。そのときは雑木林のふちにある葉にとまっていたが、今回見つけたのは雑木林の中だった。


金緑色にきらめく体は美しいが、緑色の葉の上にとまっていると意外に目立たないのかもしれない。赤みを帯びた長い脚や触角は植物の茎や枝っぽく見えなくもない……少なくとも日中に樹液ポイントにいるより、こうして葉の上でじっとしている方が目立たないのは確かだろう。日中は見つかりやすい樹液ポイントから離れて、こうして葉の上で休んでいるのがこのカミキリのスタイル(?)なのかもしれない。


枝の間からさしこむ日光があたると緑色のボディが金色がかってきらめく。


吹き出す発泡樹液!?樹液の間欠泉

アカアシオオアオカミキリが休んでいた葉の近くには樹液を出しているクヌギがあって、夜になるとここで食事をしているのだろう──そう思って昆虫酒場をのぞいてみると、いくらか客はきていた。樹皮の隙間に頭を突っ込んでいるカナブンにカメラをむけると──突然、泡立った樹液が噴き出してきた。


画面右下の数字は「時:分:秒」。


樹液が噴き出した瞬間は頭を突っ込んでいたカナブンもビクッと見をひいたが、すぐに食事を再開。
何年か前にも音を立てて樹液が噴き出しているクヌギを見たことがあった。ボクトウガの幼虫が穿孔した孔や樹皮下の隙間にたまった樹液が発酵して密閉空間でガスの圧力が高くなると間欠泉のように吹き出してくるのだろう。
子どもの頃、カブトムシやクワガタとりをしてクヌギやコナラが樹液を出すことは知っていたが、ゆっくりとにじむように染み出てくるものだとばかり思っていた。
突然の噴出には驚かさされたが、涌き出すポイントにいた虫にとってはラッキーだろう。カナブンが吹き出した樹液をなめる姿を見て、ねばっていたパチンコ台から出玉をひきあててウハウハのパチンコ親父を連想してしまった……。

ついでに、近くで見られた昆虫をいくつか──。


ウバタマムシ↑にセモンジンガサハムシのペア↓。


日中、カナブンなどが集まる樹液ポイントで見ることも多いアカボシゴマダラ↓。


アカボシゴマダラは特定外来生物】でも記したが、アカボシゴマダラは今年から外来生物法の特定外来生物扱いになっている。許可なく飼育したり放蝶すると処罰の対象となるので注意が必要だ。



スポンサーサイト



奇妙なセモンジンガサハムシの蛹



サクラの葉の上に、なんともユニークな造型デザインのイキモノが!?
……ということで、セモンジンガサハムシ。

黄金のX紋がトレードマークのセモンジンガサハムシ成虫



セモンジンガサハムシといえば、まず思い浮かぶのが《背中にきらめく金のX紋》↑──成虫の姿だろう。サクラ(食植物の1つ)の葉の裏側にとまっているのをよく見かける。


葉の裏にいることが多い成虫だが、葉の表に出ていると日光を反射して金ピカ感が増す。


触角をのぞかせているときはよく動き、飛んだり落ちたりして、なかなかじっくり撮らせてくれない。
撮ろうとして葉をつまんだら、てのひらに落ちてきたセモンジンガサハムシ成虫↓。


触角を透明シールドの内側に収納して警戒するセモンジンガサハムシ成虫。光を反射する金・光を吸収する黒・光を通す透明な部分のとりあわせが美しい。


ユニークな円形のボディーラインは、脚や触角を収納して葉にピッタリはりつくための構造だろう。岩に貼り付くアワビのように葉に密着することでアリなどの外敵をシャットアウトするシールド効果がありそうだ。ふちが透明なのは防壁内から外の様子をうかがうためかもしれない。


トレードマークの《金のX紋》だが、羽化して間もない新成虫には金色の輝きはない↓。


この新成虫は、透明シールドの一部がめくれていた。


金色があるとないとではずいぶん印象が変わる。


金色が発色するまで(羽化してから)20日ほどかかるらしい。《金のX紋》が出ていない新成虫がみられるということは、羽化が最近行なわれているということだろう。探せばユニークな蛹が見つかるかもしれない?

風変わりな抜け殻と幼虫



──ということで、桜の葉の上にセモンジンガサハムシの蛹を発見!──と思いきや、抜け殻だった。


背中に幼虫時代の抜け殻や糞とおぼしきものをを背負っているが、腹端に前回の脱皮殻、その先に前々回の脱皮殻とつながっているようだ。脱皮のたびに尾の先端に節(脱皮殻)を増やしていくガラガラヘビを連想してしまった。


ミが入った(羽化前の)蛹はないか周囲を探すと、幼虫が見つかった。


パッと見、どちらが頭か判らないが、腹端からつながる脱皮殻の並びから察するにこの画像↑では右が頭。体側に並ぶ白い点は気門(呼吸ための孔)だろう。
探すと別の場所でも、桜の葉の表面にとまった幼虫を確認できた↓。


この画像↑では画面左側が頭。さらに探してみたが、この日は蛹を見つけることはできなかった。

なんともユニークなセモンジンガサハムシの蛹

幼虫がいたのだから、蛹を見るチャンスはあるだろう──そう思って、1匹目の幼虫を見つけた場所に3日後、でかけてみると↓。


幼虫を確認した枝でセモンジンガサハムシの蛹を発見! 3日前の幼虫が蛹になったものかもしれない。


それにしてもユニークな造型デザインには見入ってしまう。この角ばった装飾だらけの複雑きわまりない輪郭の蛹から滑らかな円形の成虫が羽化するのがまた不思議だ。


蛹を見ると頭部をおおう前胸の透明シールドの部分はもうだいぶ出来上がっている。中胸から腹にかけても透けたヒレのようなものが連なっている。幼虫時代、体側に突き出していたトゲドケ突起が展開して透明なヒレになっているように見える。この透明なヒレがさらに展開してつながると成虫の上翅から張り出した透明シールドになるのだろうか。


セモンジンガサハムシは成虫自体も小さい(5.5~6.5mm)ので蛹も小さい。


セモンジンガサハムシは成虫の美しさにも魅力があり、蛹の摩訶不思議な造型にも魅かれるものがある。そして、この蛹からあの成虫が誕生する(羽化する)というのが、また興味深い。
糞にまみれ過去(脱皮殻)を背負い棘だらけで角を立てまくっていた姿から、一転して、角のとれた丸く美しい姿へと変身をとげる(解脱?)──セモンジンガサハムシを例えに使った説法があっても良さそうな気さえしてしまう。

【追記】セモンジンガサハムシ蛹の背中

その後、同セモンジンガサハムシ蛹をのぞいてみると、背負っていた抜け殻(&糞)がズレていたので、改めて撮影した画像を追加。




ピッカピカのセモンジンガサハムシGX他

きらめく《金のX》セモンジンガサハムシ



個人的には背紋GX(セモンGoldenX)と呼んでいるセモンジンガサハムシ。光を通す《透明な部分》と光を吸収する《黒い部分》、そして光を反射する《金色の部分》を併せ持ったきれいな昆虫で、円形のフォルムもユニークかつ美しい。擬木の上でキラキラ輝く姿を見つけたので撮ってみた。




体長5.5~6.5mmと小さな昆虫だが、黒地に輝く《黄金のX》は目を引く。
ふだんはサクラの葉の裏でみかけることが多いが、その通常の状態では逆光になるため、これほどキラキラ輝いては見えない。越冬明けの個体が陽の当たる暖かい擬木の上に出ていたたのだろう。順光の中でトレードマークのGoldenXがいっそう輝いて見えた。








順光で金色の輝きはきれいに見えたが(画像ではかなり目減りしてしまっており、実際はもっとキラキラ輝いてみえる)、擬木の上ではふちの部分の《透明感》がよくわからない……ということで過去に撮影した、葉の裏にとまっている画像を↓。


ユニークな円形シールドは、その内側に触角や脚を引っ込めて葉に密着すれば、アリなどの敵をシャットアウトできる形なのだろう。防壁効果を高めるためにシールドがはりだしたことで、そのぶん視界は被われることとになるが、透明なことで敵影を察知できるのだろう。


金色の部分は背中中央のX紋、前胸の背面にも一対の紋がある。そして黒い部分を縁取ってもいるのだが、こうした金色部分の輝きは個体によって差があって、薄茶色程度の鈍い色合いのものもいる。手もとにある甲虫図鑑では標本写真のためか金色の輝きが失われ、イチモンジカメノコハムシとまぎらわしい。じっさい、セモンジンガサハムシとイチモンジカメノコハムシを間違えた記事を目にすることもある。
ということで、ワイヤーフェンスにとまっていたイチモンジカメノコハムシとの比較画像を──↓。


イチモンジカメノコハムシは、よくムラサキシキブでみかける。この個体は右の触角が欠けていたが、イチモンジカメノコハムシの触角は先端から中ほどまでが黒っぽい。


一方、セモンジンガサハムシは──↓。




体長もイチモンジカメノコハムシ(7.5~8.5mm)の方がセモンジンガサハムシ(5.5~6.5mm)よりも大きい。


おじゃま虫も増えてきた

ところで……今回、セモンジンガサハムシを撮影していた時は気がつかなかったのだが……その体に小さな虫が乗っている画像がいくつかあった。


春になって擬木の上に色々な虫が見られるようになって来たが……狙いの昆虫を撮ろうとしている時にフレームインしてくるオジャマ虫も増えてきた……。






このところ、蛾やチョウの幼虫などの姿も増えてきた。そんな中、ウコンカギバの幼虫の姿も……ドラゴンっぽい姿は見応えがあるので、これはオジャマ虫ではなく、ありがたい虫↓。




ミヤマシギゾウムシを撮っていたら、フレームインしてきたカメムシ幼虫↓


コブヒゲカスミカメの成虫はこんな姿↓。


擬木の上には、枝から落ちたイモムシ・ケムシなどが登ってくるが、そうした蛾の幼虫などを食うヨツボシヒラタシデムシも出てきた。


ヨツボシヒラタシデムシは、以前「ひげ噛み行動」を観察して個人的に盛り上がった(?)思い出深い昆虫。この虫がそうであるかはどうかは判らないが、交尾の際に♀の保定のために「ひげ噛み行動」を行う昆虫の中には、交尾後に♀の触角を噛み切って他の♂との交尾を妨害する「噛み切り行動」を獲得したものが存在するのではないか──と密かに予想している。


きらめくセモンジンガサハムシ

金ピカなセモンジンガサハムシ@擬木



擬木で小さな虫がキラリとかがやくのが目にとまった。背中に金色のX紋──セモンジンガサハムシだった。


体長5.5~6.5mmと小さな昆虫で、全身金色というわけでもないのだが、意外に強くきらめく。食植物であるサクラの葉の裏についているのを見かけことが多い↓。


葉の裏にとまっているときは逆光になるため、あまり光っては見えないが、擬木にとまっていたセモンジンガサハムシはゴールドの輝きが美しかった。


和名の「セモン」は「背紋」だろう──背中の隆起した部分が「X」に見える。「ジンガサ」=「陣笠(じんがさ)」は、《昔、下級の兵が戦場でかぶとの代わりにかぶった笠(かさ)》のことだそうだ。


「背紋」に特徴のある「陣笠(じんがさ)」の形に似た「ハムシ(葉につく虫)」ということで【セモンジンガサハムシ】──わかりやすいネーミングだが、呼び名としては少々長い。そこで個人的には「背紋GX(Golden-X)」と短縮愛称で呼んでいる。


背面を覆う丸いドームはアリなどの敵から身を守るシールドなのだろう。触角や脚をひっこめて葉の表面にはりつけば敵をシャットアウトできる。シールドのフチが透明なのは、敵影を察知できるように視界を確保するためだろう。丸いボディラインもユニークだが、「金(光を反射する)部分」と「黒(光を吸収する)部分」、さらに「透明(光を通す)部分」を兼ね備えているのがおもしろい。






この個体は何度か翅を広げてはばたくしぐさを見せたが、筋肉が充分に温まっていなかったのか、故障していたのか、飛び立つことができずにいた。
そうして擬木の上を歩き回っているうちに、小さな赤いダニらしきものを拾ってしまった。








ゴールドの輝きが魅力の【セモンジンガサハムシ】だが、実物のキラキラ感を写すのは難しい。画像にするときらめきが目減りしてしまいがちなこともあってか、時々やや地味な【イチモンジカメノコハムシ】と間違えられている。この2つは標本写真の図鑑で見ても、とてもよく似ているのだが、実物を見ると、その印象にはけっこう違いがある。


パッと見た印象では、まず大きさが違う──イチモンジカメノコハムシが体長7.5~8.5mmなのに対し、セモンジンガサハムシは5.5~6.5mmと小さい。そして輝きが違う──セモンジンガサハムシの方がキラキラしている。
画像で見比べるときは、触角も見分ける手がかりになるかもしれない。イチモンジカメノコハムシの触角は黒い部分が多い。

ついでに、擬木でみかけたもの…



ゴマフカミキリ↑。セモンジンガサハムシを見た日に擬木で2匹みかけた。


ヒメヒゲナガカミキリかと思ったら、小ぶりのキボシカミキリだった↑。普段見ている同種に比べて意外に小さかったのでカメラを向けたが、すぐに飛び去ってしまった。


昆虫ではないが……アオダイショウの幼蛇。しばしば見かけるヘビだが、幼蛇には「はしご模様」があって、これがしばしばマムシの銭形模様と間違われて退治されたりすることがあるようだ。
マムシの瞳孔がネコの眼ように縦長なのに対し、アオダイショウ幼蛇の瞳孔は円形。全体の印象もアオダイショウ幼蛇はマムシに比べてスマートだ。


金ピカ昆虫&虹色ハムシふたたび

2つ前の記事でジンガサハムシやアカガネサルハムシなどのメタリックな輝きを放つ昆虫を紹介したが、実物の金ピカ感・美しさがいまひとつ写せていなかった……。「実物そのものの美しさを再現するのは無理にしても、もう少しなんとかならなかったものか」──金属光沢をもつ虫を撮ると、いつもそんな思いが残る。それで、また見つけると撮ってしまう。ということで──、

金ピカ葉虫:ジンガサハムシ&背紋GX:セモンジンガサハムシ



前回より金ピカ度の高いジンガサハムシをみつけたので撮ってみた。ゴールドの輝きが美しい(やはり実物の金ピカ感には及ばないのだが……)。この画像↑は金タイプ。ジンガサハムシには金タイプと黒タイプがいる↓。




黒タイプも前胸に金色の部分があり、これが上翅の黒い部分との対比でキリッとしまった感じになって、金タイプとはまた違った美しさがある。


ジンガサハムシの魅力は「金ピカ」だけでなく「ガラスのような透明感」にもある。葉の裏にとまっているところを葉の裏側から見ると、その「透明感」がよくわかる。


逆光ぎみで撮ると「透明感」はきれいに写るが、「金ピカ感」がわからない。光があたったときのきらめきを撮るには順光あるいは斜光でないと……とジンガサハムシがとまった葉を裏返してみたりするのだが……。






ジンガサハムシの食草はヒルガオ。葉の裏にかくれていることが多いが、食痕(葉にあいた丸い穴)を手がかりに、周辺の葉の裏側をチェックすると見つけやすい。

そして、このあたりで見られる、ジンガサハムシの名前がついた、もう1つの金ピカハムシもさがしてみた。




背紋GX(ゴールデンX)は僕が勝手につけた愛称──のセモンジンガサハムシ。ジンガサハムシが体長7~9mmなのに対し、セモンジンガサハムシは体長5.5~6.5mmと小さく、金色部分の割合も少ないのだが、「黒地に金」の光があたたったときの輝きは美しい。


「陣笠(じんがさ)」に見えなくもない↑。透明なシールドとゴールドの輝きもジンガサハムシと共通する。そのセモンジンガサハムシのペア↓。







ジンガサハムシもセモンジンガサハムシもゴールドの輝きが美しい。しかし、この「金ピカ」には何か意味があるのだろうか? 普段は葉の裏に隠れているのだから、金ピカである必要はないような気もする。明るい所に出たときに輝くことで鳥などの捕食者をよせつけない効果でもあるのだろうか?(田んぼで鳥除けのキラキラ・テープを見かけるが、あれと同じ?) もし金ピカの方が捕食圧が少なくなるという効果があるのなら、ジンガサハムシは金タイプだけが残りそうなものだが……黒タイプもちゃんと存在しているのだから、どちらが有利ということでもないのかもしれない。謎めいた輝き……と言えなくもない。
「金ピカ」である理由(意味)はわからないが、「透明」な部分を備えていることについては理由が想像できる。円形のユニークなドーム型(陣笠型)の形状は葉に張りついたときに隙間をなくし、アリなどの天敵をシャットアウトするシールドの役割りをしているのだろう。外敵が迫り、触角や脚を収納してシールド・モードになったとき、シールドが透明でなければ外のようす(外敵が去ったか、そこにとどまっているのか)が判らない。外のようすをうかがうために触角をのぞかせたり、シールドを上げると、待ち受けていた天敵に触角を齧られたり隙間をこじ開けられるなどということにもなりかねないだろう。シールドに透明な部分があることで、防御体勢を維持したまま外のようすをうかがうことができる──そんな意味(利点)があるのだろうと僕は考えている。

虹色の輝き:アカガネサルハムシ



ジンガサハムシの発生場所近くでアカガネサルハムシも見つけたので、これもリベンジ撮影。ヤマトタマムシのような虹色の金属光沢が美しい。


上翅は赤っぽいのだが、光の加減で金~緑~青~紫のようにも輝いて見える。

アカスジキンカメムシ



和名に「金」の入ったアカスジキンカメムシもついでに(前の記事でも紹介しているが)。これもキレイな昆虫。別個体↓。




最近のカミキリから

今回ジンガサハムシを撮影した場所の道を隔てた向かい側にスイカズラが咲いていた。見ると葉には独特の食痕が残されている。




ということで、シラハタリンゴカミキリをここでも確認。3つ前の記事とは別の場所。
GW以降、色々なカミキリが出てきているが……僕が好きなニイジマチビカミキリもでていた。


ニイジマチビカミキリは体長3.5~5mmの小さなカミキリだが模様がキレイなのでお気に入り。去年は何度も撮ってしまった→【極小カミキリ/ニイジマチビカミキリとケシカミキリ】。この記事に一緒に紹介していたケシカミキリも同じ枝(クワの枯れた枝)にいた↓。




ニイジマチビカミキリも小さなカミキリだが、ケシカミキリはさらに小さく体長2.3~4.2mm。見つけた時は上の画像のように触角をたたんで枯れ枝に静止していた。老眼が進み(凹むこと多し)、撮影するとき(モニターを見るとき)には老眼鏡をかけているが、虫を探す時は裸眼──枝にとまったケシカミキリをパッと見でみつけることができて、ちょっと自信を回復した……。