FC2ブログ

ユーザータグ : 蝉の記事 (1/4)

ファーブルと寓話『セミとアリ』

01昆虫記5巻下

前の記事(*)でも触れたファーブル昆虫記だが、小学生の時に読んだ本は子供用にリライトされたものだった。セミの鳴くそばで大砲を撃ってもセミは鳴き続けた──だからセミには音が聞こえない、もしくは耳が恐ろしく遠いというところに疑問を持ったことは覚えているのだが、他にどんなことが書かれていたのか、内容はほとん記憶に無い。本当はどんなことが書かれていたのだろうと気になって完訳版のファーブル昆虫記でセミのことが書かれているところをあらためて読んでみることにした。集英社・刊『完訳 ファーブル昆虫記 第5巻 下』(ジャン=アンリ・ファーブル/奥本大三郎・訳)の第13章〜第17章にセミに関する記事が記されている。
昔読んだリライト版では載っていなかったのか、それとも僕が覚えていなかっただけなのか──セミの生態について知らなかったことが色々記されていて、内容的には興味深く、おもしろかった。しかし、小学生の時に感じた「なじめなさ」はやはりあって、読み進めるのに努力を要した。今回はそのあたりのことについて少し記してみたい。

第13章の「セミとアリの寓話──セミに対する誤解──」から読み始めたのだが、まずは《怒れるファーブル》に驚いてしまった。日本では『アリとキリギリス』として知られているイソップ寓話があるが、これをラ・フォンテーヌという詩人が翻案したものが『セミとアリ』(キリギリス役がセミになっている)で、フランスではよく知られていたらしい。この寓話にファーブルはひどく憤っているのだ。問題の『セミとアリ』を要約すると──、


アリが働いている夏の間、セミは歌って暮らしていた。北風が吹く頃、セミはひもじくなってアリに物乞いに行く。アリは「夏の間歌っていたのだから冬は踊っていればいい」と冷たく拒絶する。

この寓話には不可解なところ──セミとして描かれている虫が挿絵ではキリギリスだったり、本文でもセミのひもじさを表現するのに「ハエやミミズの切れ端ひとつ口にはいらぬ」(実際のセミはそんなものは食わず、木の汁を吸うのに)と記された箇所があったりと、登場人物(登場昆虫)の習性が実態にそぐわないことをファーブルは指摘。どうしてこのような《不可解》が生まれたのか、謎を推理して記している。
良く知られた作品の中に登場する動物が何なのか──というウンチクはひとつの話題になり得るし、一般に信じられているイメージと実態が乖離している場合は読み物として成立し得る。だから、ファーブルが不可解の謎解きを記したことは理解できるのだが……なぜか、彼は憤っている。『セミとアリ』は「登場する虫について知らずに(調べずに)描かれたものだ」という批判めいた暴露は納得できるが、しかしどうしてこんなに怒る必要があるのだろう? ファーブルはセミとアリについての間違ったイメージを広めたとしてラ・フォンテーヌ(翻案者)や寓話作家を執拗にののしっているのだが……その偏屈ぶり(?)には読んでいて、ちょっと引いてしまった。
寓話の意図から察すると「(夏の間)歌ってすごしていた者」の役に「(夏に)鳴く虫」からの発想でセミもしくはキリギリスがキャスティングされたのだろう。いずれにしても寓話としてはさほど不自然ではない配役だ。この寓話が擬人化された作り話であることは誰の目にも明らかだし、この寓話が昆虫の生態を正しく紹介する目的で書かれたものではないことも明白だ。虚構性の高い寓話に描かれている内容が実際の昆虫の習性と違うからといって、ここまでけなす必要は無いだろうに……ファーブルの義憤は理不尽だと感じた読者は僕だけではないはずだ。この章の終わりにある訳注にもファーブルの過剰な憤りについて「大人げない」と記されている。

ファーブルが何に怒っていたかというと、「物乞いをする怠け者のセミ」と「ほどこしを断る働き者のアリ」という構図・レッテルに腹を立てている。実態は反対で、セミがアリに物乞いするなどあり得ず、逆にアリの方が吸汁しているセミのおこぼれを略奪したり、セミを食糧にもしていてタチが悪いのだと、一生懸命セミを弁護(?)している。
つまりファーブルは、寓話に登場した昆虫の「善玉」と「悪玉」が実態とは逆であり、間違ったイメージが世の中に浸透していることに憤っている。

しかし……(寓話の意図とはかけ離れた次元の話だが)そもそも昆虫の生態を観察するときに「善玉」「悪玉」というイメージを当てはめて見ることに僕は違和感を覚える。ファーブル昆虫記を読んで「なじめない」と感じるのは、このファーブルの独善的な捉え方にある。
自然界の生命活動を真摯に観察しようとするなら、昆虫の営みにヒトの善悪感覚を持ち込むのは不遜な気がするのだ。
昆虫の世界では食うものも食われるものも、どちらも同じ自然の法則に従って生命活動をしているわけで、どちらが善でどちらが悪という見方はふさわしくない。生理的な好き嫌いはあったにしても、両者を等価に捉えることが自然観察者の基本ではないかと僕は感じている。だからファーブルの人間的な感覚を観察に持ち込む姿勢に「なじめなさ」を感じるのだ。
一方、昆虫を擬人化して語りかけるようなファーブルの文章が、好きな人には好まれているのだろうという気もしている。



なじめなかったファーブル昆虫記
ファーブル昆虫記:ファーブらない昆虫記!?
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜
エッセイ・雑記 〜メニュー〜

スポンサーサイト



立冬すぎのアブラゼミ!

立冬を過ぎて鳴いていたアブラゼミ

蝉と言えば夏の風物詩だが……立冬(11/7)を3日も過ぎて、まだ鳴いているアブラゼミがいた!
今日(2018/11/10)午前11時半頃、都内の公園でアブラゼミの鳴き声を確認。前回(11/5)アブラゼミを確認した場所から400~500mほど離れた雑木林の中だった。
これで僕が確認した《最も遅いセミの終鳴日(シーズン最後に鳴き声を聞いた日)》は《アブラゼミの11月10日》となった。


アブラゼミの鳴き声はハッキリと聞こえてくるが、木の高いところにとまっているらしく、姿が確認できない。これまでの経験から、鳴き終わった後に飛んで移動するだろうと予想し、見つけやすい飛翔の瞬間を待つことにした。やがて思った通りアブラゼミが飛び立つのが見えた。その姿を目で追ったのだが……交錯する枝にまぎれて着地点がよくわからない……。移動後またすぐに鳴き出したので、その音をたよりに姿を探すが……なかなか見つからない……。
それでも飛び立つのを待って、その姿を追い続けていれば、いずれ見つけやすい位置にとまることもあるだろう──そう考えて気長に粘ることにした……のだが……。飛翔待ちをしているとき、突然それまでとは違う、ヂヂッという短い鳴き声がひびいた。ヂヂッ! ヂヂッ!──という断続的な鳴き声はみるみる遠ざかって行く。この鳴き方には聞き覚えがある……2014年10月27日にアブラゼミの終鳴を確認したのと同じ──おそらく鳥にゲットされ、連れ去られて行くアブラゼミの断末魔だったのではないかと思われる。その後、雑木林は静かになった……。

そんなわけで、今回はアブラゼミの鳴き声と飛翔する姿は確認(目視)できたものの、その姿を画像に収めることはできなかった。話題にしている昆虫の画像がないのは寂しいので、今シーズン終盤のアブラゼミの画像を載せておく。
終鳴日(シーズン最後に鳴き声を聞いた日)ならぬ終接写日(10/29)のアブラゼミ↓


(※【10月29日の油蝉】参照)

終鳴日ならぬ終撮影日(11/5)のアブラゼミ↓


(※【11月に鳴くアブラゼミ】より)

セミといえば(特にアブラゼミは)夏の昆虫というイメージがあったが、意外に遅くまで鳴いている(個体もいる)ものである……。『八日目の蝉』なんていうタイトルの作品があったが、立冬過ぎのアブラゼミは、いったいいつ羽化したもので、これが何日目になるのだろう?
もしかすると、遅めに出て来てしまい繁殖活動を果たせなかったオスが意外に長く生き続けることで(未交尾成虫は長生きしがち?)、こんな時期まで鳴き続けることがあるのではないか……などと思ってみたりもしたが、本当のところはわからない……。

11月に鳴くアブラゼミ

11月に鳴くアブラゼミ@東京/終鳴日再更新



11月に入ってセミが鳴いているのを初めて聞いた。11月5日・午前11:30頃、アブラゼミの鳴き声が聞こえてきたのでビックリ。午前中は陽が射す時間帯もあったのだが、セミの鳴き声が聞こえてきた時はかなり曇っており、雨が降りだしそうだった。天候的にも時期的にもセミが鳴くとは思いもよらない状況。
先日【もっとも遅いセミの終鳴日】という記事を投稿して、10月30日で今年のセミは終わったかと思っていたのだが……終鳴日は11月5日へと更新された(※追記:このあと更に終鳴日を11月10日へと更新立冬すぎのアブラゼミ!)。
鳴き声をたどっていくと、10月29日に鳴いていたあたりのサクラの梢の方から聞こえてくる。その姿を確認すべく、懸命に眼を凝らして「あのあたり」と思われる枝を見ていくが、加齢による視力の衰えで逆光側が暗くて全然見えない……。
とまっている姿を見つけるのは困難に思われたが、前回のように鳴き終わった後に飛翔して別の枝にとまるかもしれないと思い、監視を続行。しばらくすると予想通り、アブラゼミが飛び立つのが見えた。目標は近くに植えられていた別の桜へと移動。とまった位置までは確認できなかったが、移動後ほどなく鳴き出し、ついにその姿を確認することができた。TG-2で撮るには高かったが、とりあえず証拠として押さえたのが冒頭の画像。不鮮明ながら、これが11月5日に鳴き声・姿・飛翔を確認したアブラゼミである。
撮影しているときに小雨が降り出し、アブラゼミはまた別の枝に移動。再び鳴き始めたものの、すくに鳴きやんでしまった。雨で泣きやむ直前のギリギリのタイミングで11月に鳴くアブラゼミを確認できたわけである。

11月5日の昆虫から

時間は前後するが、この日見られた昆虫の中から……。


松の枝先でヤニサシガメの幼虫が食事中だった。獲物はヒシバッタのようだ。


ヤニサシガメは幼虫で越冬する。
松の枝先を見ていくと、ウバタマムシがいた。ウバタマムシの成虫はマツ類の葉を食べる(幼虫はマツの枯木に穿孔)。


狭山丘陵では1月から12月まで、全ての月でウバタマムシ成虫を見ることができる
ジャコウアゲハの蛹↓。


体を支える帯糸が食い込んでいるのを見ると痛そうに感じてしまうが……これで安定をはかっているのだろうか。


もっとも遅いセミの終鳴日

もっとも遅い油蝉の終鳴日@東京を更新



10月29日にアブラゼミの姿↑と鳴き声を確認し、《もっとも遅いセミの終鳴日(その年の最後に鳴き声を聞いた日)》を更新したばかり(*)だが、翌30日も晴れて気温が高めだったので、もしやと思って同じ場所へ行ってみると……やはりアブラゼミは鳴いてた。10月29日はサクラの樹で鳴いていたが、10月30日はその近くのケヤキの高い枝から鳴き声が聞こえてくる。なかなかその姿を見つけられずにいたが、鳴き終わった後に飛翔し、別の枝にとまるアブラゼミの姿が見えた。
位置が高すぎて不鮮明な画像になってしまったが、とりあえず撮ってみたのがこれ↓。


これが(今のところ)シーズンで最も遅くまで活動していたアブラゼミの姿。この枝にとまるとすぐに鳴き始めた。10月30日にはアブラゼミの姿と鳴き声、そして10月29日には確認できなかった飛翔も確認できた。また、画像の個体を撮っているとき、近くの木で別のアブラゼミも鳴き始めた。2匹目の姿は確認できなかったが、10月30日には2匹のアブラゼミが健在だったことになる。


あくまでも個人的な記録ではあるが、この日(10月30日)が(僕の)《もっとも遅いセミの終鳴日》となったので記しておくしだい。
※【追記】このあと更に終鳴日を更新立冬すぎのアブラゼミ!

ついでにこの日みつけたプチ大魔神──こと(?)アゲハの蛹↓。


この蛹はこのまま冬を越し、(寄生されていなければ)来春羽化するのだろう。

11月に入って、まだセミが鳴いていたらアッパレだと思って同じ場所に行ってみたが、アブラゼミはもう鳴いていなかった。
かわりに今シーズン初のケンモンミドリキリガが見つかった。


美しいこの蛾には「フユシャクの前触れ」という印象がある。毎年、ケンモンミドリキリガを目にするようになると、まもなくフユシャクが現れる。


10月29日の油蝉

10月29日のアブラゼミ@東京



公園の歩道上でバタバタもがいているアブラゼミがいた。セミのシーズンが終わる頃にはよく見られる光景だが……もう10月も29日である。これまで僕が確認したアブラゼミの最も遅い終鳴日は2014年の10月27日だった(*)。それよりも遅いアブラゼミの確認となった。


拾い上げてみるとバタバタはばたいては落ちる。少し落ち着いたところで撮影。近くの木の幹にとまらせてみると、体を保持する力は残っているようだ。




最も遅いアブラゼミ成虫の確認をしてからほどなく、コンクリート擬木で2匹目のアブラゼミを発見。




飛ぶところは確認していないが、ちゃんと生きており、このあと擬木上を歩きだした。これが今のところ、もっとも遅く確認したアブラゼミの姿となった。
ちなみに僕の《セミの見納め日》で、これまでで最も遅かったのは、ツクツクボウシの10月29日(2012年)だった。


だから今回のアブラゼミは、このツクツクボウシ↑とタイ記録ということになる。
この日はアブラゼミ2匹を確認した後に、アブラゼミの鳴き声も確認することができた。サクラの高い枝で鳴いているようだったが、3匹目の姿は残念ながら確認することができなかった。
しかし、僕の最も遅い《セミの終鳴日》は、(今日の時点で)「アブラゼミの10月29日(2018年)」に更新された。

ついでに……すっかりお馴染みとなったキマダラカメムシ↓。



立冬すぎのアブラゼミ! ※終鳴日は11/10に更新