FC2ブログ

ユーザータグ : 虹色の記事 (1/1)

金・銀・銅…なメタリック昆虫

昆虫の中にはメタリックな輝きを放つ美麗種が少なからず存在する。ヤマトタマムシは有名だが、一般的にはあまり知られていない美麗種も多い。タマムシに匹敵するような美麗種でありながら……そして身近にいる普通種でありながら意外と気づかれずに(?)スルーされがちな金属光沢をはなつ昆虫たちを最近撮った中から……。

【金】黄金の輝き&ガラスの透明感…ジンガサハムシ



食草のヒルガオの葉の裏にとまっていることが多いためか、わりと気づかれにくい昆虫。たまに陽の当たるところに出ていると金色に輝いて、とても美しい。
光を反射する金色の体に、光を通す透明な部分──対極の構造を同時に備えているのが興味深い。また円形の体型もユニークで「UFO」を連想する人もいるようだ。この体型は触角や脚を収納し葉の裏にぴたりと張りつくと(隙間をなくし)アリなどの攻撃をシャットアウトできる──そんな構造なのだろう。円形シールドが透明なのは、シールドに隠れたさいに内側から外の(外敵の)ようすを見ることができるようにだと想像している。それでシールド・モードを解除する頃合いを見計らっているのではないか。ゴールドX:セモンジンガサハムシと共通する構造だ。


これ↑は背中(上翅中央)も金色のタイプ。他に背中(上翅中央)が黒っぽくなるタイプもいる↓。


前胸背面は金色に輝いているが、背中(上翅中央)が黒っぽいタイプ↑。色タイプの違いはオス・メスの違いではない。近似種のスキバジンガサハムシでは、黒は金に対して優性遺伝なのだとか。


ヒルガオの裏にいたジンガサハムシのペア。この状態でオスが何度も翅を瞬間的に広げていた。広げた瞬間は撮れなかったが、直後の下翅を回収しているようす↓。


ヒルガオの葉の裏には卵のう(卵鞘:卵が入ったカプセル)も見られた。


【銀】シルバーの模様・オオギンスジハマキ



初めてこの蛾──オオギンスジハマキ(オオギンスジアカハマキ)を見た時は、銀色のもように驚いた。蛾や蝶の仲間で「金色」や「銀色」があるとは想像していなかった。しかしその後、蛾には「金」「銀」「透明」などあることを知り、蛾のバリエーションの広さに感心した。他にも蛾の素材を並べたかったのだが……最近撮ったのはコレだけだった……。
オレンジ色に銀色のライン──単体で見ると目立つデザインだが、葉に止まっていると、景色の中では「茶色く変色した葉の一部」っぽく見えて意外に目立たない気もする。

【銅(あかがね)】虹色の輝き・アカガネサルハムシ







以前【虹色ハムシと呼びたいアカガネサルハムシ】でも紹介したが、ヤマトタマムシのような金属光沢を持つ美しい昆虫。光の加減や見る角度で色合いが変化する。配色的には緑系が基調のヤマトタマムシよりも赤系が目立つ(世界で最も美しいクワガタとされる)ニジイロクワガタに似ている気がする。とても美しい昆虫なのだが……(冒頭のジンガサハムシもそうだが)輝きが強いので、なかなかその金属光沢感を画像に納めるのが難しい……。「実際はもっとキレイ」ということを念頭に、キアイを入れて脳内補正してご覧あれ!








スポンサーサイト