FC2ブログ

ユーザータグ : 自切の記事 (1/1)

トカゲの尾は何度も切れる!?

トカゲ密度が高い石垣

何度も記している通りハリサシガメが見られる石垣はトカゲ密度が高い。


あちこちで日光浴しているヒガシニホントカゲ──かつてニホントカゲと呼ばれていたものが今では3種類に分けられ、東京で見られるのはヒガシニホントカゲということになるらしい。




ヒガシニホントカゲにまじってニホンカナヘビの姿もチラホラ。この石垣ではヒガシニホントカゲが圧倒的に多いが、緑地全体ではニホンカナヘビを見かけることの方が多い。




トカゲの尾:自切と再生



日光浴するヒガシニホントカゲの中に尾が短めの個体がいた。よく見ると尾の途中から色が微妙に変わっていて尾の先端もいくぶん丸い……どうやら再生した尾のようだ。再生した尾は元の尾よりもクオリティが落ちるという印象があったので、(長さが劣るとはいえ)こんなにきれいに再生することがあるのかと意外に感じた。
この石垣で見かける多くの個体の中には、尾が切れたものや再生したものの姿もある。


「トカゲの尻尾(しっぽ)切り」という言葉(トカゲが尾を切り捨てて逃げるように、不祥事などが露見したとき、部下に責任をかぶせて上司が追及を逃れること)があるように、トカゲが尾を自ら切り落とすこと(自切)はよく知られている。
僕も、ネコに襲われたヒガシニホントカゲが尾を自切するシーンを見たことがある。切り離された尾は地面でピチピチと跳ねまわり、その動きにネコが気をとられているスキに本体は草の間に逃げ隠れた。トカゲ自切は、敵の注意を尾に引きつけ本体からそらす陽動作戦として機能しているのだと納得した。幼体の尾が目をひく鮮やかさなのも、小さいながら陽動効果を高めるためではないかという気もしている(*)。
そのヒガシニホントカゲ幼体の自切した尾↓。役割りを終えた尾をアリ達が運んでいた。


自切した後、尾は再生するが骨は再生されず、見た目も再生部分はハッキリわかることが多い。


「トカゲの尻尾(しっぽ)切り」は1度限りではない

トカゲの尾の自切&再生は子どもの頃から知っていたが、長い間それは「1回限り」のものだと思い込んでいた。
「トカゲの尾には切れやすい場所があって、そこから切れる」という知識はあったのだが……脱離節(その部位から先が自動的に脱離しやすい構造)はその1カ所だけだと理解(誤認)していた。その「切れやすい場所」で自切は起こり、再生した尾では(脱離節は無いのだろうから)2度と脱離は起こらない──そういう理解でいたのだ。

ところが……トカゲの仲間であるグリーンイグアナで、「2度の《尻尾(しっぽ)切り》」を目の当たりにして驚いたことがあった。飼育中のグリーンイグアナの尾を不用意につかんで自切させてしまったことがあったのだが……当時は「トカゲの尻尾(しっぽ)切りは1度限り」と思い込んでいた。だから再生した尾はもう切れることはあるまい──そう信じてつかんだところ、以前切れたところより上(胴に近い部分)で再び自切が起こったのだ(その後、尾は再び再生した)。
このとき初めて「トカゲの尻尾(しっぽ)切り&再生は1度限ではない」ということを知った。グリーンイグアナで2度目の自切があったのだから、ニホントカゲやニホンカナヘビでも同じことが起こりうるだろうと考えるようになった。
トカゲの尾の骨には一節ごとに「脱離(だつり)節」が並んでいるという。このどこかで自切が行われる──「トカゲの尾の切れやすい場所(脱離節)」は1カ所ではなかったのだ。
尾を自切したヒガシニホントカゲを色々見比べてみると、確かに個体によって尾が切れた位置に違いがある──これは脱離節が1カ所ではないことを物語っている。










自切後に再生する尾には骨はなく(骨の変わりに管状の軟骨が通るらしい)、従って脱離節も形成されないはずだ。(脱離節がない)再生尾での自切は起こらないのだろうが、脱離節を温存した根元近くのオリジナル部分での自切はあり得るということだろう。


最初の自切のさいに残った尾に脱離節が温存されていれば、そこで2度目の自切は起こりうるだろう──今はそう考えている(グリーンイグアナでは確認しているがヒガシニホントカゲやニホンカナヘビでは未確認)。
余談だが、自切したのち再生した尾が二股になることもあるようだ……。


(※↑【なんちゃってフタオトカゲ!?】より)

ちなみに、かつて飼っていたグリーンイグアナ↓。




スポンサーサイト



サファイア・ブルーなヒガシニホントカゲ幼体

青く輝く尾が美しいヒガシニホントカゲ幼体



ヒガシニホントカゲの幼体は小さくてかわいらしい。そしてびっくりするほど美しい。黒いボディーに金色のライン&ブルーに輝く尾は宝石のようだ。僕が持っている図鑑では【ニホントカゲ】と記されているが、今はそれが3種類に分けられ、東日本に分布しているのは【ヒカシニホントカゲ】になるらしい。






ヒガシニホントカゲの幼体はとても美しいのだが、これまでほとんど撮っていなかった。というのも、警戒心が強く敏捷なので、カメラを向てもすぐ逃げられてしまっていたからだ。めずらしい生き物でもないので「別に今撮らなくてもいいや」とすぐにあきらめ、《いつでも撮れる感》から「そのうちキレイに撮れそうな場面にであったら、その時撮れば良い」と放置していた。
それが先日、ヒガシニホントカゲの密度が高い石垣を見つけたので、狙ってみたしだい。カメラを向けたモデルの大半は逃げてしまったが、いくつかは撮ることができた。


このように幼体↑はあざやかだが、生体↓になると地味な色合いになる。




ヒガシニホントカゲ幼体の捕食

ちょうどイモムシを捕食した幼体がいたので食事シーンを追ってみた。不鮮明な画像もあるが、順を追って並べてみる。
















完食すると口のまわりの泥を落として終了。食事時間は1分40秒ほどだった。


食事シーンを見ることができたが、こんなシーンも……↓。




幼体の尾が目をひくほどキレイな理由

ヒガシニホントカゲ幼体は頭~胴の部分は黒地に金のラインは鮮やかだ。これは物陰にかくれて体の一部がのぞいた状態では明暗で分断されてボディーラインを隠蔽するような効果がありそうだ。そして何といっても目をひくの青光りする尾──これには、天敵に襲われ尾を自切したさいに、天敵の注意を切り離した尾に集める陽動的効果があるのだろう。
「トカゲのしっぽ切り(トカゲが尾を切り捨てて逃げるように、不祥事などが露見したとき、下位の者に責任をかぶせて、上の者が追及から逃れること)」なんていう言葉があるが、ヒガシニホントカゲも天敵に襲われるなど危険を感じると自ら尾を落として逃げる。切り離された尾はピチピチ跳ねまわって敵の注意をひく。その間に本体は逃げるという寸法だが、離脱して跳ね回る尾は目立つ方が陽動効果は高い──そう考えると、逃げ隠れる側の頭と胴は明度が低く、敵の注意をひくべく尾が目をひく輝きを放っているのも合点がいく。
トカゲの尾の骨には一節ごとに特別な割れ目が入っていて、そこで離脱するしくみになっているという。切れた尾は再生するが、再生した尾には骨はないため再生部分での自切は起こらないらしい。
再生した尾は元の尾ほどキレイではなく短くなりがちなので見てわかる↓。