FC2ブログ

ユーザータグ : 翅多型の記事 (2/2)

ハリサシガメは翅多型/腹の大きなメス

9月下旬のハリサシガメ・ペア/長翅型♂&短翅型♀

9月の石垣シーリズ(?)最後は、この石垣で本命のハリサシガメ。7月下旬に初めてここでハリサシガメを見つけた頃、交尾中のペアをよく目にした。その後だんだんペアを見る機会が減っていったので、繁殖活動は7月下旬から8月上旬頃がピークなのだろうと思っていた。しかし、9月も下旬になって久しぶりに交尾ペアを見つけたので記しておくしだい。



同一個体群内で翅の長さに明確な多型(形態的な差)を生じるものを翅多型(or翅型多型)というそうだが、ハリサシガメ成虫の翅の長さは個体によってまちまち。僕が見た交尾中のペア数組では、すべてが長翅型♂と短翅型♀の組み合わせだった。
7月末~8月初めに見ていたペアと比べると今回見つけたペアは♀の腹が大きく膨らんでいた。おそらく卵が詰まっているのだろう。

長翅型・短翅型・中間翅型(?)/ハリサシガメは翅多型


これは翅が長めの長翅型個体。もっと長い翅を持つものもいる。この個体↑↓は左触角が途中で切れていた。

長翅型に対して翅が短い短翅型個体↓。

そして、長翅型と短翅型の中間型ともいえる翅を持つ個体↓。

同じ時期に同じ場所でみつかる同種なのに、これだけ翅の大きさが違うというのはフシギな気がする。
この昆虫についてはまだまだ謎が多い(単に僕が知らないだけなのだろうが)。ゴミをまとってカムフラージュする終齢幼虫は興味を持って見ることができたが、卵をいつ、どんなところに産みつけるのかとか、孵化の時期、若齢幼虫が現れるのはいつなのかなど……そのあたりも気になっている。

石垣わきの草にとまる若齢サシガメは!?

そんなことを考えつつ石垣チェックをしていたところ、石垣わきの植物にサシガメの若齢幼虫がとまっているのに気がついた。

ハリサシガメの出現率が高い場所だったので、もしやこれがハリサシガメの若齢幼虫ではあるまいか!?──と期待が高まる。肉眼ではよく見えずカメラを向けてクローズアップしてみたところ、アリが頻繁にフレームインしてくる。

近くの同じ植物にはアブラムシ(アリマキ)がついていてアリがとり巻いていた。このサシガメ幼虫がとまっている茎にアブラムシはいなかったが、アリは頻繁に上り下りしていくる……アリをエサとするハリサシガメがいても不思議はないではないか。むしろ、狩りの場所としては、茎にとまって待っていればアリの方からやってくるし、アリの逃げ場が少ない茎の方が(地面などの開けた場所で狩りするよりも)狩りの成功率も稼げそうな気がする。
まだカムフラージュする以前のハリサシガメ若齢幼虫ではあるまいか……などと期待をして撮ってみたのだが……どうやら、これはシマサシガメの幼虫だったようだ……。