FC2ブログ

ユーザータグ : 線香花火の記事 (1/1)

昆虫のギミック&トリック

昆虫は《身近》でありながら《未知なる存在》を感じさせる生きものだ。バイオちっくでありメカニカルでもある──我々脊椎動物とは違う、植物とは全然違う次元の生命体という感じがする。
そんな昆虫のトリックやギミックに「えっ!?」とか「へぇ!」と驚いたり感心することもしばしば。これまで見てきたものの中からいくつかを改めてまとめてみた。

ウラギンシジミ幼虫の線香花火



先日投稿したウラギンシジミ幼虫のビックリ・ギミック。刺激をくわえると突然、ツノの近くでパチパチと線香花火の火花が散るように何かがチラつく……初めて見た時は何が起こったのか判らなかった。筒状のツノの先端から試験管ブラシのような器官を瞬間的に出しで広げ、またたく間に収納していたのだ。刺激に反応してのことだから、おそらく寄生蜂や寄生蠅などを追い払うような役目でもあるのだろう。緩慢な動きしかできないと思っていた幼虫の、目にも止まらぬ早業にビックリした。

「線香花火」のようなフシギな器官──名称がわからないので僕は勝手に「フラッシュ・ブラシ」などと記しているが、こんな器官をもつ幼虫は珍しいのではないか? いったい、どうしてフラッシュ・ブラシのような器官ができたのだろう?
ウラギンシジミ幼虫はクズの花穂にまぎれて花やつぼみを食す──このこととフラッシュ・ブラシの誕生には何か関係があるのではないか……などと想像が広がった。
花は虫が集まる器官だ。つまり葉を食べる幼虫より、花を食べる幼虫の方が、他の虫と遭遇する機会が多いはずだ。寄生蜂や寄生蠅が体にとまろうとすれば幼虫は寄生を阻止するため抵抗しなければならないが、接触してくる虫が宿主か全然関係ない虫かは幼虫にはわからない(単に花に集まってきた虫が接触する機会も多いはず)。だからといって「抵抗」を怠れば寄生されやすくなる。「抵抗」をサボる幼虫は生存率が落ち、マメに「抵抗」することが生存率を保つことにつながっていたのだとすると、いちいち体を大きくくねらせて抵抗するより、省エネですばやく対応できるフラッシュ・ブラシのような器官があった方が便利だろう。ウラギンシジミ幼虫は花への擬態も完成度が高い。せっかくこれだけ隠蔽効果がある姿をしているのに「抵抗」で頻繁に激しく動けば、天敵に見つかりやすくなってしまうというデメリットだって大きいに違いない。そんな観点からも、動きが見てとれないほどの素早さでフラッシュ・ブラシをふるうことは、隠蔽擬態したまま使える防衛術として理にかなっているように思われる。
そんなふうに考えると筋は通る気もするが……シジミチョウの仲間ではウラギンシジミの他にも幼虫が花やつぼみを食うものがいる。彼らはフラッシュ・ブラシなしでもちゃんと生き残ってこられたのだから、ウラギンシジミだけがなぜこんな器官を発達させたのか……という疑問は残る。
フラッシュ・ブラシはやっぱり謎めいていて不思議な器官である。

紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火

ノコメエダシャクの対称性かく乱トリック



1年前にネタにしたが、今年もそろそろ出現する時期ということで。パッと見「枯葉に擬態した蛾」という感じで、このレベルのカムフラージュはめずらしくもないような気がするが……たいていの昆虫の特徴である《左右対称性》を崩して天敵の眼を逃れる(と思われる)──という着眼(?)に感心した。斜めにかしいでとまり腹を曲げて《左右対称性》を壊し、さらに左右対称である翅の形まで違ってみせる──というのがスゴイ。ちなみにこの画像は昨年撮影したもので、腹が向いている方が「下」である。

ノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか?

まぶたがないのに眼を閉じるシロコブゾウムシの閉眼ギミック



死んだフリ(擬死)をしたシロコブゾウムシが「眼を閉じている」ように見えて、瞼のない昆虫にあり得ない瞑目トリックにとても驚いた。触角がちょうど眼をおおう形でたたまれていたわけだが……擬死で触角をたたむにしても、本来なら視界をふさぐのは外敵のようすを監視しずらくなるという意味でデメリットとなりそうな気がする。しかし、触角が眼をおおう構造になっているのは、そのデメリットより多くのメリットがあったからだろう。シロコブゾウムシはつぶらな眼が目立つ──これを隠すことで天敵に見つかりにくくなり、生存率が高まるという利点があったのだろう(と解釈している)。

仰天!?眼をつむるシロコブゾウムシ/*開閉する眼!?トリック&ギミック

シャチホコガ幼虫の開眼ギミック



シロコブゾウムシが《(本物の)眼を隠す》ことで目立たないようふるまっていた(と思われる)のに対し、シャチホコガ幼虫は《(偽物の)眼を見せつける》ことで威嚇効果となっているのではないかと想像する。目玉模様(眼状紋)を持つ幼虫は少なくないが、開閉する目玉模様のギミックはおもしろい。

シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?/*開閉する眼!?トリック&ギミック

アシナガオニゾウムシの収納ギミック



オスの前脚が長いことにおもしろみを感じて撮影しているうちに胸の腹側にフシギな凹みがあるのに気がついた。ゾウムシの仲間は長い口吻が特徴だが、それを含め顔をすっぽり収納できる仕組みになっていた。触角をこのくぼみに隠し顔でぴっちりフタをする──たしかに長い口吻や触角を完璧に隠せば天敵から見つかりにくくなるのだろうが、小さな虫がここまでやる必要があるのだろうか?──と思うほど、よくできている。このつくりがメカニカルでおもしろい。擬死モードでは長い前脚もきちんと折りたたんでる。

アシナガオニゾウムシのぴっちり収納術

コノハムシの内蔵消失ギミック







このコノハムシは以前飼育していたタイ産の成虫♀。通常は必ず腹を上に向けて葉にとまる。つまり下からは背面が(逆光で)見え、上からは(順光で)腹面はが見えるとまり方だ。葉に擬態したうすく平たい体をしており、本来なら逆光では透過光で内蔵の影が透けてしまいそうなものだが、通常の姿勢では内蔵の影は見えない。ところが、ひっくり返して(逆光で)腹側から見ると内蔵の影や翅の影までもがクッキリ透けて見えてしまう。そんな姿を見ると通常の姿勢で「光を通すほどの平たい体で内蔵の影を隠している」のがスゴイことなのだと気づかされる。
単に内蔵が透けないようにするだけなら光を通さない構造にすれば良いのだろうが、それでは体全体がシルエット(影)になってしまい、光を通す葉の中では黒くかえって目立ってしまう。木の葉と同様にある程度光を通しながら内蔵の影を消してみせるというのは実にふしぎなことだ。
コノハムシ成虫♀は飛ぶことが出来ず、翅は葉に擬態する役割りに徹しているが、この翅が内蔵の影を隠す役割りも果たしているようだ。
コノハムシの擬態はよく知られている。色や形が木の葉によく似ていることが注目されがちだが、透過光で内蔵の影が透けて見えない工夫というのがまた驚くべきところだと感心するしだい。


スポンサーサイト



紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火

バイオレット・ピカチュウか笑顔の鬼か!?





……というのはもちろんジョーク。これはウラギンシジミというチョウの幼虫。じつは最近ひそかに(?)探していた虫。成虫はちょくちょくみかけるのだが、幼虫となるとなかなかみつからない。クズやフジの花穂(かすい)について花やつぼみを食べるらしいのだが、その姿を見分けるのは難しい。今年は(も)出会えないままシーズンが終わるのか……となかばあきらめかけていたのだが……ようやくクズで見つけることができた。

ユニークなギミックを持つウラギンシジミ幼虫







クズのつぼみにとけこむような鮮やかなバイオレット・カラー──昆虫で…しかも幼虫で、よくこんな美しい色彩が実現できたものだと感心する。一対の(2本の)ツノ状突起もユニークだ。
ちなみに、ツノがあるのは尻で、頭はその反対側にある。


鮮やかな体色やツノも魅力的だが、この幼虫にはさらにユニークな特徴がある。刺激すると特徴的なツノの先端から試験管ブラシのようなものをパッと広げてサッとしまう──目にも止まらぬ早業を見せるのだ。これが線香花火の火花が開くときのようでもあり、ケヤリムシが触手を引っ込めるときのようでもあって、とてもおもしろい。
2年前、そのことを知らずにウラギンシジミ幼虫を撮っていて、「線香花火」を目の当たりにして驚いた。そのときのことはブログ(緑のこびとウサギ!?)にも記しているが、肝心の「線香花火」画像がイマイチだった……それで、いずれ撮り直したいと思っていたのだ。
2年ぶりに「線香花火」撮影をするにあたって、ウラギンシジミ幼虫がとまっていた花穂を摘みとり、クリップに固定した。左手には幼虫を刺激する棒を持ち、右手にはカメラを構えなければならない。花穂が不安定なツタについたままでは撮影しにくいからだ。


そうして準備を整え、カメラをかまえながら、そーっとつついてみたのだが……なぜか幼虫は無反応……くり返してみたが「線香花火」は一度も見られなかった。




しかたなく今回はあきらめて、摘んだ花穂についていた幼虫をツタについた別の花穂へ戻すことにした。そして移動のため指に乗せようとしたところ、ふんばって動かない……。
これはもしや、脱皮前の休眠状態のため動けないのではあるまいか?──そう考えてみるとも刺激しても反応が無かったのも合点がいく。
動けないのにむりやり引きはがして移動に失敗したらかわいそうだし……摘んだ花穂についたまま持ちかえって見守ることを検討。持ちかえれば、脱皮後に「線香花火」が撮れるかもしれない。
ということで、急きょウラギンシジミ幼虫のついた花穂を持ち帰り水差ししてようすを見ることにした。




この日、幼虫は同じつぼみに同じ姿勢で止まったままじっと動かなかったが……翌日のぞくと変化があった。


カラーリングに若干の変更があり、前日は黒っぽかったツノ状突起がパープルになっていた。そして前日じっと動かなかったのに対し、ゆっくりながら動き出した。










ためしに刺激してみると、こんどは「線香花火」を発動!
「よし、これで撮れる」と撮影用の枝をクリップで固定し、これにウラギンシジミ幼虫をとまらせて「線香花火」を披露してもらうことに。


しかし撮影を始めて見ると、瞬間的にくりだすフラッシュ・ブラシ(と仮に呼ぶことにする)をとらえるのが難しい。何度かパパッと出すが、刺激に慣れると(?)出さなくなる……あまり連続してやってはくれないようで、撮影には少し手間取った。

ウラギンシジミ幼虫の線香花火(フラッシュ・ブラシ)











今回もあまり鮮明には撮れなかったが、《なにやら高速で動くブラシのようなもの》──がわかるていどの画像は撮れたので、よしとしよう。
モデルをつとめた幼虫は、ちゃんと元いたクズに帰してきた。




緑のこびとウサギ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火

緑色のうさぎ!?

遊歩道の擬木の手すりにおもしろい形をした幼虫がとまっていた。
緑のウサギかハムスターか──そんなふうに見えなくもない。


形からウラギンシジミという蝶の幼虫だとすぐにわかった。成虫のチョウはよく見かけるが、このユニークな形をした幼虫に出会ったのは初めて。この幼虫のことは図鑑やネットで知り、実際に見てみたいと思って食草のクズを探してみたこともあったのだが、そのときは見つけることができなかった。
クズの花についているときは(フジ、クズなどの花やつぼみを食べる)みごとにとけ込む赤紫をしていたはずだが……今回みつけた個体はきれいな緑色をしていた。







というわけで、ウサギ耳のような突起がある(頭に見える)方が尻。
幼虫は頭を下にじっとしていたのでデジカメで何枚か撮影。そして背景やアングルを変えて撮っておこうと幼虫に触れた瞬間──ツノ(ウサギ耳)のあたりでパッと何かが動いた。
その時はウラギンシジミ幼虫の体表のどこかに寄生蠅か寄生蜂のようなものが隠れていて、それがパッと翅を広げたのかと思った。
しかし、翅を広げた幻の虫はどこへワープしたものか一瞬で消えてしまった!?
まるでマジック!?!
「今のは何だったのだろう?」と自分の目を疑いつつ、気をとり直してウラギンシジミ幼虫を移そうとすると──またツノのあたりでパッと何かがはじけた。
そこで初めてウラギンシジミ幼虫の放ったワザ(?)だと気がついた。

ウラギンシジミ幼虫の線香花火!?

試しにもういちど幼虫に触れてみるとツノの先端からパッとブラシのようなものが広がり、パタパタっと回転してまたたくまにひっこんだ。その早いこと!
球形に広がったブラシがさっとひっこむようすはケヤリムシの触手が瞬間収納される感じにも似ているが、これが出てくる瞬間も素早くパパッと動く。触れ続けると連続的に反応して、ツノの先で火花が散ったような──(光こそしないが)線香花火がパチパチきらめいているような感じに見えた。




アゲハの幼虫が刺激をうけるとツノ(臭角)をのぞかせイヤなニオイを放って敵を撃退しようするのは知っていたが……ウラギンシジミ幼虫のツノ先からのぞくブラシにも同じように敵を威嚇したり追い払ったりする役目があるのだろう。しかし、その反応速度には驚くばかりだった。
寄生蠅や寄生蜂、あるいはアリなどが体にふれると、このフラッシュ・ブラシ(?)で追い払っているのだろう……その機能は果たしていそうな気がする。

ということで、指に乗せて撮影。


ツノ(ウサギ耳)がある方が尻だとわかっていても、やはりこっちを主体にとってしまいたくなる。


最後に手すりの下に生えていたクズの葉にもどしてやった。


あとになって、手すりにいたのは「遭難」ではなく「蛹化」のためだったのだろうか……と気づいた。だとすれば、クズの葉に戻したのは、よけいなおせっかいだったかもしれない……。