FC2ブログ

ユーザータグ : 眼の記事 (1/1)

エゴヒゲナガゾウムシ:オスの眼はなぜ離れてる!?

エゴヒゲナガゾウムシ(ウシヅラヒゲナガゾウムシ)



エゴノキの実に孔が目立つようになった。これはエゴヒゲナガゾウムシの産卵痕。よく見るとあちこちにエゴヒゲナガゾウムシの姿があった。


メスはエゴノキの実をかじって孔をあけ、腹端をさしこんで産卵する。孵化した幼虫は果皮内側の堅い種子の中で成長するらしい。エゴヒゲナガゾウムシの幼虫は「ちしゃ虫」と呼ばれ釣りのエサとして売買されているとか(「エゴノキ」は「チシャノキ」とも呼ばれる)。エゴヒゲナガゾウムシが発生している場所ではエゴノキの実のかなり多くで産卵痕がみられる。寄生率の高さから、集めやすいということで商品(釣り餌)として取り扱われるようになったのだろう。
エゴノキの実の果皮にはサポニンという有毒物質が含まれているそうだ。毒があることで鳥などに食われにくい実だとしたら、エゴヒゲナガゾウムシにとっても良いホストなのかもしれない(種子はヤマガラが好むらしい)。








ところで、この【エゴヒゲナガゾウムシ】──名前に「ゾウムシ」とついてはいるが全然「ゾウ」に似ていない(※「ゾウムシ」と「ヒゲナガゾウムシ」は科が違う)。僕の手元にある甲虫の図鑑では【ウシヅラヒゲナガゾウムシ】という和名で載っている(ネット情報によれば、この昆虫は触角が長いのでカミキリと誤認されて【ウシヅラカミキリ】なんて呼ばれることもあったとか)。
「ゾウ」にはとても見えないが、「ウシづら」というのも、どうなのだろう……ちょっと首をかしげたくなる。もっと他の名前がついてもよさそうなユニークな特徴がある昆虫なのだが……。

のっぺらぼう虫!?/眼が顔の外にとびだしたオス



エゴヒゲナガゾウムシのおもしろいところは、オスとメスで顔がずいぶん違うことだ。メスも「おしろいをぬった平べったい顔」みたいで愛嬌があるが、オスの顔がなんともユニークなのだ。




オスは左右の眼がおもいきり離れ、顔の外に飛び出している。正面からながめると飛び出した眼はツノのようで(眼がどこにあるのかわかりにくいので)白い顔の「のっぺらぼう」のように見える。「牛づら」よりは「のっぺらぼう虫」「ノツペラボウビートル」と呼ぶ方がふさわしい気がしないでもない。


また、オスは背後からながめると、飛び出した眼は動物の耳介っぽく、《たそがれるハイエナの後ろ姿》に見えてしかたがない。


葉の上に飛来したエゴヒゲナガゾウムシ♂↑。まだ後翅がのぞいている。




顔が平たくオスの眼が離れている理由!?



メスではふつうなのに、オスだけ眼がこんなに離れているのはナゼなのだろう?──これだけユニークな姿を目にすると、そう考えずにはいられない。
オスはメスが産卵作業をしている実の近くに陣取っていることが多い。交尾のため・あるいは交尾したメスに他のオスを近づけないための監視なのだろう。




丸いエゴノキの実の上では、実の反対側にライバル♂がとまると死角になって見えない。眼が顔より外に飛び出していれば、そのぶんいくらか死角を減らせる──実の反対側からスキをうかがうライバル♂からすれば、体を実のかげに隠しながら眼だけをのぞかせる《潜望鏡》のような使い方もできる。そうした利点があるのかもしれない。


ただ、《オスの眼が離れている理由》には他の意味があるのではないかと僕は考えている(例によってあくまでも個人的素人解釈)。
《(メスをめぐる)オス同士の闘争において「離眼距離」が勢力の優劣決定に影響し、より眼が離れたオスが子孫を残す傾向が強まり、その特徴を進化させてきた》のではないか?──そんな気がする。
動物界ではオス同士の闘争行動において「体を大きく見せる」ということはよくある。ライオンのオスは顔がでかいし、たてがみだって顔を大きく見せて相手を萎縮させようというアイテムなのだろう。キッシンググラミーという魚はオス同士がキスするように口をつきだして広げ、その大きさを競い合って優劣を決める。
エゴヒゲナガゾウムシも、《オス同士の闘争行動で「離眼距離」が競われ、「眼の離れ具合が大きい」→「大きい(強い)」との判断基準で勢力の優劣が決められているのではないか》──「闘争行動」によって、ライオンのオスの顔がでかくなりタテガミが発達したように、エゴヒゲナガゾウムシではオスの眼が離れていったのではないか?
そう考えるのは、以前エゴヒゲナガゾウムシを撮っていたとき、オス同士が顔を突き合わせて一方が飛び去るのを目にしたことがあったからだ。初めてこの虫のオスを見たとき、「なんで、こんなに平べったい顔なんだ?」「どうして眼がこんなに離れているのか?」とフシギに感じていたが、《オス同士が顔を突き合わせて「眼のはなれぐあい」を競い合う》ためだと考えると合点がいく。
そして今回も《オス同士が顔を突き合わせて「眼のはなれぐあい」を競い合う》闘争行動を何度か確認することができた。残念ながら鮮明な画像は撮ることができなかったのだが……いちおう、問題の闘争行動を──。




この直後、1匹(♂)が飛び去って決着。闘争行動に勝った♂は左触角が曲がっていたが、眼の離れ具合は勝っていたようだ。




こうした《闘争行動》がエゴヒゲナガゾウムシの顔を平たくし、オスの離眼距離(僕の造語)を発達させてきたたのではないか──僕はそう考えている。

ところで、エゴヒゲナガゾウムシが産卵するエゴノキの実だが……熟すと果皮が裂けてタネが落ちる。早くも果皮が裂けタネがのぞいている実があったので、その画像も↓。





【撮影後記】本当は別の昆虫を探していたのだが……エゴノキの実にたくさんエゴヒゲナガゾウムシが来ていたので、ちょっと迷ったのち、目的を変更してこの虫を撮ることにした。
「ちょっと迷った」──というのは、何度か記してきたが、僕は写真(画像)撮影には苦手意識がある。エゴヒゲナガゾウムシそのものは面白いのだが、小さく(体長:3.5~5.5mm)て、しかも「よく揺れる」枝先の実や葉の上にいるのを撮るのは大変そうだなぁ……という思いがあったから。生態は面白いのに、ちゃんと撮れないとフラストレーションがたまる。
実際、撮りはじめるとやっぱりNGが多い。珍しい虫なら飛び去ってしまえばどうしようもないので「あきらめ」がつくが、エゴヒゲナガゾウムシはたくさんいるので、幸か不幸か?撮影に失敗して飛び去られても、まだまだかわりの被写体はつきない……。
撮りづらい位置だったり、光線の具合がよくなかったり……エゴヒゲナガゾウムシはたくさんいるものの、撮影に向いた条件のところにいるのを探すとやはり絞られてくる。
ようやくOKショットが期待で来そうな被写体をみつけても、いざシャッターをきろうとする瞬間に風が吹いて画面が揺れ「いま撮ろうと思ったのに揺らすんだものなぁ~もぅ!(往年の西田敏行のCM風)」という悔しい思いをくり返した。
撮り始めて途中で止めるのもくやしいので、とりあえず粘って撮り続けるが……気がつけば熱中症になりかけ(?)ヘロヘロになっていて、ちょっとヤバかった……。
というわけで、イマイチな画像も多いが……いちおうまとめてみたしだい。


スポンサーサイト



フォト怪奇譚『樹に宿る眼』






恨みを抱えて死んでいった者の魂が樹木に宿り開眼したとされる《しこん》。
その恨みのこもった目で見つめられると死に至る病を発症するとか、あるいは怪しい気配にふり返ったときに視線を合わすとその場で事切れるなどと言われる。
《しこん》の《し》は「視」・「死」、《こん》は「魂」・「恨」からきているのだとか……※

《しこん》の開眼のようすを激写!?!

この《しこん》の開眼のようすを記録することができた。うっすらと開いた眼に恨みの灯がともると、しだいに怒りが充満し見開かれていくようすがわかる。
以下の画像は同じ場所で《しこん》を連写したものである。






















「恨み はらさで おくべきか…」──撮影中には、そんなつぶやきまで聞こえてくる気がした!?
……というのは、もちろんジョーク。最初の怪談風説明(※)も作り話である。
当初はもっと文章での演出(創作ホラー的な)を考えていたのだが、素材自体がおもしろいので、あまりよけいなコトをせずに、そのまま画像を載せることにした。

ほんとうは《しこん》は《枝痕》

木の幹でしばしば見られる、このような眼状模様のことを《しこん》と呼ぶというのは本当だが、これは漢字で記すと《枝痕》──枝の痕跡のことだ。
枝が落ちたあとの幹にできる《枝痕》が人の眼に見えることから、以前にも空目ネタ関連でとりあげたことがあったのだが(空目 木の眼!?)、表情の豊かな枝痕をとりそろえた木をみつけたので、あらためてまとめてみたしだい。「目は口ほどに物を言う」というが……木の幹に出現した眼《しこん》も何かを物語っているように見えなくもない。
今回モデルとなったのは、こんな木↓。


まるで「目のトーテムポール」。なんともフシギな味わいがあるので、ネタにしてみたしだい。

眼状紋と眼隠蔽模様

目は災いのもと?

ニホンザルは目が合うと攻撃してくるという。人間でも目が合うと「ガンをとばした」などと喧嘩になることがある。たぶん……ヒトを含む動物の多くで《眼》は気になるパーツ。じっと見つめられると緊張が走る──そんな傾向があるのではないかと思う。

生存競争の厳しい動物の世界では、多くのハンターが最終的には視覚を頼りに狩りをする。獲物を視野にとらえロックオンすることは攻撃の予備動作。狙われる側にとっては見つめられることは、銃口を向けられているのに等しい……《眼》を向けられると緊張が走るのには、ロックオンに対する潜在的な防衛本能のようなものが刺激されるからではないか……という気がしないでもない。
ことに外敵に狙われがちな小動物や鳥たちは、自分たちに向けられる《眼》には敏感なはずだ。《眼》を察知する能力は生存率を左右する──といってもいいかも知れない。
こうした《眼》に対して過敏に反応する鳥(など)が、昆虫の《目玉模様》を進化させてきた──というような記事を読んだ記憶がある(僕の解釈)。

鳥の空目が虫の目玉模様を発達させた?

昆虫には《眼状紋》と呼ばれる目玉模様を持つものが少なくない。




昆虫をエサとする鳥でも《眼状紋》をもつ虫は避ける傾向があるという。ヘビなど天敵の《眼》を恐れ回避するよう本能に深く刷り込まれたシステムが、あまりに感度が良いために昆虫の紋にも反応(誤作動?)してしまう──ということらしい。
昆虫にとって天敵であるはずの鳥が、虫の模様を《眼》と空目(誤認)し、ビビって避ける……すると、目玉模様を持った虫は生存率が高まる……その結果、昆虫の眼状紋はより強調され目立つ特徴として進化してきた……というワケである。

鳥と昆虫の眼状紋の関係を調べた人がいて、《大きな目玉模様には捕食者を驚かす効果があり、小さな目玉模様には攻撃をそこに向けさせる効果がある》と考えられているそうだ。
たしかに大きな眼状紋は我々人間が見てもハッとする。《眼》に敏感なはずの鳥が、大きな《ニセモノの目玉》に反応し、怯えるのも解る気がする。




一方、小さな(ニセの)目玉に対しては──敵(or獲物)を無力化するために眼のある頭部に攻撃をしかけるというのは理にかなっている。

ニセの眼で攻撃を誘導する

これについいては思い当たることがある。
最近見かけるアカシジミ・ウラナミアカシジミ・ミズイロオナガシジミなどには後翅に尾状突起と呼ばれる細い張り出しがあるのだが、その付近には黒い紋があって、これが《眼》に見えなくもない。


これらのチョウは葉に止まっているとき、後翅をこすりあわせるようにして尾状突起をまるで昆虫の触角のように動かすので、その近くにある紋はよけい《眼》らしく見える。


これを見た鳥がニセの触角(尾状突起)とニセの眼(紋)がある方を頭だと認識し、攻撃をしかけたくなったとしても不思議はない。そしてじっさい、このフェイク頭に攻撃を受けたと見られる個体もしばしば見かける。


だから、フェイク頭が敵の攻撃を(頭部から)そらすための陽動術として機能しているのは本当だろう。
尾状突起と小さな眼状紋には、天敵の攻撃を(本当の頭部より)ダメージの少ないフェイク部位に誘導するという働きがあるのだろうが、体の最後尾を頭だと思わせ、そこを狙わせることで、攻撃自体をかわしやすくするという効果も大きいはずだ。
クロスジホソサジヨコバイという昆虫も頭と反対側にフェイクの眼──眼状紋を持っている。天敵が眼状紋のある方が頭だと思って攻撃をしかけると、その予想を裏切る動きで(逆向きに)逃げることで生き延びるチャンスを増やしてきたのだろう。


頭と反対側を狙わせることができれば(その時点で頭部は攻撃圏外にあることになる)、頭を狙われたとき(頭が攻撃をかわせても胸・腹がひっかかる可能性がある)より逃げ延びられる確率は高まることは想像に難くない。
マエムキダマシ!?クロスジホソサジヨコバイは誰を騙すのか?

やっぱり眼は目立つのか

さて、捕食者(鳥)の淘汰圧が、昆虫の《ニセモノの眼(眼状紋)》を発達(選択進化)させてきたという理屈は解った。それでは《ホンモノの眼》の方はどうなっているのだろう?
そう考えて思い浮かぶのが、つぶらな眼がよく目立つシロコブゾウムシのエピソードだ。
以前、葉にとまったシロコブゾウムシをみつけ、カメラを近づけたときのこと。コロンと落ちて死んだフリをした。虫ではよくある行動だが、拾い上げてみてビックリした。《つぶらな眼を閉じている》ように見えたのだ。まぶたなどないはずの昆虫がどうして!?──とよく見ると、触角がちょうど眼を隠すように畳まれていた。
よく目立つ眼を隠しておいた方が天敵にみつかりにくいということで獲得した術なのだろう。そう解釈し感心した。


逆の言い方をすると、昆虫を狙う鳥(などの捕食者)は《眼に反応する》感度の良いサーチ・システムを持っている──だからこそ、それがシロコブゾウムシに眼を隠す術を獲得させた──とも言えるだろう。
《昆虫の眼状紋を発達させたのは、鳥などの捕食者だ》という説(?)は、シロコブゾウムシが眼を隠すことからも後押しできると感じた。

眼状紋と眼隠蔽模様

ところで、昆虫の眼状紋については捕食者──主に鳥との関係で語られる事が多いような気がするが……昆虫側の《ニセモノの眼(眼状紋)》の発達(進化)ばかりに関心が集中するのは、ちょっと片手落ちな感じがしないでもない。
本当に鳥(など)に《眼に過敏に(?)反応する》サーチ・システムがあるというなら、それが本来向けられるヘビなど──鳥を襲う捕食者との関係についても同時に考えてみる必要があるように思う。

鳥が《天敵の眼》に反応し、警戒する能力を高めてきたのであれば、鳥を補食するハンター側にも何らかの対策がなければ、狩りの成功率が下がってしまうはずで、それでは分が悪い。鳥が《眼サーチ能力》を高めたように捕食者側にもなんらかの対応(進化)があってしかるべきな気がする。
そう思ってあらためて考えてみると……例えばアオダイショウの顔には眼をつらぬくような黒い帯模様が走っている。この模様は《眼》を目立ちにくくするためのものではないのか? これが《眼に敏感な獲物(鳥たち)》に気づかれにくくするための対応(進化)だと考えるとつじつまは合う。




ハンターであるフェレットの顔にもくまどりもようがあるが(フェレットは家畜で隈取り模様のない個体もいるが、原種のケナガイタチには隈取りがある)、これも《眼を隠すための模様》──《眼状紋》ならぬ《眼隠紋》《眼隠蔽模様》と言えなくもない気がする。


もっともアオダイショウやフェレットの《眼隠蔽模様》は獲物に気づかれないためのものであると同時に彼らを狙う天敵(の眼サーチャー)から気づかれにくくするため……という意味合いもありそうだが……。

いずれにしても、ハンター側の《ホンモノの眼》は(狩りの成功率を高めるために?)目立たない方向に進化し、狙われる側の《ニセモノの眼(眼状紋)》は目立つように進化しているのだろうか……だとすれば《眼》のオリジナルとダミー(フェイク)は乖離の方向へ進化しているようにも思え、なんだかちょっとフシギな気がする。

ヒトの空目は人面虫を見せる

鳥などが《単なる模様(眼状紋)を眼と空目(誤認)してしまう》シムテムと、どのていど関係があるのかわからないが……ヒトにもランダムな景色の中に、あるはずのない顔を空目してしまうシステムがある──と僕は考えている(*)。心霊写真等やしばしばブログのネタにもしている空目シリーズも、この《強力高感度・顔読み取りシステム》の過剰反応の賜物だろうと考えている。一対の紋を見れば「眼」に見立ててしまいがちだし、3点あれば「目と口」として捉えがちになる。虫の模様を見て、そこに顔をイメージできるのはこのせいだと解釈している。




空目 木の眼!?

誰かに見られている!?

人気(ひとけ)の無い場所で、ふと感じる視線!?
振り返るが誰もいない。
気のせいかと思い、歩き出すと、やはり誰かに見られている気配を感じる。

ふたたびふり返るが、やはり人の姿は無い。
ふり返った瞬間、視線をそらされたように「気配」も薄れる……。

「見つめる眼」の気配は消えたが……それならと「視線をそらした眼」をさがすと……。




実はこんな眼をもつ木はあちこちにある。
こっちが見上げている間は、上を向いてとぼけているが……背を向けて歩き出すと──、





……というのはジョークだが、こんな眼状模様のある木は多い。
木の枝が落ちた痕らしい。落ちた枝の根元周辺の樹皮組織の成長具合の関係でこのような形になるのだろう。こうしてできた「眼(模様)」は上を向いている。

僕はこの「眼」に気がつかずにいたが、某所でちょっと話題になっていたので初めて意識して木を見るようになった。
ふだん歩いている場所にもこんな「眼」をもつ木があって、意外に多いのだなぁと改めて認識し直した。

「惜しいなぁ……」と思ったのは、「眼」がみな上(そっぽ)をむいていること。
この「眼」が下向きで、見上げる人と目線が合うような形だったら、きっといろいろな伝説ができていたのではないか……。

「眼」の部分を型取りして、まばたきをしたり下を向くようなギミックを作って木に装着し、通りかかった人を驚かしたら面白いのではないか……などと悪の心がささやくのであった。