FC2ブログ

ユーザータグ : 猫耳の記事 (1/2)

ピンク&イエローの猫耳幼虫ほか

ピンク&イエローの《こびとネコ》!?







ゴールデンウィーク最後の日、擬木の上で見つけたファンシーないきもの──ピンク色と黄色のネコ耳幼虫。ポップな色合いだが、トビモンオオエダシャク幼虫だろう(と思っている)。よく見かけるトビモンオオエダシャク幼虫は木の枝のような地味な色をしていて、枝に擬態するのがうまい。顎を引いて体を伸ばすとその体は枝に、頭にある一対の突起が芽のようにも見えるのだが……頭の突起は《猫耳》に見えなくもない。初めてこの幼虫を見た時はこの《猫耳》にひかれ、何度もネタにしてきた(*)。《猫耳》というだけでもポイントが高いのに、さらにポップな色合いとなれば、これはボーナスポイントを加算せねばなるまい。あっぱれ、ピンク&イエローの猫耳幼虫。
ちなみに、よく見かける色合いの幼虫と成虫を過去の画像から↓。


《猫耳》つながりで、GW初めに見かけたヒトツメカギバ幼虫↓。


やはり頭の突起が《猫耳》に見えるが、ネザーランドドワーフのような短めの《うさ(兎)耳》っぽくも見え、兎キャラのミッフィー(うさこちゃん)を連想してしまう。ミッフィー(うさこちゃん)は白ウサギだから、その友達──茶色兎のメラニー(にーなちゃん)顔幼虫!? 成虫は、こんな蛾↓。


強風で落ちた花と幼虫



ところで、今年のミズキは満開を見ずに終わりつつある……。
4月下旬から開花し始めた狭山丘陵のミズキ。GWに満開を迎えるだろうと予想し、花に集まるカミキリなどを見るのを楽しみにしていたのだが……GWしょっぱな4/29の強風で花はだいぶ散ってしまった。蕾は残っていたので、その後咲く花に期待をかけたのだが……5/3・5/4にも強い風が吹き、やはりかなり花が落ちてしまったようだ。
今年はギボッチ(擬木ウォッチ)コース沿いのミズキが切られて間近で見られる花が減り、また蕾自体も少なめだった気がする。
この時期、擬木でみられるカミキリなども、ミズキの花に集まったものが、落ちて下の擬木に登ってくるケースが多いのではないかと思っているのだが……集客(虫)力のある花が今年は少なかったことで、擬木での訪花性昆虫の発見率も下がった気がしないでもない。
その一方、花を散らせた強風で枝から落ちてきた虫もいる。強風のあとの擬木でトビイロツツノゼミの幼虫と思わせる虫をあちこちで見かけた。これまであまり見たことがないような気がするが……よく見るとちょっと面白い姿をしている。






近くの葉に移すと、葉の柄をたどって枝へ向かい、目立たぬ位置で静止した。


ちなみに、成虫の姿を過去の画像から↓。


思わぬ登場!?ヨコヤマトラカミキリ

今年は満開のミズキが見られず、ゴールデンウィーク中はヨコヤマトラカミキリも見なかったな(GW前に1匹みたのみ)……と寂しく感じていたGW最終日。擬木の上に(冒頭の)ピンク&イエローのオシャレな猫耳幼虫を見つけ、気をとりなおしてカメラを向けていたのだったが……その撮影中に、突如モニター画面にフレームインしてきた虫がいた。なんとヨコヤマトラカミキリだった!
とっさに猫耳幼虫とのツーショットを狙ったが、ヨコヤマトラカミキリの動きが早く、うまく撮れなかった。


どこから現れたのか、とにかくせわしなく擬木の上を歩き回る。ターゲットを急きょ変更してヨコヤマトラカミキリを追いかけた。
何を急いでいるのか、擬木上をあわただしく動き回る。擬木には蛾の幼虫の糸やらクモのしおり糸などがクモの巣のようにかかっているところがあって、そんな所へも平気で突進。そしてひっかけた糸を嫌ってか、ようやく立ち止まってグルーミングを始めた。




けっこうスレた個体で、上翅のえんじ色の部分が禿げて下の黒地が見えていた。ヨコヤマトラカミキリもその模様は微毛で描かれているので、禿げた個体では本来の模様が不明瞭で、いささか残念な個体……とはいえ、待望の被写体なのでとりあえず色々なショットを撮っておきたいところ。
しかし、この個体は(も)落ち着きがなく、すぐに動き出してなかなか思うように撮らせてくれない。NGカットを連発し「ちっとは撮らせてくれたって、いいぢゃないか! 減るもんぢゃあるまいし、ケチ!」なんて思いながら追いかけ回し、撮影画像をチェックするために一瞬目を離したスキに被写体は姿を消した……。
どこからともなく突然現れたヨコヤマトラカミキリは、こつ然と姿を消したのであった……。
(つづく……!?→【ヨコヤマトラカミキリの模様】)


スポンサーサイト



緑のベストを着たネコ!?

緑色のベストを着た猫!?モンクロギンシャチホコ幼虫



「長靴をはいた猫」ならぬ「緑のベストを着た猫」に見えなくもない!? キアイを入れればきっと見える……かもしれない……そんな気もする生物を発見。その正体とは──、




このイモムシが目にとまったとき、《緑のベスト》模様が見えたのでホソバシャチホコ幼虫(後述)かと思った。しかし、よく見ると、ちょっと違う。《緑のベスト》はオシャレなデザインなので、それだけでポイントが加算されるが(何のポイントだ?)、ホソバシャチホコ幼虫にはない「猫耳」までついていたので更に加点倍増!
















モンクロギンシャチホコはシャチホコガ科の蛾で幼虫はバラ科につくらしい。近くにあったサクラの葉にとまらせてみると食い始めた。サクラでは「ギン」のつかないモンクロシャチホコという蛾の幼虫がよくみられるが……こちらはあまり撮影意欲がわかないのであった……。

緑色ベストといえばホソバシャチホコ幼虫





モンクロギンシャチホコ幼虫をみたとき、《緑のベスト》から思い浮かべたホソバシャチホコ幼虫がコレ。ホソバシャチホコもシャチホコガ科の蛾。前記事のシャチホコガ(シャッチー)と違って、尾脚はしっかり枝をつかむことができる。
《緑のベスト》もオシャレだが、複雑な模様が美しい。個体によって模様には違いがあるが、ロングヘアをなびかせたヒロインの顔などが空目できがちで、隠し絵っぽい。そのことは以前投稿したことがある(【緑のベストがオシャレな幼虫】)。


食植物(のひとつ)コナラにうつすと、《緑のベスト》が葉にとけこんでボディラインを分断。残された部分は枯れて変色した葉のようにも見える。
オシャレな《緑のベスト》は、葉にとまると「見えなくなる」隠蔽アイテム──《天狗の隠れ蓑(かくれみの)》ならぬ《イモムシの隠れベスト》みたいなものなのだろう。


ミッフィー顔幼虫!?ヒトツメカギバ

猫顔!? うさぎ顔!? ハクビシン顔!?

以前【ネコのような虫!?】の中で紹介したネコ顔幼虫で、名前が判らないままになっていたものがあったのだが……その正体が判明した。


頭部の突起が猫耳状(三角)というより丸みをおびた棒状なので、ちょっとウサギ顔っぽい感じもする。兎キャラのミッフィー(うさこちゃん)顔!? ミッフィー(うさこちゃん)は白ウサギだから、その友達(文通仲間)・茶色兎のメラニー(にーなちゃん)顔幼虫だろうか!?
あるいは鼻筋が白いからハクビシン顔幼虫──にも見えなくはない。


顔はクロコノマチョウの幼虫にちょっと似ているが、ボディが違う(クロコノマチョウ幼虫は腹端が二股に分かれている)。


どうやらこの虫の正体は【ヒトツメカギバ】のようだ。幼虫食餌植物はミズキ、クマノミズキ。幼虫は糸を使ってとじた葉の中に隠れ、夜、葉を食いに出てくるらしい。成虫の出現時期は6月~10月。5月に手すりを這っているのをよく見かけていたのだが……蛹になる前で、蛹化する場所を探して移動中だったのかもしれない。あるいは隠れ家から出て葉を食べているときに強風で振り落とされ「手すり遭難」していたのだろうか……。
いずれにしても正体がわかって、ちょっとスッキリした。




追記:成虫はこんな蛾↓


ネコ顔幼虫といえば…トビモン

ところで、猫顔幼虫といえば……(僕が)真っ先に思い浮かぶのはトビモン(←勝手につけた愛称)──トビモンオオエダシャク。最近見かける個体は5月にネタにしたときよりも大きく丸みをおびていて、顔のイメージも変わってきた。


実写画像は↓。キアイを入れれば見えるハズ……!?




猫バスの幼生

こびとリス!?一寸ねこ!? ネコバスの幼生





































【ネコバスの幼生】は「トビモンオオエダシャクの幼虫」

猫バスの幼生は虫のように小さいことから「トビモンオオエダシャク(標準和名)の幼虫」と呼ばれることが多い。
もともとの名称は【トクビモンオオオエンデシャク(特尾物大尾遠出車駆)】だったが、これがつまって【トビモンオオエダシャク】となった(※民明書房刊『妖虫語源異聞』より)。
【特尾物(とくびモン)】は、猫又・九尾の狐など、尾が特殊化した物の怪・モンスター属の総称。【大尾(おおお)】は大きな尾をさす。【遠出車駆(えんでしゃく)】は遠方に出かけて迷った人を乗せて車のように駆けたという意味。
『となりのトトロ』で描かれたネコバスのエピソードは、名前の由来【遠出車駆】に基づいており、作中で迷子になった子の名前──「メイ」は「迷子」の「迷(めい)」からきている。
ネコバスになれなかった蛾は普通に「トビモンオオエダシャク」と呼ばれる。3月頃に現れ産卵。5月頃には大小の幼生たちが雑木林のそこかしこで見られるようになる。『となりのトトロ』の「メイ」の命名についてはネコバス幼生がもっともよく見られる5月(May)にちなんでいるという説もある。
幼生たちの餌となる植物(葉)は、コナラ、クヌギ、クリ、サクラ、リンゴ、ナシ、ミズキ、カエデ、アケビなど様々。葉を食べ始めてしばらくすると、幼生たちはとりついた植物のニオイを身にまとって化学擬態(嗅覚的隠蔽擬態)するとされる。

【冗区】書庫について:トビモンオオエダシャクについては以前もネタにしている(ネコのような虫!?)し、他の書庫(カテゴリー)でも空目ネタなど冗談めいた記事をあげているが、特に《なんちゃって性(虚構性)》の高い記事はジョーク・カテゴリー【冗区】にアップしてみることにした。
※この書庫の記事は眉に唾して読んで下さい。

ネコ頭の虫!?

空目シリーズ:猫頭の蛾!?





猫顔もようの蛾



キアイを入れて眺めれば翅のもようがネコ顔っぽく見える蛾もいる。
画像のイボタガもウスベニスジナミシャクも頭を上にしてとまっていたが、天地逆さにしてみるとネコ目(もく)動物の顔っぽく見えなくもない!?
そういえば2010年元旦に、干支のトラにかけてホワイトタイガー顔に見える蛾をアップしたこともあった。ということで再掲載↓。


猫顔の虫といえば



こんなの↑も以前紹介していた。デフォルメしているが実在する昆虫。これも蛾なのだが、こちらは幼虫(トビモンオオエダシャク)。
ネコのような虫!? ※実写幼虫画像あり