FC2ブログ

ユーザータグ : 枯葉の記事 (1/1)

アカエグリバ&ヒメエグリバの枯葉擬態

究極の枯葉擬態!?アカエグリバ

前記事でも紹介したが、このところ何度か目にしているヒメエグリバ──これによく似たやはり枯葉擬態の蛾にアカエグリバというのがいる。幼虫時代のエサは両種ともアオツヅラフジなので、ヒメエグリバがいる(アオツヅラフジがある)のだからアカエグリバも見つかっていいはず……と思って探していたところ、ようやく見つけることができた。


ツツジの葉の上に落ちた1枚の枯葉……に見えるアカエグリバ。ヒメエグリバ同様、頭を下にしてとまっていることが多いようだ。この姿勢だと大きな眼(がある頭部)が目立たない(天敵に悟られにくい)という利点があるのかもしれない。


こんな昆虫がいると知らなければ、枯葉にしか見えないだろう。実際の枯葉以上に枯葉チックなデザインはみごととしか言いようが無い。


枯れてよじれ、フチが欠けた葉を思わせるデザイン──しかもダミーの葉柄(ようへい)や葉脈までついている。多様な「枯葉」の特徴を1枚の葉(に似せた体)に集約し、みごとにまとめたデザイン。実際に存在する枯葉の中から1枚だけを選んで比べれば、アカエグリバの方が「枯葉らしさ」は高いだろう。やはり枯葉擬態のヒメエグリバは模様に個体差があるが、アカエグリバは比較的変異が少なく、どの個体も「究極の枯葉」という1つの完成モデルを目指してきた(?)感じがしないでもない。
こんなアカエグリバだが、背面から見ると厚みがあって左右対称なことから昆虫らしいとわかる。


このアカエグリバは撮りにくい位置にとまっていたので、指に乗せて移動を試みた。


飛ばずにうまく指にとまったので、そのまま撮影しやすい葉へと移動。
普通、頭を下にとまっていることが多いが、水平に近い形でとまった。その場合、頭を影側に向ける傾向があるような気もする。




よじれて凸凹の枯葉に見えるヒメエグリバ



アカエグリバの近くで、またまた見つけたヒメエグリバ。背面が大きく凹んでカールした枯葉に見えるが、くぼみは翅の模様による騙し絵。表面のデコボコ感も錯視で、背面から見ると滑らかに膨らんだ翅であることがわかる。


アカエグリバが「1枚の枯葉」に見えるのに対して、ヒメエグリバは周囲の枯れにまぎれて見える。前記事で投稿した画像を再掲載↓。


ヒメエグリバの騙し絵模様には変異があって、別の立体構造に見えたりする。


アカエグリバとヒメエグリバの比較





両種はフォルムや模様の入り方など、よく似ている。初めてこの蛾を知ったときは、アカエグリバとヒメエグリバの区別が難しかった。しかし実際に見比べてみるとアカエグリバの方が大きめで、背中(翅の会合部)の抉られ方もアカエグリバの方が顕著。頭部先端(下唇鬚)はアカエグリバの方が長く尖っていて、ヒメエグリバは短い──そのためヒメエグリバの方が(頭に対して)眼が大きく感じる。全体の印象でいえば、アカエグリバは「1枚の完成した枯葉」に見えるが、ヒメエグリバは「(周囲の)枯れの一部」に溶け込んで見える。
当初はそれぞれの姿だけを見比べて「枯葉への擬態」についてはアカエグリバの方が完成度高いと感じていたが、実際に野外で見ていると周囲への溶け込み方(隠蔽効果)はヒメエグリバの方が上ではないかと感じるようになった。
アカエグリバは知らなければ枯葉に見えるに違いないが、1度このアッパレな姿に感銘を受けた後は、枯葉の中から「最も美しい完璧な枯葉」のフォルムとして目にとまったりすることもあったりした。
一方、実際の枯葉が多様なように、見え方にも個体差があるヒメエグリバの方が隠蔽擬態としては高いという見方もできるかもしれない。デコボコに見える騙し絵模様の演出もなかなか凝っている。「枯葉への擬態」ではアカエグリバが、「隠蔽擬態(カムフラージュ)」としてはヒメエグリバが勝っている感じがしないでもない。
枯葉擬態を極めた達人(達蛾?)であることは間違いないアカエグリバとヒメエグリバだが、両種の擬態スタイルには理念(?)の違いみたいなものがあるようにも感じる。武道に例えるなら、アカエグリバは演武(型)──技の美しさ(完成度)を追究したスタイルであり、ヒメエグリバは実践(組み手)──多様な闘いの中で強さを極めたスタイル──そんな気がする。


スポンサーサイト



多様な枯葉に化けるヒメエグリバ

枯葉擬態も個性的!?ヒメエグリバ



雑木林のふちで枯れ始めた葉にとまって枯葉と化したヒメエグリバをみつけた。同じ個体を別角度から──↓。


こんな蛾がいることを知らなければ、まず気づくことはないだろう。一見、枯葉にしか見えない。周囲の葉は枯れ始めて茶色く変色しかけているが、そんな景色の中にみごとに溶け込んでいる。


ヒメエグリバの左側面↑と右側面↓(実際は頭を下にとまっている)。


枯れてよじれた枯葉に見えるが、凹凸は翅の模様による錯視。背面から見ると左右対称にふくらんでいるのがわかる。


翅の模様が横から見るとニセの凹凸を生みだす。この模様は個体によって変異があって、違った形(の枯葉)に見える。昨年夏に撮った個体と今回のものを並べてみると──↓。


アウトラインの形は同じだが、凹凸の具合が違って見える。枯葉の形がさまざまなように、個体によってそれぞれ違う枯葉に見えるところにも感心する。
ヒメエグリバの周辺でみられる、よく似た感じの枯葉──↓。


葉上のホシホウジャク



ヒメエグリバを探していて見つけたホシホウジャク。ホバリングしながら吸蜜する姿はハチドリのようだが……こうして見ると、頭から背中にかけての縦筋模様がヤマネかジャンガリアンハムスター、もしくはフクロモモンガっぽい!?──と感じてしまうのは僕だけであろうか?




枯葉擬態ヒメエグリバ~昆虫空目

飛ぶ枯葉!?ヒメエグリバ



ツツジの植込みで枯葉っぷりを発揮していたヒメエグリバ(蛾)を見つけた。カメラを向けると飛び立って近くの葉の上に降りた。


近づくとまた飛び立って別の葉にとまる。


知らなければ、どう見ても枯葉。水分を失った葉がしおれて変色した「ひからび感」がよくでている。枯葉に擬態することで鳥などの捕食者の眼をあざむき生存競争を生き抜いて来たのだろう。頭を下にしてとまる傾向があるようだが、これも大きな眼が目立たない姿勢なのだろう。頭を下にとまっているヒメエグリバを眼の見える角度から撮影↓(画面左が頭部で実際は下側)。


緑の葉の上にとまっていたから見つけられたものの、背景に枯葉が多ければ気づけなかったろう。緑の葉の上にいても枯葉に見えることで普通はスルーされがちなはず(9月に近くで幼虫を見ていたのでヒメエグリバやアカエグリバを念頭に探していた)。
背中の真上から見ると厚みがあって左右対称なことから昆虫だとわかる↓。


背面ショット↑は画面右側が頭。けっこう眼がでかい。


模様には個体差があって、昨年見たヒメエグリバは立体構造に見える騙し絵仕様だった↓。


※【ヒメエグリバのトリックアート】より再掲載↑。この成虫は翅の一部が凹んで影を作っているように見える。
ヒメエグリバの幼虫は、こんな姿↓。食草のアオツヅラフジについていた。


ヒメエグリバ成虫がいたツツジの植込みに戻って──、


これは植込みで普通に見られる枯葉↑。ヒメエグリバもこんな風に見えて、天敵の目を逃れているのだろう。
ついでに、この植込みで見られたツツジコブハムシ↓。


葉の上にはよくイモムシの糞が落ちいてるが、これにそっくり。その名もムシクソハムシというよく似たハムシもいる。

いもしない虫が見えてしまう!?昆虫空目

《擬態》はおもしろいので、擬態昆虫を見つけるとテンションが上がる。隠蔽擬態(カムフラージュ)は見つけるのが難しいので、昆虫サーチの感度を上げて虫探しをすることになる。すると、景色の一部が虫に見えてしまうなんてこと(昆虫空目)が起こる……ということで、ヒメエグリバ・アカエグリバを探していたとき反応してしまったのが──↓。


この枯葉↑を目にしたとき、アカエグリバだと思ってしまった……。そのアカエグリバは、こんな蛾↓。




※【擬態と空目・聞き做しと空耳】より再掲載↑。
アカエグリバはヒメエグリバとよく似ている。幼虫時代の食草もアオツヅラフジと同じだが、幼虫の姿はずいぶん違う。ナミアゲハとキアゲハも成虫はよく似ているのに幼虫は一見して違う……見た目が全然違う幼虫が成虫になるとよく似た姿になるというのも不思議な感じがしておもしろい。
続いての空目昆虫は……クモの糸にぶら下がった触角の長いカミキリムシ!?


……に見えてしまった。脳内にヒットしたのは、こんなイメージ↓。


空目カミキリがいれば、空目カマキリも!?↓。




こんなカマキリは日本にはいないとわかっていながら、目に入った瞬間は、それっぽく感じてしまったのであった……。
擬態昆虫を見つけようとして、昆虫空目にはまる……虫見では、ありがちなことではなかろうか?


ヒメエグリバのトリックアート

まるで枯葉!完成度の高い擬態



緑色の葉の中に1枚だけ枯れて縮れた葉がひっかかっているように見える……。


枯れてカールした葉に見えたのは──↓。


ヒメエグリバは枯れた葉に擬態した蛾。周囲の葉が緑だったので目につき、知っていたからヒメエグリバだと判ったが……これが枯葉にまぎれていたら気づかなかったろう。枯葉チックな色や模様には個体差があるが、この個体は単に色合いが枯葉っぽいというだけではなく、こげ茶色の(暗い色の)部分が《枯れてカールした葉のくぼみにできた影》のように見える。これはもはや、平面上に実在しない立体構造を描き出すトリックアート──この個体はヒメエグリバの中でも擬態の完成度が高い部類といえそうだ。


ヒメエグリバを背面から見ると──くぼんで影なったように見えた部分が焦茶色の模様であることが判る。
接写をしているとヒメエグリバが体を起こした。


横から見るとやはり焦茶色の部分がくぼんで影になっているように見える。さすがに立ち上がって脚があらわになると蛾だとわかる──と思ったのが伝わったわけではないだろうが……ヒメエグリバは前脚を隠すポーズに転じた↓。


なるほど、前脚を隠した方が(昆虫であることがバレにくく)枯葉っぽい感じがする。徹底した擬態っぷりに感心するばかり。
ヒメエグリバ成虫はブドウ・モモ・カンキツ・ナシなどの果実を吸汁するらしいが、幼虫時代の食植物はアオツヅラフジ。ちなみに幼虫はこんな姿↓。




枯れ葉そっくりアカエグリバ

枯れ葉そっくり!?!アカエグリバ

この時期、フェンスや手すりなどにはよく落ち葉がひっかかったり貼りついたりしている。そんな中、みつけた擬態の達人(虫?)!






この蛾のことは知っていて、「枯れ葉に擬態した蛾を探していた」ので見つけることができたが……知らなければとても気づくことはできなかっただろう。
先日アップしたノコメエダシャク類(左右非対称な蛾?)もなかなかみごとな化けっぷりだったが、アカエグリバはさらにその上をいっている。
色合いといい、葉脈っぽい模様といい、フチが欠けてよれた感じの枯れ葉そっくり。むしろ、これが蛾だとは思えないほどのつくりである。

翅のフチが虫食い痕のようにえぐれているので「エグリ(抉)バ(翅)」なのだろう。翅に同じような特徴を持つ「エグリバ」類は他にもいくつか存在する。
翅といえば「飛翔するための器官」というイメージがあるが、アカエグリバなどを見ていると「カムフラージュ用に発達した器官」という意味合いも大きいと感じる。
気温が下がってきて外温性(変温動物)の昆虫にとっては動きが鈍くなりがちなこの時期は、枯れ落ちた葉が増える時期でもある。天敵対応策としては、無理して(?)飛んで逃げようとするより、枯れ葉に化けてじっとしていた方が得策なのかもしれない。

アカエグリバを見た日にはニトベエダシャクという晩秋に出現する蛾もみかけた。


ニトベエダシャクの1匹は擬木の手すりの上で翅をふるわせていた。自動車やオートバイの暖機運転のようなものだろうか? 羽ばたき筋肉を動かすことで体を温め、活動(飛翔)に必要な体温を確保しようとしているようにも見える。
カメラを近づけると、これを嫌うように動き(歩き)だしたが、すぐには飛びたてないのかそのままアイドリング状態(?)で羽ばたき続けていた。なんだかプロペラを回しているもののなかなか離陸速度に達せず飛び立てずにいるヘリコプターのようにでもある。
そんな姿をデジカメで十数枚ほど撮ったとき、被写体はようやく飛び立って行った。
蛾の羽ばたきには「飛翔」の他に「体温上昇」のため──という役割りもあるのかもしれない(ミツバチは冬の間、巣の中でかたまり細かい羽ばたきで熱を起こすことで巣内の温度を30℃前後に保っているとか)。

余談だが、他にも「羽ばたき」の役割りはある。カイコガの成虫は飛ぶ事ができないのに♂は♀のニオイを察知すると羽ばたく。羽ばたくことでニオイ物質を含む空気を触覚にたぐり寄せるためである。我々が「ニオイを嗅ぐ」ときに空気を吸い込むのと同じ。カイコガと同じような行動(婚礼ダンス)をクロスジフユエダシャク(*)が行うのを観察したことがあった。

また先日は葉の裏にとまってじっとしているウラギンシジミをみていた。


このチョウは、夏には目が回りやしないかと思うほど激しく飛び回っているが気温が低くなると、こうしてじっとしている姿をみるようになる(成虫で越冬)。

暖機運転(?)するニトベエダシャクやじっと動かないウラギンシジミを見て、やはり寒くなって昆虫が飛翔するのは大変なのだろうと感じた。
このあと、さらに寒くなると出現するフユシャク(*)という蛾の仲間では、♀は飛ぶことをやめ翅が退化していたりする。

さて、アカエグリバにハナシを戻して……、
何枚か撮影しても動く気配がなかったので、指にとまらせて撮ろうとしてみたところ……さすがに飛んで逃げようとした。
しかし、飛翔というより落下に近い感じでらんかんの外側に降りて(落ちて)しまった。


もともと飛ぶのはあまり上手くないのか、それとも気温が低かったためか……?
アカエグリバの成虫出現時期は4月~11月らしいが、成虫は「飛翔」より「擬態」の能力で身を守っているのだろうと実感した。