FC2ブログ

ユーザータグ : 枝痕の記事 (1/1)

キアイを入れれば見える!?空目色々

01空目鼬巻き

空目とは…「聞き做(な)し」ならぬ「見做し」
僕は【空目】を「キアイを入れて見れば、見做(みな)せるもの」という意味で使っている。これはタモリ倶楽部(テレビ朝日の番組)の《空耳アワー》というコーナーで使われる「空耳」に対して──聴覚現象を視覚現象に置き換えて「空目」と呼んだもの。造語のつもりで使っていたが、既存の単語らしい。検索してみると【空目】には「①実際にはないものが見えたような気がすること。②ひとみを上にあげて見ること。うわめ。③見ていながら見ないふりをすること。」という意味があるという。
ちなみに【空耳】の方の本来の意味は「①声や音がしないのに、聞こえたような気がすること。②聞いても聞かなかったふりをすること。」──しかし《空耳アワー》の登場以降、新たな概念が加わった気がする。
《空耳アワー》のキャッチフレーズは「言われてみれば確かに聞こえる」。外国語で歌われている曲の中に「日本語に聞こえる」部分がある──これを番組では「空耳」とよび、視聴者から投稿された空耳歌詞をもとに作った映像を原曲に合わせて放送するというコーナーだった。
第1回空耳アワード(1993年)に選ばれた、ジプシー・キングスの『ベン、ベン、マリア (Bem, Bem, Maria)』などは、曲の歌い出しから「あんたがた ほれ見やぁ 車ないか……こりゃ まずいよ」と聞こえ──1度こう聞こえてしまうと、もう日本語の歌詞にしか聞こえないという名作空耳であった。
このように《空耳アワー》では、「外国語の歌詞(本来の言葉・文章)」が「日本語の歌詞(別の言葉・文章)」に聞こえるという──つまり《本来とは別のものに聞こえる》という現象を【空耳】と呼んできた。
当初は意図せぬ「聞き違い」「聞き間違い」をおもしろがるコーナーだったものが、しだいに「空耳」を積極的に探す──外国語のフレーズを別の意味に「聞き做し(ききなし=動物の鳴き声、主に鳥のさえずりを人間の言葉に、時には意味のある言語の言葉やフレーズに当てはめて憶えやすくしたもの)」するという形に変わっていった気もする。
この「空耳」すなわち《別のものに聞こえる》《別のものに聞き做(な)せる》という聴覚的現象を視覚的現象に置き換え、《別のものに見える》《別のものに見做せる》ことを「空目」と(僕は)呼ぶことにした。そういう意味合いで僕は【空目】という言葉を使っている。

擬態:敵の視覚錯誤をさそって生存率を高める空目
天敵の視覚錯誤をさそって「エサではないもの」に誤認されれば生存率が高まる──そんな生存戦略の中で精度を高めてきたのが「擬態」だろう。身近な昆虫のなかにも、あっぱれな擬態を獲得したものがいる。
02ホソヘリカメムシ幼虫
03アカエグリバ
ホソヘリカメムシの幼虫は形も大きさもアリそっくり。アカエグリバの枯葉っぷりも見事としか言いようがない。擬態する昆虫はけっこういて、これはほんの一例。天敵の「空目」が作った(進化させた)姿ということもできるだろう。

顔に見える空目
一方、「本物ではないことは明白ながら、それ風に見える」という空目がある。模様や形が「顔に見える」という空目現象はありがちだ。昆虫でも、いわゆる人面虫は多い。
04松縁亀虫ラミー天牛
マツヘリカメムシは菱形の白縁メガネをかけた顔に見える。ラミーカミキリは、気合いを入れればタキシード姿のキョンシー風に見えるし、アカシマサシガメは合掌したお地蔵さんに見える。
05赤縞刺亀空目地蔵
他にも人面昆虫は多い。昆虫ではないが、クモにも「顔に見える」ものがいる。
06女郎蜘蛛美女鬼蜘蛛
ジョロウグモは腹の腹面が顔に見える。ビジョオニグモは腹の背面がヒゲをはやしたオッサン顔に見える。

文字に見える空目
「顔に見える」というのはありがちな空目だが、その次に見えやすいのが「文字」ではなかろうか?
07東京虎天牛針刺亀
トウキョウトラカミキリの背中には TokyoTora の頭文字の「T」(イカリ模様)がある。頭を下にとまっているハリサシガメの背中のもようは「ハ」に見える。
文字は記号として認識されていて、書体の違いや手書き文字で多少形が崩れていても読み取れることから、空目としても拾いやすいのだろう。

文字がほかのものに見える空目
空目としても拾いやすい文字だが、その文字自体が別のものに見えてしまう空目もある。
08文字空目ゆをぷ。
文字や記号を組み合わせることで「空目」を作ったものが「顔文字」や「orz」(手と膝をついてガックリ頭を垂れた姿を表す)」などのアスキーアートということになるのだろう。本来の記号や文字の意味とはまったく別の視覚上の意味を空目に持たせたものだ。

ダジャレの視覚版としての空目
「聞き做し」(動物の鳴き声、主に鳥のさえずりを人間の言葉に、時には意味のある言語の言葉やフレーズに当てはめて憶えやすくしたもの)を、人の言葉にもあてはめ、意味をかけたものが「ダジャレ」という気もする。聴覚的には韻を踏んだりイントネーションを重ねて意図的に作る──《作意的な空耳》と言えなくもない。
このダジャレの視覚版──《作意的な空目》として、文字や記号をデフォルメして空目できるようにして意味をかけて作った例が⬇。
09空目年賀
年賀ブログで使った画像から(卯<うさぎ>年申<さる>年酉<とり>年戌<いぬ>年亥<いのしし>年)。賀詞や十二支・年号などの文字や数字を使って動物の姿を空目誘導しようと謀ったもの。かなり強引なデフォルメだが……キアイを入れて見れば、「見える」ハズ!? 文字(賀詞)の中に十二支の動物名(文字)を空目サーチャーして見つけたもの(子<ねずみ>年)もある。
10ネズミ@初春
昆虫を見ながら鍛えた空目力のなせる技であろうか!?



フォト怪奇譚『樹に宿る眼』
蟻えないほど似てる虫!? ※ホソヘリカメムシ
アカエグリバ&ヒメエグリバの枯葉擬態
マツヘリカメムシ:卵・幼虫・成虫
ラミーカミキリ@武蔵野
タキシード天牛・虹色葉虫ほか ※ラミーカミキリ
ぷち地蔵なアカシマサシガメ
ヒゲづらの王様!?人面蜘蛛 ※ビジョオニグモ
TokyoToraカミキリの模様
ハリサシガメぷちまとめ2
空耳ならぬ空目アワー
空目広告と空目昆虫:遠目空目と近目空目
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜
スポンサーサイト



フォト怪奇譚『樹に宿る眼』






恨みを抱えて死んでいった者の魂が樹木に宿り開眼したとされる《しこん》。
その恨みのこもった目で見つめられると死に至る病を発症するとか、あるいは怪しい気配にふり返ったときに視線を合わすとその場で事切れるなどと言われる。
《しこん》の《し》は「視」・「死」、《こん》は「魂」・「恨」からきているのだとか……※

《しこん》の開眼のようすを激写!?!

この《しこん》の開眼のようすを記録することができた。うっすらと開いた眼に恨みの灯がともると、しだいに怒りが充満し見開かれていくようすがわかる。
以下の画像は同じ場所で《しこん》を連写したものである。






















「恨み はらさで おくべきか…」──撮影中には、そんなつぶやきまで聞こえてくる気がした!?
……というのは、もちろんジョーク。最初の怪談風説明(※)も作り話である。
当初はもっと文章での演出(創作ホラー的な)を考えていたのだが、素材自体がおもしろいので、あまりよけいなコトをせずに、そのまま画像を載せることにした。

ほんとうは《しこん》は《枝痕》

木の幹でしばしば見られる、このような眼状模様のことを《しこん》と呼ぶというのは本当だが、これは漢字で記すと《枝痕》──枝の痕跡のことだ。
枝が落ちたあとの幹にできる《枝痕》が人の眼に見えることから、以前にも空目ネタ関連でとりあげたことがあったのだが(空目 木の眼!?)、表情の豊かな枝痕をとりそろえた木をみつけたので、あらためてまとめてみたしだい。「目は口ほどに物を言う」というが……木の幹に出現した眼《しこん》も何かを物語っているように見えなくもない。
今回モデルとなったのは、こんな木↓。


まるで「目のトーテムポール」。なんともフシギな味わいがあるので、ネタにしてみたしだい。

空目 木の眼!?

誰かに見られている!?

人気(ひとけ)の無い場所で、ふと感じる視線!?
振り返るが誰もいない。
気のせいかと思い、歩き出すと、やはり誰かに見られている気配を感じる。

ふたたびふり返るが、やはり人の姿は無い。
ふり返った瞬間、視線をそらされたように「気配」も薄れる……。

「見つめる眼」の気配は消えたが……それならと「視線をそらした眼」をさがすと……。




実はこんな眼をもつ木はあちこちにある。
こっちが見上げている間は、上を向いてとぼけているが……背を向けて歩き出すと──、





……というのはジョークだが、こんな眼状模様のある木は多い。
木の枝が落ちた痕らしい。落ちた枝の根元周辺の樹皮組織の成長具合の関係でこのような形になるのだろう。こうしてできた「眼(模様)」は上を向いている。

僕はこの「眼」に気がつかずにいたが、某所でちょっと話題になっていたので初めて意識して木を見るようになった。
ふだん歩いている場所にもこんな「眼」をもつ木があって、意外に多いのだなぁと改めて認識し直した。

「惜しいなぁ……」と思ったのは、「眼」がみな上(そっぽ)をむいていること。
この「眼」が下向きで、見上げる人と目線が合うような形だったら、きっといろいろな伝説ができていたのではないか……。

「眼」の部分を型取りして、まばたきをしたり下を向くようなギミックを作って木に装着し、通りかかった人を驚かしたら面白いのではないか……などと悪の心がささやくのであった。