FC2ブログ

ユーザータグ : 枝痕の記事 (1/1)

フォト怪奇譚『樹に宿る眼』






恨みを抱えて死んでいった者の魂が樹木に宿り開眼したとされる《しこん》。
その恨みのこもった目で見つめられると死に至る病を発症するとか、あるいは怪しい気配にふり返ったときに視線を合わすとその場で事切れるなどと言われる。
《しこん》の《し》は「視」・「死」、《こん》は「魂」・「恨」からきているのだとか……※

《しこん》の開眼のようすを激写!?!

この《しこん》の開眼のようすを記録することができた。うっすらと開いた眼に恨みの灯がともると、しだいに怒りが充満し見開かれていくようすがわかる。
以下の画像は同じ場所で《しこん》を連写したものである。






















「恨み はらさで おくべきか…」──撮影中には、そんなつぶやきまで聞こえてくる気がした!?
……というのは、もちろんジョーク。最初の怪談風説明(※)も作り話である。
当初はもっと文章での演出(創作ホラー的な)を考えていたのだが、素材自体がおもしろいので、あまりよけいなコトをせずに、そのまま画像を載せることにした。

ほんとうは《しこん》は《枝痕》

木の幹でしばしば見られる、このような眼状模様のことを《しこん》と呼ぶというのは本当だが、これは漢字で記すと《枝痕》──枝の痕跡のことだ。
枝が落ちたあとの幹にできる《枝痕》が人の眼に見えることから、以前にも空目ネタ関連でとりあげたことがあったのだが(空目 木の眼!?)、表情の豊かな枝痕をとりそろえた木をみつけたので、あらためてまとめてみたしだい。「目は口ほどに物を言う」というが……木の幹に出現した眼《しこん》も何かを物語っているように見えなくもない。
今回モデルとなったのは、こんな木↓。


まるで「目のトーテムポール」。なんともフシギな味わいがあるので、ネタにしてみたしだい。
スポンサーサイト



空目 木の眼!?

誰かに見られている!?

人気(ひとけ)の無い場所で、ふと感じる視線!?
振り返るが誰もいない。
気のせいかと思い、歩き出すと、やはり誰かに見られている気配を感じる。

ふたたびふり返るが、やはり人の姿は無い。
ふり返った瞬間、視線をそらされたように「気配」も薄れる……。

「見つめる眼」の気配は消えたが……それならと「視線をそらした眼」をさがすと……。




実はこんな眼をもつ木はあちこちにある。
こっちが見上げている間は、上を向いてとぼけているが……背を向けて歩き出すと──、





……というのはジョークだが、こんな眼状模様のある木は多い。
木の枝が落ちた痕らしい。落ちた枝の根元周辺の樹皮組織の成長具合の関係でこのような形になるのだろう。こうしてできた「眼(模様)」は上を向いている。

僕はこの「眼」に気がつかずにいたが、某所でちょっと話題になっていたので初めて意識して木を見るようになった。
ふだん歩いている場所にもこんな「眼」をもつ木があって、意外に多いのだなぁと改めて認識し直した。

「惜しいなぁ……」と思ったのは、「眼」がみな上(そっぽ)をむいていること。
この「眼」が下向きで、見上げる人と目線が合うような形だったら、きっといろいろな伝説ができていたのではないか……。

「眼」の部分を型取りして、まばたきをしたり下を向くようなギミックを作って木に装着し、通りかかった人を驚かしたら面白いのではないか……などと悪の心がささやくのであった。