FC2ブログ

ユーザータグ : 最後っ屁の記事 (1/1)

ピッカピカのアオオサムシ

メタルグリーンに輝くアオオサムシ



雑木林のふちでみつけたアオオサムシ。ミミズや昆虫などを捕食する地表徘徊性甲虫。よく見かける美しい昆虫なのだが、接写しようと近づくと草陰や落葉の下に隠れてしまうので、たいていうまく撮れない……。これが出会う機会の少ない昆虫なら、粘ってでも撮ろうと頑張るのだろうが……ちょくちょく目にするので「もっと撮りやすい条件のときに撮ればいいか……」と簡単に撮影をあきらめてしまうため……OK画像が少ない虫だったりする。それが今回はほぼ全身見えるところでじっとしていたので撮ることができた。




画像ではきらめき感がだいぶ目減りしているのだが(光沢昆虫の撮影はいつもそう…)、緑色に輝くボディーが美しい。しかし、よく見ると、この個体は上翅に外傷がある。


さらによく見ると、ピッカピカの前胸背板も、わずかに陥没しているように見えなくもない? 鳥にでも襲われた痕だろうか? 周辺ではカラスに腹を食われたカブトムシの残骸がよくみつかるが……あるいはカラスにつかまりかけながら逃げることに成功した強者なのかもしれない?
オサムシ類は「イタチの最後っ屁」のようにピンチの時に尻から刺激臭のする酸液を放つ。これが皮膚に付くとヒリヒリ痛み、目に入れば激痛となるらしい。カラスにくわえられ絶体絶命のピンチを迎えて、この秘密兵器(秘密屁器?)を駆使して脱出したのではあるまいか? 酸液が口内の粘膜を直撃すればカラスといえどもひるむだろう──そんなアッパレな想像が展開した。


「イタチの最後っ屁」ならぬ「オサムシの最後っ屁」(いずれも正確には屁ではない)──オサムシを捕まえると放つ酸臭液は、防衛用の武器なのだろうということは誰でも想像がつく。しかし、実際にこの秘密屁器が役に立っているシーンを確認した人は、そう多くないのではなかろうか? 動物の糞の中にオサムシの残骸が混じっているのを見て、「結局、食われちゃってるんだから、秘密屁器は役に立っていないんじゃないの?」とその効力に疑問を持っている人もいるかもしれない。
僕は虫見を始める前に、アオオサムシの秘密屁器が効果を発揮するシーンを目の当たりにしたことがある。それは元祖・イタチの最後っ屁を装備したフェレット(家畜化されたケナガイタチ)↓を散歩させていた時のことだ。


アオオサムシと、かつて飼っていたフェレット・グランジのエピソードは【フェレット漫画:最後っ屁対決!?】に記してあるが、その場面(22コマ目~29コマ目)を再掲載↓。





元祖・イタチの最後っ屁を装備したグランジを撃退するとは、アオオサムシの最後っ屁、おそるべしっ!──その効果に感心したものだ。
タヌキやアナグマ、イタチ・テンなどは、おそらく同じように嗅覚を駆使して葉陰に隠れた獲物をみつけだすのだろう。その鼻先に酸臭液をかませば、レーダーとしての鼻は嗅覚的眩惑状態となり、追跡不能に陥るだろう。直撃をくらえば痛みもあるだろうし、眼に入れば視覚もシャットダウンしてしまうだろう。経験豊富な捕食者は、これをかわす術を持ちうるのかもしれないが……少なくとも捕食者に対してかなり有効な防衛屁器であることは実感できた。

余談だが……フェレットの散歩中に遭遇したオサムシやケバエ幼虫(【フェレット漫画:超魔術イタチ!?】に掲載)などがきっかけとなって、僕は虫見を始めるようになった。

スポンサーサイト



眼でかっ!?チビで可愛いメダカチビカワゴミムシ

眼でかっ!?チビで可愛いメダカチビカワゴミムシ





擬木上を歩きまわる小さな甲虫──メダカチビカワゴミムシ。体長4mmほどの小さな昆虫だが、僕は冬に擬木でしか見たことがない。


小さいながら、よく見るとなかなかカッコ良い風貌をしている。初めて見た時はそのルックスからハンミョウを連想した。オサムシ科ミズギワゴミムシ亜科の昆虫らしい。
冬に擬木上で動き回りよく飛んだりする姿も目にしているが、本来は樹皮の下で暮らしているらしい。僕はこの昆虫の生態についてはほとんど知らないのだが……このカッコ良い容姿も、きっと生活環境や生活スタイルにかなったスタイルなのだろう。


一見して感じる特徴としては──ゴミムシにしては(?)やけに眼がでかい。これは獲物を見つけ的確に捕捉する攻撃目的で発達したものだろうか?(それにしては大顎がハンミョウに比べて貧弱な気もする?) あるいは天敵の接近をいち早く察知する防衛目的のアイテムか……はたまた配偶相手を見つける繁殖目的の特注仕様(?)なのだろうか……?
プロポーションのメリハリ──接続部の「くびれ」を演出する前胸の形はオサムシを思わせる。くびれは前胸の可動範囲を広げるためのものだろう。狩りや狭い所にもぐり込むさいに都合が良いのかもしれない。


そして意外にキレイだと感じたのが背中──翅鞘(上翅)の模様。ハンミョウのように派手な色合いではないが、あわい模様がある。撮影した画像を見ると細かい点刻がほどこされた凹凸構造、あるいは微毛が模様を作っているようにも見えるが……翅鞘(上翅)には光沢があって滑らかでスベスベな表面のように見えたりもする。撮った画像を見ても、ぼかし模様に見えたりドット模様に見えたりして、ちょっと不思議な感じがする。






ちなみにここまでの画像は全て同一個体。
ついでに1月に撮って投稿しそびれていたメダカチビカワゴミムシの画像もこの機会にアップ↓。








こんなに小さいのにオサムシさながらの防衛用武器──最後っ屁(臭い分泌物)をちゃんと装備していることを知ったときも、大いに感心した(*)。


メダカチビカワゴミムシの最後っ屁ほか

屁~と思ったメダカチビカワゴミムシの最後っ屁



暖かめだった先日、擬木の上にメダカチビカワゴミムシが出ていた。少し前にもネタにしているけれど、もう少しキレイに撮れないものか……と思いカメラを向けてみるが……例によって小さいうえによく動くので、なかなかうまくいかない……。
前回、ダメ元で指に乗せたら意外にじっとしていたということがあったので、今回も試してみることにした(前回の画像↓)。


しかし、なかなか指に乗ってこない。そこで、指先で軽くつまんでみたところ──。
突然ただようほのかな異臭!?
オサムシが腹端から放つ酸が思い浮かんだ。
「もしや、メダカチビカワゴミムシが放った最後っ屁(さいごっぺ)!?」──そう思って虫をつまんだ指先を嗅いでみると確かにクサイ!
オサムシやゴミムシの仲間が敵に襲われたときに、酸を噴射し身を守るものがいることは知っていたが、こんなに小さなメダカチビカワゴミムシにも、ちゃんと装備されていたとは! ゴミムシをやっている虫屋さんにはあたりまえのことなのだろうけれど、僕にはなんだか意外だった。

僕はこれまで、オサムシの仲間の最終兵器ならぬ「最臭屁器(最後っ屁)」の想定相手はタヌキやアナグマのような、嗅覚を頼りに昆虫を捕食するほ乳類だというイメージを持っていた。
というのも、以前飼っていたフェレット(イタチの最後っ屁を有する元祖イタチ科)がアオオサムシを追い回し「最後っ屁」に敗退するのを何度か見ていたからだ。








◎↑フェレット漫画:最後っ屁対決!?より ※「グランジ」はフェレットの名前

こんなシーンを目の当たりにして、オサムシ類の放つ最後っ屁(実際は屁ではなく有機酸)は、獲物を探し追尾するレーダーともいえる捕食獣の嗅覚に打撃を与える有効な攻撃だと感じて納得していた。鼻を直撃しなくても強いニオイ物質を放てば、天敵の嗅覚(注意)はその分泌物に向けられるだろう。そのスキに昆虫本体は逃げおおせるという陽動作戦としての効果もある。イタチ科の最後っ屁にもそんな意味があるのだろうと考えていた。

だから、最後っ屁のターゲットである(と僕が想像していた)タヌキやアナグマがエサとして狙うには小さすぎる(と思われる)メダカチビカワゴミムシが「最後っ屁」を装備しているとは思わなかったのだ。
それでは、メダカチビカゴミムシの最後っ屁は誰に向けてのものなのか?……思い浮かぶ天敵はトカゲやヤモリ、カエル、小鳥などだろうか? 考えてみたら刺激性のある分泌物は鼻のみならず、目や口などの粘膜に対して効力を発揮するににちがいない。メダカチビカワゴミムシを狙うサイズの天敵──爬虫類や両生類、鳥類に対しても有効なのだろう。
調べてみたら、ミズギワゴミムシ(メダカチビカワゴミムシはオサムシ科ミズギワゴミムシ亜科)が噴射する分泌物も、オサムシ同様メタアクリル酸というのを主成分としたものらしい。
いずれにしても、こんな小さな体に、最後っ屁の元祖・イタチ科のフェレットを撃退したアオオサムシと同じギミックが、ちゃんと装備されていたことに感心した。

そのアッパレなメダカチビカワゴミムシは、僕の指に悪臭を残し、早々に姿を消したため、その後の画像は撮れなかったのであった……。

《フユシャクもどき》と言われた蛾

フユシャクはずいぶん紹介してきたので、フユシャクとともに今よく見られるフユシャクではない蛾──ハイイロフユハマキを紹介↓。


ハイイロフユハマキはフユシャクと同じ時期に見られるということで間違えられがちなためか、【フユシャクモドキ】の名で呼ばれていたこともあったらしい。
フユシャクではないので僕はふだんスルーしがちなのだが、ペアがいたので撮ってみた。この画像だとよくわからないが、フユシャクと違って、ハイイロフユハマキはオスにもメスにも両方にちゃんとした(?)翅がある。
成虫で越冬する蛾は少なからずいそうだが、フユシャク同様、冬にちゃんと繁殖活動をしているというのが興味深い。
フユシャクを初めて知った時、「寒い冬に適応して♀は飛ぶための翅を捨てた」──みたいなイメージで理解していたのだが、同じ時期に♀も翅を退化させずにちゃんと活動できている蛾もいるわけで、ハイイロフユハマキのペアをみると昆虫の世界も単純ではないな……とあらためて感じる。

ちなみに、このハイイロフユハマキ・ペアと同じ日、目にした翅を退化させたフユシャク♀↓。


左がシロフフユエダシャク(エダシャク亜科のフユシャク)♀、右がフユシャク亜科のフユシャク♀。フユシャクは全てシャクガ科だが、ハイイロフユハマキはシャクガ科ではくハマキガ科。

冬に似つかわしくない鮮やかな若葉色の繭



旬なのか時期外れなのかビミョ~なところだが……この時期、裸の枝先にめだつのがウスタビガ(蛾)の繭。


枝が葉でおおわれた時期には緑色の繭は目立たないのだろうが、冬になると逆に目立つ。しかし、順調に育っていればウスタビガは秋に羽化していて冬にはすでに繭は空き家。上部の直線的な部分がガマグチのように開閉する構造になっているので成虫が羽化したあとも繭は無傷のまま残る。アップの画像(鈴なりとは別の場所のもの)ではこの繭から羽化した♀が産みつけたと思わせる卵が繭の外側についている。ちなみに、下に開いている穴は雨水等の(?)排水孔なのだとか。

順調に育っていれば、この時期の繭は空き家のはずなのだが……寄生蜂が入っていることも少なくないらしい。キレイな繭を空だと思って部屋に飾っておいたところ、暖かくなってハチが出てきててんやわんや──というエピソードも何度か聞いたことがある。

ついでに幼虫時代の、やはりキレイな緑色の姿もこの機会に↓。




昨年5月に撮ったこの画像↑はおそらく4齢。終齢(5齢)幼虫は触れるとチーチーとネズミの鳴き声のような音をだす。繭の形もユニークだが、幼虫もちょっと面白い蛾だ。


フェレット漫画:最後っ屁対決!?

【ハムスター倶楽部スペシャル】2003年4月号掲載分『ふぇレッツ・ゴー』に彩色加筆したもの。漫画の後に【イタチのさいごっぺ】についての考察をまとめてみました。
※漫画のコマには番号がふってあります。その順に読み進んで下さい。

ふぇレッツ・ゴー/ニオイでほんろう:編



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


今回登場した昆虫



【イタチのさいごっぺ】について

イタチのことをよく知らない人でも【イタチの最後っ屁(ぺ)】という言葉は聞いた事があるだろう。広辞苑によると──、
「イタチが追いつめられたとき、悪臭を放つこと。
 転じて、せっぱつまって最後に非常手段に訴えること。」
 (※漢字をカナに開いた箇所あり)」
以前は同じイタチ科に分類されていたスカンク(現在はスカンク科として独立)が強烈な最終兵器(屁器?)を装備している事はよく知られている。イメージとしてはこれに近いのかもしれない。
イタチもスカンクも肛門の脇に臭腺(肛門腺)を持っており、ここから分秘される液が異様に臭い。天敵等に襲われたりするなど窮地の際にこれを放って敵をひるませたり撃退するといわれている。よく「屁」と表現されるが正確には屁(腸内のガス)ではなく、臭腺で作られる分泌液である。

スカンクほど強烈ではないにしろ、イタチ科のフェレットもこの臭腺(肛門腺)をもっている。それでペット用のフェレットの多くが臭腺除去手術を受けているわけだ。

ところが、【イタチの最後っ屁(ぺ)】を迷信だと言う向きもある。
ノーマルフェレットを飼っている人や扱っている獣医さんはフェレットの臭腺分泌物がとてもクサイことは知っている。しかしそれでも【イタチの最後っ屁(ぺ)】は実際にはないと思っている人がいたりする。
先日亡くなられた動物行動学者として有名な日高敏隆氏も著書『ネコはどうしてわがままか』(新潮文庫)の中で【イタチも謎の多い動物】という項目にこう書いている。

イタチというとすぐ思い出すのは、【最後っ屁】だが、これも少々誇張ではないかという人が多い。たしかにイタチは肛門腺という臭腺をもっているが、それはイタチ同士の匂いによるコミュニケーションのためであって、敵を気絶させるためのものではない。

肛門腺はイヌやネコなどにもあるし、コミュニケーションに使われる事は理解できる。しかしイタチ科の動物が窮地の策として使うことだってある──と僕は思っている。
フェレットに限って言えば、ノーマル(生殖腺&臭腺除去手術を受けていない)タイプのグランジが【最後っ屁】を放つのを僕は複数回確認しているのだ。

あるとき散歩中のグランジに背後から追ってきた犬が飛びついたことがあった。このとき、グランジは【最後っ屁】を放った。漫画に描いた通り事実である。実際は相手の犬はグランジとも顔なじみの柴犬で何度も遊んだ事のある散歩仲間だった。犬の方はグランジの姿を見つけ、じゃれかかったつもりだったのだろうが、グランジは背後からいきなりとびつかれて相手が判らなかったらしい。飛びつかれて激しく慌てふためいた。直後、あたりに臭腺の臭いが立ちこめ、「これが【イタチの最後っ屁(ぺ)】か」と納得したわけである。
他にも何かに驚いたグランジが【最後っ屁】を放って、ふところに駆け込んできたことがあった。そのさい、上着に分泌液が付着したこともある──これも漫画に描いた通りである。

人間は主に視覚でとらえた世界で生きているが、犬やフェレットなどの動物は視覚よりも嗅覚でとらえた世界に生きている──といえるのではないかと思う。その嗅覚の世界を想像してみたとき、【最後っ屁】は防衛用の武器として充分に効果があると推察できる。

犬が鼻先で【最後っ屁】を放たれるというのは──視覚の世界に置き換えるなら、我々が目の前で強力なフラッシュをたかれるようなものかもしれない。強い光に目がくらみ視界が一時的にきかなくなる──その嗅覚バージョン──嗅覚的眩惑をひきおこすのが【最後っ屁】なのではないか。これで相手をひるませて逃げのびる(生存率が高まる)ということはありそうな気がする。

また【最後っ屁】を放ったさいにそれが相手の鼻先に直撃しなかったとしても、分泌液が周囲に付着すれば相手の嗅覚レーダーは当然そちらに反応するだろう。
トカゲが敵に襲われた時、尾を自切して逃げる事は有名だ。切り離された尾はピチピチはじけるように激しく動いて相手の注意を引きつける。その間に本体は逃げおおせる陽動作戦である。また、イカは敵におそわれたとき、粘度の高いスミを吐いて水中にダミー影をつくり、いわば「変わり身の術」を使って逃げるという。
嗅覚においても、より強いニオイを放つことによって、相手の注意を引きつけ、混乱させてそのスキに本体は逃げる──ということはあってもおかしくはないだろう。分泌液にはいわば「ダミー(おとり)臭」的な意味もあるのかもしれない。【最後っ屁】は「臭い変わり身の術」として使われるのではないか……と僕は考えるようになった。

【最後っ屁】を放ったあと、肛門には分泌液がにじんでいるが、それをグランジに嗅がせると直ちになめとってきれいにする。しかし服についた分泌液は臭いをかがせても決してなめとろうとはしなかった。これも漫画に描いたとおりだが、この行動も、本体(自分)のニオイは消しておく必要があるが(敵や獲物の注意をひいてしまうため)、ダミー(おとり)臭は消す必要が無い──そう考えると、説明がつく。

この【最後っ屁】──イタチやスカンクの専売特許ではなく、昆虫でも使い手がいる。「屁放り虫(へひりむし)」の異名を持つミイデラゴミムシが有名だが、よく見かけるオサムシも尻から酸を放つ。
グランジが葉の陰にかくれたオサムシを追いかけ、鼻先に【最後っ屁】(正確には屁ではなく酸)を食らったのも、これまた漫画に描いた通りである。このときのうろたえぶりは尋常ではなかった。嗅覚レーダーであるところの鼻先へのニオイの一撃が嗅覚の世界に生きるハンターにとって、どれだけ威力があるものなのか──をあらためて知る事となったエピソードだった。

このように【最後っ屁】は効果的な奥義(?)だし、フェレットが使うのだから追いつめられたイタチが使っていたって全然おかしくない──そう考えるのが自然な気がする。
【イタチの最後っ屁】に懐疑的な人がいるというのは知っていたが、あの日高敏隆氏までがそうした認識でいたのがちょっと残念だ。
余談だが、氏の著書『ネコはどうしてわがままか』では【イタチも謎の多い動物】の次に【カマキリの予知能力】という項目がある。カマキリはその冬の積雪量を予想して雪に埋まらない高さに卵のうを産みつける──という話題を紹介したものだ。日高氏はこれを肯定的に取り上げているのだが……しかしカマキリの雪予想がガセネタであることは別の昆虫学者によって明らかにされているのだ。
(※カマキリの卵のうと積雪の関係参照)
著名な専門家が書いた本にも間違いはある。権威者の言う事だからと鵜呑みにせず、疑問を持ったり、自分なりの観察や考察をしてみることも大事だと思うしだい。

※フェレット漫画『ふぇレッツ・ゴー』 ※カラー加筆復刻版
しっぽの役割:編【フェレット:尾の役割&しっぽ振りの意味(漫画版)】
超魔術イタチ:編【フェレット漫画:超魔術イタチ!?】
グランジ目線で散歩:編【フェレット漫画:いたち目線で散歩】
イタチと迷信!?:編【フェレット漫画:イタチは不吉!?】
すっげ~:編【フェレット漫画:最大のハプニング!?】
忍者イタチ:編【フェレット漫画:忍者イタチ!?】
『フェレットinジャケット』(フェレット漫画第1作)
ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編
『フェレットのいる風景』