FC2ブログ

ユーザータグ : 抜け殻落としの記事 (2/5)

アカスジキンカメムシの羽化他

アカスジキンカメムシの羽化(完全版)

羽化後の新成虫による《羽化殻落とし》(後述)を観察すべくアカスジキンカメムシを探していると、ツツジの葉の裏に、うってつけ(理由は後述)のターゲットを発見。遠目には2匹並んだアカスジキンカメムシ終齢(5齢)幼虫に見えるが、1つは羽化後の抜け殻(羽化殻)で、もう1つはミの入った終齢幼虫だった。

アカスジキンカメムシはふだんは頭を上にしてとまっていることが多い。しかし、脱皮や羽化のときは頭を下にする。この終齢幼虫は頭を下向きにとまっていたので羽化が近いと判断。羽化の流れで《羽化殻落とし》までを記録できれば申し分ない──ということで注目していると、腹を上下に動かしたり、ピクリと震えるような動きが見られはじめたので、いよいよ羽化が迫ってきていると感じた。
ちなみに幼虫の黒っぽい部分(鈍い金属光沢がある)は硬い組織で、白い部分は軟らかい組織。成長にともなって広がるのは白い部分で、そのため脱皮後は黒い模様が詰まって見え、羽化(次の脱皮)前は広がって(白い部分の面積が多く)見える。この白い部分は抜け殻では半透明になる。この時点で見えている「白」は半透明の組織越しの新成虫の体だということが、羽化が始まるとわかる。

終齢幼虫の背中が割れて羽化が始まった。古い殻の腹端の中で新成虫の腹が移動して行くのが半透明の組織越しに確認できる。画面隅の数字は撮影時刻(時:分:秒)。

触角や脚がゆっくりと引き出されていく。白い糸のようなものはセミの抜け殻でもみられる気管だろう。

触角、前脚と引き抜かれ……、

中脚・後脚も引き抜かれていく。

腹端で体をささえ、逆さのまましばらくじっとしているが、やがて葉をつかみ、

腹端を抜いて羽化殻からの離脱を完了。

離脱した新成虫は、向きを変え(頭を上に向け)抜け殻と対峙する形になる……と予想していたが、カメラの方を見ると(?)反対向きに方向転換して……。

若干カメラを遠ざけるような形で上を向いて安定した。──と、ここまでで「羽化」は完了(体色か本来のものになるまでには更に時間がかかる)。羽化するモデルを見つければ羽化のようすを撮影することは難しくない。難関はこのあとの「本来なら基本的には行われるだろうと思われる《羽化殻落とし》」──これを無事に記録できるかだ……。

《羽化殻落とし(抜け殻落とし)》とは…

羽化した新成虫は羽化殻の近くでしばらくじっとしているが、(ある程度体が固まってくると?)抜け殻を攻撃して落とす──アカスジキンカメムシでは脱皮後の幼虫を含めてそんな行動を何度も確認していて、僕はこれを(勝手に)《抜け殻落とし》と呼んでいる(最近、羽化に関しては《羽化殻落とし》を使うことにした)。《寄生蜂や寄生蝿・アリなどを呼び寄せかねない手がかり(抜け殻)を生活圏の外へ破棄する意味合いがあるのではないか》と考えているのだが、これは単なる個人的な想像にすぎない。
今回の羽化観察の舞台となった葉の裏には、抜け殻が残っていた。《羽化殻落とし》が行われないこともあるということだ。
まだ体色が完全に整っていない新成虫が見つかると、羽化が行われたはずの近くの葉の裏には抜け殻が見つからず、直下に落ちていることが多いことから(風などで飛ばされたのなら直下には落ちない)《羽化殻落とし》は基本的には行われるのだろうと考えているが、葉の裏に放置された羽化殻もないわけではない。
以前観察した例では、羽化後に飛来したテントウムシに接触した新成虫が抜け殻を残して逃去った(その後戻ってこなかった)ということがあった。また、落とす瞬間を記録しようと近くでスタンバっていると警戒してなかなか《羽化殻落とし》を始めないこともある(その場を離れた間に抜け殻が落とされている)。
さて、《羽化殻落とし》について関心を持つようになって抱いていた疑問がある。「新成虫が羽化した葉の裏に、他の個体の羽化殻が残されていたら……新成虫はどうするのか?」ということだ。「自分の羽化殻だけを落とすのか? 自他とは関係なく近くにあった1つを落とすのか?(1つ落とせば行動欲求は解消するのか) それとも葉の裏にある別の羽化殻もすべて排除するのか?(羽化殻がある限り行動欲求は解消しないのか) あるいは全てを放置するのか?」ということだ。《羽化殻落とし》に生存率を高める意味があったとしても、昆虫がそれを理解して行っているとは思えない。羽化殻を落とすという行動が、どういうシステムで成り立っているのか興味がある。
「新成虫が羽化した葉の裏に、もし他の個体の羽化殻が残されていたら……」というシミュレーションを想像していただけに、今回、羽化殻が残されている葉の裏で羽化を始めようとしている幼虫を見て、これは「うってつけ」だと思ったわけである。

説明が長くなったが……そんなわけで、今回羽化を観察したアカスジキンカメムシの《羽化殻落とし》には期待が高まる。
じっと近くでスタンバっていると警戒して《羽化殻落とし》を始めないかもしれないので、ときおり経過記録の画像を撮るときだけ近づき、あとは少し離れて見守ることにした。
が……この「時々近づく方式」が良くなかったのか……新成虫は半分隠れたような位置で2時間ほどほとんど動かなかった。やがて抜け殻を残し、葉の表側へ移動してしまったので《羽化殻落とし》は、もう行われないだろうと判断してその場を離れた。

羽化殻が2個あったために《羽化殻落とし》が発動しなかったというより、観察されて警戒してのことではないかという気がする。
念のため2時間後に戻ってみるが、やはり羽化殻は葉の裏に2つ残されたままだった。

このとき「!?」と思ったのが、近くにいた別の新成虫と今回観察した新成虫の体色の整い方に違いがあるということだ。今回観察していた新成虫は、本来の体色であるグリーンの部分が前胸から整っているのに対し、別の新成虫では逆に前胸で遅れている。これまでどの個体も同じように変化して行くのだろうと思っていたが……ちょっと意外だった。

触れることなく《羽化殻落とし》!?


これは別の葉の裏で羽化中のアカスジキンカメムシ。

この角度からだと「縮れた翅」のようにも見える小楯板がしだいに伸びていくのがわかる。

葉につかまって腹端を外す。

離脱後、抜け殻と対峙する新成虫。

時折、触角を起こすので、《羽化殻落とし》に備えて接写の体勢をとるが……警戒してそのつど触角を倒して静止モードに戻ってしまう。

抜け殻の近くに留まっているうちは《羽化殻落とし》をする気がある(?)と判断して待ち続けていたのだが……。

新成虫は別の葉へと移動してしまった。どうしてとまっていた葉の表ではなく別の葉へ移動したのか、ちょっと不自然な気はしたが……じつは、この前後の画像にアリが写り込んでいた。不覚にも撮影中はアリに気づかず、新成虫が大きく離れてしまったので《羽化殻落とし》をしないと判断して観察を終了することに。


11時55分台に新成虫と抜け殻を入れた画像を数枚撮ってその場を離れた。羽化殻を引き剥がすアリの拡大画像はそのとき気づかずに撮ったもののトリミング。
観察を終了した15分後にのぞいてみると、新成虫は離れた葉にとまっていたが、羽化殻が消えていたので驚いた。そこで腑に落ちないまま状況の追加撮影。

新成虫が羽化殻を落としに戻って、また離れた葉の裏に移動したとも思えない……。離れた場所から触れずして羽化殻を落とす、アカスジキンカメムシの超能力か!?
アリが羽化殻を葉から外していたことに気がついたのは帰宅後、画像を整理している時だった……。
《抜け殻落とし》の意味について、抜け殻が残されているとアリをアカスジキンカメムシの生活圏に呼び寄せることになる──それを回避するためという可能性も想像していたが、実際にアリが羽化殻に集まることがあるのだということが確認できた。期待した《羽化殻落とし》は見られなかったが、これは予想外の収穫だった。
観察中に新成虫が離れた場所へ移動したのも、アリを嫌ってのことだったのかもしれない。

見てないところで《羽化殻落とし》は行われる!?

接写で撮影しようとすると、なかなか見せてくれない《羽化殻落とし》だが、監視していないととどこおりなく実行される?

葉の裏で羽化殻と対峙している羽化直後の新成虫。この場所は見づらく撮りづらいところだったので、継続的な観察対象から外した。その瞬間を見ることはあきらめて、2時間40分後にのぞいてみると、羽化殻はなく、新成虫が葉の表に出ていた。おそらく《羽化殻落とし》をしたあとに葉の表に移動したのだろう。《羽化殻落とし》の観察は、ちょっともどかしい……。


【追記】まだ体色が薄い羽化まもないアカスジキンカメムシ新成虫。ここで羽化したのだろう。しかしこの葉の裏に羽化殻はない。ということは、すでに《羽化殻落とし》が行われていたに違いない。見ていないと《羽化殻落とし》は速やかに行われる!?
一方、冒頭の羽化観察で《羽化殻落とし》が行われなかった羽化殻は3日後も、また葉の裏に残っていた。




羽化殻落とし@アカスジキンカメムシ


葉の上に新成虫が目につくようになったアカスジキンカメムシ。しかし終齢幼虫の姿もまだそこかしこに見られる。ということは、羽化後の《抜け殻落とし》を観察するチャンスはまだあるということだ。
さて、以前記した《抜け殻落とし》関連の記事にいただいたコメントの中に「羽化殻」という言葉があった。なるほどこれは「羽化後の抜け殻」をわかりやすく示す便利な言葉だと感心。僕も使わせてもらうことにした。
ということで、《羽化殻落とし》──これが見られる今の時期に見ておかねば……と、つい、アカスジキンカメムシを探してしまう。その瞬間をキレイに撮るのは僕には難しそうだが……とりあえず観察例を増やしておきたい。

頭上で行われた《羽化殻落とし》


ムクゲのやや高い葉の裏で羽化中のアカスジキンカメムシを見つけた。撮影するにはちょっと遠い……しかし《羽化殻落とし》の確認をしておこうと観察を始めた。いちおう経緯は記録程度に撮影。画面すみの数字は撮影時刻(時:分:秒)。

①羽化中のアカスジキンカメムシ(羽化の詳しいようすは→【アカスジキンカメムシの羽化《抜け殻残し》のケース】)。②離脱した新成虫が向きを変える。③羽化殻と頭をつき合わせるような形。この時点で羽化殻の脚は葉から外れかけていた。④しばらくじっとしていた新成虫が動き出す。⑤頭で羽化殻を押しながら前進。⑥葉の根元付近まで前進して羽化殻を寄り切るように羽化殻を落とす(この直後に羽化殻は落下)。⑦羽化殻落としを終えたアカスジキンカメムシ新成虫。
これまで観察してきた《抜け殻落とし》(《羽化殻落とし》や《脱皮殻落とし》)では、新成虫・新幼虫が頭突きで抜け殻を浮かせ、その下にもぐり込むように前進をすることで抜け殻を引き剥がして落とすような動作が見られた。

《羽化殻落とし》の新たなワザ!?


こちらは、やけに小さな葉の裏で羽化したアカスジキンカメムシ。見つけたとき、成虫は足場がないので羽化殻にしがみついていた。これまで見てきた《抜け殻落とし》では、新成虫・新幼虫は、ちゃんと足場を確保し、ふんばることで抜け殻を押し出すことができていたように思われるが……この状況で新成虫は《羽化殻落とし》をするための足場をきちんと確保できるのだろうか?

①新成虫は羽化殻につかまっていたが……。②葉のふちにもつかまる。

③この時点では、羽化殻の右前脚はちゃんと葉の縁をとらえている。しかし……④羽化殻の右前脚が葉から離れ、左前脚と左中脚も宙に浮いているのがわかる。

⑤この時、羽化殻は右中脚1本だけで葉につかまっていた。ぶら下がった羽化殻の開いた前胸背からカラッポになった内部がのぞいている。この中によくこの新成虫が収まっていたものだ。

⑥この画像を見ると、羽化殻は右中脚の──それもツメの1つだけでぶら下がっていることがわかる。⑦そして、ついに羽化殻が葉から剥がれる。⑧羽化殻を支えているのは新成虫の脚だけ。この直後に羽化殻は落下。

⑨今回は頭を使うことなく(頭突きや頭で押すことをせずに)羽化殻を落とした新成虫。いや、むしろ頭を使って脚で落とした?(というのはジョーク)
今回の行動が、意図的?(積極的)に羽化殻を落とすワザだったのか、それとも新成虫の足場が無くてたまたま羽化殻を踏みつけることで起こった落下なのか……このあたりは、ちょっと判然としない。しかし、無事に(?)羽化殻は落下し、新成虫は満足げに見えなくもない(?)。

⑩体色がだいぶ濃くなってきたが、「赤筋」模様はまだ白いまま。

新たな脚ワザ(?)で落とされた抜け殻(羽化殻)がコレ↑。幼虫時代に白かった部分は半透明になっている。背面の画像では羽化の際に裂けた前胸背の穴から前胸腹面が見える。前脚を引き抜いた跡や半透明になった前胸腹面ごしに長い口吻が透けて見える。

《羽化殻落とし》を視認


クサギの幼木の葉の裏で羽化を終えたアカスジキンカメムシ。模様が判る程度に体色は濃くなりつつあるが、羽化殻はまだ残っている。この葉は風でずっと揺れていたが、それが羽化殻落としの開始を遅らせていたのだろうか?
羽化や脱皮はいったん始まれば、近づいて接写しても継続されていく(中断できない?)が、抜け殻落としは不用意に近づくと止めてしまったり始まらなかったりする。それで今回は警戒させないように離れたところからようすを見守った。

①新成虫は孵化殻から少し離れたところに移動していて体色もだいぶ濃くなってきている(時間も経過している)。もう《羽化殻落とし》はしないのだろうか……という懸念もあったが……。②は羽化殻落とし直後の画像(1秒前にはフレーム内に羽化殻があった)。目の前で《羽化殻落とし》を確認していながら、その瞬間は撮り逃してしまった。
その時の状況は……少し離れた場所で新成虫が羽化殻に接近して行くのに気がつき、《羽化殻落とし》を確信したが、ここであわてて近づくと動作をやめてしまうかもしれない。ゆっくりと慎重に近づくと、新成虫は抜け殻を頭で押し始めた。《羽化殻落とし》とわかるシーンにカメラを向けるが……風で葉が揺れてピントが合わない……。多少のピンぼけやブレは覚悟でシャッターを切らないと、また撮り逃すことになる──とりあえず撮っておこうと決断した瞬間──羽化殻は落下……。ほんの0.何秒かのタッチの差で撮れたのがこれ。1秒前にシャッターを切っていればそのシーンが撮れていたはず……どうせピンぼけかブレていただろうが……やはりちょっと悔しい。
とりあえず、通常の(?)「頭を使っての《羽化殻落とし》」を確認したので記しておく。


《抜け殻落とし》の瞬間!?


アカスジキンカメムシの奇行(?)《抜け殻落とし》。羽化や脱皮の後に自らの抜け殻を攻撃して落下させる──そんな興味深い行動を僕は何度も見てきた。寄生蠅や寄生蜂、アリなどを呼び寄せかねない手がかり(抜け殻)を生活圏の外へ破棄する意味合いがあるのではないかと想像しているのだが、この《抜け殻落とし》の決定的瞬間をキレイな画像で記録しておきたいと常々思っていた。そしてついに新成虫が抜け殻を落とすシーン──落ち行く抜け殻が、まだ空中にある瞬間をとらえることができた!?!
──かに見える画像だが、(残念ながら)さにあらず。見つけたとき、抜け殻はこんな状態で宙に浮いていた!?

亀虫のイリュージョン!? 空中浮遊する抜け殻!?!


人体が宙に浮く《人体浮遊》はイリュージョンの代表の1つだが、アカスジキンカメムシが抜け殻を使ってイリュージョンを披露している──ようにも見えなくはない!?
イリュージョンでは、特殊なワイヤーを使ってマジシャンを吊り上げていたりするらしいが、アカスジキンカメムシの抜け殻も極細の糸で吊られていた。

糸の正体は、おそらくクモが歩いたあとに残していく「しおり糸」だろう。これは絹糸よりも強靱らしい。これがアカスジキンカメムシ新成虫によって落とされかけた抜け殻の脚に引っかかったと思われる。《抜け殻浮遊》はイリュージョンではなかったが……「終齢幼虫の抜け殻から、それより大きな成虫が出現する」という羽化の方が、よっぽどイリュージョンぽいかもしれない。
さて、抜け殻は羽化の最中、落下しないように、しっかり葉にしがみついているわけだが、その足先には二股に分かれたするどい鉤型のツメがついている。糸はこのツメに引っかかっていたようだ。
やはり《抜け殻落とし》で落とされたと思しき別の抜け殻でツメをチェックしてみると↓。

この鋭いツメが、羽化や脱皮のさいにしっかり足場をつかみ、体を支える役目をしているのだろう。アカスジキンカメムシは羽化や脱皮のさいには頭を下に向けてとまるが、そうすることで体重がかかり後脚と中脚のツメは足場にしっかりくいこみ安定性が増しているように見える。

羽化や脱皮の最中、自らの体重などで下向きの力がかかることで鉤型の爪はグリップ力を増していると思われるが、離脱後のカメムシが下から抜け殻を押しあげれば、上向きの力がかかって後脚と中脚の爪フックは容易に外れて抜け殻を落とすことが可能になるなわけだ。
本来なら、爪フックが外された抜け殻は地面に落ちるが、今回はたまたま近くにあったしおり糸にひっかかって宙に浮いた形になってしまったようだ。
しばらくして戻ってみると、抜け殻は下の葉に背中をつけていたが、後脚のツメにはまだ糸が引っかかっていた。

さらに25分後、のぞいてみると抜け殻は消え、外れた糸が残されていた。

──ということで、今回目にしたのは《抜け殻落とし》の瞬間ではなかったが、《抜け殻浮遊》の画像を見ると、《抜け殻落とし》があったことがうかがえる。
羽化が行われたのは新成虫がとまっていた葉の裏だろう。何らかの理由で抜け殻が葉から離れ、しおり糸に引っかかったとして……落下開始位置よりも高い位置に宙吊りになるとは考えにくいから、抜け殻は落下前には撮影時新成虫がとまっているあたりにあったものと思われる。抜け殻があったはずの位置に体色が整っていない(羽化してさほど時間が経っていない)成虫が陣取っているということは、新成虫がその位置まで抜け殻を押し上げ、爪フックを外した──と考えるのが自然だろう。

過去の《抜け殻落とし》シーン

ということで、今回は(も?)《抜け殻落とし》そのものは見ることができなかったので、《抜け殻落とし》がいかなるものか、過去の画像をあげておく。
2015年9月に撮影したアカスジキンカメムシの脱皮~《抜け殻落とし》。

①頭を下向きにとまって脱皮中のアカスジキンカメムシ。②後脚&中脚の鉤型ツメが葉面にひっかかっていることで、下向きに力(体重)がかかっても抜け殻は安定している。③新幼虫が抜け殻から離脱。よくこのサイズの体が小さな抜け殻に収まっていたものだといつも感心する。④向きを変えて抜け殻と対峙。⑤抜け殻に頭突き攻撃。⑥抜け殻の下にもぐることで抜け殻の前脚を葉から引き剥がす。カメラを近づけたためこの姿勢で触角を倒し、静止してしまった。この2分20秒後の画像が→⑦わずかに目を離したスキに抜け殻は落とされてしまった。
(※詳細→【アカスジキンカメムシの抜け殻おとし】)

次は擬木で脱皮したアカスジキンカメムシ幼虫が《抜け殻落とし》に悪戦苦闘するようす。擬木には周辺の枝先から落ちたイモムシ毛虫やクモが登ってくることが多く、彼らが徘徊したあとには糸が残っていたりする。これが抜け殻のツメにひっかかってしまうと、《抜け殻落とし》は難航する……。

①脱皮後の《抜け殻落とし》の最中のアカスジキンカメムシ新幼虫。通常(葉の裏での脱皮)であれば抜け殻は既に落ちていただろう。擬木にはクモや毛虫イモムシが這いまわるさいに残した糸が残留している。この糸に抜け殻が引っかかってなかなか落ちないのでアカスジキンカメムシ新幼虫は悪戦苦闘していた。②頭を使ってすくい投げしようとするが、抜け殻は姿勢を変えるだけで落ちない。③とうとう頭上高くリフトアップしてしまった。④リフトアップした抜け殻を擬木の下に投げ落とすことに成功した……かと思いきや、糸にひっかかった抜け殻は宙吊り状態に。⑤宙吊りの抜け殻に気づいたアカスジキンカメムシ新幼虫は、ふたたび落としに向かう。⑥頭突き攻撃で抜け殻を落とすが……。⑦抜け殻はさらに下で宙吊りになる。アカスジキンカメムシ新幼虫がどうするか注目していたが、この後風で抜け殻が飛ばされ《抜け殻落とし》は終了した。
(※詳細→【カメムシの抜け殻落とし行動】)

昨シーズン観察した羽化後の成虫による《抜け殻落とし》↓は、肝心のシーンが力いっぱいピンぼけ……。

※【アカスジキンカメムシ:羽化~抜け殻落とし】より再掲載↑。
このピンポケとなったシーンをきれいな画像で撮り直しておきたいものだが……今回の冒頭画像は《抜け殻落とし》ならぬ《抜け殻浮遊》だったしだい。


アカスジキンカメムシ羽化後の気になる行動

アカスジキンカメムシ気になる《抜け殻落とし》


アカスジキンカメムシは大型で美しいカメムシ。今年はいくらか発生が早いのか……4月30日にアカスジキンカメムシの新成虫を目にしている。羽化を前にした幼虫はこんな姿↓。

羽化シーズンが始まったとなると、気になるのは羽化後の成虫による《抜け殻落とし》だ。アカスジキンカメムシは羽化や脱皮のあとに抜け殻を落とすという奇妙な行動をとる。僕が初めてこの行動に気がついたのはエサキモンキツノカメムシの羽化を観察している時だった。注意して見るとアカスジキンカメムシも脱皮や羽化のさいに同様の行動をとっている。寄生蠅や寄生蜂あるいはアリなどを引き寄せる手がかりとなりうる抜け殻を生活圏の外へ廃棄する意味があるのではないか……と想像しているのだが本当のところはわからない。いずれにしても何か理由があるから、わざわざ《抜け殻落とし》をするのだろう。この行動に気がついてから興味がわいて羽化シーズンには注目している。これまでの観察経験からすると、アカスジキンカメムシの羽化はつぎのように展開する。

①終齢幼虫(5齢)が葉の裏側で頭を下にしてとまる。
②羽化。
③羽化した新成虫が抜け殻と対峙。
④頭突きをして押し出すように抜け殻を落とす(抜け殻落とし)。
⑤葉の表へ移動。
⑥体色が整っていく。

もっとも《抜け殻落とし》は必ず行われるわけではない。葉の裏に抜け殻が残っていることもあるし、僕が観察した例では、羽化後、飛来したテントウムシに接触し大慌てで(抜け殻を残して)逃げて行った新成虫もいた。しかし、誕生してさほどたっていないと思われる新成虫を見つけたとき、周囲の葉の裏には抜け殻がみつからず、その下の地面で新鮮な抜け殻が落ちているのが見つかることの方が多いことから、基本的には《抜け殻落とし》は行われるのだろうと考えている。
ただ、羽化や脱皮の様子を撮影することはできても(羽化や脱皮は始まったらとめることができない?)、《抜け殻落とし》を接写で撮ろうとすると警戒して動きを止めてしまいがちになる。《抜け殻落とし》の現場は何度か確認しているが、なかなかキレイな画像で記録できない。今シーズンも羽化シーズンが始まったので、あわよくばそのシーンをキレイに記録したいところなのだが……。

アカスジキンカメムシの羽化は葉の裏側で行われることが多いので、葉の裏に頭を下にしてとまっている終齢幼虫を探す。まず、クサギ幼木の葉の裏に残っていた抜け殻(だけ)を発見──これは《抜け殻落とし》が行われなかったということだ。近くにはこの主と思われる新成虫がいた。

周辺のクサギの幼木をチェックしていくと、まだ体色が整っていない羽化後の成虫と羽化中のアカスジキンカメムシが見つかった。

画面左側↑の羽化後の個体は、ちゃんと《抜け殻落とし》を済ませたあとらしく、近くの葉の裏に抜け殻はない。成虫の下の地面に目を向けると真新しい抜け殻が落ちていた。

今シーズン観察1例目は《抜け殻落とし》見逃し

ということで、羽化中のアカスジキンカメムシに注目し観察することに。この個体に密着して《抜け殻落とし》を記録しようと考えた。

羽化のようすをざっと記録。画面隅の数字は撮影時刻(時:分:秒)。アカスジキンカメムシ羽化の始めからの記録は→【アカスジキンカメムシの羽化《抜け殻残し》のケース

抜け殻から離脱した成虫が抜け殻と対峙してからが長い……。《抜け殻落とし》が始まるのは、触角や脚の色がある程度濃くなってきた頃だろう(予想)。
これまでの経験では、撮影のため近づきすぎると抜け殻落としを始めないし、離れて待機していると、突然始まってあっという間に終わってしまうシーンにフレーミングやピント合わせが間に合わなかったりする。
今回は、被写体が低い葉の裏にいたため、幼木の葉の中に頭を突っ込み内側から撮影している。このポジションを離れてしまうと成虫の動きが確認しづらく、また抜け殻落としが始まるとわかったところで、フレーミング・ポジションに移るまでに時間を要し、とても間に合いそうにない。今回は密着したまま待つしかない──と覚悟を決める。

成虫は触角を倒している間は動かない。動き出す前には触角が立ち上がる……という判断で、触角が動き出すとカメラを近づけるが、そのたびに触角を倒してしまい《抜け殻落とし》は不発。
覚悟はしたものの長時間不自然な姿勢でスタンバっているのもツラくなってくる……そんなとき、何者かに声をかけられた。「倒れている人がいる」と管理室に通報があったそうな……。僕は倒れているわけではなく、地べたに横座りになって頭を草(クサギの幼木)の中に突っ込んでいただけなのだが……。そういえば以前、ヒルガオの葉の裏にとまったジンガサハムシを寝そべって撮っていたとき、行き倒れだと思われたことがあったが……それ以来のなんだかなぁ体験。
そんなアクシデントにもめげず待ち続けていると……テントウムシ(ナミテントウ)の幼虫がやってきて、なぜか抜け殻に感心を示す。その後テントウ幼虫は成虫に接触。これを嫌って成虫は抜け殻から離れてしまった。

以前小型のテントウムシに飛びつかれて《抜け殻落とし》を放棄した新成虫を見ているので気が気ではない……。
その注目の抜け殻だが、近くの葉が接触して少し位置がズレてしまった。

2時間以上ねばり続けたが《抜け殻落とし》は始まりそうにない……やはり密着していては警戒し続けダメなのかもしれないと断念。ただ、僕が離れて警戒が解ければ《抜け殻落とし》をするだろう……そう考えて5分後にのぞいてみると──、

抜け殻はすでに無く、成虫が抜け殻があった場所を越える位置まで移動していた。抜け殻は直下の地面に落ちていた。おそらく《抜け殻落とし》があったのだろう。

《抜け殻落とし》を果たした(と思われる)成虫は葉の表側へ移動。

この個体は複眼が赤く見える。体色があるていど濃くなっているのに複眼が赤いものもいれば、体色が薄いうちから複眼は黒いものもいて、ちょっと不思議。

今シーズン2例目は当日の《抜け殻落とし》を確認できず…

ということで、今シーズン1例目の観察では《抜け殻落とし》のシーンそのものは確認することができなかったので、別の個体を探す。カナメモチ類の葉の裏に羽化直後の新成虫と抜け殻を見つけ、これを観察することに。見つけたとき、成虫の脚はまだ色が薄かったので、《抜け殻落とし》が始まるのは少し後だろうと判断。脅かさないように1例目よりは少し離れ《抜け殻落とし》を待つ。時々、触角を動かし始め、《抜け殻落とし》が始まりそうな気配があったが、撮り逃すまいとカメラを近づけると触角を倒して静止モードに戻ってしまう……ということのくり返し。1時間半以上ねばったが、目的のシーンは始まらなかった↓。

根気も尽きてきたので今回は方針転換することに。撮り逃すまいと近くで待機していると警戒が続いて《抜け殻落とし》が始まらないので、その場を離れ、他の場所をチェックしつつ時々戻って《抜け殻落とし》が行われていないか確かめるスタイルに変更。しかし、この個体はけっきょく3時間以上経っても《抜け殻落とし》をしなかった。

見つけてから3時間以上経って体色がだいぶ濃くなってきた新成虫↑。それでも(葉の表へ移動せず)抜け殻のそばを離れようとしないので、葉の表へ移動する前に《抜け殻落とし》をする可能性はあるかも知れない。
そう考えて翌日確かめに行ってみると、葉の裏から抜け殻は消えており、近くの葉の上でアカスジキンカメムシの成虫がグルーミングしていた。撮影した画像を見比べると前胸背に広がるメタルグリーンの極小ドーナツ模様の配置が前日撮影した羽化後の個体と一致──《2例目》の成虫である事が確認できた。やはり僕が引き上げた後に《抜け殻落とし》をしたのだろう。

今シーズン3例目は《抜け殻落とし》あったがシーンは確認できず


2例目の方針転換で他の場所をチェックしている時にみつけた羽化直後の成虫とと抜け殻↑。やはりカナメモチの葉の裏で、成虫は触角も脚もまだ色が薄かった。警戒させぬように時々ようすをうかがう方式で観察。
小一時間ほど経つと、触角や脚の色が濃くなってきていた↓。

そろそろ《抜け殻落とし》を始める頃だろうと思い、10分後にチェックに戻ると──成虫も抜け殻も消えていた!?

その場を離れていた10分の間に《抜け殻落とし》があったのは確実だろう。抜け殻が落とされている可能性も予想していたが、成虫も消えていたのは想定外……。しかし、探すと成虫は近くの葉の陰に隠れていた↓。

この個体は背面の体色がまだ薄いが、複眼は黒い。
別の場所も見ながら時々チェック方式に変更してから見つけたアカスジキンカメムシの新成虫トリオ↓。


3匹がとまっていた植物の葉の裏には抜け殻は見つからず、3匹とも《抜け殻落とし》を行って葉の表側へ出てきたのだろう。その下の地面を探すと抜け殻が2個みつかった。
《抜け殻落とし》は通常行われているのだろうが、近くで観察したり接写しようとすると、なかなか見せてもらえない……。
三脚固定のビデオカメラを無人状態で回し続けてあとで必要な部分だけを編集すれば確実な気もするが……ふさわしい機材は持ち合わせていない。虫屋でもないのに、そのために機材を揃えるというのも躊躇が働く……そんな筋肉痛の一般民間人なのであった(1例目の観察で不自然な体勢をキープし続けた代償)。


脱皮後の抜け殻落とし@アカスジキンカメムシ

アカスジキンカメムシ:脱皮後の《抜け殻落とし》


アカスジキンカメムシ幼虫が集まっていたゴンズイの葉──8月末に見た時には5齢(終齢)幼虫1匹と4齢幼虫が4匹とまっていたが、今回のぞくと5齢幼虫ばかり3匹になっていた。他のメンバーは……と周囲を見ると、隣の葉の裏に──↓、

脱皮直後のアカスジキンカメムシ5齢(終齢)幼虫と抜け殻があった。

この状況は、(個人的に注目している)《抜け殻落とし》が行なわれる前──これからそのシーンが展開されることが期待できる。
《抜け殻落とし》は、僕が勝手につけた呼び名で、脱皮後の幼虫や羽化後の成虫が抜け殻を落とす行動のこと。2012年にエサキモンキツノカメムシの羽化で初めて目にし、驚き、不思議に感じたものの、当時はその意味するところは想像できなかった。その後アカスジキンカメムシの羽化や脱皮でも《抜け殻落とし》を確認し、今は《自分や仲間が生活しているエリアから抜け殻を排除することで、寄生蜂・寄生蠅などの天敵に察知されるリスクを減らしたり、(抜け殻を残しておけば大挙してやってくる?)アリを避ける効果があるのではないか》と考えている──が、確証はない。
そんなカメムシの《抜け殻落とし》を観察するにはうってつけの状況──ということで、このアカスジキンカメムシ新5齢幼虫(と抜け殻)に注目した。
今年は5月に羽化後のアカスジキンカメムシの《抜け殻落とし》を確認しながらマトモな画像が撮れなかったので、この機会にちゃんと押さえておきたいしいう思いもあった──のだが……。
実は今回も《抜け殻落とし》は目の前で確認できたものの、例によってあっという間の出来事で、またしても撮り逃してしまった。
なので、《抜け殻落とし》が行なわれる2分弱前に撮っておいたシーンと、《抜け殻落とし》直後のピンぼけシーンを……画面の隅の数字は撮影時刻(時:分:秒)。

今回も《抜け殻落とし》は、何の予兆なく、あっという間だった。
《抜け殻落とし》をはたしたこの新5齢幼虫の体色の変化は、こんな──↓。

しばらくすると向きを変えた。

《抜け殻落とし》から1時間程すると黒い部分がだいぶ濃くなってきて、なじみのある模様がハッキリしてきた。

今回は(も)《抜け殻落とし》のシーンが撮れなかったので、以前撮った画像から、その行動がわかるものを──↓。

※↑【アカスジキンカメムシの抜け殻おとし】で観察した個体。

カマキリの抜け殻


抜け殻つながりで(?)、8月末に撮っていた、葉の上に残されていたカマキリの抜け殻。カマキリなら(肉食なのだから)脱皮したあと、抜け殻を食ったらよさそう(効率的)な気もするが……抜け殻はしばしば目にする。よく見るとこの抜け殻↑にはアリが1匹きていた。
こちらの抜け殻↓にはすでにアリが数匹きていた。

葉の上に残されたカマキリの抜け殻にアリが来るということは……カメムシの抜け殻も葉の裏に放置しておけば、それを見つけたアリが仲間を呼び大挙してカメムシの生活圏に押し掛けてくるかもしれない。そう考えると、アリ対策的な意味でも《抜け殻落とし》はカメムシにとって意味があるように思えてくる。