FC2ブログ

ユーザータグ : 感想の記事 (1/4)

『不思議だらけ カブトムシ図鑑』と《角のジレンマ》

01甲虫図鑑表紙
『不思議だらけ カブトムシ図鑑』(小島 渉・著/じゅえき太郎・絵/彩図社)という本を読んだ。5年ほど前に《カブトムシの角は、雄同士の闘争では長い方がよく、天敵から食われるのを避けるには短い方がよい、という深刻なジレンマを抱え込んでいることことがわかった》という研究が報じられ、疑問に感じていたことがあったのだが(*)、この《カブトムシの角のジレンマ》の研究者が、本書『不思議だらけ カブトムシ図鑑』の著者・小島渉氏である。最近、小島氏がカブトムシに関する本をいくつか上梓されていることを知って、《角のジレンマ》についての言及もあるのではないかと期待して最新刊(2019年7月発行)と思われる本書を入手したしだい。読書の動機が《カブトムシの角のジレンマ》についての興味(というより疑問)からだったので、その視点で少し感想を記してみたい。
02カブトムシ♂角比較

カブトムシの《角のジレンマ》について──、
まず、僕が感じた疑問について、どういう記事を読んでどう感じたか──その経緯を記しておく。
2014年3月に報じられた【カブトムシの角は矛盾だった】という記事から趣旨のロジックを構成する部分の抜粋してみると──⬇。


カブトムシの雄の角は、雄同士の闘争では長い方がよく、天敵から食われるのを避けるには短い方がよい、という深刻なジレンマを抱え込んでいることを、東京大学総合文化研究科の小島渉(こじま わたる)学振特別研究員らが見つけた。

研究グループは「カブトムシの角の進化に天敵がどう影響したかを探る手がかり」としている。

長い角をもつ雄は、雌やえさの獲得などの雄同士の闘争で力の強さをあらわす目印として知られている。その一方で、天敵に対して目立ちすぎるため、食べられやすくなって不利になる。角の長さを追求すれば、天敵に食べられやすいという矛盾があったといえる。

関東地方では、タヌキこそがカブトムシの天敵といえる。また、タヌキやハシブトガラスは、カブトムシの雌よりも雄を、さらに角の短い雄よりも角の長い雄を多く捕食していた。

(小島渉さんは)「タヌキは目が悪いが、角も入れれば体長が7センチもあるカブトムシの雄は目立つので、食べやすいのだろう」と話している。また石川幸男教授は「カブトムシの雄の角は長すぎても、短すぎても、都合が悪い。進化の過程で、ちょうど折り合いのよい長さになっているのだろう」と指摘している。


つまり、生存競争の中で有利と考えられていたオスの特徴である「長いツノ」が、目立つことで天敵にみつかりやすくなり、捕食圧を高める(生存競争に不利となる?)側面も持っていた──という意外性のある発見である。カブトムシのユニークなツノがどのように進化してきたのかというのは、興味深いテーマだ。キャッチの良い《角のジレンマ》は複数のメディアで報じられていた。

さて、《(捕食者が)カブトムシの雌よりも雄を、さらに角の短い雄よりも角の長い雄を多く捕食していた》ことがなぜ判ったのかというと、《カブトムシの活動がピークとなる深夜の午前0~2時ごろにはタヌキが樹液を訪れて食べていた》ことをつきとめ、その残骸(タヌキはカブトムシの中胸〜腹を食い、上半身を残す)を調べた結果、トラップで採集したカブトムシの性比やツノの長さに比べて、オスが多く、ツノの長いオスの割合が多いことが確認されたからだという。この調査結果から《長いツノを持つオスは天敵に対して目立ちすぎるため、食べられやすくなって不利になる》という結論に至ったらしい。
僕はこの解釈に疑問を感じた。タヌキが樹液ポイントに現われる午前0~2時ごろといえば、カブトムシの活動が盛んな時間帯で樹液ポイントには多くのカブトムシが集中する。そのため餌場争いに勝ち残った(ケンカに強い)ツノの長いオスが多く居座っているいるはずで、タヌキが食ったカブトムシにツノの長いオスが多かったという結果は当然だろう。
また、目が悪いタヌキが、深夜の雑木林の暗がりで、カブトムシのツノのわずかな長さの差で獲物を識別(?)しているというのもおかしな話だ。僕が飼っていたフェレットが、死角にかくれたカブトムシや土にもぐって見えなかったカブトムシを嗅覚で探り出したように(*)、タヌキだって、そこにカブトムシがいれば(ツノがあろうがなかろうが)嗅覚をたよりに獲物をみつけだすことができるはずだ。嗅覚に劣るヒトでも充分に感じるカブトムシのニオイをイヌ科のタヌキが見落とすはずがない。
だから「ツノの長いオスがタヌキに見つかりやすい」という解釈は納得できない──僕はそう思っていた。しかし、《カブトムシの角のジレンマ》はNHKのニュースでも報じられ、他Wikipedia【カブトムシ】にも《角は長いほどオス同士の闘争の際に有利になる反面、タヌキやハシブトガラスといった天敵に捕食されるのを避けるには短い方が有利であることが研究で明らかになっている》と解説されている。

《天敵に捕食されるのを避けるには短い方が有利》という解釈は強引すぎる……僕にはそう思えてならないのだが、僕が読んだニュース記事は、研究論文そのもの(発表されたのは日本動物学会英文誌3月号)ではない。この研究にたずさわった小島氏らは、どうして、こんな解釈に至ったのだろう?──その点も不思議に感じていた。
そして先日、公益社団法人日本動物学会のトピックスで、この研究のことだと思われる記事を見つけた。【強いオスは狙われる?:カブトムシにおける性およびサイズ依存的な捕食圧】という日本語タイトルがつけられていた。この論文(Rhinoceros Beetles Suffer Male-Biased Predation by Mammalian and Avian Predators)は《筆者たちは、日本に生息するカブトムシについて、野外調査と野外実験を実施することによって、オスの方が捕食圧が高いことを示すデータを報告した。また、主要な捕食者も同定した。これは、装飾を持つオスの方が生存にとって不利であるという仮説と合致しており、日本人にとって親しみ深いカブトムシの角の進化機構を理解する上での貴重な基盤情報である》として、日本動物学会の2015年度論文賞を受賞していた。
しかし、この記事を読んでみると、僕が当初知ったニュース記事とはニュアンスが微妙に(?)違っていた。【カブトムシの角は矛盾だった】という報道記事はタイトルにあるようにカブトムシの「ツノ」のジレンマが核心だった。ところが、【強いオスは狙われる?:カブトムシにおける性およびサイズ依存的な捕食圧】では、ツノのジレンマがでてこない。報道記事では「ツノの長さ」が問題にされていたのに、日本動物学会トピックスの記事では、これが「体の大きさ」に置き換わって(?)いて、微妙に論点がずらされている感じがする。「長いツノは目立つことで最大の捕食者であるタヌキに発見されやすくなる(ことで捕食圧が高まる)」としていた部分は、「タヌキが捕食した残骸には大型オスが多かった」ということになっており(大型♂の割合が多かったのはタヌキによる選択と特定せず、その時間帯に大型♂が多かったという可能性を許容)、その上で(理由の如何を問わず?)《大きく角の長いオスに対する高い捕食圧は性淘汰圧と拮抗的にはたらくことで、オスの性的な形質の進化に影響を及ぼす可能性があります》と、まとめている。《オスの性的な形質の進化》という表現に《ツノのジレンマ》のなごり(?)を感じるが、【カブトムシの角は矛盾だった】の報道後に、解釈の不備に気づいて、とりつくろった印象がなくもない?
それとも、論文の内容は最初からこの通りで、【カブトムシの角は矛盾だった】で報じられた《ツノのジレンマ》は報道メディア側の誤認だったのだろうか?
このあたりに釈然としないものを感じて記したのが前の記事【《カブトムシの角は矛盾だった》のか?】だった。その後、小島氏がカブトムシに関する本をいくつか上梓していることを知って、この件に言及があるのかどうか──読んでみたくなったわけである。


『不思議だらけ カブトムシ図鑑』に書かれていたこと
この本が出版されたのは今年(2019年)の7月。《カブトムシのツノのジレンマ》のニュースが報じられて5年ほど経っているわけだが……捕食されたカブトムシの残骸から確かめられた(?)《ツノのジレンマ》に該当する部分はあっさりめの扱いだった。『不思議だらけ カブトムシ図鑑』では「第2章 オスはなぜ角を持つ?」>「14 小型カブトムシの生き残り戦略」の中の【目立たないからこそ生き残れる】という小見出しの部分で出てくる。

拾い集めた残骸と、まわりで採集した生きている個体の形態を比較すれば、捕食に遭いやすい個体の特徴が分かるのではないかと、筆者らは考えた。(P.102)

捕食されたカブトムシの残骸を調べて、何か偏りがあれば、それが捕食に遭いやすい特徴だと考えたくなるのは理解できる。
──ということで、比較用にトラップで《生きている個体》を採集しているのだが……トラップを採用した理由について、こんな記述がある⬇。


樹液場などの餌場で採集すると、何時頃に採集するかで小型オス、大型オスやメスの割合が変わってしまう恐れがあるが、トラップを使えば、一度入った個体は二度と外に出られないため、その雑木林に生息する、小型オス、大型オス、メスの割合を高い精度で推定できるのである。(P.102)

樹液ポイントに集まるカブトムシの性比や小型♂・大型♂の割合が「時間帯」で変わってしまうことを、本書ではちゃんと記してあった。
捕食のために樹液ポイントを訪れるタヌキの時間帯については──、


 タヌキがやってくるのは、たいてい、カブトムシの活動がピークとなる深夜0〜3時ごろだった。また、夏の間に限り、タヌキは毎晩のように樹液へ通ってきていることも分かり、カブトムシを相当気に入っているようだった。(P.63)

と記されており、その時間帯に現れるカブトムシの特徴についても記述がある。

カブトムシの大型のオスと小型のオスでは樹液場にやってくる時間が違うことが知られている。大型のオスは深夜0時から3時ごろに樹液場での個体数が最大となる。ちょうどメスの活動が最も盛んな時間帯であり、大型のオスもそれに合わせているようだ。
 一方、小型オスはその少し前、22時から0時ごろに樹液場での個体数が最大となる。これは、大型オスとの戦いを避けるための行動であると解釈できる。小型オスが現れる時間帯はメスもまだ少ないが、大型オスとけんかになるよりはマシなのである。(P.100)


つまり、本書を読む限り、タヌキが樹液ポイントを訪れる深夜0~3時頃にツノの長い大型オスが多かったのは当然ということになり、僕が当初感じた疑問に合致する。タヌキによる捕食残骸に大型のオスが多かったのはツノの長さに起因するもの(長い角が天敵に目立ちすぎるため)ではなく、狩りの時間帯によるものだと解釈をするのが妥当のように思われる……のだが、本書には次のような可能性が挙げられていた。

 なぜ大型のオスが食べられやすいかについては不明だが、いくつかの可能性が考えられる。
 まずは何といっても、目立つということが挙げられる。特にタヌキは目がかなり悪く、撮影された映像からも、探るようにしてカブトムシを見つけ出している様子が見て取れた。そのような捕食者にとっては、オスの持つ大きな角はいい〝目印〟になってしまうかもしれない。
 また、大型オスはメスを探して樹液場の周りを徘徊する習性があるが、このような行動も捕食者の目に留まりやすい可能性がある。
 他の可能性として、大型オスは樹液場に長時間居座るから、捕食に遭う確率が高くなるということも考えられる。小型オスは樹液場の間を飛び回っている時間が相対的に長いのであれば、樹液場で捕食に遭う確率は下がるはずである。
 理由については今後さらなる研究が必要だが、小型のオスは大型のオスよりも結果的に捕食に遭いづらくなるということは間違いなさそうだ。(P.104〜P.105)


《大型オスは樹液場に長時間居座るから、捕食に遭う確率が高くなるということも考えられる》という妥当な解釈を加えつつ、《まずは何といっても、目立つということが挙げられる》として《(捕食者にとって)オスの持つ大きな角はいい〝目印〟になってしまうかもしれない》という解釈を真っ先に挙げているのが不可解だ。《特にタヌキは目がかなり悪く、撮影された映像からも、探るようにしてカブトムシを見つけ出している様子が見て取れた》とあるが、目が悪いタヌキが深夜の雑木林でカブトムシのツノを〝目印〟にしているとは考えにくい。嗅覚をたよりに餌を探し当てているはずで、この嗅ぎ当てているようすが《探るようにしてカブトムシを見つけ出している様子》に見えたのだろう。《長いツノが深夜の雑木林で視覚的〝目印〟になるかもしれない》という解釈には無理を感じる。しかし、この可能性を否定してしまうと、当初話題になった《ツノのジレンマ》のロジックが壊れてしまうことになる。それで論文発表当時との整合性を保つために「長い角が〝目印〟となって捕食圧が高まる」という可能性を残しておきたかったのではないか? 普通に考えれば、角の長さのわずかな差が、深夜の雑木林で、目の悪いタヌキの〝目印〟になるなどとは、とても思えないが(そんな〝目印〟など無くても、そこにカブトムシがいればタヌキは嗅覚で嗅ぎ当てられるはず)、それでも「角の長さの差は〝目印〟にならないことが科学的に証明されない限り」は《可能性》として残しておけるという理屈なのだろうか?

《角のジレンマ》が報道されたときには《カブトムシの角の進化に天敵がどう影響したかを探る手がかり》と自賛し、日本動物学会の2015年度論文賞の受賞理由でも《大きく角の長いオスに対する高い捕食圧は性淘汰圧と拮抗的にはたらくことで、オスの性的な形質の進化に影響を及ぼす可能性があります》と研究の意義が強調されていたが、『不思議だらけ カブトムシ図鑑』では、そうした進化レベルのアピールはなりをひそめ、《小型のオスでも得をすることがある(タヌキに食べられる可能性が大型のオスに比べると小さい)》という個体レベルの話にとどまっている。

本書では《理由については今後さらなる研究が必要だが、小型のオスは大型のオスよりも結果的に捕食に遭いづらくなるということは間違いなさそうだ》という結論で捕食圧のツノ進化への影響を示唆しているようにも読めるが、小島氏らが《大型♂が食われる割合が多い》と確かめたのは、タヌキが通う樹液ポイントに限ってのことだったのではないのか? 競争が激しい樹液ポイントからあぶれた小型のオスは拡散し、その先々で捕食されているかもしれないし、夜間、餌にありつけなかった小型オスは日中活動することになり、カラス等に捕食されやすくなるということだってあるかもしれない。樹液ポイント近くにまとまっている捕食残骸は見つけやすいが、密度の低いところにある残骸までくまなく調査するのは不可能だろう。『不思議だらけ カブトムシ図鑑』では──、


野外で採集したカブトムシに標識したのち放し、再捕獲率を調べると、小型オスの方が再捕獲率が低いことが分かっている。(P.101)

とも記されている。あるいは(調査した樹液ポイント以外で)捕食される機会が多いことで再捕獲率が低いという可能性も考えられないではない?
実態として、本当に大型オスがより多く捕食圧を受けているものなのか……『不思議だらけ カブトムシ図鑑』を読んでみて、《カブトムシのツノのジレンマ》への疑問は払拭されず、かえって深まった気がしている。


《角のジレンマ》はどうして生まれたのか?
この《角のジレンマ》に関しても、僕は2つの疑問を感じていた。1つは《カブトムシ♂の角長のわずかな違いが、視力の弱いタヌキの〝目印〟となって捕食率を高めている》という解釈に対する疑問で、もう1つは、そんな解釈がどうして生まれたのだろうという疑問だ。《角のジレンマ》は無知な素人の思いつきではない。見識が豊かなはずの学者が、どうしてこんな解釈をしたのか不思議でならなかった。

しかし、『不思議だらけ カブトムシ図鑑』を読んでみて、なんとなく「こういうことなのかな……」と思うことがあった。今回は長くなるので《角のジレンマ》に関連する部分しか取り上げなかったが、全体を通して、この著者は「知識先行でものごとを見ている」印象があった。フィールドに出て、たくさんの現象をみているうちに、「気づき」があり、それをきっかけに検証しながら考えを構築していくというものの見方をしているのではなく、学習した学術的な知識を基盤に自然を見ている……というか。自然を見ながら、頭の中に蓄えた雛形学説に当てはめて認識しようとするクセ(?)があるのではないか?

日本動物学会のトピックス【強いオスは狙われる?:カブトムシにおける性およびサイズ依存的な捕食圧】の中には《一般的に、動物のオスの武器や装飾などの性淘汰形質は捕食者を誘引してしまうと言われています》という箇所があり、2015年度論文賞のサイトには、《オスで発達した性的二型を示す装飾物は、性淘汰の観点からは有利だが生存には不利であると解釈されるのが一般的である》《装飾を持つオスの方が生存にとって不利であるという仮説と合致しており》と紹介さされている。つまり、小島氏の頭の中にはこのロジックが知識としてあったのではないか? そして、このロジックを当てはめることができそうな素材としてカブトムシに着目し、得られた調査結果から「期待にかなう解釈」にとびついて《角のジレンマ》が生まれたのではないか?
『不思議だらけ カブトムシ図鑑』を読む前は、見識があるはずの学者がどうして《角のジレンマ》という解釈に至ったのか不思議だったが、あるいは論文になりそうなテーマを探しながら自然を見ている知識先行の学者だからこそ、ロジックを完成させるネタを探し、欲していた都合の良い解釈にハマってしまったのではないか……今はそんなふうに感じているが、これは全くの個人的な想像である。


《カブトムシの角は矛盾だった》のか?

作品評・感想など(映画・本)〜目次〜
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
昆虫など〜メニュー〜
スポンサーサイト



図鑑は虫屋のバイブル!?

先日読んだ『アリの巣をめぐる冒険』で著者の丸山宗利氏は幼少期の頃のことを次のように記している。

幼稚園にあがってからは、図鑑ばかり眺めていた。(P.186)
幼稚園を出る直前に学研の『世界の甲虫』という図鑑が出て、小学館の『昆虫』という子供向け図鑑ともに、ボロボロになって表紙が取れ、頁をつなぐ糸が切れてバラバラになるまで読み込んだ。(P.187)


昆虫図鑑がお気に入りで何度も何度もくり返し眺める──こうした《図鑑への執着度の高さ》が《虫屋気質の特徴の1つ》なのではなかろうか?──と、僕はひそかに思っている。根拠の無い個人的なイメージ。

僕も子どもの頃から昆虫図鑑は持っていたけれど、あまり熱心な読者ではなかった。最初はページをめくりながらカッコイイ虫がでてこないかカタログをながめるように鑑賞し、気に入った虫が載っているページを探す。あとは昆虫のことを調べたくなったときに開くていど。カブト・クワガタのページは何度か見た記憶があるけれど、他のページはあまり覚えていない。今ふり返って考えてみると、カブトムシやクワガタのページもあまりたいしたことが書かれていなかったから、あきてすぐに見なくなってしまったような気がする。

昆虫図鑑をあきることなく何度も読み返す「図鑑好き」と、あまり熱心に読むことが無かった僕とでは昆虫に対する興味の持ち方や図鑑に対する認識に違いがあったように思う。漠然とだが、そんなところにも僕(凡人)と虫屋の境界線があるのではないかという気がしないでもない。

僕は「図鑑」というのは、「その生き物について調べるときに読む本(その生き物の情報が記されている本)」だと思っていた。漢字や言葉の意味を調べる時は国語辞典/昆虫の名前や性質(生態)を調べるには昆虫図鑑──といった認識。しかし本来、図鑑というものは「その生き物の名前(種名)や分類を調べる(同定する)ための本」なのだろう。そのことに気かついたのはだいぶ後である。僕の場合、気になる生き物について知りたくて図鑑を開くのに、知りたいことはほんのわずかしか記されていない……物足りなさを感じて熱心な読者にはなれなかった。

図鑑に関してはこんな思い出がある。小学6年の頃からヘビに興味を持ちはじめ、中学生の頃、本格的な図鑑(?)──保育社の『原色日本両生爬虫類図鑑』という当時の僕としては高価な本を奮発して買ったことがあった。種類の多い昆虫と違って日本の両生類・爬虫類は数が知れている。当然種類ごとに割り振られるページ数は(昆虫図鑑に比べて)多いはずだ。それぞれの種の生態についても詳しく記されているはずだ──てっきりそう思い込んでいた。ところが、手に入れた『原色日本両生爬虫類図鑑』を開くと、僕が期待していたような情報はほとんど記されておらず、ひどくガッカリした記憶がある。しかし、これも爬虫類屋からすれば同定の手がかりなど、必要な情報は記されていたのだろう。僕の図鑑に対する認識・期待が間違っていたのだ。

僕は《【種名(標準和名や学名)】や【分類】》というのは、生物の《【氏名】と【住所】》のようなものだと思っている。その生きものを特定し位置づける基本的な記号。名前と住所がわかれば、これを手がかりにその生き物の情報を探すことができる。図鑑の本来の目的は生き物を特定し、それを表す記号と照合させることにあるのだろう。
標本作りや生物リスト作成などで、同定目的に図鑑を活用する人にとっては、種名と分類がわかればそれで良いのかもしれない。しかし僕のように「本当に知りたいのはその人の氏名や住所ではなく、興味があるのは、その人がどんな人物なのかということだ」という価値観で図鑑をひらく者にとっては、それでは物足りない。
言ってみれば【種名(標準和名や学名)】や【分類】はヒトが付けた記号・ヒトが作ったカテゴリーであって、これは《人工物》だ。すでに存在している生きもの(自然物)を人が理解しやすいように整理するため、後付けの理屈で分け、名前をつけた。後付けの理屈だから研究が進むと実態と合わないことが発覚し、整合性をとるために後付けの理屈やカテゴリーを変更しなくてはならなくなったりする。当該生物そのものは昔も今も何の変わりないのに【種名(標準和名や学名)】や【分類】が変更されることも少なくない。僕が本当に知りたいのは、ちょくちょく変更される《人工物》の部分ではなく、《自然物》としての昆虫そのものについての情報である。僕と同じような感覚で昆虫図鑑を開く人は「名前がわかったところで、その虫のことがわかったわけではない(知りたいことはわからななかった)」と不満を残すのではなかろうか? そういう感想を持つ人は、図鑑の熱心な読者にはなれない。

一方、図鑑を熱心に繰り返し読む(見る)人たち(虫屋気質な人?)も存在する。そうでない僕には、その感覚がよくわからないが、想像するに……自動車や飛行機、列車などに興味を持つ人のように、掲載された昆虫の造形に魅かれるのではなかろうか? きっと細かいディテールまで、しっかり鑑賞しているのだろう。
図鑑で何度も眺めていたお気に入りの昆虫を実際に目にすれば、テレビで見ていた憧れのタレントに遭遇したファンのようなトキメキがあるかもしれない。図鑑に載っている虫をみつけるたびにテンションが上がり、昆虫に対する興味が強化されて、さらに熱心に図鑑を眺めるようになる……。図鑑に出ている昆虫の実物を手にする高揚効果(?)から昆虫を集めるようになり、コレクションが充実してくると図鑑に出ていた昆虫の実物をコンプリートしてみたくなるのではなかろうか? そしてさらには、図鑑に出ていない、誰も見たことがない虫を発見して昆虫図鑑に載せてみたい──と夢が膨らむのかもしれない?

いずれにしても、図鑑好きで図鑑への執着が強かった子が虫屋に育って、より理想に近い図鑑を作るようになるのではなかろうか。そして、その図鑑にハマった子が次世代の虫屋になる……。もし、そうだとすれば、昆虫図鑑を読んで虫屋に入信することになるわけだから、昆虫図鑑は虫屋にとってのバイブルと言えなくもない……丸山宗利氏が昆虫図鑑好きだったというエピソードを読んで、そんなことを思った。



*好蟻性昆虫〜好虫性人間?『アリの巣をめぐる冒険』
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
昆虫など〜メニュー〜

好蟻性昆虫〜好虫性人間?『アリの巣をめぐる冒険』

アリの巣をめぐる冒険

ハリサシガメへの興味から『アリの巣の生きもの図鑑』を借りてきた(*)さいに『アリの巣をめぐる冒険』(丸山宗利/東海大学出版会)という本も借りてきていた。アリと共生関係にある昆虫──好蟻性昆虫の研究を扱った本だ。かなりマニアックな内容だが、一般の人が読んでもわかるように書かれている。ただ、専門家にとってはおもしろい内容でも一般ウケするとは限らない。この本を一般の人はどう読むのだろう?

アリは誰でも知っている身近な存在だが、そのアリの巣の中や周辺にアリに依存する色々な虫が暮らしている──というのは「身近にありながら知らなかった世界」である。「そんな世界があったのか」という意外性から、内容に興味を抱く人もいるだろう。あまり知られていない好蟻性昆虫ってどんな虫?──という興味で手に取る人もいるかもしれない。
しかし、一般の読者の興味は、それだけではないだろう。「小さなアリと共生関係にある《ささやかな存在》」を研究している人がいるなんて……という著者(虫屋)に対する好奇心で読む人も少なくないのではあるまいか? アリに依存する昆虫を好蟻性昆虫と呼ぶなら、好蟻性昆虫と共にアリを追い続け、人生の一部を捧げた著者も、見方によっては好蟻性人間と言えなくもない。そういう意味では、アリとその巣の内外に集まる好蟻性昆虫の生態を紹介しながら、同時にそうした虫に集まる好昆虫性人間=虫屋の生態を記した本であるともいえる。

昆虫の発生時期に発生場所へどこからともなく集まってくる虫屋は、考えてみれば不思議な存在だ。わずか数ミリの虫を得るために何千キロも離れたところからやってくる虫屋を、地球を観察にきた宇宙人が見たらどう思うであろう?
地球の生きものを研究テーマに選んだ宇宙人がいたら、アリの標本の隣に好蟻性昆虫の標本、その隣には丸山宗利氏の標本を並べて展示したくなるのであるまいか?
宇宙人はともかく……一般の人にとっては昆虫の生態のみならず、虫にずっぽりはまった虫屋の生態も興味深く映るのではないかと思う。

僕は虫屋ではないが、今は無きニフティの電子会議室・昆虫フォーラムに出入りするようになって虫見をするようになった。昆虫のおもしろさもさることながら、「虫屋」と呼ばれる人たちのおもしろさにも興味を持った。昆虫に関心を持つ人は少なからずいると思うが、僕のような一般民間人(凡人)と虫屋の「境界線」はどこにあるのか──それを解き明かすことが僕の密かなテーマでもあったりもするわけだが……「虫屋の境界線」のことは、さて置いて……、

僕が好蟻性昆虫の存在をうっすらと知ったのは件の昆虫フォーラム時代だった。当時、狭山丘陵を歩きながら昆虫観察するというオフ会が時々あって、僕もおみそ参加させてもらっていたのだが、ある時、その方面に詳しい方が参加されたことがある。一見ダンディーな紳士が肩掛けからおもむろにフルイを取り出した時は「おおっ!」と驚き(一般民間人の僕は、バッグからフルイを取り出す人なんてそれまで見たこともなかった)、他にも普通の人が持ち歩かないような物を次々ととりだすのを見て、「あんたのバッグはドラえもんの四次元ポケットか──」と思ったものである。必要とあればツルハシやダイナマイトだって取り出す勢いである。そして何の躊躇も無く林床の落葉をつかんではフルイに放り込むようすを見て「このムダのない動き……落葉とともに犬糞をつかんだ経験も1度や2度ではあるまい」と確信したのであった。
紳士はクールに虫探しを続けていたが、オフ会も終盤に差し掛かった頃──アリの巣食った古い切株の皮を剥がしにかかると、突然、「いったぁ〜!」と絶叫した。埋蔵金でも掘り当てたかのような大声に、オフ会参加者は何があったのかと彼のまわりに集まった。
はたして大興奮の彼が見つけたものは……アリに踏んづけられるような小さな虫だった……。好蟻性昆虫のひとつだったのだろうが、今ふり返ってみてもそれが何だったのかは覚えていない。「大きな声のわりに小さな虫だった」ということばかりが印象に残っている。素人の僕には、小さな好蟻性昆虫より、それを見つけて大声をあげた虫屋の方がインパクトが強かったのだ。

『アリの巣をめぐる冒険』も、著者がどれだけ自覚的に書いているかわからないが、一般の読者は好蟻性昆虫への興味ばかりでなく、それを追い続ける虫屋に対する興味で読んでいる部分もあると思う。普通の人なら堪え難い状況での過酷な観察を「夢のように楽しい」と言ってのける虫屋(著者)おそるべしっ! 観察している虫もユニークだが……「ユニークなのは、あんただよ!」と突っ込みたくなってしまう。
好蟻性人間(著者)の昆虫モチベーションの高さは想像を絶する。行動力・集中力・執念が尋常ではない。狙った獲物は必ずモノにしてきた実績に感心しつつ、「アリと好蟻性生物」に関しては「へえ!?」とか「ふ〜ん」と思いながら、読んだ。
ただ、正直な感想を言えば……お目当ての好蟻性昆虫を次々にゲットする著者の興奮は伝わってくるものの、それは自身の研究の成果を手に入れた達成感・仕事の成功を歓喜するもので、昆虫そのものの魅力や面白さに対するトキメキがいまひとつ伝わってこない気がしないでもなかった。好蟻性生物の生態についてはまだ未解明の部分が多い(情報量が少ない)ということもあるのだろうが、この本は「好蟻性生物の魅力」よりも「著者の活動と実績」を描いた印象が強い。著者の昆虫研究への情熱は、はたして純粋に《昆虫への興味・探究心》に由来するものなのか、それとも《新種を次々に発見し、誰もなし得なかった研究をして名を売ること(自己の実績作りや名誉欲)》に由来するものなのだろうか──などと、そんなことを思わないでもなかった。
この本はこれで著者の思いは描かれていると思うが、「アリと好蟻性生物」の関係をもっと面白くドラマチックに(?)プレゼンできていれば、また印象も変わっていたかもしれない。同じ著者の『昆虫はすごい』を読んだときにも色々思うところはあったが、あるいはそのあたりに僕と虫屋を隔てる「境界線」と通底するものがあるのかもしれない。

ところで僕も興味本位で虫見をするが、決して「虫屋」のような立派なものではない。アリより小さい虫を探すために世界中を飛び回る虫屋さんと違って、僕が虫を見て歩くのは基本的に「歩いて行ける範囲」──身近に存在するフシギな世界を見つけるのが面白いという他愛もないものだ。
僕と「虫屋」の間には高い敷居──境界線のようなものがあって、虫屋さんは「あちら側」で僕は「こちら側」という意識を昆虫フォーラム時代からずっと感じてきた(決して対立的な違いではい)。
しかし、虫見をしているためか、僕も虫屋だと勘違いされることがある。確かに、葉の裏の昆虫を撮るため寝そべっているところを「行き倒れ」と思われたことも2度ほどあって、こうしたことは虫屋さんではありがちなことから誤解されやすいのだろうが……しかし、僕は断じて虫屋ではない。「違う違う、全然違う。虫屋と僕とはヘビとアシナシトカゲくらい違う」と説明するのだが、なかなか理解してもらえないようである。



ハリサシガメ@『アリの巣の生きもの図鑑』他
漫画【虫屋な人々】
昆虫など〜メニュー〜
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜

作品評・感想など(映画・本)〜目次〜

01作品評感想一覧画
★映画や小説・童話ほか本の感想・批評・紹介など
映画『ゼブラーマン』感想
久しぶりに『ジュラシック・パーク』を観て
映画『七人の侍』の巧みさ
映画『生きる』について
橋本忍氏の脚本観
「自然との共生」というウソ(高橋敬一/祥伝社新書)を読んで
ダンゴムシの心?
『ザ・フェレット』&ノーマルフェレットのマーキング
ムダの意義を再発見!?『働かないアリに意義がある』
『ツノゼミ ありえない虫』とツノの謎!?
『花はなに色? 野上豊司児童文学作品集』
作品批評で評価されるもの
総括なき多鑑賞
カマキリは大雪を知っていたのか!?
こども心にひっかかった《ひろすけ童話》の【善意】
STAP細胞捏造事件の禍根
『昆虫はすごい』スゴイのだけど…
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』感想
『タイム・マシン 特別版』感想
G・ジェンマの《空中回転撃ち》@南から来た用心棒
読書感想文の解答マニュアルに疑問
『いたずらカメムシはゆかいな友だち』感想
『赤いカブトムシ』読書感想
七人の侍@黒澤明DVDコレクション
充実していた『カメムシ博士入門』
久しぶりの『文学賞殺人事件 大いなる助走』
映画の誤記情報
『カメラを止めるな!』感想(ネタバレあり)
好蟻性昆虫〜好虫性人間?『アリの巣をめぐる冒険』
なじめなかったファーブル昆虫記
ファーブルと寓話『セミとアリ』
ファーブル昆虫記:ファーブらない昆虫記!?
ファーブル昆虫記の違和感について
『ゼロの焦点』タイトルの意味
《イタチの魔かけ》と《鼬の目陰》※『いたちの手紙』
糞の手紙!?〜イタチの粗相考※『いたちの手紙』と『いたちのてがみ』
『不思議だらけ カブトムシ図鑑』と《角のジレンマ》

エッセイ・雑記の目次

『カメラを止めるな!』感想(ネタバレあり)


カメラを止めるな!
http://kametome.net/index.html

何かと話題の邦画『カメラを止めるな!』──低予算のインディーズ映画で、ミニシアター2館で上映をスタートさせたところ、口コミやSNSで評判が広がり、大ヒット作となった作品らしい。絶賛する記事が多い中、「評判なっているので観たが、どこが面白いのか全然わからなかった」という感想もあり、いったいどんな映画なのか気になっていた。レンタルDVDを鑑賞してみたので、感じたことを記してみたい。
《最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。》というキャッチフレーズや、ちまたの評判からして、構成の妙や斬新さが売りの作品かと思っていたが、実際に鑑賞してみると「思い描いていたイメージ」とは違う作品だった。

内容を簡単に説明すると──(※ネタバレあり)、
《山奥の廃墟でゾンビ映画を撮っていた撮影クルーが​本物のゾンビに襲われる──というサバイバル・ドラマをワンカットで生中継する》──という無茶なテレビ企画が、テレビの下請け等で細々と映像制作をしている映像監督・日暮隆之のところに持ち込まれる。腰が低く人の良い日暮監督は断ることができず、引き受けてしまう。

映画本編はいきなりヒロインが元恋人のゾンビに襲われるシーンから始まるが、これが「無茶な企画のゾンビドラマ」の冒頭で、ここから37分、ワンカットで撮影された「生中継ドラマ」が丸々展開される。冒頭のシーンで「カット」の声がかかると、監督(役)がヒロインにつめより恐怖の演技が本物ではないと激高する。「本物の恐怖」を求める監督が選んだ撮影現場は「ガチでヤバイ場所」で、スタッフが次々にゾンビ化してヒロインらを襲うという恐ろしい展開になるのだが、「本物の恐怖」を求めていた監督は嬉々としてカメラを回し続けるというもの。ワンカットシーンのラストでエンドロールが流れた後、画面が変わって、1ヶ月前にさかのぼって、この「無茶な企画のゾンビドラマ」がどういう経緯で作られていったのかが「現実側」で展開する。これがこの映画の「二度目の始まり」ということになる。

無茶な企画を引き受けてしまった、人の良い日暮隆之・映像監督には元女優の妻と映画監督志望の娘がいた。妻は役に入り込みすぎてトラブルを起こす癖があって女優を辞めていたが、他に熱中できるものを模索している状態。夫が請けたゾンビ・ドラマの脚本を何度も読んでいることから、本当はまだ女優に未練があるらしい。映画監督志望の娘は、情熱家で妥協が許せない性格。作品作りには妥協も必要だとする父を軽蔑しているふしがあるが、父が監督することになったゾンビ・ドラマにお気に入りの男優が出演することを知って母と撮影現場を見学に訪れる。

不安要素を抱えながら迎えた生中継本番当日──重要な役回りの監督役とメイク役が事故を起こし来られないとの連絡が入って現場は騒然となる。番組の放送開始時間は迫っており、代役を調達する時間もない。しかし番組の中止は許されない。せっぱつまった状況の中で、日暮隆之監督は、みずから監督役をやることに。メイク役は台本が頭に入っている元女優の妻が演じるというドタバタ決定で、とりあえず(?)生中継ワンカット・ドラマはスタートする。次々に起こるアクシデントにてんやわんやの撮影現場がこの映画の核心で、お気に入りの男優見たさに見学に来ていた監督の娘も加わって、なんとか作品を完成させようと奔走する現場スタッフの奮闘ぶりが見せ場となる。

この作品の特徴は、完成したワンカット・ドラマを最初に見せ、後にその製作過程を見せるという倒叙形式になっていることだ。最初に生中継された映像をそのまま見せ、その後のメイキング・パートで、舞台裏側からもう1度ワンカット・ドラマの製作風景を見せるという形をとっている。

本来なら「無茶な企画のドラマが持ち込まれ、これをどう成功させるか」という時間軸に沿った展開の構成を考えるのが自然だろう。「生放送中、次々に起こるアクシデントで現場がてんやわんやする」という邦画では『ラヂオの時間』が思い浮かぶが、『ラヂオの時間』は進行形で展開しており、「放送を無事に終えることができるのか!?」という最大の緊迫感が、おもしろさを成立させていた。しかし『カメラを止めるな!』では倒叙形式をとったために、観客はワンカット・ドラマを観て「番組は無事に終了する」ことを知った上でメイキング・パートを見ることになる。どうなるか結末が判っているのだから、ハラハラドキドキ感はだいぶ薄れてしまうことになる。
そんなデメリットがあるのに、なぜわざわざ倒叙形式をとったのだろう? インパクトのあるシーンを冒頭に持ってくることで一気に観客をひきつけようという狙いがあったのだろうか? ゾンビ映画で緊迫感を盛り上げであとに、「本物のゾンビが襲ってくる」シーンも含めてドラマだったという種明かしをして意外性を演出するつもりだったのだろうか?
しかし、冒頭37分の「本物のゾンビが襲ってくる」という設定のパートで、監督(役)が画面に向かってカメラ目線で叫ぶシーン(添付画像の右上のシーン)があったり、画面(レンズフィルター?)に飛び散った血しぶきが拭き取られるシーン、役者とぶつかってカメラが転倒するシーンなど、意図的に「これも撮影されている映像(作り話)」であることを示すシーンが入っている。これによって「本物」の緊迫感はそこなわれ、観客は「どういうこと?」とプチ混乱に陥って、画面への集中力が落ちる心配がある。冒頭37分のドラマの中には不自然・不可解な「間」や場面がちりばめられていて、これが後のメイキング・パートで「そういうことだったのか」とわかるようになっているのだが、「《本物のゾンビ・シーン》もドラマだった」──という種明かしをするには、きわめて不適切なタイミングでのバレ演出はどうかという気がする。

『カメラを止めるな!』公式サイトではこの作品について《他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている》と記しているが、《他に類を見ない構造と緻密な脚本》というのは、どうなのかな……と首を傾げたくなる。倒叙形式の作品は珍しくないだろうし、作品の中で劇中劇と現実を重ね合わる手法(三谷幸喜の『マトリョーシカ』など)も目新しいものではないはずだ。脚本で色々と工夫が盛り込まれているのはわかるが、不可解な部分や不充分な部分(ゾンビ・ドラマのラストシーンの意味付けが解りにくい等)もあって、《緻密》というには上手く処理できていない課題が残る脚本だった気がする。
《37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバル》についても──映画で37分をワンカットで撮影するというのは、確かにすごい(撮る側は大変だ)とは思うが、純粋な観客からすれば、観ているシーンが何カットで構成されているかはどうでもいいことだろう。この「37分ワンカット」も実際は生中継ではないわけだから、失敗すれば撮り直しができる。また「37分ワンカット」といっても、内容はゾンビとの追いかけっこがほとんどとなり、特に難しい撮影だとは思えない。さらに生中継の番組はドラマの設定では実は「30分」ということになっている。しかし実際には「37分」かかっているので、7分もオーバーしているわけで、これが本当の生放送だったらアウトということになる。
ちょっと脱腺するが──海外ドラマの『ER 緊急救命室』では第4シリーズの第1話(45分)が(アメリカでは)生中継で放送されたという。狭い病院の中で大勢の役者が動き回り、カメラも彼らを追いかける。セリフも多く役者の動きも複雑なドラマをどうして生放送で行うことにしたのか不思議だが、あれこそ「挑戦」だったのではないかと思う。しかもその回は、東海岸(EAST)と西海岸(WEST)の時間差で1日に2回行われたという。比較するのは可哀想だが、それに比べれば『カメラを止めるな!』の、実際は生放送ではなく、7分も予定をオーバーしているワンカット・シーンが特に難しい挑戦であったとは思えない。

それでも、この作品を多くの人が称賛したのは、冒頭(ワンカット・ドラマ)の中で怒鳴りちらしていた「イヤなパワハラ監督」が、後半のメイキング・パートで本当は腰の低い「いい人」だったということがわかり、「殺伐としたB級ホラー」だと思って観ていたら、実は低予算で無茶を強いられている弱小映像制作クルーが力を合わせアクシデントをのりこえるという「いい話」だったことから、(嫌悪からの反動で)印象が好意的な方向に傾いたためではないかと思う。
また、撮影現場のてんやわんやの中で監督の妻が密かに望んでいた女優復帰がかなったり、監督の窮地を娘がサポートし、作品づくりを通して父娘の絆を再構築するといった「いい話」も盛り込まれている。映画の最後は無事に生中継を終えることができたスタッフ・俳優・監督家族らの笑顔が次々に映し出されるが、達成感と安堵が入り交じった表情に力を合わせて1つの作品を作り上げる映画愛のようなものが感じられ、観終わったあとの印象は良い作りになっている。

限られた予算(低予算)等の制約がある中で面白い映画を撮ろうチャレンジは誰もが応援したくなる。『カメラを止めるな!』も無名の人たちがそうしたチャレンジをし、この制約を逆手に取って「制約の中で作品作りをする人たちの奮闘」を描いた──ふつう低予算によるチープなつくりは欠点になりがちだが、この設定によって、チープな部分はドラマ上の必然となり、「制約の中で作品作りをする人たちの奮闘」にむしろリアリティを持たせる利点となっている。『カメラを止めるな!』が多くの人に好感を持たれたのは、奇抜さや構成などのテクニカルな部分ではなく、(弱小映画製作グループが「制約を逆手に取って」)「制約の中で作品作りをする人たちの奮闘」を描いたことを「アッパレ!」と感じた人が多かったからではないかという気がする。

一方、「評判なっているので観たが、どこが面白いのか全然わからなかった」という感想も、なんとなくわかる気がしないでもない。前半のゾンビ・ドラマ部分では、ゾンビ映画としてはありきたりでこれといった「見どころ」はない。メイキング・ドラマ部分でも、中継が無事に終わることはわかっているし、特に奇抜な仕掛けもなかった。「期待していた《何か》が起こらないまま終わってしまった」と感じたのではないか?
評判になっていることで、特別な仕掛け(?)があるのだろうと期待して観た人の中には肩透かしをくったような思いになった人がいてもおかしくないかもしれない。
評判にはなっているが、あまり過度な期待(?)をもって観ない方がいいのかもしれない。普通に観れば好感の持てる映画ではないかという気がする。

余談だが、『カメラを止めるな!』のDVDをレンタルするさいに、ハズレだった時の口直し用に『ジュラシック・ワールド』も借りてきた。『ジュラシック・ワールド』は「金がかかっているんだろうなぁ」と思いながら観たが、心に響くものはなかった。
『カメラを止めるな!』と『ジュラシック・ワールド』のどちらが面白かったかといえば、僕は躊躇無く『カメラを止めるな!』を挙げる。


●邦画の感想
映画『七人の侍』の巧みさ

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-110.html

映画『生きる』について
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-111.html

映画『ゼブラーマン』感想
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-108.html

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』感想
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-525.html

久しぶりの『文学賞殺人事件 大いなる助走』
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-837.html


■エッセイ・雑記 ~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-130.html