FC2ブログ

ユーザータグ : 怪虫の記事 (1/3)

ニジオビベニアツバ幼虫@東京

南方系の美麗蛾幼虫を狭山丘陵東京側で確認



先日、ちょっと変わった幼虫(イモムシ)を見つけた。擬木支柱の上面ヘリに静止しているその姿が目に入った時は胸脚が長いシャチホコガ幼虫の系統かなと思った。しかし、よくみると「シャチホコガ幼虫の長い胸脚」っぽく見えたのは先端がヘラ状に広がった「毛」だった。こんな形状の「毛」を持つイモムシを目にしたのは初めて。ふと、冬虫夏草のシャクトリムシハリセンボンが頭に浮かんだ。《先端が広がった毛》は子実体っぽく見えなくもない。これはもしかして、菌類に冒されて絶命したイモムシなのだろうか?──そう考えて触れてみたところ生きていた(動いた)。ということは、これは自前の毛なのだろう。帰宅後調べてみるとニジオビベニアツバという蛾の幼虫だと判った。
ちなみに、パッと見、イメージした虫はこんな感じ↓。


検索した画像を見ると、ニジオビベニアツバの成虫はキレイな蛾で、僕はまだ出会ったことがない。ネット情報によるとニジオビベニアツバの基産地(新種記載時のホロタイプが採集された場所)はインドだそうで、日本での分布は少し前までは「本土南西部」あるいは「本州南西部、四国、九州、対馬、沖縄島」とされていたらしい。それが近年、関東でも確認されるようになっているようだ。ナガサキアゲハやツマグロヒョウモン、ラミーカミキリキマダラカメムシなど、少し前には関東では見られなかった(あるいは珍しかった)のに近年普通種となった昆虫は少なくない。ニジオビベニアツバが狭山丘陵に現われたのも《南方系昆虫の分布域北上化》現象の1つなのかもしれない。とりあえず狭山丘陵東京側で確認したので記しておくしだい。






ところで、ニジオビベニアツバ幼虫の風変わりな「毛」だが、ネット情報では「刺毛の先端部がヘラ状でツムギアリの触角の擬態となっている為、アリの攻撃を受けない」という説を紹介しているところがあった。これにはビックリ!? ニジオビベニアツバ幼虫のヘラ状の毛とツムギアリの触角は(形が)似ているとは思えない……これで「擬態」の役目がはたせるものか疑問に感じた。幼虫がツムギアリに擬態しているという情報はいくつかあったが……アリに擬態しているとすれば、形(視覚的擬態)ではなくニオイ(化学擬態)なのではないだろうか? このヘラ状になった部分にアリを欺く(仲間だと思わせ攻撃を抑制する?)化学物質あるいは忌避物質でも配しているのだろうか? アリをニオイで欺く好蟻性昆虫はいるというし、トビモンオオエダシャクの幼虫は寄主植物に化学擬態してアリの攻撃を免れているという説もあるようなので、対アリ用に化学擬態を用いる昆虫がいること自体は不思議ではない気はするが。
ツムギアリに擬態しているというのが本当にこの種なのか、また、風変わりな形をした毛に何か役割り・意味があるのかどうか──気になるところ。
イモムシも色々と変わり種があって面白い。ということで──、
風変わりなイモムシ・ベスト3(あくまでも個人的なところで)

葉上のドラゴン:ウコンカギバ幼虫
シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?
紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火

2月下旬に撮った昆虫から



擬木の上にいたシロフフユエダシャク♀↑。いま目にするフユシャクの大半はこの種。やはり擬木の上にいたシロフフユエダシャク♀別個体↓。


フユシャクではシロトゲエダシャクの♂をいくつか確認↓。


フユシャクを含め今冬は擬木の虫が少ない気がするが、このタイプの擬木には接続部に隙間があって、ここで越冬している虫や小動物もいる。日中、気温が上がると出てくるものも。




カメムシの仲間は成虫で越冬するものが多いようだが、ムラサキナガカメムシの成虫も冬の間はギボッチ(擬木ウォッチ)でちょくちょく見かける。


やはり擬木の上にいたムラサキナガカメムシ別個体↓。




ついでに1月の終わりに撮って投稿しそこねていた画像も↓。


よく見かけるマツヘリカメムシ↓も数年前から目にするようになった昆虫のひとつ。これは北米西部原産の外来種。



スポンサーサイト



ピッカピカのセモンジンガサハムシGX他

きらめく《金のX》セモンジンガサハムシ



個人的には背紋GX(セモンGoldenX)と呼んでいるセモンジンガサハムシ。光を通す《透明な部分》と光を吸収する《黒い部分》、そして光を反射する《金色の部分》を併せ持ったきれいな昆虫で、円形のフォルムもユニークかつ美しい。擬木の上でキラキラ輝く姿を見つけたので撮ってみた。




体長5.5~6.5mmと小さな昆虫だが、黒地に輝く《黄金のX》は目を引く。
ふだんはサクラの葉の裏でみかけることが多いが、その通常の状態では逆光になるため、これほどキラキラ輝いては見えない。越冬明けの個体が陽の当たる暖かい擬木の上に出ていたたのだろう。順光の中でトレードマークのGoldenXがいっそう輝いて見えた。








順光で金色の輝きはきれいに見えたが(画像ではかなり目減りしてしまっており、実際はもっとキラキラ輝いてみえる)、擬木の上ではふちの部分の《透明感》がよくわからない……ということで過去に撮影した、葉の裏にとまっている画像を↓。


ユニークな円形シールドは、その内側に触角や脚を引っ込めて葉に密着すれば、アリなどの敵をシャットアウトできる形なのだろう。防壁効果を高めるためにシールドがはりだしたことで、そのぶん視界は被われることとになるが、透明なことで敵影を察知できるのだろう。


金色の部分は背中中央のX紋、前胸の背面にも一対の紋がある。そして黒い部分を縁取ってもいるのだが、こうした金色部分の輝きは個体によって差があって、薄茶色程度の鈍い色合いのものもいる。手もとにある甲虫図鑑では標本写真のためか金色の輝きが失われ、イチモンジカメノコハムシとまぎらわしい。じっさい、セモンジンガサハムシとイチモンジカメノコハムシを間違えた記事を目にすることもある。
ということで、ワイヤーフェンスにとまっていたイチモンジカメノコハムシとの比較画像を──↓。


イチモンジカメノコハムシは、よくムラサキシキブでみかける。この個体は右の触角が欠けていたが、イチモンジカメノコハムシの触角は先端から中ほどまでが黒っぽい。


一方、セモンジンガサハムシは──↓。




体長もイチモンジカメノコハムシ(7.5~8.5mm)の方がセモンジンガサハムシ(5.5~6.5mm)よりも大きい。


おじゃま虫も増えてきた

ところで……今回、セモンジンガサハムシを撮影していた時は気がつかなかったのだが……その体に小さな虫が乗っている画像がいくつかあった。


春になって擬木の上に色々な虫が見られるようになって来たが……狙いの昆虫を撮ろうとしている時にフレームインしてくるオジャマ虫も増えてきた……。






このところ、蛾やチョウの幼虫などの姿も増えてきた。そんな中、ウコンカギバの幼虫の姿も……ドラゴンっぽい姿は見応えがあるので、これはオジャマ虫ではなく、ありがたい虫↓。




ミヤマシギゾウムシを撮っていたら、フレームインしてきたカメムシ幼虫↓


コブヒゲカスミカメの成虫はこんな姿↓。


擬木の上には、枝から落ちたイモムシ・ケムシなどが登ってくるが、そうした蛾の幼虫などを食うヨツボシヒラタシデムシも出てきた。


ヨツボシヒラタシデムシは、以前「ひげ噛み行動」を観察して個人的に盛り上がった(?)思い出深い昆虫。この虫がそうであるかはどうかは判らないが、交尾の際に♀の保定のために「ひげ噛み行動」を行う昆虫の中には、交尾後に♀の触角を噛み切って他の♂との交尾を妨害する「噛み切り行動」を獲得したものが存在するのではないか──と密かに予想している。


身近な遭難でUMAと遭遇!?

山奥で遭難し、そのとき異形なモノ(妖怪・UMAのたぐい?)と遭遇した──という話は昔からよくある。
遭難というと人里離れた場所をイメージしがちだが、身近な所でも起こりうる。というより起き続けている。気づかぬ人が知らないだけだ。そしてこうした遭難による異形な存在との出会いもある。
ということで、僕が最近、「身近な遭難」で出会った異形なモノをいくつか紹介してみたい……。

身近な遭難《擬木遭難》&異形なモノとの遭遇

さて、ここでいう「遭難」とは、虫の遭難。枝から落ちて擬木の柵や欄干などに登ってしまい、そこから抜け出せなくなっている状態を僕は《擬木遭難》と呼んでいる。葉を食べる幼虫は、落下すると木の幹をよじのぼり「餌の葉がある《高い所》」を目指す。しかし間違って擬木を登ってしまうとやっかいなことになる。のぼりつめても餌(葉)はない。支柱のてっぺんまで登ってそのフチをぐるぐる回り、その先がないことをようやく悟ると、少し降りて水平の手すりを移動、次の支柱を登って同じ事をくりかえす……擬木の上をいくら徘徊しても目指す枝葉に到達できないことを虫たちは知らない。
擬木上には同じように落下して擬木に登ってきたクモやサシガメ、カマキリなどの捕食者たちもいる。《擬木遭難》は虫たちにとって生死に関わる災難で、「遭難」は決して大げさな言い方ではないだろう。

そんなわけで、雑木林沿いの遊歩道の擬木には、遭難中の様々な虫が這っていたりする。中にはギョッとするような異形な姿をしているものも……。


これ↑は【怪獣!?ドラゴン!?!UMAじゃない実在生物】で投稿した画像だが、先日も擬木で遭遇した。その時の画像がこれ↓。


何度であってもユニークな造型にカメラを向けたくなってしまう。


これはウコンカギバもしくはヒメウコンカギバという蛾の幼虫だろう。キアイを入れればドラゴンに見えなくもない姿は空目(そらめ)チックだが、和名も文字列空目しがちな危険な香りを感じる。「ウコンカギバ」を「う○こ嗅ぎ場」と誤読しないよう注意が必要だ。
この幼虫──頭部に一対の突起があって、これがちょっと猫耳っぽく、猫顔にも見える。猫顔のイモムシは意外に多く、個人的には猫顔幼虫はポイントが高い(いったい何のポイントだか……)。


猫顔もおもしろいが、この幼虫でまず目を引くのは、やはり背中や腹端に生えた何とも不思議な突起だろう。角度や形が変わるのでいちおう可変式の器官ではあるようだが……これにはいったいどんな意味があるのだろう? この突起があることで(昆虫食の)鳥が忌避するとか(鳥も異形を嫌うとか?)……身を守ることに何か役立っていたりするだろうか? 突起をたたんでいるときは枯れた植物片に見えなくもないから、隠蔽擬態の効果はあるていどあるのかもしれないが……隠蔽工作の器官にしては仕掛けが大掛かりすぎる気もする。あるいはやがてメタモルフォーゼするときに備えて養分を貯蔵しておく器官で、体を再構築する際にアクセスが良い資材置き場みたいな役割りでも果たしているのだろうか?
異形ともいえる謎めいた不思議な姿には興味を抱かずにはいられない。
次に紹介するイモムシも猫顔で背中に突起をもつが……この突起を猫のシッポに見たてて、キアイを入れれば《残像を残しながら移動するネコ》に見える……ハズ!?


という↑イメージを思い描いて見てみよう!


見えなかったとすれば……それはキアイが足りなかったのです、きっと……。
いずれにしても、ギンシャチホコ(蛾)の幼虫もユニークな姿をしている。


イモムシで緑色と茶色の配色のものは少なくない。緑色の部分は食植物の葉に溶け込み、茶色の部分は葉のフチの枯れた部分や枝に紛れて見える──配色の違う部分で体が分断されて認識されることで天敵に見つかりにくくなるという隠蔽効果があるのだろう。

次のイモムシは猫顔ではないし、背中に突起も無いが……その模様がふるっている。少し前にもネタにしたが(*)《長い髪をなびかせたスーパーヒロイン》に見えてしかたがないホソバシャチホコ(蛾)の幼虫↓。


個体ごとに描かれたスーパーヒロインの顔・表情に違いがあるので、見つけると、つい撮ってしまう。擬木のふちを徘徊していた個体↓。


スーパーヒロインとはおもむきが違うが、僧侶か地蔵のように見える空目昆虫@擬木↓。


アカシマサシガメは捕食性のカメムシ。カメムシというと嫌われがちだが、僧侶や地蔵に似ていると、ちょっとありがたい感じがしないでもない!?
そして、空目つながりで、擬木上の《赤い笑い》↓。


背中の模様が笑顔に見えるアカスジキンカメムシだが、先日、擬木上で見つけた個体は黒かった。アカスジキンカメムシに黒化型があることは知っていていつか見たいとは思っていた。部分的に黒い個体は何度か見たことがあり、形成過程の部分的不全で黒くなることもあるのではないかと思っているのだが……この個体は「ほぼ全身黒い」。ただ、頭部付近に緑が残っており、「(遺伝的な欠陥で?)緑が作れない」わけではないらしい?
これが遺伝的な要因による黒化型なのか後天的な発達不全(?)による黒化なのか……よくわからない。


ちなみに、スタンダードなアカスジキンカメムシはこんな感じ↓。


身近な所に未知との遭遇を期待し、不思議を発見するのが醍醐味──そう思って虫見をしているのは僕だけではあるまい……。


開閉する眼!?トリック&ギミック

シャチホコガ幼虫の開眼ギミック&シロコブゾウムシの閉眼ギミック





まずは、またまた怪虫シャッチー(シャチホコガ幼虫)。前回投稿したのは若齢幼虫だったが、今回は終齢幼虫。何度見ても奇抜な造型は、見つけるとやはりカメラを向けたくなってしまう。こんなポーズが披露できる虫はシャッチーくらいのものだろう。












シャチホコガ幼虫の《開眼ギミック》

シャッチー(シャチホコガ幼虫)を刺激すると、くわっと胸脚を広げて威嚇ポーズをとる。そのさい体側面には、それまで閉じられていた目玉模様がカッと見開かれる。そのことについては少し前に【シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?】でネタにしたが、目玉模様の出現の《開眼ギミック》を改めて↓。


長い胸脚を大きくふりかざし、とつぜん眼(状紋)が見開いたら──これは威嚇効果がありそうだ……と、僕は想像するのだが、実際にこの【開眼ギミック】にどれほどの効果があるのかは定かではない。
ただ……ワームに目玉模様を描いて鳥に与える実験などで《大きな目玉模様には捕食者を驚かす効果があり、小さな目玉模様には攻撃をそこに向けさせる効果がある》ということがわかっているという。
実際に眼状紋(目玉模様)をもつ昆虫は多い。目玉模様を威嚇に使ったり、急所である頭部から攻撃をそらすため(?)体の後ろに《ダミーの眼》を持つものも少なくない(天敵が頭だと誤認して尻を狙えばフェイント効果?で逃げやすくなるはずだ)。
やはり捕食者にとって《眼》は気になるパーツなのだろう。

捕食者に対してアピール力のある目玉模様だが、威嚇効果がある反面、敵の注意を不必要に引きつけてしまう危険もある。ということなのだろう……それで、シャッチー(シャチホコガ幼虫)はふだん目玉模様を隠している──そう考えると、つじつまは合う(ような気もする)。

シロコブゾウムシの《閉眼ギミック》

シャッチーは敵が迫ると《ダミーの眼》を出現させるが、逆に危険を察知すると《本物の眼》を隠す昆虫もいる。
シャッチーの【開眼ギミック】に対して【閉眼ギミック】というべき、トリック&ギミックの持ち主はシロコブゾウムシだ。


黒くクッキリ目立つ眼がチャームポイントのシロコブゾウムシ。つぶらな眼のせいか、僕はこの虫を見るとアグーチという動物を連想する。僕の中では【アグーチ虫】もしくは【落花生虫】というイメージが定着しているシロコブゾウムシだが……よくコロッと落ちて死んだフリをする。擬死は昆虫ではよくみられる行動だが……ユニークなのは、そのさい触角で眼をおおい隠すことだ。初めてこれを見た時は《眼を閉じた》ように見え、「まぶたのない昆虫が、どうして目をつむる!?!」とかなりビックリした(【仰天!?眼をつむるシロコブゾウムシ】)。




落下し擬死モードに入ったとき、畳んだ触角を利用して目立つ眼を隠すことで天敵からみつかりにくくなる(生存率が高まる)ということなのだろう(……と僕は解釈しているのだが)。







ダミーの目玉を出現させたり、本物の眼を隠したり──おそらく生存率を高める工夫なのだろうが、小さな虫もいろんなギミック&トリックを駆使しているものだとあらためて感心する。

※ここでは「眼を開く・眼を閉じる」という意味で「開眼(かいがん)・閉眼(へいがん)」という表記をしたが、厳密には「開眼」「閉眼」は別な意味(や読み)で使われるようだ。
「眼を閉じる」ことを意味する単語としては「瞑目」というのがあるが、ちょっとなじみが薄いのと、反対語(「眼を開く」に該当する単語)がみつからないので単独では使いづらい。対(セット)になった単語で「眼を開く・眼を閉じる」を意味する言葉を探してみたのだが、みつからなかった。そこでやむなく「開・閉」を使った「字面からのわかりやすさ」から、あえて「開眼」「閉眼」を使用したしだい。


若齢シャッチー(シャチホコガ幼虫)

ベイビー・シャッチー(シャチホコガ若齢幼虫)



先日、シャチホコガの若齢幼虫と思われるイモムシが擬木遭難(食樹から離れてしまい擬木上で迷子状態になることを僕はこう呼んでいる)しているのを見つけた。
シャッチーことシャチホコガ幼虫の記事は8月にもアップしているが、今回は初めて見る若齢幼虫。




前回(【シャチホコガ幼虫の威嚇ギミック!?】)撮った終齢幼虫に比べるとだいぶ小さく、ほっそりしている。しかし、ちゃんとシャチホコガ幼虫の特徴を持っているのが可愛らしい。
レスキューして近くのサクラに移したが、そのさいに撮った画像をば。


画像では止まってみえるが、動き回っていたのでブレ画像を量産。特に長い胸脚をせわしなく動かし続けていた。ハチの中には触角をしきりに動かしているものがいるが、それを連想させる。シャチホコガ幼虫の長い胸脚には触角のような感覚器官としての役割りもあるのだろうか?


イモムシとは思えないような長い脚、怪獣のような背中のギザギザ突起、触角をはやしたコブラのような腹端の第2の頭!?──なんともユニークな造型だ。










イモムシの脚は胸脚3対・腹脚4対・尾脚1対が基本らしい。末端に位置する尾脚は体を支えるのに重要な部分という気がするが(腹脚が少ないシャクガ幼虫などは尾脚のグリップ力はかなり強い)、その尾脚の脚としての役割りを放棄し、こんな形──ダミー触角(?)に変化させたということは、それなりの意味があってのことなのだろうか……。
ところで、シャチホコガといえば、やはりその名が示すとおり《反り返ったシャチホコ》ポーズ。若齢幼虫もシャチホコってくれた。(レイバック)イナバウアるともいう──のは僕だけであろうか?






このあと、近くのサクラのひこばえならぬ胴吹き(?)に移したのだが……その翌日↓。






実は撮っているときは気がつかなかったのだが、後に画像を確認すると頭のうしろが大きくふくらんでいた。こんな状態は以前も一度見ていた(【怪獣のような幼虫!?】)ので、脱皮前の兆候だとわかった。
ということで、さらに翌日チェックに行くと、脱皮後のシャッチーをみることができた↓。








シャチホコガの幼虫齢数は7齢まであるらしいが、この個体はまだまだ小さい。
大きなシャッチーは怪獣のような迫力が魅力だが、小さなベイビーもこれはこれで可愛らしくて魅力的だ。

余談だが……よく「動物の赤ちゃんがかわいいのは、(ひとりでは生きられないから、せわをしてくれる)親の愛情行動を引き起こすようにできているため」──みたなことがいわれる。しかし「かわいがられるように《赤ちゃんがかわいくできている》」というのは、ちょっと違う気がする。親が子育てしない種類の動物でも赤ちゃんはかわいい。カメ、トカゲ、ヘビでもベイビーはかわいく見えるものだ。こうしたことを考えると、《赤ちゃんがかわいくできている》のではなく、「子育てする動物は、大人(成体)の側に《赤ちゃん(幼体)をかわいく感じるしくみ》がある」というのが解釈としては正しいのではないかと思う。

ベイビー・シャッチーを可愛いと思うかどうかは、人それぞれだろうが……とりあえず、今回みつけた個体が、無事に脱皮をクリアしていたのでホッとした。
がんばれシャッチー! 大きくなれよ!


※【怪虫シャッチー(シャチホコガ幼虫)イモコレ!2に!】より