FC2ブログ

ユーザータグ : 怖い話の記事 (1/2)

人面ガエル

400字詰原稿用紙8枚半ほどの《怖い話》。読み切りホラー童話。
01人面ガエルFC2
02人面ガエルFC2
03人面ガエルFC2
04人面ガエルFC2
05人面ガエルFC2
06人面ガエルFC2
07人面ガエルFC2
08人面ガエルFC2
09人面ガエルFC2

10人面ガエル表紙FC2


創作童話・ショートショート・漫画メニュー
スポンサーサイト



泣いてるとゾンビが脳みそ喰いに来る

笑いをこらえるのは難しい……そのことは『怪喜!笑い袋爺』(*)で記したが……泣き叫ぶ幼児をなだめるのも難しい!?──ということで。

泣く子を黙らす方法!?

小さな子どもが泣くのには、痛みや不安など、危険を知らせる警告信号としての意味がある。保護者に必要な注意を喚起する手段と考えると有益だが……ときに子どもは《わがままを通すための手段》としてこれを使うことがある。「(帰らなくてはいけないのに)まだ遊んでいたい」「気に入った玩具を買って欲しい」などの要求を通すために、(そこで騒ぐと)親が困ることを察知した上で大泣きすることもありがちだ。大声で泣き叫ぶのは《泣き落とし》ならぬ《泣き脅し》である。これに屈して子どもの要求に応えれば、《泣き脅し》が有効であることを学習した子は、《泣き脅し》にみがきをかけて頻繁に使うようになるだろう。
こうした《脅し泣き》を阻止し、泣き止ます方法として、次のように言い聞かせるのはどうだろう。


泣いてると ゾンビが脳みそ 喰いに来る

友蔵 心の俳句(by『ちびまる子ちゃん』)みたいだが、ゾンビが脳味噌を喰いにくるとなれば、泣く子も黙ろうというもの。脳みそを喰わせろとゾンビたちがおしよせてくる映画『バタリアン』を見ていれば効果は抜群。恐怖による抑止は「泣ぐゴは居ねがー(泣く子はいないか)」とねり歩くナマハゲ効果に近いものだが、ゾンビが泣く子をターゲットとする理由を図解してみよう⬇。
泣く子とゾンビ図解
涙はしょっぱい──これは泣いている子には、わかることだ。つまり、泣くと涙とともに塩辛さが体の外へ排出される。すると、塩気が抜けることで、脳味噌はどんどん甘くなる。脳味噌喰いのゾンビは、泣き声を聞きつけると、音源には甘く熟れた脳味噌があることをよく知っていて、よろこび勇んで喰いにやって来る──というしだい。
さすがに上級生あたりではこの理屈は通用しないかもしれないが、だだをこねて泣き叫ぶ年頃の子どもには説得力があるのではあるまいか?
僕が昔この説得法(?)を思いついて甥っ子に試してみた時には効果があった。

ところで、ホラーといえば夏……いやいや、夏といえばホラーだが、今年は7月に入っても涼しくて過ごしやすい日が続いている。毎年、夏には暑さ・冬には寒さに往生して(*)、夏になると「(ドラえもんの)《どこでもドア》があったら、涼しい高原とつないで戸を開放しておくのに……」と嘆いていたが、今年は今のところ《どこでもドア》いらずである。
「なんだ、なんだ。夏だって、やる気になれば涼しくできるじゃん」と思っているのは僕だけではあるまい。



実録『怪喜!笑い袋爺』
冬来たりなば貼るトウガラシ
【冗区(ジョーク)】〜メニュー〜

不老の理由(ショートショート)

ショートショート『不老の理由』






















《不老長寿》は今昔東西を問わず、多くの人が関心を寄せてきたテーマだろう。しかし、しょせんは「かなわぬ夢」。人が老いて死んでいくのは自然の摂理だ。これに反する《不老》は自然の摂理にそむくことであり、罪深いことのようにも思われる。《不老》の実現にはタブー感がつきまとう……。
「人魚の肉を食って不老長寿を得た」という八百比丘尼伝説は有名だ。しかし、実際には、人魚などいやしない。とすれば、この話はどうして生まれてきたのだろう? 《不老化》の真相とは……禁断の「食べ合わせ」による特殊な作用・効果だったのではあるまいか──というのが、この作品の着想となった。
『不老の理由』を書いた時期については記憶がサダカではないのだが……個人誌《チャンネルF》12号(1994年3月9日号)の自選作品集には収録してあって、ソリブジン報道があった頃にプチ加筆した記憶がある。


個人誌《チャンネルF》はワープロ専用機で打ち出した気ままなコピー冊子。《チャンネルF》の《F》は《Fantasy》《Fusion(現実と幻想の「融合」という意味で)》《FUSHIGI》の《F》。「心のチャンネルを《F》にチューニングする」──という意味で第1号の表紙には(ラジオの)チューナーを模した図案を描いている。ただ、《チャンネルF》の配布はきわめて限定的だったので……個人誌の延長に位置づけているYahoo!ブログで、『不老の理由』を(も)あらためて公開してみることにしたしだい。


エアポケット幻想


ぼうっとしていると、弛緩した脳味噌にとりとめもないイメージが展開することがある。幻想的妄想というか妄想的幻想というか……ふとした意識の空白地帯(エアポケット)に浮かび上がる着想・ひらめき・インスピレーションのようなもの。こうしたイメージを「エアポケット幻想」と呼んでみようかと思う。
意図せず湧きあがる他愛もない思いつきはすぐに忘れてしまいがち。ブログに記したものもあるのだけれど、投稿時の書庫・カテゴリーもバラバラだったりして、時間が経つと、何をどんなエントリーに記したのか、にわかに思い出せなくなっていたりする。
ということで、エアポケット幻想ネタ──幻想・ホラー系からちょっとしたジョークまで、あまり役に立ちそうも無い着想が含まれた記事を、まとめておくページを作ってみようかと思い立った。
とりあえず、思いつくところからピックアップ……投稿順にはなっていない。

エアポケット幻想 ~メニュー~

キリギリス幻想
フォト怪奇譚『樹に宿る眼』
巻貝が描く《幻の地図》
白い虹の幻想!?日暈を映すカミキリ
細胞分裂を思わせるチョウ!?
雨でも傘は濡らさない
標本箱がコワイ!?~虫の知らせ
民話風フユシャクなぜ話
民話風なぜ話:マツトビゾウムシとヤニサシガメ~ウバタマムシ
クモがコミミズクを捕食!?~エナガの恩返し
猫バスの幼生 ※トビモンオオエダシャクの創作異聞
謎の美少女仮面伝説!?@ホソバシャチホコ幼虫
怪獣!?ドラゴン!?!UMAじゃない実在生物
眠れる森の長老!?ミミズク幼虫
ぷち地蔵アカシマサシガメQuiz
バルタン星人に勝つには
冬来たりなば貼るトウガラシ
重力エスカレーター
つれづれに夢の話
空耳ならぬ空目アワー
擬態と空目・聞き做しと空耳
空耳くしゃみ「Head Action!」
どんでん寓話『川渡り』
秘薬・毛生え薬
寓話的ヤスマツトビナナフシのオス
シンデレラには嘘がある!?~ガラスの靴よりふさわしいもの
マツトビゾウムシのシンデレラ
実録『怪喜!笑い袋爺』

※創作作品として記したものは↓
読み切り童話・短編 メニュー


※このページは主だった記事のタイトルをまとめたTOPページ【チャンネルF+】の★エッセイ・雑記★の下に「☆エアポケット幻想」としてリンクしておく。

【冗区(ジョーク)】~メニュー~

【冗区(ジョーク)】は、なんちゃってネタ・創作異聞などを扱うジョーク・カテゴリーとして作った書庫なのだが、ジョーク色が強い《空目ネタ》は【昆虫など】や【エッセイ・雑記】にも入っていて、分類の基準はあまり明確ではない。これまで【冗区】書庫ではラインナップが少ないため目次のページを設けていなかったが……とりあえず書庫内のタイトルをまとめたメニューページを作ってみた次第。

【冗区(ジョーク)】~メニュー~

一足早い金環日食!?



猫バスの幼生 ※トビモンオオエダシャクの創作異聞/●ポケモンならぬトビモン







空耳ならぬ空目アワー※【エッセイ・雑記】書庫