FC2ブログ

ユーザータグ : 幼蛇の記事 (1/1)

ヘビの抜け殻&アオダイショウ幼蛇

ヘビの抜け殻&脱皮主のアオダイショウ幼蛇

前記事の石垣でヒガシニホントカゲハリサシガメを撮っていたところ、まだ新しいヘビの抜け殻を見つけた。


セミの抜け殻などは成虫が脱出するさいに背中が裂けているが、ヘビの抜け殻は全体がほとんど無傷で残っていることがある。この抜け殻は残念ながら(?)途中で切れていたが、すぐ近くに残りがあった。


実はこの↑抜け殻の近くに脱皮主と思しきアオダイショウ幼蛇がいたのだが、カメラを近づけると石垣の奥に隠れてしまい、抜け殻との2ショットは撮ることができなかった……。
しかし、しばらくすると近くの石垣の隙間から現れた。




アオダイショウの幼蛇は成体とは違った模様や体色をしているので、一見別種のヘビに見える。幼蛇のはしご模様が、マムシの銭形模様に間違えられるらしく、しばしばマムシと誤認されている。マムシの瞳孔はネコのように縦長だがアオダイショウの瞳孔は丸い。


ヘビは二股に分かれた舌をよく出し入れする。これは舌で集めた空気中の化学物質を口蓋にある一対のヤコブソン器官(嗅覚器官)へ運んでニオイを感知するため。


ヘビは手足がないのに実にスムーズに移動することができる。くねらせた体の要所要所で体を押し当て一定方向(頭の方向)に体を滑らせ続けることで前進できる。下から上への移動も滑るように(実際に滑らせて)自由自在。
ちなみに幼蛇とはずいぶん印象が違うアオダイショウの成体↓。


アオダイショウの幼蛇と成体ではなぜ模様が違うのかふしぎなところだが……以前、これについて考えてみたことがある→【幼蛇と成体・模様が異なる理由:アオダイショウ

ヘビの抜け殻はヘビ本体よりも長くなる

ヘビは体をくねらせて一定方向(頭の方向)に滑る(進む)ことができるが、滑る方向を決めているのが腹板と呼ばれる幅の広いウロコだ。今回の抜け殻で見てみると↓。


腹板はヘビの腹側(つまり地面などと接する部分)の幅の広いウロコ。継ぎ目が前の腹板の下に重ねられているので、頭方向へは抵抗なくスムーズに滑るが、尾方向には腹板の後縁がひっかかってブレーキとなる。つまり腹板が逆進防止のストッパーの役割りをはたしている。
抜け殻の頭を見ると、眼をおおっていた透明なウロコもいっしょに脱皮しているのがわかる↓。


半透明のウロコ(体鱗)の間に見える白っぽい部分は、普段ウロコの下にたたまれている皮膚で、大きな獲物を呑み込んだときなどに拡張する。脱皮のさいには、このウロコの下にたたまれている皮膚も伸ばされていくことになり、そのため抜け殻はヘビ本体よりも長くなる。


ヘビの脱皮は鼻先から始まり、頭をおおっていた古い表皮がめくれ上がり、パーカーのフードをはねあげたように後屈する。その反転した頭が古い体を呑み込んで行くような形になる。ストッキングを脱ぐように古い皮を裏返しながら脱皮は進むので、抜け殻を傷つけることなく本体が脱出できるわけだ。脱ぎ終えたヘビの抜け殻は裏表が逆転している(抜け殻↑では頭の外側だった面が内側になっている)。


(※↑【脱皮マジック】より再掲載)

余談だが……ヘビの脱皮は本体より抜け殻が長くなるのに対し、昆虫の脱皮では抜け殻より大きな本体が現れたりする……これにもビックリだ。


(※↑【脱皮マジック】より再掲載)

スポンサーサイト



ヒバカリ幼蛇の捕食

ヒバカリ幼蛇(ようだ)がオタマジャクシを捕食

先日、ヒバカリ(ヘビ)の幼体がオタマシジャクシを捕食するシーンにでくわし、捕らえたえものを呑み込むまでを観察することができた。まずは、(ヘビ嫌いの人への配慮を兼ねてクッション用に)事後に撮影した現場の画像から(画像にヒバカリは写っていない)。狭山丘陵周辺には小規模ながら田んぼが点在していて、そのわきの小さな水路↓。


こういうところにはオタマジャクシやドジョウがいるが、見て判るように水は浅いし逃げるスペースは少ない。ヒバカリやヤマカガシが狩りを行うには適した環境だろう。
虫見をするようになってから(注意の焦点距離が虫見用に変わったことで)ヘビの発見率がだいぶ落ちていたが……久しぶりのヒバカリとの再会。この日も虫見に歩いていたのだが、田んぼの近くを通りかかったとき、水路の岸辺の水面の一部に波紋が起こった。ドジョウかオタマジャクシが動いたのだろうと思い目を向けると──「おっ!? ヒバカリ幼蛇の捕食だ!」
3mほど離れていたが、目に映った瞬間にハッキリとそれとわかった。僕は四半世紀も前だがヒバカリを飼育したことがある(*)。目に飛び込んできた「動き」は当時観察した「ヒバカリ幼蛇の捕食」そのものだった。
脅かさないようにそっと現場に近づいて確認したときにはヒバカリの幼蛇(幼体のヘビ)はオタマジャクシをくわえていた。


最初に目に映った波紋は、まさにヒバカリがこの獲物を捕まえる瞬間だったのだろう。その場面をハッキリ視認したわけではないが、(過去の飼育観察経験から)しっかり脳裏に思い描くことはできる。
岸辺のヒバカリは頭を水にくぐらせ、上半身を左右にくねらせて獲物を追いかける。水は浅いので獲物は上下方向に逃げることができずその動きは平面方向に限られるので、ヒバカリの攻撃をかわしにくい状況だ。水面下で獲物とヒバカリの頭の追いかけっこが展開され、獲物に追いつき、あるいは交錯する瞬間、ヒバカリはすばやく獲物に噛みついて水の中から引きだす──僕がしっかり視認できたのはそこからだった。
獲物をのみこむ様子を画像に収めたかったが、不用意に近づきすぎると獲物を破棄して逃げてしまうかもしれない。なるべく脅かさないように気を配りながらカメラを向けるが、ヒバカリは隠れるように物陰に移動するので、ベストショットで記録するのは難しい……。以下、控えめに撮った画像を時間の経過順に並べてみる。


うしろに写っている水面が狩りの現場。ヒバカリの幼蛇は成体より黒っぽい。
捕らえたオタマジャクシはヒバカリの頭よりもはるかに大きい。ヘビの口は大きく開くことができ、大きな獲物も丸呑みできる構造になっている。


「自分の頭より大きな獲物を呑み込む」というのは、知らない人には信じがたいイリュージョンではなかろうか。獲物を小さく噛みちぎって食べるのではなく、そのまま丸呑み。しかも……手(前脚)でもあれば口の中に「押し込む」こともできるだろうが、ヘビは手放し(?)状態のまま、大きな獲物を食道に引き込む事ができる。
ヘビの下顎の骨は先端がつながっておらず、クワガタの大顎のように左右に広げることができ、また別々に動かすこともできる。
まず右側の下顎で獲物をがっしりおさえ、左側の下顎を前進させて獲物を深くくわえ直して引きよせる。次にその左側でえものを固定したまま、今度は右側の下顎を前進させて深くくわえ直して引きよせる──この動作を左右交互にくり返して、少しずつ獲物をのどの奥に引き込んでいく。
今回は獲物が大きかったためか、カメラを警戒していたこともあってか、呑み込むのに時間がかかっていた。ちなみにヒバカリは獲物に巻きつくようなこと(呑む前にしめつけて窒息死させる行動)はせず、そのまま呑み込む。


見える位置から撮ろうとすると隠れるので、しばし撮影を自粛。↑の画像から22分余り経過して、ようやく食事も終盤に近づいたヒバカリ↓。


ヘビにも肋骨はあるが胸骨で左右がつながっていない。これが広がることで大きな獲物でもつかえずに呑み込むことができる。獲物を呑んで胴回りが拡張する時は、ふだんウロコの下にたたまれている皮膚がのびて露出する。
ちなみにヘビが脱皮するときにはこのウロコの間の部分がのびた形になるので実際の体よりも抜け殻の方が長くなる(*)。カメムシの脱皮や羽化では抜け殻より大きな本体が出てくるので驚くが、あれとは逆。




今回は捕らえたオタマジャクシを呑み終えるまでに30分を要した。


獲物を呑み込んだ後には、よく口を開閉する。ストレッチで顎や首回りの筋肉や関節をほぐし整えているのだろうか? 甲虫類が下翅を伸ばして畳み直すしぐさに、なんとなく似ている気がする。
野生のヘビが逃げようとする獲物を捕らえるのも大変だろうが、捕らえた獲物をを呑み込むのがまた一苦労だ……今回、見ている方も力が入って、ちょっと疲れた(笑)。
ヘビでは、せっかくとらえた獲物が大きすぎて呑めなかったりうまく吐き出せずに死んでしまうなんて事故もあるらしい。まるで食事のたびにお産でもしているかのようだ。
我々ヒトは食事を道楽にしてしまったが、野生動物にとって餌を摂るということは命がけの活動なのだとあらためて実感する。

大仕事を終えたヒバカリ幼蛇は水路の土の間にもぐりこもうとしたので、全体を撮るためにちょっと出てきてもらった。


(右手にカメラを構えているので)左手だけでは思うように扱えず……とりあえず撮る。ヒバカリ自体、小型の種類だが、幼蛇はとても小さく感じる。これで、ちゃんと狩りができるのだから大したものだ。
ヒバカリの特徴が判る画像を↓。


ヤマカガシにも黄色い首輪模様があったりするが、ヒバカリの首輪模様は背の側でつながっていない。腹板(腹側の幅が広いウロコ)ふちの黒点模様が「点線」のように並ぶ。


口を閉じているとスマートでかわいらしく見える。成長しても全長40~65cmほどの温厚なヘビ。


いた場所に戻すと、水路を泳いで渡った。その途中で止まったシーン↑。
あれだけ大きな獲物を丸呑みにした直後とは思えないスマートなフォルム。捕食シーンを見たことがない人には、こんな小さな頭であれほどの大物を呑み込むとは信じがたいのではないだろうか?
ヘビには不思議が詰まっている──四半世紀ぶりにじっくり鑑賞したヒバカリ幼蛇はこの後対岸に姿を消した。

親とは似てないシマヘビ幼蛇

親とはまったく似てないシマヘビの幼蛇

先日、シマヘビの幼蛇にであった。シマヘビの成体はしばしば見かけるが、幼蛇を目にする機会は意外に少なかったので、ちょっとテンションが上がった。


画像のシマヘビ幼蛇は、いくぶんあごを広げ頭を三角にみせている。「毒蛇(マムシやハブ)は頭が三角」とよく言われるが、無毒のヘビでも頭を三角に見せることがある。相手に毒蛇を連想させる擬態ポーズなのだろう。シマヘビ幼蛇はマムシやハブ同様に瞳孔も縦長なので、それっぽく見えなくもない。


落ち葉にまぎれると意外に目立たない。大きな成体では落ち葉にかくれるのは無理だが……小さな幼蛇なら、落ち葉にまぎれて目立たない──そんな色合いだ。

シマヘビ幼蛇を最初に見たのは中学生の時だった。図鑑を見ても該当する写真やイラストがみつからず(当時の図鑑には成体の姿しか載っていなかった)、科学・第2分野の先生に見せても正体がわからず、僕にとって《謎のヘビ》だった。
(ちなみにこの第2分野の先生は科学の授業中「マムシは口から子どもを産む」と大真面目に教えていた事もあったのでガッカリ/もちろんこれは迷信。マムシは卵胎生)
シマヘビ(の成体)は何度も見て知っていたが、《謎のヘビ》がその幼体だったことを知ったのはだいぶ後だったように思う。ヘビで幼体と成体が全く違う色&模様をしたものがいるということを知ったときは驚いたものである。
ちなみに小学6年のときに見たアオダイショウの幼蛇もまた《謎のヘビ》だったが、シマヘビ幼蛇の正体が分かったときに、こちらの謎も解決した。




シマヘビ幼蛇は見かける機会が少ない!?

《シマヘビやアオダイショウは、なぜ、成体と幼体で模様が違うのか》──という疑問については以前、思うところを記した(*あくまでも素人の個人的考察)。
今回は久しぶりに出会ったシマヘビ幼蛇をみて、「成体はしばしば見るのに、なぜ幼蛇を目にする機会が少ないのか?」とあらためて考えてみた。

「誕生した幼蛇の数」と「生存競争を経て生き残った成体の数」を比べたら、もちろん「幼蛇」の方が「成体」より多いはずだ。それだけ考えると、成体よりも幼蛇を見かける機会が多くてよさそうな気もするが……しかし、よく考えてみると、シマヘビの一生の中で、幼蛇の期間は短い──ある個体に出会ったときに、それがたまたま幼体期である確率は少なくて当然なのかもしれない。

しかし……そういったことを考慮に入れても、やはりシマヘビ幼蛇に出会う機会が少ないような気がしてしまう。
例えば同じようにしばしば見かけるアオダイショウの場合は、幼蛇を見かける機会もシマヘビより多い。
アオダイショウ幼蛇は時々目にするのにシマヘビ幼蛇はなかなか見られないのはなぜだろう?

シマヘビ幼蛇は活動時間帯が夕方以降で「昼は動かず隠れている事が多いから目につきにくい」のではないか?……そんな想像してみた。そう思うに至った根拠は、瞳孔の形。


夜行性の動物では瞳孔が縦長あるいは横長になる傾向がある。シマヘビは成体の瞳孔はほぼ円形だが、幼蛇ではかかなり縦長である。シマヘビ成体は昼間、日光浴したり活動している姿を見かけるが、幼蛇の時代は暗い時間帯に活動することが多いのではないか……そのため見かける機会がアオダイショウに比べて少ないのではないだろうか……瞳孔の形の違いから活動時間帯の違いを推理してみたわけである。





幼蛇と成体・模様が異なる理由:アオダイショウ

僕が子どもの頃、アオダイショウやシマヘビの幼蛇(*)は謎のヘビだった。これらの幼蛇をみつけ、調べてみたのだが当時の図鑑では該当する画像をみつけることができなかったからだ。そのころさがした図鑑には成体の写真や絵しか載っていなかった。同じ種類なのに成体と幼体では全く似ていないヘビがいるなど思いもよらなかった。

アオダイショウやシマヘビに限らず、成体と幼体で色や模様が異なるヘビは少なくない。同じ個体でも、成長するとまるで別種のように変化する。
いったいなぜ、同じ種類なのに親と子でこんなにも違うのだろう?
この模様の違いの意味するものは何なのか……僕なりの推理を記してみたい。

アオダイショウの幼蛇はマムシに擬態!?





ブログを徘徊していると、アオダイショウの幼蛇がマムシと間違われている例が少なくない。アオダイショウ幼蛇の模様がマムシの紋に似ている(と思われる)ためらしい。
そんな誤認例が多いためか、【アオダイショウの幼蛇はマムシに擬態している】といった説(?)もあるようだ。人がだまされるのだから、ヘビの天敵にあたる生き物が誤認して敬遠するといったことも、あるいはあるのかもしれない。ただ、この説について、僕は積極的に支持する気になれない。
マムシの模様は警告的(相手に目立つための)サインというより、ボディラインを分かりにくくし周囲にとけこむための(相手に気づかれないための)隠蔽擬態仕様だろう。警告的(目立つ)サインなら、それを真似る無毒のヘビがいてもおかしくない気がするが、目立たぬ種類にわざわざ似せるというのは、ちょっと想像しにくい。
むしろ、アオダイショウの幼蛇も相手に気づかれにくい隠蔽擬態をめざし、その結果、たまたまマムシと似たデザインになった……と考える方が自然な気がする。

アオダイショウは成長するにともない幼蛇特有の模様は薄れ、縦縞あるいは無地に変わって行く。
これを【マムシに擬態:説】で説明するなら、マムシよりずっと大きなサイズのアオダイショウまでマムシ模様だったとするとマムシに誤認されにくくなるだろうし、アオダイショウが生涯「マムシ模様」だったとすると、天敵は擬態主のマムシに出会うよりアオダイショウに遭遇する確率が増え、擬態効果が薄れることにもなりかねない。そこで、わざわざ成長するとデザイン変更する──という理屈になるのだろうか?
しかし僕はデザイン変更には別の意味があるのではないかと考えている。

止まって見える移動術!?

幼蛇と成体の違い──まず思い浮かぶ相違点は体の大きさだ。体の大きさの違いが、アオダイショウの模様の違い(変化)と関係しているのではないかと僕はにらんでいる。

幼蛇が持つ体を分断するような横縞模様は、ヘビ特有の長いボディラインを隠す効果があるのだろう。じっと動かなければ、横縞模様は隠蔽効果が高い仕様だと思う。
横縞模様の欠点は、(日中)動けば動点の多さから獲物や天敵に気づかれてしまいやすいということだろう。
敵に気づかれた場合、体の小さな幼蛇なら、ちょっとした草の影や隙間にすぐ潜り込んで身を守ることもできる。小さい個体なら横縞模様の欠点(日中動くと見つかりやすい)より利点(じっとしていれば目立たない)の方が勝ってい──それで幼蛇ではこの模様が採用されているのではないか。

一方、成長したヘビは大きさの点からも相手から見つかりやすくなる。しかし小さな幼蛇のように簡単に素早く身を隠すことはできない。大きな体が潜り込めるような場所も(幼蛇に比べれば)少ないだろうし、長い体だと移動するのに時間がかかってしまう。
幼蛇なら、頭が通過した位置を尾が通過するまでいくらもかからないが、成体になると長い体が頭の通った位置を通過しきるまでにそれなりに時間がかかる。尾が通過するまでヘビの体はずっと同じ位置にあり続けることになり、天敵からすれば、これは捕まえやすい。

そこで成長したアオダイショウは動くと目立つ(動点が多い)横縞模様をやめ、移動中も動点がとらえにくい進行方向への連続模様──縦縞あるいは無地に仕様変更するようになった(そうした個体が生存率を高めて仕様変更が定着した)のではないか……僕はそう考えている。





シマヘビも幼蛇には横縞模様が入るが、成長するとキレイな縦縞模様に変わる。
これも移動中は体のラインと模様が「同じ形を保つ」ことによって「動いているようには見えない」。動いて見えるのは頭部だけで、草の間にのぞく体の大部分は止まって見える。通過区間では、チューブ状のもの(ヘビの体)が、わずかに膨らみ、やがてしぼんで細くなり消えてしまうように見える。


模様の変更は隠蔽術のためのモデルチェンジ!?

ヘビは他の爬虫類や両生類・鳥などの野生動物にくらべればずいぶん大きい。しかし、その割に人のすぐ近くにいても意外と気づかれにくい動物だと思う。
ヘビ嫌いの人は多いが、すぐ近くからいきなり現れる(思い切り近づくまで存在に気づかない)ビックリ効果も嫌悪印象に一役買っている気がしないでもない。

僕が以前よくでかけていた里山では、日に12回ほどヘビを見ることもあったが、同じ日同じような所を歩いている人でその存在に全く気づかぬ人もいる。ヘビがいると教えるとパニクるだろうからあえて告げないが、ヘビのすぐ近くを気づかずに平気で歩いて行く人も多い。
ヘビ嫌いの人はヘビの存在を「時々でくわす程度」と考えているのかもしれないが、身近にひそむヘビの数はヘビ嫌いの人が想像しているよりずっと多いのではないかと思う。

こうした状況が生まれるのは、ヘビは体が大きいわりに存在を悟られない隠蔽術を備えているからだろう。その1つがアオダイショウやシマヘビの成長すると現れる縦縞なのではないだろうか。体が小さな幼蛇のあいだは、体のラインを分断する横縞模様が有効だが、大きくなると縦縞模様の方が有効になる──それで成長するとモデルチェンジ(?)をするようになったのではないだろうか。

昼間活動するアオダイショウやシマヘビの成体にとって視覚的に意味のある模様はそれなりの意味を持っているのではないかと想像するしだい。

コノハムシ:卵と1齢幼虫

タイ産コノハムシの4代目が誕生したので、あらためて卵と1齢を紹介。

コノハムシの卵



コノハムシは羽化すると3週間~1ヶ月ほどで卵を産み始める(単為生殖ができるので♀1匹でも繁殖可)。
産卵が始まると毎日2個ほどの卵を勢い良く飛ばすように産み落とす。
卵は湿った砂の上などに移すと水分を吸って形が変わる(膨らむ)。




孵化直後の1齢幼虫



誕生したばかりの幼虫は赤い。
腹を丸めるように反らしてアリのようによく歩く。
孵化直後の幼虫は高い所を目指して歩く──こうして枝先の若葉(餌となるやわらかい葉)へ到達できるようになっているのだろう。

孵化時のトラブル

孵化がうまくいかないこともある。脚がひっかかっていたり、卵の殻を引きずっているようなときは、卵をおさえると自力で離脱できることがある。それでも脚が抜けない場合は脚と卵の接点あたりに注射器型のスポイト(化粧品用?)などで水滴をたらしてやると、しばらくして抜けることがある。




赤から緑への変身(1齢のうちの変化)





1齢幼虫の餌

若齢幼虫は硬い葉を食べることができないので若葉などの柔らかい葉が理想。