FC2ブログ

ユーザータグ : 幼虫の記事 (1/24)

タテスジグンバイウンカ~ウバタマムシ

タテスジグンバイウンカ~ウバタマムシ



葉の上に初めて見る昆虫がとまっていた↑。「おっ!? なかなかキレイ」──ということで撮ってみたもの。直後にピン!と跳ねて姿を消してしまった。帰宅後調べてみるとタテスジグンバイウンカ(タテスジウンカ)というらしい。
ウンカといえば……先月初めて見たヒロズクサビウンカがフェンスの上にいた↓。


ヒロズクサビウンカ(仮称?)は外来種のマルウンカで広食性らしい。中国ではモクセイ科の植物も加害するというが、近くにキンモクセイが植えられていたのでそこで発生しているのかもしれない。動き回るのでうまく撮れず……最後は例によって跳ねて消えてしまった……。
木製の手すりの上にいたアカスジキンカメムシ5齢幼虫↓。


アカスジキンカメムシは普通、5齢幼虫で越冬する。


遠目には白黒の配色が鳥の糞にも見えるが、黒っぽい部分には鈍い金属光沢があって、よく見るとキレイ。脚や触角も輝いていて、キンカメムシの片鱗を感じさせる。




落葉の頃になると、それまでいた場所では吸汁しにくくなるためか、越冬場所へ移動するためか、あるいは葉と一緒に落ちた個体が登ってくるのか……木の幹や擬木、手摺、フェンス等で終齢(5齢)幼虫を目にする機会が増える。
同様にこの時期、人工物で見かける機会が増えるのが、これ↓。


ワイヤーフェンスの上にいたニホントビナナフシのメス↑。翅は短めだが、これで成虫。オスの翅はもっと長いが、(単為生殖するため)オスを見かけることは稀。『ナナフシのすべて』(岡田正哉・著/トンボ出版/1999年)によると《九州以北ではおもに単為生殖、屋久島以南では両性生殖をすると思われる》とのこと。
しかしながら、僕は狭山丘陵(東京側)でニホントビナナフシのペアを確認したことがある(*)。また半分♂半分♀という雌雄モザイク個体に遭遇したことも2度ある(*)。通常は緑色のニホントビナナフシ♀だが、黄色い個体も見たことがあり(*)、僕には不思議な昆虫というイメージがある。
不思議といえば──ホストの植物から離れた場所にポツンととまっていたアカボシゴマダラの幼虫↓。




特定外来生物に追加指定され、今年から、飼養・栽培・保管・運搬・放出・輸入・譲渡・販売等が規制されることとなったアカボシゴマダラ(*)。このあたりではすでに定着し、もっとも良く見かけるチョウの1つになっているのでカメラを向けることも少なくなってしまったが……「どうして、こんなところに!?」という場所にいたので撮ってみた。多摩湖(村山貯水池)の堤防欄干の束柱というのか間柱というのか──の部分に幼虫がとまっていた。堤防の南端からはおおよそ100mほど、北端からは500mほど離れている。翅のある成虫ならともかく、幼虫がいったいどうやって、ここまでやって来ることができたのか不思議に感じた。
何らかの理由で人の服orバッグ等にくっついて人とともにここまで移動して落ちたのだろうか? あるいは、幼虫がとまっていた葉が強風で飛ばされ、堤防の途中まで運ばれたのか……?
少し前に堤防斜面に生えた雑草を取り除く作業が行われていたのを思い出した。もしかすると雑草にまじってエノキ(アカボシゴマダラ幼虫の食草)の幼木があったのかもしれない。アカボシゴマダラ幼虫はちょっとしたエノキの幼木で見つかることも多い。堤防にエノキの幼木があったのだとしたら、飛来した成虫が産卵することは充分考えられる。そこで育ち、除草作業で食草を失ったアカボシゴマダラ幼虫が近くの束柱で見つかったとしても、ちっとも不自然ではない──この可能性が一番高そうな気がする。



今シーズン初のニトベエダシャク↑。ブラウン&ベージュのシンプルなデザイン&配色がオシャレ。この蛾が出てくると、まもなくフユシャクも出てくる!?
このニトベエダシャクがとまっていたのは(たまたま)松の枝先だったが……この松で探していたのはこれ↓だった。


松ぼっくりと松葉の間に頭を突っ込むようにとまっていたウバタマムシ。成虫は松葉を食べる。この画像では、その姿がよくわからないので、てのひらに乗せて撮影↓。


隆起した縦縞模様が美しい。昆虫が少なくなってきたこの時期にであう甲虫類としては大きく立派で存在感がある。
松ぼっくりに戻して、1円硬貨(直径20mm)と大きさ比較↓。


ウバタマムシ成虫は狭山丘陵において1月~12月まで全ての月で成虫を確認している


スポンサーサイト



ひそかな秋の風物詩!?ケバエ…

ひそかな秋の風物詩!?ケバエ幼虫集団

秋も深まる頃、人知れず現われるのがケバエの幼虫集団である。これは死骸に湧いたウジのごとく密集してひしめき合うイモムシで、パッと見、ウジを大きくして毛を生やしたような姿をしている。この毛が毛虫のように直毛でそろっていれば、それなりにキレイなのだろうが、ケバエ幼虫の体表面に生えた毛はまばらで、植物の根のように縮れている。1匹でも充分気色悪いのだが、これが数十匹から3桁、ときに4桁に届くのではないかと思われる超過密集団をつくり、押し合いへし合いして群全体がのたうつのだから、その光景は、この世のものとは思えない!?
僕が初めてケバエ幼虫集団の存在を知ったのは、まだ虫見を始める前──当時飼っていたフェレットの散歩中であった。この衝撃的な出会いについては当時不定期連載していたフェレット漫画にも描いている(*)。


ちなみにこの回↑には糞虫のセンチコガネも登場するし、別の回ではアカスジキンカメムシやアオオサムシを描いたこともあった。アニメ『ちびまる子ちゃん』ではアカスジキンカメムシをネタにした回があったが、少女漫画系の雑誌にケバエ幼虫を登場させた人はちょっといないのではあるまいか? 僕はフェレットの散歩で遭遇する昆虫たちへの関心から虫見をするようになったのだが、その最初のきっかけがケバエ幼虫集団だった
初めて見た時の衝撃が強烈すぎて神経が鋭敏化したためか(?)、その後はそれまで気づかなかったのがウソのように、そこかしこにその群が目にとまるようになった。毎年、時期になると「そろそろ出る頃だな……」と気になり始め、見ないと何だか落ち着かない。初めて目にした時の衝撃が急性中毒だったとすれば、恐いもの見たさで(?)見ないと落ち着かないというのは慢性中毒症状であろうか? いつしか僕の中では「紅葉・黄葉」を差し置いて、ケバエ幼虫集団が秋の風物詩となってしまったようだ……。
昨年10月には超大型台風21号の影響でケバエ幼虫の出現ポイントが水没したのだが、そのときはケバエ幼虫達が溺死してしまうのではないかと安否を気遣ってしまった。その予想が当ったのか、昨シーズンはケバエ幼虫集団を目にすることは無く、なんとなく物足りない気さえしていた……。
そんなわけで、今シーズンはどうかと思っていたのだが、昨年水没していたあたりでケバエ幼虫を小集団ながら無事に(?)確認できたのであった。






落葉の積もった地面に不自然にかき寄せたような盛り上がりがあったら、ケバエ幼虫集団の可能性がある。凹んで土が見えているような位置から盛り上がった位置まで群が移動したことでこんな痕跡ができる。
苔むした舗装路面の上に現われたケバエ幼虫の小集団↓。


知らない人には土にでも見えるのか、これが幼虫の塊とは全く気がつかずに近くを通ったり踏みつけたりしていくことが多い。
ケバエ幼虫集団はふつう緩慢だが、何かの刺激で群れの一部が身をよじるとそれが周辺に伝染し群れ全体が激しくのたうって、おぞましい様相を展開する。僕が初めてこの存在を知ることとなったのも、フェレットが地面をひっかいてケバエ幼虫を刺激したことで群全体が激しくうねり出したからだった。踏みつけたことが刺激となって群がもだえのたうつこともありがちな気がするが、秋の景色を眺めながら歩く人たちは、自分の足元で展開される「気がつけば阿鼻叫喚必至の光景」を知らず、パニックと紙一重のところで、のどかな散策を続けるのである。
このケバエ幼虫の塊──通常見えているのは幼虫の尻側だ。頭を地面に突っ込み「頭隠して尻隠さず」状態でいる。この腹端近くには目玉のような紋(何かの器官?)が1対あって、このため、尻がドジョウ顔に見えたりする。


地面から突き出てうごめく密集ドジョウ顔は、メドゥーサの蛇頭を連想させる。この眼状紋(?)には敵を威嚇したり忌避する効果でもあるのだろうか? それとも何か別の役割りを持つ器官なのだろうか?
ちなみに、本当の(?)頭部は、こんな過感じ↓。


初めて見た時は、超過密ぶりに、その下には死骸でもあってこれに群がっているのではないかと想像が先走ってしまったが、ケバエ幼虫が食べているのは腐敗植物らしい。そうなら周囲には堆積した落葉がいくらでもあるのだから、一カ所にかたまって食事をする必要はなさそうな気もする。にも関わらず塊になっているのには、きっと理由があるのだろう。
集団になっていればそれだけ天敵に見つかりやすくなる。もしケバエ幼虫が「良いエサ」であれば、天敵にとっては一網打尽のおいしいターゲットになってしまうはずだ。逆に「不味くて食えない」あるいは毒でも持っていれば捕食者は敬遠するようになるから、群れていた方が忌避効果は高まるだろう。実際に群れているということは、ケバエ幼虫を食う動物や鳥は少ないのではないか……と僕は想像している。
あるいは……ケバエ幼虫の食素材は新たにかじるより、かじり痕があった方が食いやすくなる……誰かがかじったあとの方が食いやすくなる──というようなことでもあれば、皆で同じ部分を食おうとして密集することもあるかもしれない。また、消化酵素のようなものを吐き出しながら分解した部分を食うというような食事の仕方をしていたとすれば、群れて消化酵素の濃度を高めた同一個所に集中する方が効率的──なんて可能性もあるかもしれない?
どうして集団を作るのか、本当のところは僕には判らないが、このルックスの幼虫が超過密な塊になっている光景はなかなか強烈である。
そんなケバエだが、成虫は貧弱なアブにも見えるハエ類で、春になるといっせいに現われ頼りない飛び方で乱舞しているのを目にする。ときに「ハチがたくさん飛んでいる!」と誤認パニックを起こされたり、洗濯物にとまったり室内に侵入して嫌われがちだが、その不快害虫としてのインパクトは幼虫集団に比べれば屁のつっぱり程度だろう。気づく人は少ないが、今が旬の《ひそかな秋の風物詩》──見応えは大きい……。


9月の天狗セプテング!?他

9月前半のテングスケバ

8月にも2度紹介しているが……9月前半にも見られたテングスケバ──いると、つい撮ってしまいたくなる昆虫の1つ。9月(September)のテングスケバ……ということで、略してセプテング(!?)。特に目新しい発見があったわけではないが、9月前半に撮っていた昆虫の画像をいくつか。


葉上のプチ天狗。もっと人気があっても良い虫なのではないか……と、応援の意味を込めて(?)魅力的な姿を機会あるたびにアピールしてみる!?












テングスケバ(科)はカメムシ目(半翅目)。ということで……。

カメムシ目つながりで…



ハリサシガメの観察ポイントでもある石垣でみつけたカメムシ。フタモンホシカメムシの長翅型(短翅型もある)ではないかと思うが、よく似た種類にクロホシカメムシというのがいて、腹面の違いを確かめないと正確には両種を見分けるのが難しいらしい。


一部に「青リンゴの香りがする」と噂があって(?)、先月も嗅いでみたオオクモヘリカメムシ


以前、擬木で見かけた時は感じなかったが、こうして緑色の葉の上にとまっていると、体の緑色の部分が葉に溶け込んで、意外に(?)隠蔽効果が高そうだ。全身緑色でもよさそうな気がするが、そうなると「葉の緑」と「カメムシの緑」のわずかな色あいの違いがかえって目立って体の輪郭が悟られやすくなるのかもしれない。翅がベージュであることで、ベージュと緑色という大きな色格差に(捕食者の認知が)陽動され、「葉の緑」と「カメムシの緑」のわずかな色格差が認識されにくくなるということ(=ボディラインの隠蔽)は、ありそうな気がする。
もっともオオクモヘリカメムシは悪臭の武器を持っているのだから(これが捕食者に対して忌避効果があるのなら)むしろ目立つ警告色であった方が生存率が高まるのではないかという気もするが……カメムシのニオイと体色の関係はそう単純ではないのかもしれない。
体色が緑色のカメムシは葉の上では目立たないのだろうが……ケヤキの樹の幹で目立っていたフトハサミツノカメムシ♀↓。


フトハサミツノカメムシ♀はヒメハサミツノカメムシ♀とよく似ているが、フトハサミツノカメムシには前胸背の後側縁に歯状突起があるので、その有無で他種と識別できる。
やはりケヤキの幹にいたツノカメムシの幼虫↓。


カメムシ臭を放つ臭腺開口部(開孔部)は、幼虫では腹部背面に位置している(ツノカメムシ科は3対で6個)。


↑と少し違う感じもするが……やはり、ケヤキの幹にいたツノカメムシの幼虫↓。単に成長度合い(幼齢)の違いなのか、別種なのかはよくわからない。




幹の上では、ヨコヅナサシガメの幼虫に捕まり体液を吸われているカメムシの姿もあった……↓。


松の枝先にはマツアワフキが隠れていた↓。


アワフキムシはカメムシ(科)ではないが、カメムシ目(半翅目)の昆虫。


青リンゴ亀虫!?を再び嗅いでみた

オオクモヘリカメムシ成虫の臭腺開口部&ニオイ



頭から小楯板にかけての緑色の部分がトランプのダイヤ型(菱形)に見えるオオクモヘリカメムシ成虫。ハート型の紋をもつエサキモンキツノカメムシが「ハート亀虫」なら、オオクモヘリカメムシは「ダイヤ亀虫」といったところ。
このオオクモヘリカメムシについては、「青リンゴのような匂い」がするという噂があって、以前試したことがあった。そのときは、さわやかな香りをイメージして嗅いだのだが……キツいニオイに「オエ~」っとなった(*)。僕には不快に感じられたニオイだが、「青リンゴのような匂い」という人もいる……。その時々の個体によって放出されるニオイの強さ(密度)に違いがあって印象が変わるのだろうか? あれから7年あまり経った今、もう1度、オオクモヘリカメムシのニオイを確認しなおしてみることにした。
カメムシの成虫は胸部腹面に1対の臭腺開口部(開孔部)があって、ここからカメムシ臭のする分泌液を放出する。




オオクモヘリカメムシ成虫の臭腺開口部を確認した後、つまんでニオイを嗅いでみることにした。


7年前は爽やかな香りをイメージしていきなり吸い込んだので悪臭との落差に衝撃を受けたが、今回はクサさに警戒しながら嗅いだためか、さほどショックは受けなかった……しかしやはり「オエ~」なニオイ。匂い始めはチラッと「稀釈すれば青リンゴ系になるのかもしれない?」という気もしたが、やはり「爽やかな香り」とはほど遠い。
指先に付いたニオイは1度流水で手を洗ったが落ちず、15分程経って、もう一度流水で洗うと、ほとんど臭わなくなった。

オオクモヘリカメムシ幼虫の臭腺開口部&ニオイ



成虫がとまっていたのは松の枝先だったのだが、その近くにおそらく終齢と思われる幼虫も何匹かいたので、オオクモヘリカメムシ幼虫でもニオイを確かめてみることにした。
カメムシの幼虫は(成虫と違って)、臭腺開口部(開孔部)が腹部背面にある。科によってその位置や数に違いがあるようだ。


ヘリカメムシ科幼虫の臭腺開口部は、第5&6番目の体節の背中側にある。
ということで、オオクモヘリカメムシ幼虫の腹部背面をアップで──、




このあと、オオクモヘリカメムシ幼虫を右手でつまんで嗅いでみたが、放たれたニオイは成虫と同じだった。
今回、オオクモヘリカメムシの成虫と幼虫を1匹ずつ嗅いでみたが、それぞれ強い不快臭を確認できた。

ついでにマツヘリカメムシ成虫も嗅いでみた…

こうなると、これまでニオイを確認することができなかったマツヘリカメムシ(*)のニオイを確かめてみたくなる……。


ということで、マツヘリカメムシ成虫をつまんで嗅いでみたが、無臭……これまで、マツヘリカメムシ成虫を5匹嗅いでみたわけだが、全てニオイを確認することができなかったことになる。


ハ裏!?針!貼り?サシガメ

ハ裏サシガメ!?針刺亀!貼りサシガメ?



雑木林のふちにある石垣。そこに現われた《小さな【ハ】の字》──ハリサシガメの成虫。今年は暑かったせいか、7月後半~8月前半にかけて遭遇頻度が少なかった。成虫は黒い体に淡いペールオレンジの【ハ】の字模様が映える。


成虫が頭を下にした時に──つまり逆さの状態で「ハリサシガメ」の【ハ】に見える模様は、《逆【ハ】の字》といえる。《【ハ】の字》を横軸で《裏返す》と、このサシガメ(捕食性カメムシ)の模様になるわけだ。


独特の模様を《【ハ】裏(り)》と読んで、ハリサシガメ──というのは僕のこじつけ。ヨコヤマトラカミキリTokyoToraカミキリと同じ。(キアイを入れれば?)名前を表すトレードマークを背負っているように見えなくもない。


逆ハの字模様は、墨を流したような翅にあるのだが、この翅の長さは個体によってかなり差がある(【ハリサシガメぷちまとめ2】にも比較画像を載せている)。


オスの方が翅が長くメスは翅が短いことが多いように感じるが、個体差が大きい。成虫は側方から見ると、腹の形でオスかメスかがわかる


ハリサシガメ成虫♂の腹は湾曲して凹んでいる(♀の腹は膨らんでいる)。
横から見ると、背中の小楯板からつきだしたトゲ状突起が目を引く。


ハリサシガメは動植物名よみかた辞典 普及版によると漢字表記が「針刺亀」となるらしい。「針」のようにとがった棘状突起が和名の由来ではないかと想像しているのだが、本当のところは(僕には)わからない。この突起が由来ならば、トゲサシガメでも良かったのではないか……そう思わないでもないが、トゲサシガメという名前の昆虫は別にいるので、ハリ──になったのだろうか?


こちら↑は、やや翅が短めのメス。


側方から見ると腹は膨らんでボート型をしている。
ハリサシガメの幼虫は土粒をまといアリの死骸等をデコレーションしているので、ボディーラインはわからない……。




どっちを向いているのかわかりにくいが↑、画面左に突き出した触角の付け根が頭。
別個体のハリサシガメ幼虫↓。




幼虫は色々なモノを体に貼り付ける──これはハリサシガメのとてもユニークな特徴だ。《貼り》付けるサシガメ──貼りサシガメ→ハリサシガメという意味合いも兼ねて【ハリサシガメ】になったのではないか……というのは、深読みしすぎであろうか?