FC2ブログ

ユーザータグ : 尾の記事 (1/1)

トカゲの尾は何度も切れる!?

トカゲ密度が高い石垣

何度も記している通りハリサシガメが見られる石垣はトカゲ密度が高い。


あちこちで日光浴しているヒガシニホントカゲ──かつてニホントカゲと呼ばれていたものが今では3種類に分けられ、東京で見られるのはヒガシニホントカゲということになるらしい。




ヒガシニホントカゲにまじってニホンカナヘビの姿もチラホラ。この石垣ではヒガシニホントカゲが圧倒的に多いが、緑地全体ではニホンカナヘビを見かけることの方が多い。




トカゲの尾:自切と再生



日光浴するヒガシニホントカゲの中に尾が短めの個体がいた。よく見ると尾の途中から色が微妙に変わっていて尾の先端もいくぶん丸い……どうやら再生した尾のようだ。再生した尾は元の尾よりもクオリティが落ちるという印象があったので、(長さが劣るとはいえ)こんなにきれいに再生することがあるのかと意外に感じた。
この石垣で見かける多くの個体の中には、尾が切れたものや再生したものの姿もある。


「トカゲの尻尾(しっぽ)切り」という言葉(トカゲが尾を切り捨てて逃げるように、不祥事などが露見したとき、部下に責任をかぶせて上司が追及を逃れること)があるように、トカゲが尾を自ら切り落とすこと(自切)はよく知られている。
僕も、ネコに襲われたヒガシニホントカゲが尾を自切するシーンを見たことがある。切り離された尾は地面でピチピチと跳ねまわり、その動きにネコが気をとられているスキに本体は草の間に逃げ隠れた。トカゲ自切は、敵の注意を尾に引きつけ本体からそらす陽動作戦として機能しているのだと納得した。幼体の尾が目をひく鮮やかさなのも、小さいながら陽動効果を高めるためではないかという気もしている(*)。
そのヒガシニホントカゲ幼体の自切した尾↓。役割りを終えた尾をアリ達が運んでいた。


自切した後、尾は再生するが骨は再生されず、見た目も再生部分はハッキリわかることが多い。


「トカゲの尻尾(しっぽ)切り」は1度限りではない

トカゲの尾の自切&再生は子どもの頃から知っていたが、長い間それは「1回限り」のものだと思い込んでいた。
「トカゲの尾には切れやすい場所があって、そこから切れる」という知識はあったのだが……脱離節(その部位から先が自動的に脱離しやすい構造)はその1カ所だけだと理解(誤認)していた。その「切れやすい場所」で自切は起こり、再生した尾では(脱離節は無いのだろうから)2度と脱離は起こらない──そういう理解でいたのだ。

ところが……トカゲの仲間であるグリーンイグアナで、「2度の《尻尾(しっぽ)切り》」を目の当たりにして驚いたことがあった。飼育中のグリーンイグアナの尾を不用意につかんで自切させてしまったことがあったのだが……当時は「トカゲの尻尾(しっぽ)切りは1度限り」と思い込んでいた。だから再生した尾はもう切れることはあるまい──そう信じてつかんだところ、以前切れたところより上(胴に近い部分)で再び自切が起こったのだ(その後、尾は再び再生した)。
このとき初めて「トカゲの尻尾(しっぽ)切り&再生は1度限ではない」ということを知った。グリーンイグアナで2度目の自切があったのだから、ニホントカゲやニホンカナヘビでも同じことが起こりうるだろうと考えるようになった。
トカゲの尾の骨には一節ごとに「脱離(だつり)節」が並んでいるという。このどこかで自切が行われる──「トカゲの尾の切れやすい場所(脱離節)」は1カ所ではなかったのだ。
尾を自切したヒガシニホントカゲを色々見比べてみると、確かに個体によって尾が切れた位置に違いがある──これは脱離節が1カ所ではないことを物語っている。










自切後に再生する尾には骨はなく(骨の変わりに管状の軟骨が通るらしい)、従って脱離節も形成されないはずだ。(脱離節がない)再生尾での自切は起こらないのだろうが、脱離節を温存した根元近くのオリジナル部分での自切はあり得るということだろう。


最初の自切のさいに残った尾に脱離節が温存されていれば、そこで2度目の自切は起こりうるだろう──今はそう考えている(グリーンイグアナでは確認しているがヒガシニホントカゲやニホンカナヘビでは未確認)。
余談だが、自切したのち再生した尾が二股になることもあるようだ……。


(※↑【なんちゃってフタオトカゲ!?】より)

ちなみに、かつて飼っていたグリーンイグアナ↓。




スポンサーサイト



なんちゃってフタオトカゲ!?

第2のしっぽ?なんちゃって双尾トカゲ!?



尾が二股に分かれたトカゲがいた。
猫又ならぬトカゲ又!? 双頭のヘビならぬ双尾トカゲ!?!




これは再生した尾が二股に分かれていたヒガシニホントカゲ。尾が2本あるトカゲは時々みつかるようだ。
トカゲの仲間は敵に襲われた時など自ら尾を落とすことがある(自切)。切り離された尾はピチピチと跳ね回って敵の注意を引きつけ、そのスキに本体は逃げる──捨て身ならぬ捨て尾の陽動作戦というわけだ。切れた尾は再生するが、自切が中途半端で(?)捨てたはずの尾が完全に切れていない状態で新たな尾が再生すると尾が2本のトカゲができあがる。また、自切後、再生した尾が傷つくなどすると尾が2本できることもあるそうだ。
この個体も再生した部分で尾が二股に分かれていた。一つは短めだが、背面に突き出しているのでサメの第2背ビレっぽくて、ちょっとカッコ良かった。

このなんちゃって双尾トカゲがいたのは、雑木林沿いの石垣。最近ハリサシガメを見に行く場所だ。この石垣はトカゲ密度が高い。


ただ、いつでもたくさん見られるわけではなく、いるときには石垣のあちこちで目にするのに、いないときはほとんど見かけない(炎天下で石垣が熱く焼かれているときは少ない)。
この時は曇りがちで(あまり暑くなく)石垣のあちこちでヒガシニホントカゲの姿が見られた。その中に、なんちゃって双尾トカゲを見つけたので撮ってみたしだい。
瑠璃色に輝く尾が美しいヒガシニホントカゲの幼体(*)もでていた。


また獲物を探して活発に動く個体も多く、蛾やイモムシ、ミミズなどを捕食するシーンも見られた。中にはシオヤアブを捕まえた個体もいた。


シオヤアブはスズメバチやオニヤンマも捕食するそうで「最強の暗殺昆虫」なんて呼ぶ向きもあるみたいだが……そんな相手をハンティングするヒガシニホントカゲ、あっぱれ!
ピンチの時には自ら尾を切り離して逃げる──そんな大胆な生存戦略まで取り入れて生きのびてきたヒガシニホントカゲ。つまりそれだけ狩られることが多い小動物なのだろう。しかし、そんなヒガシニホントカゲも立派なハンターであることを見せつけるシーンであった。

サファイア・ブルーなヒガシニホントカゲ幼体

青く輝く尾が美しいヒガシニホントカゲ幼体



ヒガシニホントカゲの幼体は小さくてかわいらしい。そしてびっくりするほど美しい。黒いボディーに金色のライン&ブルーに輝く尾は宝石のようだ。僕が持っている図鑑では【ニホントカゲ】と記されているが、今はそれが3種類に分けられ、東日本に分布しているのは【ヒカシニホントカゲ】になるらしい。






ヒガシニホントカゲの幼体はとても美しいのだが、これまでほとんど撮っていなかった。というのも、警戒心が強く敏捷なので、カメラを向てもすぐ逃げられてしまっていたからだ。めずらしい生き物でもないので「別に今撮らなくてもいいや」とすぐにあきらめ、《いつでも撮れる感》から「そのうちキレイに撮れそうな場面にであったら、その時撮れば良い」と放置していた。
それが先日、ヒガシニホントカゲの密度が高い石垣を見つけたので、狙ってみたしだい。カメラを向けたモデルの大半は逃げてしまったが、いくつかは撮ることができた。


このように幼体↑はあざやかだが、生体↓になると地味な色合いになる。




ヒガシニホントカゲ幼体の捕食

ちょうどイモムシを捕食した幼体がいたので食事シーンを追ってみた。不鮮明な画像もあるが、順を追って並べてみる。
















完食すると口のまわりの泥を落として終了。食事時間は1分40秒ほどだった。


食事シーンを見ることができたが、こんなシーンも……↓。




幼体の尾が目をひくほどキレイな理由

ヒガシニホントカゲ幼体は頭~胴の部分は黒地に金のラインは鮮やかだ。これは物陰にかくれて体の一部がのぞいた状態では明暗で分断されてボディーラインを隠蔽するような効果がありそうだ。そして何といっても目をひくの青光りする尾──これには、天敵に襲われ尾を自切したさいに、天敵の注意を切り離した尾に集める陽動的効果があるのだろう。
「トカゲのしっぽ切り(トカゲが尾を切り捨てて逃げるように、不祥事などが露見したとき、下位の者に責任をかぶせて、上の者が追及から逃れること)」なんていう言葉があるが、ヒガシニホントカゲも天敵に襲われるなど危険を感じると自ら尾を落として逃げる。切り離された尾はピチピチ跳ねまわって敵の注意をひく。その間に本体は逃げるという寸法だが、離脱して跳ね回る尾は目立つ方が陽動効果は高い──そう考えると、逃げ隠れる側の頭と胴は明度が低く、敵の注意をひくべく尾が目をひく輝きを放っているのも合点がいく。
トカゲの尾の骨には一節ごとに特別な割れ目が入っていて、そこで離脱するしくみになっているという。切れた尾は再生するが、再生した尾には骨はないため再生部分での自切は起こらないらしい。
再生した尾は元の尾ほどキレイではなく短くなりがちなので見てわかる↓。




フェレット:尾の役割&しっぽ振りの意味(漫画版)

ふぇレッツ・ゴー~しっぽの役割:編~

いまはなき動物漫画誌《ハムスペ》2005年5月号にモノトーンで掲載したフェレット漫画『ふぇレッツ・ゴー』に手を加えたもの。
フェレットの尾の役割・しっぽふりの意味について考察した【フェレット:しっぽの役割?】のマンガ版。
 


 
※コマ番号の順に読み進んでください。




 


 




 


 


 


 




尾の役割・しっぽふりの意味についての考察


【フェレットのしっぽの役割って何だろう?】

飼い始めてしばらくした頃、ふとそんな疑問が思い浮かんだ。

最初にお迎えしたブランカ(ニューター・♀)は通常の尾を持っていたが、2匹目のグランジ(ノーマル・♂)は尾がとても短かった。
しかし2匹の散歩の様子をみていても、尾が短いことによる不利益を感じた事はない。むしろ通常の長い尾の方が踏んでしまう危険があって、かえってジャマなのではないか……そんな印象すらあった。

ケナガイタチ(フェレットの祖先)はハンターだが、他の肉食動物や猛禽などに狙われる存在でもある。長い尾は見つかりやすいし、抑える標的にされれば捕まりやすくなってしまうかもしれない(フェレットのシッポはつかみやすいが、脱臼することがあるそうなのでので注意)。
デメリットとなりそうな気もするが……だとしたら、フェレットの長い尾は何のために必要なのか、疑問に思えてくる。

ほかの動物ではどうか?
ネコ科の猛獣がハンティングするさい、尾をバランスをとるのに使う──なんて解説していた動物番組があったが……バランサーとしてはちょっと質量不足に思え、僕にはこの説が納得できなかった。尾が短いネコ科の猛獣も存在するし彼らも立派に狩りをこなしているではないか。
グランジだって尾は短かったが、だからといって動きが悪いということはなかった。それどころか、木に止まったセミをジャンプしてキャッチしたり、スズメをとらえたことさえあったのだ。

後にフェレット飼育書で「尾は鼻先の保温のため」という記事に出会い、なるほどと思ったが、鼻先を温めるだけなら、もう少し短くてもいいのではないか──という気はした。
長い尾はそれだけ体表面積を増やすことになり、熱を奪われやすくなるのではないか?
実際、しっぽハゲのフェレット(ホルモンのバランスの関係で尾が禿げる事はよくある)は冬、寒そうだ。

フェレットの尾で役に立つことと言えば──興奮した時にボッと逆立つので、飼い主としては緊張度を知るサインポイントとして利用できる点だろうか。
もっともそれは飼い主の利点であって、フェレットにとっての利点ではない。

さて、フェレットの尾についての疑問は、もう一つあった。

【フェレットのしっぽ振りには、どんな意味があるのか?】

ふだんは犬ほど尾を振らないフェレットだが……時折激しく尾を振ることがある──狭い所に頭をつっこんで何かを狙っているようなときによく見られる行動である。
これは何を意味するのか?

フェレットの「しっぽ振り」について、『アニファ』第7号(スタジオ・エス)や飼育書『フェレット』(アニファブックス/スタジオ・エス)では、次のように解説している。

「これは<不安><興奮><強い怒り>の表現です」
「なぜかフェレットの頭がトンネルや毛布で
 覆われているときにこの行動をします」


動物が興奮すると尾を振ると言うのは想像しやすい。
ガラガラヘビが威嚇で尾を振ることはよく知られているが、尾が鳴らないシマヘビやアオダイショウなども興奮すると尾をふることがある(ちなみに、ヘビには外耳がないのでガラガラヘビも、尾を振ったときの「音」は、自分では聞こえていない!?)。

ヘビのしっぽ振りも、犬のしっぽ振りも、フェレットのしっぽ振りも、もとは<興奮>に起源するものなのかもしれない。
ただフェレットのしっぽ振りは、どうもその解釈だけでは説明がつかない。

<興奮>でしっぽを振るというなら、なぜ広い所では(興奮しても)しっぽを振らないのか?
なぜ、フェレットのしっぽ振りは狭い場所限定なのか?

この問題について、あるときハタと思い付いたことがある。
きっかけになったのが、散歩中目の前で繰り広げられた、グランジと(偶然でくわした)アオダイショウのバトル──その闘い方だった。

グランジがアオダイショウとの距離をつめようとすると、アオダイショウは近づくグランジに噛み付こうとたわめた首から一気に頭を振り出す。
その攻撃をグランジはバネ仕掛けのようなバックステップで間一髪でかわした。そして攻撃が空振りしたヘビの体勢がととのわないうちに踏み込んで反撃しようとする。
アオダイショウは不充分な体勢から2発・3発目の鎌首を撃ち出してきたが、グランジはふだん見せた事の無いようなマッハのバックステップでかわし続けて、ヘビが空振りした頭を引き戻すのに合わせて懐に飛び込もうとする。
アオダイショウが攻撃の手を休めれば、たちどころに距離を詰められてしまう状況で、無理な体勢から牙をふるい続けるが、グランジはその攻撃を完全に見切っていた。

素早いバックステップで敵の攻撃を紙一重のところでかわし続ける──この動きは、かつて映像で見たことがある「クサリヘビ(毒蛇)を狩りするケナガイタチ」の動きとそっくりだった。

グランジの反撃の圧力に一気に押し込まれる形となったアオダイショウ。
勝負がつく前に、あわててグランジを回収した次第である。

このとき本気で闘うフェレットの姿を初めて見た。
相手の攻撃をかわすバックステップの素早さには驚いた。この技術はフェレットに宿っている本能的な戦闘技術なのだろう。

そして、その戦闘術をふまえた上で、ふとこんな状況が思い浮かんだ。
グランジは後ろも見ずに跳び下がっていたが、もし、バックステップしたとき、すぐ背後に障害物があったとしたら、どうだろう?
相手の攻撃をかわすことができず、一咬みをあびてしまったかもしれない。相手によってはその一咬みが致命的になる事だってあるだろう。
かといって、相手から片時も目を離せないバトルの最中に、後ろを見てスペースを確認している余裕などありはしない。
広い場所なら跳び下がるスペースを心配する必要は無いかもしれないが、これがやぶの中や穴の中など、狭い場所での闘いであった場合、「後ろを確認せずにバックステップ戦闘術」を使うのは危険ではないか……。

そこまで考えたときに、ハタとフェレットのしっぽ振りが頭に浮かんだ。
フェレットが狭いところに頭を突っ込んでいるとき尾をパタパタと振るのは、このためではないか!?

【フェレットのしっぽ振り】は【退路空間を確認するための行動】

──そう考えると説明がつく気がする。

フェレットのしっぽ振りがよく見られるのは、チューブの中で遊び仲間と出くわした時や隙間に頭を入れて何かを狙っているときなど──狭い状況で臨戦態勢をとったときだ。
前方に注意を払いながら退路スペースを確認する必要のあるとき──狭い場所でバトルにそなえて退路確認をしているのだすれば納得できる。

また透明チューブの中を後退するときなども大きく尾を振りながらトンネルの壁を確認しているようにも見える。

退路センサーとしての役割を考えれば、尾は短いよりある程度の長さがあった方が感知範囲が広くとれて便利なはずだ。
フェレットの尾が長いのはそのためかもしれない。

ちょっと判りにくいかもしれないが……グランジがチューブにもぐって遊ぶ動画をアップしてみた。チューブ内をバックで進むとき、尾をふって左右の壁を確認しているようすが映っている。


フェレットの尾は閉塞空間での退路確認に使われる──これが役割のひとつであり、しっぽふりの理由の一つではないかと、僕は考えるようになった。

※フェレット漫画『ふぇレッツ・ゴー』 ※カラー加筆復刻版
超魔術イタチ:編【フェレット漫画:超魔術イタチ!?】
グランジ目線で散歩:編【フェレット漫画:いたち目線で散歩】
イタチと迷信!?:編【フェレット漫画:イタチは不吉!?】
ニオイでほんろう:編【フェレット漫画:最後っ屁対決!?】
すっげ~:編【フェレット漫画:最大のハプニング!?】
忍者イタチ:編【フェレット漫画:忍者イタチ!?】
『フェレットinジャケット』(フェレット漫画第1作)
ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編
『フェレットのいる風景』