FC2ブログ

ユーザータグ : 大発生の記事 (1/1)

キアシドクガ大発生

キアシドクガ大発生@ミズキ

今年は暑い日が続き季節がスキップして一気に進んだかと思うといきなり寒さがぶり返して季節が引き戻された感覚に襲われたり……そんなことが何度かあって、いったい季節の進み具合は早いのか遅いのか混乱している。虫の出現や花の開花を見ていると、今年は展開は早めなのだろうか……。
狭山丘陵では4月中旬にはミズキの開花が始まっていた。ふだんは花をじっくり見ることが無い僕だが、この時期はミズキの花に注目してしまう……というより、ミズキの花に集まる昆虫が気になってのことなのだが。


ハチやアブ、ハナムグリやカミキリなどが集まるミズキの花は良い観察ポイントだ。しかし今年は花が少なめな気がする。その原因の1つがキアシドクガの大発生だ。キアシドクガ幼虫(毛虫だが毒はない)はミズキの葉を食す。これまでもキアシドクガが発生したミズキの周辺では幼虫の集団がみられたが、今年はその数がやけに多い。食害されたヒサンなミズキがあちこちで見られる。




ひどいところでは、こんな状況↓。






キアシドクガ幼虫が大発生しているミズキの近くの擬木では……↓。


擬木の上にはイモムシ毛虫ハンターもいるが、キアシドクガ大発生の勢いを抑えられそうにない?


擬木上でキアシドクガ幼虫を捕えた、あっぱれなヨツボシヒラタシデムシ。しかし、焼け石に水状態!? キアシドクガ幼虫の行軍はとまらない。


このおびただしい数の幼虫たちが全て親虫になったら、次世代(キアシドクガの発生は年1回なので、来年)は大発生がさらに拡大するのではないかと心配になってしまう。
自然現象なので、きっと過飽和状態になると何らかの抑制スイッチが入って生態系が安定するような復元力が働くのではないか……という気もするが、大発生が他のミズキにも拡散して、来春はさらにミズキの花が少なくなりはしないか、いささか気になるところ……。
ミズキを悲惨な状態にしてしまったアシドクガ幼虫だが、このあと蛹になって5月に羽化する。成虫(蛾)は、どんな姿かというと──過去の画像から↓。


黄色い脚が特徴のドクガ科の蛾(ドクガ科だが毒はない)──成虫を見るとキアシドクガの名前の由来がわかる。


成虫の翅は美しいパールホワイトで、近辺でみられる白い蝶よりもエレガントな印象を受ける。成虫集団がミズキの周りを優雅に乱舞する光景は幻想的ともいえるほど美しく、知らずに見る人はたいてい(蛾ではなく)チョウだと思うようだ(よく「あの白いチョウは何ですか?」と聞かれる)。
乱舞するキアシドクガは見映え的には鑑賞価値抜群なのだが……今年のミズキの悲惨な状況を見ると思いは複雑だ……。

ちなみに、キアシドクガのカラになった蛹(と思われるもの)は《天然 超ミニ ツタンカーメン》として、人気マンガ『とりばん』で紹介されたことがある。




※【極小ツタンカーメンの季節!?】より再収録↑。

スポンサーサイト