FC2ブログ

ユーザータグ : 卵の記事 (1/5)

ホシヒメホウジャクと寄生蠅!?

ハチドリちっくなホウジャク(蜂雀)の仲間



花壇などで花から花へとせわしなく移動し、ホバリングしながら蜜を吸うホウジャク(蜂雀)類をよく目にする。スズメガ科の蛾なのだが、子どもの頃はこれが蛾の仲間だとは思ってもみなかった。高速で羽ばたきながら空中に停止して蜜を吸う姿はテレビで見たハチドリのようだ──ということで、僕の中では「ハチドリ虫」だった。


ホウジャク(蜂雀)類の英名は「humming‐bird moth(ハチドリ蛾)」だそうで、この呼び名にはうなずける。たまに(日本国内で?)ハチドリを目撃した──というブログを目にすることがあるが、おそらくホウジャク類を誤認したものだろう。今回とりあえず撮ってみたのは、ホシホウジャク。オオスカシバよりも一回り小さい。よく見かけるのだが、飛行中は、せわしなく花から花へ移動するので、なかなか接写できない……。

ホシヒメホウジャクと寄生蠅



ホシホウジャクをさらに一回り小さくしたようなホシヒメホウジャクが植込みの葉かげにかくれていた。飛んでいるとハチドリのようだが、とまっていると枯葉のように見える。こういう状態だと接写しやすい。
このホシヒメホウジャクは見つけた時は翅を立ててとまっていた(羽化直後の蛾はよくこんな形をとるのでこの個体も羽化したところだったのかもしれない)。撮り始めるとハエが1匹飛来してホシヒメホウジャクの背中にとまった。


ハエはホシヒメホウジャクを虫とは思わず枯葉のつもりで舞い降りたのだろうか。撮影のジャマだなと思っているうちにハエは飛び去り、撮影続行。と、ほどなくあのハエが舞い戻ってきた。これは枯葉と間違えてとまったのではなく、蛾を狙って飛来した寄生蠅ではなかろうかと気がついた。


ハエはその後も消えたり現われたりを繰り返した。


その間、ホシヒメホウジャクは翅を開いていった。そこで背面ショットを撮影。


──と、そこへまたまたハエが現われた。


ホシヒメホウジャクとのツーショットを撮った後、ハエは飛び去ったので改めて背面ショットを撮影。


ハエはそのまま戻って来なかったので、ホシヒメホウジャクにまとわりついた目的を確認することはできなかった……と、その時は思ったのだが。帰宅後、撮影した画像をパソコンで確認していたところ、ハエが現れてから去る間に、ホシヒメホウジャクの背中に卵らしきものが出現していることに気がついた。


ヤドリバエの産卵 before & after!?


寄生蠅というとイモムシがターゲットにされることが多い印象があったが、蛾の成虫に産卵するものもいる──ということで記録しておくことにした。

枯葉チックなヒメエグリバ

蛾つながりで……前回、記事にしたばかりのヒメエグリバだが、その後また見つけたので、撮ってみた。以下、同一個体。
















スポンサーサイト



仮称トラフヒラタヤドリバエ

和名がついていない仮称トラフヒラタヤドリバエ



先日、雑木林のふちの葉の上にこんな昆虫をみつけた。一瞬《極小の黒いセセリチョウ》をイメージしたが、よく見ると黒いハエの2段重ねだった(2匹の翅が重なって4枚の黒い翅に見えた)。翅の一部が黒いハエ・アブは見たことがあるが、翅全体が漆黒のハエは初めて見た気がする。胸には黄色い帯模様が入っていて、なかなかオシャレだ。これが緑の葉の上で映えて美しいので、カメラを向けた。帰宅後ネットで検索すると、特徴のあるハエだけにすぐに同じ種類と思われる画像が見つかった──「Pentatomophaga latifascia」というヤドリバエの仲間のようだが……どうやら、まだ正式な和名は決まっていないらしい。ネット上では「トラフヒラタヤドリバエ」という仮称で紹介しているところがいくつか見つかった。
以前にも撮影したヤドリバエを調べてみたら和名がついていないことがあった(【白い後翅を持つハエ!?】)が……ハエ方面では和名の整理が遅れているのだろうか?

仮称トラフヒラタヤドリバエの翅はなぜ黒い?

翅の黒さが印象的だった仮称「トラフヒラタヤドリバエ」だが、ネット上の画像を見ると腹にも胸と同じような黄色(橙色?)の模様が入っている。僕が撮った画像ではその特徴が写っていなかったので、「撮り逃した感」が残った。
次にであった時にはそうした特徴がわかる画像を撮らねば……ということで、雑木林のふちで再会をはたした単独の仮称トラフヒラタヤドリバエ↓。


撮影中、ずっと同じ葉にとまっていたのだが、翅の開きぐあいや角度を何度か変えていた。翅を大きく広げると、腹の黄色い模様がよく見える。


この姿勢だと翅の後縁基部が発達した「胸弁」という器官もよく見える。これが、ハチの腰のくびれっぽく見えなくもない?


翅の構え方で印象が変わる気がする。




腹だけ見ると、ちょっとスズメバチっぽい感じがしないでもない。


僕がこの虫を初めて見たときは黒い翅に隠されて、腹の警告模様(?)には気がつかなかった。この模様をよく見ると、黄色い部分は腹の背面中央部で黒くなっている。翅を広げると警告サイン(腹)が露出し目立つが、逆に閉じると黒い翅が腹の黄色い部分をおおい隠し(左右の翅の間からのぞくのは黒い部分になる)目立たなくなってしまう。ハエの翅は透明であることが多いが、このハエの翅が黒いのには意味があって、腹の警告サインを隠す(警告モード/隠蔽モードの切り替え)スイッチ的な働きをしているのではないか……ちょっと、そんなことを思った。


ところで、この仮称トラフヒラタヤドリバエ。ネット上ではクサギカメムシに寄生するというような情報がある。
カメムシが背中にヤドリバエの卵とおぼしきものをつけているのを見ることがあるが……以前撮影したクサギカメムシ↓がつけていた卵も、もしかしたら仮称トラフヒラタヤドリバエのものだったのかもしれない?






日光浴するニホンヤモリと卵

日光浴するニホンヤモリと卵

雑木林の縁にある石垣──ここではヒガシニホントカゲの密度が高いのだが、ニホンカナヘビやニホンヤモリの姿も見かける。昼行性のヒガシニホントカゲやニホンカナヘビが日光浴をする姿がよく見られるのは当然のことながら(単に体温を上げるためだけでなく、紫外線を浴びることでカルシウムを取り込むのに必要なビタミンD3を生成している)、夜行性のニホンヤモリも日光浴に出ていたりする。虫見をしていると、擬木の隙間や木のウロから出てきて日光浴しているニホンヤモリを見かけることとも珍しくない。
浜田廣介の童話『五ひきのヤモリ』(*)の中には《だれでも知っているように、ヤモリは、外のあかるい光をおそれます》という記述があるが、そんなことはない。また、ヤモリの飼育サイトで《ニホンヤモリの場合、ニホントカゲやニホンカナヘビと違い、夜行性ですので昼間の日光浴などは必要ありません》と断言しているところもあるが、天敵に見つかりやすくなるリスクを押して日光浴している姿を見ると、ニホンヤモリもある程度は紫外線を必要としているのではないかと感じる。


この石垣でも、同じポイントで日光浴をしているニホンヤモリがいるのだが↑、先日気づくと石垣の隙間に卵を産みつけていた。


もしかすると、カルシウムを必要とする卵を産む前後では特に日光浴(紫外線を浴びてのビタミンD生成)が必要になって母ヤモリが日光浴する姿が頻繁に見られたのかもしれない。
廣介童話『五ひきのヤモリ』の中には《めすのヤモリは、たまごを三つ産みました》という記述があるのだが、ニホンヤモリが1度に産む卵の数は2個。5月から9月にかけて1~3回に分けて産むらしい。ここでも2個セットの卵が産みつけられていたが、フラッシュ撮影してみると隙間の奥に、さらに2つ卵があることがわかった。


同じメスが時間をおいて2回に分けて産んだものか、あるいは別のメスの卵なのか……卵は1ヶ月半~2ヶ月ほどで孵るという。
これまでこの石垣でみかけるニホンヤモリは単独だったが、この近くにもう1匹、少し離れた石垣の隙間にも1匹──計3匹のニホンヤモリ成体を確認した。とりあえず2匹が写っている画像↓。


後日、親ヤモリ(?)がいなかったので、石垣の隙間の卵をアップで撮ってみたところ、さらに奥にも卵らしきものが写っていた。「ヤモリ 卵」で画像検索すると一カ所にたくさん産みつけられた卵(孵化殻多数)の画像がいくつもヒットする。ニホンヤモリは同じ場所に産みつける傾向(?)があるようだ。この石垣の奥にも実はもっと卵(や卵殻)があるのかも知れない?



ヘビの卵は見たことがあるし、飼育下でヒバカリ(日本のヘビ)の孵化するようすを観察したこともある。ヤモリの卵を見て、(同じ爬虫類の有鱗目の生き物とはいっても)ずいぶん違うと感じた。ネット上の画像を見ると、ヤモリの卵はそこそこ硬そうで、ベビーは「卵(殻)を割って」その穴から出てくる出てくる(孵化する)ようだ。ヒバカリの場合、卵は軟らかく幼蛇は「卵(殻)を切り裂いて」そのスリットから出てくる。




※ヒバカリの孵化のようす↑【ヒバカリ(ヘビ)の飼育プチ記録】より再掲載。



シロフフユエダシャクのペア~産卵前後

シロフフユエダシャクのペア





木製の手すりの上にシロフフユエダシャクのペアがいた。狭山丘陵で今、もっともよく見かけるフユシャク(冬尺蛾)。フユシャク(冬尺蛾)は年1回冬に発生し、メスは翅が退化して飛ぶことができないという特徴を持ったシャクガ科の蛾の総称。
昆虫なのに冬にだけ繁殖活動するというところもユニークだが、オスとメスがまるで違う姿をしているところがまた変わっている。オスは何の変哲もない普通の蛾に見えるが、メスは翅が退化しているので、とても同じ昆虫に見えない。
こうしたフユシャクの興味深い特徴を最も端的に現しているのがペア・ショットだ。姿が違うオスとメスが同時に見られ、違いがよくわかる。そして交尾をしていることから同種のオスとメスであることがわかり、撮影時(冬)に繁殖活動をしていることが一目瞭然──フユシャクの魅力(特徴)を凝縮したシーンと言えるだろう。ということで、このペアもしつこく撮ってしまった。








シロフフユエダシャクの産卵前・中・後



産卵前のシロフフユエダシャク♀↑。卵が詰まった腹が大きい。
卵塊を毛で覆うフユシャク亜科のフユシャクとは違い、隙間に隠すように卵を産みつける。


先日【産卵後のシモフリトゲエダシャクと産卵中のシロフフユエダシャク】で投稿した産卵中のシロフフユエダシャク♀↑。同個体と思われるの産卵後の♀の姿(後日同場所)↓。


腹が縮んでズンドウに見える。産卵していた孔は小さく中に産みつけられた卵を確認することができなかったので、以前の記事【フユシャクの産卵:列状卵塊ほか】から、緑色の卵がのぞいているシーンを再掲載↓。


産卵前と後ではプロポーションが変わり、印象も変わってしまうのでフユシャクを見始めた頃は別の種類かと思っていた。産卵の前後では別人ならぬ別虫のようだが、それ以上にオスとの違いは大きい。


メスとオスの画像を別々に見ているうちは──ペア・ショットを見ない限りは、これが同じ種類の蛾だとは、にわかに信じがたい気がする。


シモフリトゲエダシャクのペア他

シモフリトゲエダシャクのペア

先月、シモフリトゲエダシャクのメスを確認した後も、オスを数匹目にしている。昆虫の発生は年によって変動があったりするが、今年は多めなのかもしれない?










シモフリトゲエダシャクのオスは特に変わったところがない平凡な蛾だが、メスはオスとはかけ離れた風変わりな姿をしている(フユシャクの仲間なのでメスは翅が退化している)。オスをたて続けに見ていると、そろそろユニークな姿のメスにも出会えるのではないかと期待が高まってくる。そんな中、サクラの少し高いところにシモフリトゲエダシャク♂の姿を見つけた。


ふだん鉛直面では頭を上にとまっていることが多いフユシャクで、オスが下を向いている時は交尾していることが多い気がする(上を向いたメスと交尾するさいにオスが下向きになる)。シモフリトゲエダシャクの交尾は見たことがなかったが、これはちょっとアヤシイ!? そう思って目を凝らすと……。


やはりオスの翅のかげにメスの姿があるようだ。夜行性らしいので日中に交尾が見られるとは予想していなかった。願ってもないシーン……だったのだが、接写するには位置が高い(遠い)。腕をいっぱいにのばしズームMAXで撮ってみるが、拡大すると画像がかなり粗くなってしまう。
「しかたない……撮りやすいところにいるのを見つけた時に撮ればいいか……」とあきらめかけたが、次にこんなシーンに出くわすのはいつになるかわからない。フユシャクの活動期間は短い──この期間に見られなければ、翌シーズン以降に持ち越しとなってしまう。来年また見られるとは限らない。そう考えると、このチャンスを見逃すのは惜しい気がして、プチ木登りを敢行。


プチ木登りで被写体に近づくことはできたものの……撮影は不安定な状況で、体を支えながらカメラを構えるというプルプル状態。画像はイマイチだが……とりあえず、色も形もまったく違うメスとオスのペア・ショットをゲット。


ウスバフユシャク&クロテンフユシャク

オスとメスでは違いが顕著な性的二型はフユシャク(冬尺蛾)の特徴の1つ。フユシャク亜科のウスバフユシャクやクロテンフユシャクでも交尾が見られた。


擬木にとまっていた同ペア↑↓。


ウスバフユシャクとよく似たクロテンフユシャク↓。


ウスバフユシャクとクロテンフユシャク──オスはかろうじて見分けられるが、メスは単独では(僕には)区別がつかない。別種のオス同士・メス同士の方が、同種のオス・メスよりも、ずっと似ている。フユシャクではオスとメスはまるっきり違う種類に見えるのがおもしろい。


翅がすっかり退化したフユシャク亜科のメス↑。腹端の化粧筆のような毛束が目をひく。この毛は産卵時に卵をコーティングするのに使われる。先月撮った、フユシャク亜科の卵塊↓。