FC2ブログ

ユーザータグ : 再生の記事 (1/1)

トカゲの尾は何度も切れる!?

トカゲ密度が高い石垣

何度も記している通りハリサシガメが見られる石垣はトカゲ密度が高い。


あちこちで日光浴しているヒガシニホントカゲ──かつてニホントカゲと呼ばれていたものが今では3種類に分けられ、東京で見られるのはヒガシニホントカゲということになるらしい。




ヒガシニホントカゲにまじってニホンカナヘビの姿もチラホラ。この石垣ではヒガシニホントカゲが圧倒的に多いが、緑地全体ではニホンカナヘビを見かけることの方が多い。




トカゲの尾:自切と再生



日光浴するヒガシニホントカゲの中に尾が短めの個体がいた。よく見ると尾の途中から色が微妙に変わっていて尾の先端もいくぶん丸い……どうやら再生した尾のようだ。再生した尾は元の尾よりもクオリティが落ちるという印象があったので、(長さが劣るとはいえ)こんなにきれいに再生することがあるのかと意外に感じた。
この石垣で見かける多くの個体の中には、尾が切れたものや再生したものの姿もある。


「トカゲの尻尾(しっぽ)切り」という言葉(トカゲが尾を切り捨てて逃げるように、不祥事などが露見したとき、部下に責任をかぶせて上司が追及を逃れること)があるように、トカゲが尾を自ら切り落とすこと(自切)はよく知られている。
僕も、ネコに襲われたヒガシニホントカゲが尾を自切するシーンを見たことがある。切り離された尾は地面でピチピチと跳ねまわり、その動きにネコが気をとられているスキに本体は草の間に逃げ隠れた。トカゲ自切は、敵の注意を尾に引きつけ本体からそらす陽動作戦として機能しているのだと納得した。幼体の尾が目をひく鮮やかさなのも、小さいながら陽動効果を高めるためではないかという気もしている(*)。
そのヒガシニホントカゲ幼体の自切した尾↓。役割りを終えた尾をアリ達が運んでいた。


自切した後、尾は再生するが骨は再生されず、見た目も再生部分はハッキリわかることが多い。


「トカゲの尻尾(しっぽ)切り」は1度限りではない

トカゲの尾の自切&再生は子どもの頃から知っていたが、長い間それは「1回限り」のものだと思い込んでいた。
「トカゲの尾には切れやすい場所があって、そこから切れる」という知識はあったのだが……脱離節(その部位から先が自動的に脱離しやすい構造)はその1カ所だけだと理解(誤認)していた。その「切れやすい場所」で自切は起こり、再生した尾では(脱離節は無いのだろうから)2度と脱離は起こらない──そういう理解でいたのだ。

ところが……トカゲの仲間であるグリーンイグアナで、「2度の《尻尾(しっぽ)切り》」を目の当たりにして驚いたことがあった。飼育中のグリーンイグアナの尾を不用意につかんで自切させてしまったことがあったのだが……当時は「トカゲの尻尾(しっぽ)切りは1度限り」と思い込んでいた。だから再生した尾はもう切れることはあるまい──そう信じてつかんだところ、以前切れたところより上(胴に近い部分)で再び自切が起こったのだ(その後、尾は再び再生した)。
このとき初めて「トカゲの尻尾(しっぽ)切り&再生は1度限ではない」ということを知った。グリーンイグアナで2度目の自切があったのだから、ニホントカゲやニホンカナヘビでも同じことが起こりうるだろうと考えるようになった。
トカゲの尾の骨には一節ごとに「脱離(だつり)節」が並んでいるという。このどこかで自切が行われる──「トカゲの尾の切れやすい場所(脱離節)」は1カ所ではなかったのだ。
尾を自切したヒガシニホントカゲを色々見比べてみると、確かに個体によって尾が切れた位置に違いがある──これは脱離節が1カ所ではないことを物語っている。










自切後に再生する尾には骨はなく(骨の変わりに管状の軟骨が通るらしい)、従って脱離節も形成されないはずだ。(脱離節がない)再生尾での自切は起こらないのだろうが、脱離節を温存した根元近くのオリジナル部分での自切はあり得るということだろう。


最初の自切のさいに残った尾に脱離節が温存されていれば、そこで2度目の自切は起こりうるだろう──今はそう考えている(グリーンイグアナでは確認しているがヒガシニホントカゲやニホンカナヘビでは未確認)。
余談だが、自切したのち再生した尾が二股になることもあるようだ……。


(※↑【なんちゃってフタオトカゲ!?】より)

ちなみに、かつて飼っていたグリーンイグアナ↓。




スポンサーサイト



シロシャチホコ幼虫の再生脚

プレデター!? エイリアン!? な怪虫

先日、遊歩道の手すりでシロシャチホコとおぼしき蛾の幼虫をみかけた。
僕が勝手に【シャッチー】の愛称で呼んでいるシャチホコガ幼虫(*)によく似ている。
調べてみるとバイバラシロシャチホコという種類も幼虫時代はよく似ているらしい。僕には正確な見分けができないので、とりあえずこれらをひっくるめて怪虫シャッチーと呼ぶことにした。
シャッチーはイモムシにしては異様な長さの胸脚をもっていて、指で触れたりするとこの脚をくわっと広げる。襲いかかろうといわんばかりのポーズには体を大きく見せる威嚇の意味があるのだろう。










シャッチー(シャチホコガ幼虫・シロシャチホコ類幼虫)は3対ある胸脚の2対が異様に長いのが特徴だが、今回みつけたシロシャチホコは左胸脚の1本が短かった。1度失った後、再生している途中なのだろう。




コノハムシやナナフシ、ゴキブリ・コオロギなどの脚が再生するのは知っていたが、蛾も幼虫時代に脚を再生する(ことがある)というのは、ちょっと意外だった。
考えてみると……成虫になっても体の形があまり変わらずひきつがれる不完全変態の昆虫については形態の持続性から再生能力があっても不思議はないと感じていたが、全く別の姿に変身する(つくりかえられる)完全変態の昆虫については、漠然と別ものと思い込んでいた。

コノハムシ・ナナフシの再生脚

コノハムシやナナフシの幼虫も脚を再生するが、種類によってプロセスに違いがあるようだ。コノハムシの再生脚は当初から小さいながら脚の形をしたものが出現するが、ナナフシ(ナナフシモドキ)の再生脚は当初先端がバネのように巻いた形で現れる。




『ナナフシのすべて』(岡田正哉・著/トンボ出版/1999年)によると、ナナフシ(ナナフシモドキ)の場合、5齢・6齢になってから脚を失うと再生しないらしい。

怪獣のような幼虫!?(シャチホコガ)
異形幼虫あらわる!※バイバラシロシャチホコ
コノハムシ:脚の再生

コノハムシ:脚の再生

コノハムシの脚はとれやすい。孵化や脱皮のときにとれてしまうこともあるし、ちょっとしたはずみで落ちてしまうこともある。
 


 
コノハムシが脚を再生することは予備知識として持っていたが、どのような経過をたどるのかについては知らなかった。

・再生脚は、とれた脚の付け根部分から、じょじょに再生していき、最後に爪先(脚の先端部)が再生するのか。
・逆に最初に爪先(脚の先端部)が生えて、付け根へ向かって再生が進むのか。
・あるいは最初に爪先(脚の先端部)が生えた後、先端部と付け根部分、双方から再生が進むのか。
・それとも、小さな脚が生えてきて、それがじょじょに成長していくのか。

コノハムシ飼育を始めた頃、再生途上と思われる「小さな脚」を持つコノハムシの画像をみつけた。それで、再生の過程は《小さな脚が生え、それがじょじょに成長していく》ものだとばかり思っていた。
ところが、実際に飼育していたコノハムシの脚の再生を観察して驚いた。小さな脚は《じょじょに成長していく》のではなく、《脱皮のたびに急激に大きくなる》のである。

左後脚の再生(個体A)














2齢では左後脚が根本から無かったコノハムシだが、3齢になったとたんに小さな脚が出現。4齢になると本来のサイズにだいぶ近い所まで一気に再生が進んだ。ちゃんと機能しているので、注意してみないと再生脚だと気がつかないまでになっている。

右前脚の再生(個体B~紋なし~)













右前脚の再生(個体C~うすい紋~)












小さな脚は脱皮とともに急に大きくなる

これがコノハムシの再生脚の成長過程だ。再生脚は日々少しずつ成長していくのではなく、脱皮とともに急に大きくなる。同じ昆虫でもコオロギの場合は、再生脚は時間とともに少しずつ成長していくようである。
発生進化工学研究室(野地研究室)にコオロギ3齢幼虫の脚の再生過程の写真が掲載されている(3日後・5日後・10日後・13日後・15日後・18日後と徐々に成長しているのが判る)。
コノハムシの場合、体の大きさも脱皮で急に変化するのに驚かされたが、再生脚も脱皮とともに、いきなり大きくなるのでビックリする。





コノハムシ~卵から成虫まで~ ※タイ産コノハムシ まとめ編
コノハムシ漫画