FC2ブログ

ユーザータグ : 個人誌の記事 (1/1)

ブログの考え方〜個人誌感覚でチャンネルF+

ブログのとらえ方・使い方は人によって様々だろう。僕は感じたり考えたりしたこと・作ったり撮ったりしたものをまとめ、整理するツールとして使っている。
僕自身もよくインターネットを利用し、色々なブログを目にしているわけだが……いつもネット情報の恩恵にあやかっているのだから、自分でもなにがしかの情報を提供し、還元したいという思いはある。利用するだけでは心苦しい。自分でもだれか(閲覧者)の足しになる情報を発信できればと思って、第三者の目を意識してわかりやすく丁寧な記事を心がけているつもりではいる。

僕が読者としてブログ記事を閲覧していて感じる様々なこと──内容の善し悪しや満足度は自分のブログにも反映する。「閲覧者としての評価基準」が自分が記事を作成するさいの「ものさし」にもなっている。
僕の場合、作成した記事が「読み返したくなるような内容かどうか」ということが投稿基準のひとつになっている。大しておもしろくもなく内容の薄い記事を量産するのはネット上にゴミを巻き散らかすようなものと考え、「読み返す価値がない記事」ならば投稿を控える。不特定多数の人がアクセスできる《場》に公開する以上、あまり失礼なものはあげられない。だれか(同様の趣味もって検索・訪問する人たち)にとって、意味のある情報でありたいと思っている。

そんなわけで、僕は自分の興味のあることをまとめ、整理する目的を持ちつつ、他者に読まれることも意識しながら記事作りをしている。これは、かつて作っていた個人誌の感覚に近い。

CF1号&解説

いってみれば、「ブログ」は僕にとって「個人誌」のようなもの。「ブログに投稿した記事」は、「個人誌に掲載した作品」のようなもので、愛着がある。
そんな感覚でYahoo!ブログを10年ほど利用してきたのだが、そのYahoo!ブログが今年でサービスを終了すると発表した。10年の間に投稿してきた「作品」のような「記事」の数々を消滅させるのは、なんとも忍びない。ということで、貯めてきたブログ記事を丸ごと移行してやってきたのが、ここ──FC2ブログということになる。ブログ名を《チャンネルF+(Plus)》としたのも、かつての個人誌《チャンネルF》の延長──という意味合いからである。

放っておけばネット上から消滅する記事をFC2ブログに移行できたことにはホッとしているが、問題がないわけではない。「興味のあることをまとめ、整理する目的」で作成してきたブログ記事は、「読み返したくなった時」に、すみやかにアクセスできるよう、関連記事同士は文字リンクでつなげ、思い立った時に芋づる式に引き出せるように「整理」していた。また、昆虫やエッセイ等の記事はそれぞれ文字リンクしたタイトルの一覧ページを作っていて、タイトルから記事を選んで開くことができるようにしていた。

ところが、各記事のURLは移行にともない変わってしまったため、ブログ内リンクは崩れてしまった(やがて消滅するYahoo!ブログのURLのまま)。読み返したい記事や記事群を探すのがやっかいになった。カテゴリーやブログ内検索の機能を使えば対象を絞り見つけ出すことはでるだろうが、手間がかかり、記事の「整理」感が損なわれてしまった感は否めない。
移行後、主要なところから内部リンクを再構築しているが、すべてを処理するのは大変そうだ。修復していくより新たな関連記事をまとめた一覧ページを作って再整理した方が早いのかもしれない。
とりあえず《チャンネルF+》のトップには抜粋記事の一覧が表示されるようにしてみた(FC2ブログには固定トップページを作る機能がないようなので、作成年を未来のものに書き換えて「最新」扱いにしている)。カテゴリーに【目次のページ】を設定し、ここにこれからも少しずつ関連タイトルを一覧にまとめた記事をあげて、「整理」していこうかと考えている。

ブログのとらえ方・使い方は人によって様々だろうが、僕はこれまで通り、個人誌感覚で続けていければと思っている。

Yahoo!ブログの可能性(※Yahoo!ブログ時代の記事)

ブログ引っ越し騒動:ひと区切りついてエッセイ・雑記
スポンサーサイト