FC2ブログ

ユーザータグ : ミミズクの記事 (2/3)

眠れる森の長老!?ミミズク幼虫

眠れる森の美女…ならぬ長老!?



まずはこの人相(?)画↑をしっかり脳裏に焼き付けていただきたい。ギボッチ(擬木ウォッチ)で雑木林沿いの遊歩道を歩いていると、ときたま出会う。僕は密かに《眠れる森の長老》と呼んでいるのだが……気配を消して背景に溶け込んでいる。深い眠りについているようでもあり、瞑想にふけっているようにも見える……。アボリジニ風でもありモーガン・フリーマンに似ていなくもない。マンガ『ちびまる子ちゃん』に登場するはまじの祖父(浜崎 辰五郎)にもちょっと似ているかもしれない……しかし、僕は、すぐにピンときた──「おのれ……きさま、人間ではないな!?」

幼虫時代はうすっぺらいミミズク(耳蝉)



さて、その実写画像がこれ↑。横から見た姿。一見、鳥糞っぽくも見えるが、上から見ると↓。


と、いうわけ。擬木表面にぴったりはりついているので輪郭がわかりづらいが、《眠れる森の長老》に見えなくもない!? 一度脳みそが、そう空目認証してしまうと、次から自動的にそう見えてしまって、しかたがない……。


空目を断ち切ってよく観察すると……脚は体にぴったり隙間なく収納できるデザインになっている。ボディラインを隠す効果があるのだろう。体全体が扁平だが特に張り出した縁の部分は薄く透けていて、下の色と同化して見えることも輪郭を判りづらくしている。この個体は白っぽい模様が入っているが、これもボティラインをかく乱したり、背景の樹皮に似せる隠蔽効果の意味がありそうな気がする。白がまじることで鳥糞ぽくも見える。


昨年同じ時期に撮っていたミミズク幼虫の腹面↑。ミミズクもセミやヨコバイなどと同じカメムシ目の昆虫で、植物の汁を吸うための細長い口吻が見える。


ミミズクの幼虫はしばしば見かけるが、これは大きめの個体だった。


幼虫は扁平体型だが、前胸背面に一対、もりあがった部分が見える。これが成虫になったとき大きな耳介状突起になるのだろう。成虫はこんな姿↓。


これ↑は昨年12月に撮ったもの。【ミミズクのダンス】より再掲載。

手のりコミミズクならぬ指のりコミミズクほか

成虫の耳介状の突起が印象的なミミズクだが、この耳介状突起がないコミミズクという種類もいる。コミミズクは冬の間よく幼虫をみかけるが、4月に入って成虫を見かけるようになった。


耳のような突起がないミミズクなのだから、コミミズクというよりフクロウ?


コミミズクの成虫と幼虫の姿を昨年の画像から↓。


ミミズクもコミミズクもカメムシ目の昆虫。
カメムシつながりで……アカスジキンカメムシも越冬個体が出てきた。


アカスジキンカメムシが終齢(5齢)幼虫で越冬し、春になると羽化することは知っていた。ただ、越冬に入る幼虫の中には終齢(5齢)に達していないものもまじっていることがあって、彼らも冬が越せるのかと、ちょっと心配したりもしたのだが……終齢(5齢)でなくても、冬越しできる(ものもいる)ようだ。


越冬明けのアカスジキンカメムシ4齢幼虫↑。
蛾ではアシブトチズモンアオシャクがガードレールにとまっていた↓。この蛾の緑色も美しい。



春先のぷちタヌキ?サカハチトガリバ

ちょっとタヌキーな?サカハチトガリバ



季節を感じる昆虫は色々いるが、このサカハチトガリバもそのひとつ。《早春の蛾》というイメージがある。春先に出てくる蛾の中でもカメラを向けたくなる存在。


標準和名の「サカハチ」は「逆さの八」に由来するらしい。この画像↑では翅の模様が漢数字の「八」に見えるが、展翅標本では上翅の前縁が上を向くため「逆さの八」に見えることになる。それで「逆八(さかはち)」+「トガリバガ亜科の蛾」→「サカハチトガリバ」。
シックなカラーリングも魅力だが、耳介のように突き出した一対の毛の束にユニークさを感じる。これが動物の耳に見え……顔をのぞくと、ちょっとタヌキっぽい感じがする。


見かける時は、ちょくちょく目につくのだが、出現期間は短い感じがする。
これ↓は別個体。背面から見るとマントを着たネコの後ろ姿っぽくも見える。


パールホワイトのきれいな上翅に斜めに走る黒&焦茶のライン──これが背中の中央(前翅の重なる周囲)で帯状にとぎれた部分がある。鱗粉がはげ落ちてかすれた感じにも見えるが、この部分にもちゃんと鱗粉コーティングはされており、光の加減・見る角度で濃淡が変化して見える。
これ↓はまた別の個体だが──、




※別個体を追記↓背中の中央が光の加減で銀色に輝いて見える。




擬木では色々な虫が見られるが、サカハチトガリバは支柱の上部に近い側面にとまっていることが多いように感じる。ペアの姿もあった。


同ペアを角度を変えて──、


体の両端に頭があるネコのように見えなくもない!?


さらに別角度からみると──、


サカハチトガリバの中から反対向きのサカハチトガリバが出てきたシーンのようにも見える!? まるでゾウリムシの細胞分裂(二分裂)!? あるいはヘビの脱皮マジックのような?


一対の毛の束が耳介のように見えるため、どうも動物顔に見えてしまう……。この毛の束の張り出し具合は個体によって差があるようだ。昨シーズン撮った耳介状毛束が立派な個体↓


毛束が立派な個体はミミズクを連想させる。


ちょっと判りづらいが↑木のウロにいるオオコノハズク(ミミズク)と昆虫のミミズク。ちなみに鳥類のミミズクは漢字で記すと「木菟」・昆虫のミミズクは「耳蝉」。

フユシャクのようでフユシャクでない蛾



これも季節を感じさせる昆虫のひとつ。フユシャク(冬尺蛾)シーズンが終盤を迎える頃に出てくるフユシャクのような蛾──メスコバネマルハキバガ。フユシャク同様も♀は翅が退化して飛ぶことができない。


初めてメスコバネマルハキバガの♀を見た時は、てっきりフユシャクの♀だと思った。フユシャクは、♀は翅が退化して飛ぶことができないという特徴を持った、冬にだけ(成虫が)発生するシャクガ科の蛾の総称。メスコバネマルハキバガは、シャクガ科ではなくメスコバネキバガ科なのでフユシャクとは呼ばない。


ミミズクのダンス

ミミズクのヨコバイダンス



先日、擬木の上でみつけたミミズク──カナで記すと鳥のミミズク(木菟)とまぎらわしいが、昆虫の方。耳介状の突起をもつ小さな蝉のような昆虫で、漢字表記だと「耳蝉」(と判りやすい)。
カメラを向けると体を左右に動かす奇妙なダンスを始めた。








体の平衡は保ちつつ、片側の脚を曲げ反対側を伸ばす──この動作を交互に繰り返し、体を右へ左へとスライドさせる。このダンスのような動きは、ヨコバイの仲間でときおり見られるものだ。そういえばブチミャクヨコバイの幼虫もやっていた。


ブチミャク(斑脈)ヨコバイの和名は成虫の翅脈が白黒のぶち模様であることに由来するらしいが──(「ブチミャク」は発音しにくいので)、愛称「ブチャミク」の「ブレイクダンス」ならぬ「ブチャミクダンス」といったところ。


ヨコバイダンスの意味

ヨコバイの仲間が見せる体を左右にスライドさせるヨコバイダンス──おもしろい行動だが、いったいどうしてこんなことをするのだろう?
おそらく警戒した時の行動とみられるヨコバイダンスの意味について、思いつく解釈を列挙してみると──。

①威嚇……体を左右に振ることで自分を大きく見せ威圧しようとしている。
②隠蔽……風に揺れる物体に化け、虫でないフリをしている。
③相手の見極め……動いて相手が反応を示すか(自分を狙っているか否か)試している。
④横這いが抑制された動き……横歩きで隠れたいが隠れる場所が無い。
⑤視差の拡張……左右に動き視差を大きくとることで相手の位置を測っている。
⑥陽動……横方向のゆっくりした動きを見せておき、ふいをつく急な縦移動(ジャンプ)で逃げるようというもの。
⑦意味は無い。

①威嚇……体を大きく左右に振ることで自分を大きく勇猛にみせ、相手を威圧しようとしているという解釈。動物でも伸び上がったり毛を逆立てたりする威嚇行動があるが、そこからの連想。ただ、もし威嚇であるなら、相手に向いて行われるはずだが……ふり返ってみると、必ずしも正面切ってヨコバイダンスが行われるわけではなかったような気がする。よって威嚇行動という解釈は当てはまらないように思う。
②隠蔽……「揺れている」ように見せることで「虫でないフリをしている」という解釈だが、動けば逆に目立ってしまうし、かえって気づかれやすくなるという意味で、あまり説得力はない。
③相手の見極め……何かが近くに迫ってきたとき、それが敵か否か──自分を狙っているのか無関心なのかを確かめるために、あえてちょっと動いてみせ相手の反応をうかがっているという解釈。ヨコバイダンスに相手が反応を示せば(狙われていると判断して)ジャンプして逃げる必要があるし(ヨコバイの仲間はバッタのように跳ねる)、無反応であれば逃げる必要は無い──その見極めをしているのではないか。
④横這いが抑制された動き……ヨコバイの仲間はその名の通り、よくカニの横這い歩きで葉の裏に隠れる。その定番の行動(横這い)を発動しかけるも、右にも左にも身を隠す場所が無くて動き出せず、体を右往左往させているという解釈。いちおう横這い運動とからめた解釈として考えてみたものだが、ヨコバイダンスにそんなジタバタ感はないので、これはハズレのような気がする。
⑤視差の拡張……単純に考えると、体を左右に動かすことで相手の位置や姿をより正確に捉えることができるはずだ──右側から見た像と左側から見た像の視差を拡大することで対峙した相手を立体的に確認する行動という発想。ただ、この場合も、相手を真正面(あるいは真上など体幹面上)にとらえて最大の効果が発揮できるはずで……ヨコバイダンスが必ずしも相手に向いて行われるものではないとすれば、当てはまらない。
⑥陽動……ミミズクもそうだが、ヨコバイの仲間はよくピョンと跳ねて逃げる。これは急な縦方向の動作だ。このフェイントとして、ゆっくりした横方向の動作をみせておき、これに相手の眼を(脳を?)ならしておくことで、危険回避ジャンプの成功率を高めているのではないかという解釈。
⑦意味は無い……適応的な意味は無いが、生存率に悪影響を及ぼすほどではないので受け継がれてしまっているエラー行動のようなもの──といった解釈。ただ、敵の注意を引く動きともいえるので、あえてこうした行動をとるには何らかの適応的な意味がなければ採算が合わない気もする。

いちおう、思いつくまま解釈を並べてみたが……それでは、どれが本命かといえば──僕は「③相手の見極め」ではないかと考えている。
相手の見極めをしている間に攻撃を受ける可能性だってあるわけだし、そんなことをしているヒマがあったら、さっさとジャンプして逃げれば良いではないか──と思わないでもなかったが、もし、近づく物影があるたびに(危険がない相手に対しても)ジャンプしていたら、どうなるか……。その場の危険は回避できるだろうが、食草から離れてしまえば、戻るのにリスクが発生する。特に翅(飛翔能力)を持たない幼虫はひとたび食草から離れてしまえば戻るのが大変だろう。擬木遭難している幼虫をよく見かけるように「食草に戻れない」可能性だってある。戻る過程でクモやアリ、その他の捕食性昆虫の餌食になる可能性も低くはないだろう。そうした「危険回避ジャンプによって生じる新たな危険」を考えると、やたらとジャンプをしたがる個体はかえって生存率を落とし、あるていど「危険回避ジャンプ」に慎重な個体の方が、かえって子孫を残しやすくなる──その結果、「ちょっと動いてみて相手が反応を見極めてから危険回避ジャンプする」行動が有効だということで定着したのではないか……というのが僕の現段階での推理だ。

例によって素人の想像。この解釈が当っているかどうかはわからない。他の解釈があるかもしれないし、複数の意味が隠されているのかもしれない。
とりあえず、昆虫の行動を見て「どんな意味があるのか?」とあれこれ考えてみた──というハナシ。

最近見た擬木の昆虫から



こちらはミミズクではなくコミミズクの幼虫。最近よく見かける。ミミズクは成虫が見られるが、この時期みかけるコミミズクは幼虫ばかり。
ミミズクやヨコバイはカメムシ目(半翅目)の昆虫だが、カメムシの仲間もまだ色々みられる。最近見かけるものではウシカメムシがカッコ良い。








前回も紹介したアカスジキンカメムシは終齢(5齢)幼虫が多いが、若齢幼虫の姿もある。


こんな若齢幼虫でも、ちゃんと越冬できるのか心配になる。
擬木ではこの時期にも色々な昆虫の幼虫が見られるのだが、その中で気になったものがこれ──緑色のヒラタアブ(の仲間とおぼしき)幼虫↓。




きれいな緑色の幼虫がいたのでのぞき込むと──ヒラタアブの仲間の幼虫で見られる後呼吸器突起が目にとまった。
緑色のヒラタアブ幼虫というのが、ちょっと珍しいと感じたのでとりあえずこれもアップしておくしだい。


光沢亀虫マジック!?

アオクチブトカメムシの金属光沢マジック



アオクチブトカメムシ(成虫)は肩(前胸両側)に立派なツノを持つカッコ良いカメムシだ。昆虫を撮るときは、なるべくその特徴・カッコ良さがアピールできるポーズやアングルをおさえたい。こうした前胸両側に突起がある昆虫は、背面から撮ると突起が脚と重なってしまうことがあるが、突起の輪郭をクッキリ際立たせるには、できれば脚と重ならないアングルを選びたい。本当はボデイラインが目立つような背景で撮りたいところだが、その虫がどんなところにいてどんなふうに見えるのか──という部分も記録したいので、見映えのしない背景で甘んじて撮っていたりする。
アオクチブトカメムシの場合、撮影アングル選びにはもう1つ気にしている要素がある。金属光沢があるので、その色合いが一番美しく見える角度で撮りたいということ。金属光沢のある昆虫は撮ってみると、その輝きがかなり目減りしてしまうのでガッカリしがちなのだが……それでもやはり、キレイな虫はできるだけキレイに記録したい……そう思ってベストなアングルを探してしまう。
ということで、10月に入って擬木や欄干上で見かけるようになったアオクチブトカメムシ成虫を撮ってみた。この昆虫は6月頃にも新成虫を目にしていたが(*)、最近見かける個体は触角が切れたものの割合が多いような気がする。羽化してからの時間経過が長いということなのだろうか? この「赤みが強い」と感じた個体も、右の触角が途中で欠けていた。


アオクチブトカメムシといえば《金緑色の輝き》をイメージするが、この個体ではやけに赤みが強く感じられ、カメラを向けてみた。撮りながら、例によって色合いがキレイに見えるアングルを探していると──アラ不思議!? 赤みがかった輝きが金緑色に変化した!


赤と緑はほぼ反対色(補色)──同一個体でここまで変化して見えとは……まるでクロースアップマジックのようだ。




同じもの(個体)が、まるで別物(別個体)のように見えるアオクチブトカメムシの金属光沢マジック──これは記録しておきたいと思って「格差ショット」のアングルを探してみた↓。




アオクチブトカメムシの金属光沢には──水田に張られた鳥除けのキラキラ・テープのように、(昆虫食の)鳥を忌避させる効果があるのだろうか?
それにしても、どうしてこれほど見え方が違うのか本人(虫)に聞いてみたくなる。

青口太亀虫「そりゃあダンナ、目撃者の証言を混乱させるためでさぁ。こう見えてもあっしらは肉食──他の虫の命をちょうだいして生きてるわけでして、殺生のシーンを目撃されて通報されないとも限りやせん。そんなとき、目撃者たちが『下手人は緑色のカメムシ』『いや赤っぽかった』『右の前翅は緑で左が赤だった』『違う違う、その逆だ!』と、それぞれ食い違う証言をしてくれれば、捜査をかく乱できるってワケでして」
Q「捜査というけど……虫を殺して、いったい何の罪になるのかね?」
青口太亀虫「人を殺せば《殺人ざい》、虫を殺すのは《殺虫ざい》でさぁ」


──などという脳内コントはさておき、新成虫が見られた6月に撮影していたアオクチブトカメムシの画像↓。


そして、最近の画像に戻って──欄干にいた腹の縁が「赤地に青模様」の個体↓。


キレイな個体だったのだが動きまわって、なかなか撮らせてくれなかった。木影に位置する場所だったが、風で枝がなびき陽がさしたシーン↓。


画像では例によって光っている部分が白っぽくとんでしまっているが、実際は美しくキラキラと輝いていた。
アオクチブトカメムシには腹の縁が「黄色地に緑模様」のタイプ(?)もいて、そんなペアもいたので撮ってみた↓。


やはり撮影アングルに気を使う指乗りミミズク



「ミミズク」で検索すると鳥のタイトルばかり並んで閉口するが……これは昆虫の「ミミズク(耳蝉)」。やはり10月に入って擬木で目にする機会が増えてきた。前胸にあるユニークな耳介状の突起が、キアイを入れれば「天使の翼」あるいは「ミッキーマウスの耳」に見えなくもない。このユニークなフォルムをどの角度から撮ったら一番サマになるか……と考えてしまう。
アオクチブトカメムシのようなきらびやかな昆虫ではないが、「撮影アングルを探してしまう」つながりで……。ちなみに、このミミズクも《カメムシ目》の昆虫(カメムシ目・ミミズク科)で、植物の汁を吸う。


見映えのする撮影アングル探しに気をとられ、現場では気がつかなかったが……前胸にゴミが付着していた……。


このアングル↑に「たそがれ感」を覚えるのは、僕だけであろうか? ちなみにこの耳介状の突起はオスよりメスの方が大きいそうで、この個体は♀ということになるのだろう。


大きさがわかるように直径20mmの1円硬貨を並べてみたところ、向きを変えて、このあとピョン!と飛翔した。1円玉にかかった翅の端が透けているのがわかる。木にとまっていると樹皮が透けて翅の色と融け合い、ボディラインの隠蔽効果があるように思う。


耳介状突起の小さい↑これがオスだろう。


ミミズクも撮る角度によって、けっこう印象が変わる。
10月に入って成虫を何匹か目にしたが、小さな幼虫も1匹、目にしている↓。


成虫のような立体的な突起はなく、とても平べったい。画面右が頭部。




ミミズク成虫もアオクチブトカメムシ新成虫が見られた6月に目にしていた↓。




ミミズクもアオクチブトカメムシも、撮影するアングルに気を使うカメムシ目の昆虫ということで、くくってみたしだい。


ムフロンワームと空目虫

ムフロンワーム!?スミナガシ幼虫

前回の【カラカルワーム】に続いて野生動物を連想するってことで……【ムフロンワーム】。ムフロンはカールしたツノが印象的な野生のヒツジ。「ビッグホーン」と呼ばれるオオツノヒツジの方がわかりやすいかとも思ったが、語呂から【ムフロンワーム】に決定!?(あくまでも個人的愛称)




──ということで、ムフロンやオオツノヒツジを連想させるイモムシはスミナガシというチョウの幼虫。成虫はたまに見かけることがあったが、幼虫を見たのは初めて。擬木を徘徊していた。














見つけた時はどの木から落ちたのかわからず、擬木遭難させておくよりはとテキトーに近くの枝にとまらせておいたが……後で確かめたところ、幼虫の食植物はアワブキ・ミヤマハハソ・ヤマビワ・ナンバンアワブキなどだそうで、間違った木に戻してしまったようだ。許せスミナガシ。蛹化前の移動(?)だったら食植物でなくてもそのまま蛹になれそうな気もするが……スミナガシの蛹は枯葉そっくりで(僕はまだ実物を見たことがない)、これも興味をそそられる。いつか見てみたいが……擬態の完成度が高いので、自然の中で見つけるのは難しそうだ。

最近見た虫から空目ネタ

ムフロンワームだけではさびしいので、ついでに最近見かけた虫から「空目」しがちなものを。以前もネタにしているものだが……見つけると、ついカメラを向けてしまう。




ホントにいる!?リアルこびと虫づかん


赤僧侶vs黒僧侶!?/アカシマサシガメとビロードサシガメ
そして先日もネタにしたホソバシャチホコ幼虫の最新遭遇個体↓


ナチュラル・タトゥー(?)のスーパーヒロインが個体によって若干違うので、ホソバシャチホコ幼虫を見つけると、つい撮ってしまうのだが……この個体を含めて【隠し絵@ホソバシャチホコ幼虫】に画像を追加している。



これも以前、【手のり文鳥より小さい指のりミミズク】でネタにしているが……あらためて。




※↑【手のり文鳥より小さい指のりミミズク】画像より