FC2ブログ

ユーザータグ : ミミズクの記事 (1/3)

ミミズク似!?エゾギクキンウワバ~冬尺蛾

ミミズクに似た蛾!?エゾギクキンウワバ



ワイヤーフェンスにゴミっぽい感じの蛾がとまっていた。エゾギクキンウワバ──というのは帰宅後調べて判明した和名。現場では正体不明の蛾で、よく見るとおもしろい形をしていたので撮ってみたもの。


胸の背面に平たい耳介状の突起があって、ミミズク(耳蝉)の成虫↓に似ていると感じた。






ミミズク似(?)のこの蛾は初めて見る種類だった。蛾は種類が多く、手がかりが無いと名前を調べるのもなかなか面倒だ。科がわかればある程度絞り込めるのだが、外見から科の見当をつけるのは僕には難しい……。最初はミミズクを連想させる特徴からサカハチトガリバが思い浮かび、その周辺を調べてみたのだが該当せず……。似たような蛾を以前撮った記憶を辿ってイチジクキンウワバの画像を引っ張り出した↓。


これは近いと感じてキンウワバの仲間をさがし、エゾギクキンウワバにたどり着いたしだい。ちなみに、ミミズクっぽい(?)サカハチトガリバはこんな蛾↓。


エゾギクキンウワバはミミズクを連想させる耳介状突起が目をひくが、背びれ風の突起もイイ感じ。そして「あれ!?」と思ったのが翅の中央にある白っぽい条紋だった。




じつはエゾギクキンウワバを見つけたとき、「ゴミのような蛾」と認識したあと、この白条紋を見て「あれ!? 蛾のように見えるゴミ!?」とプチ混乱があった。白い部分が浮き上がったゴミに見え、その下が少しへこんでいる──(蛾の翅にはないだろう)立体的な段差があるように見えた(錯覚した)からだ。




白条紋があることで、実際にはない段差の立体感(錯覚)が強調されて、白っぽいゴミが付着した暗色のゴミの塊のように見えた。ユニークな耳介状突起も尾びれ風突起もボディーラインをかく乱するような効果があるのかもしれない。ゴツゴツした樹皮や枝あるいは枯れ草などにとまっていたら気づくのは難しいだろう。天敵に対する隠蔽効果がありそうだ。
エゾギクキンウワバの幼虫は和名にあるようにエゾギクなどのキク科植物やヒルガオの葉や花弁を食べ、成虫は花の蜜を吸うらしい。成虫の大きさは、こんな感じ↓。


今季初の冬尺蛾クロスジフユエダシャクも出てきた



晩秋の蛾・ニトベエダシャク↑。この蛾が出てくるとフユシャク出現も近い──というようなコトを前記事に記したが、フユシャク(冬にだけ成虫が出現しメスは翅が退化して飛ぶことができないという特徴を持つシャクガ科の蛾の総称)も現われた。




今シーズン初のフユシャクはコンクリート擬木でみつけたクロスジフユエダシャク羽化不全♂だった。その47分後に笹の葉にとまった2匹目のクロスジフユエダシャク♂↑を確認できたので、その画像を採用。
今シーズン初のフユシャクを確認した5日前にはアブラゼミが鳴いていたのだから、今年は季節感がつかみづらい……。


スポンサーサイト



フチグロトゲエダシャクの産卵他

フチグロトゲエダシャクの産卵



フチグロトゲエダシャクは冬の終わりに現れる昼行性のフユシャク(冬尺蛾)。僕が目にするのはこれが2度目──6年前に初めてフチグロトゲエダシャクのペアを見て以来。今回はメスだけだったが、すぐにフチグロトゲエダシャクと判った。いたのは以前見たポイントから1kmほど離れた場所。メスは擬木を登っており、カメラを向けると落下。近くの草をよじのぼってきたが、不安定でなかな落ち着かない。そこで安定した場所に移動させるために一時回収してみたしだい。


この姿勢だと、やけに腹が長く見える。フチグロトゲエダシャク♀には翅が無いが、こうして見るとプロポーションはシロトゲエダシャクやシモフリトゲエダシャクのメスに似ている感じもする。ちなみにこれら──「トゲエダシャク」がつくものは、フユシャクであっても標準和名に「フユ」がつかない。
このメスを近くのサクラの若木にとまらせてみた。待っていればオスがやってくるかも知れないと期待したのだが……オスを呼ばずに産卵行動をとりはじめた。


一時回収したときとプロポーションがずいぶん違う感じだが、同個体。腹端から産卵管を出し入れし、樹皮に触れながら産卵場所を探しているようす。




動きを止めたフチグロトゲエダシャク♀。この場所で産卵を始めた。


樹皮の隙間に卵を産みつけていく。






♀は移動しながら卵を産み続けていた。
フユシャクの多くが夜行性だが、フユシャク・シーズンの最初(冬の始まり)に現れるクロスジフユエダシャクと最後(冬の終わり)に現れるフチグロトゲエダシャクが昼行性というのが、おもしろい。これには何か理由があるのだろうか?
ちなみに、クロスジフユエダシャクの方は通常メスは落ち葉の下などに隠れており、オスは《婚礼ダンス(はばたき歩行)》によって、物陰にひそんでいるメスを探り当てる

クロスジフユエダシャクはなぜ隠れて交尾するのか

なんちゃってフユシャク(冬尺蛾)メスコバネマルハキバガ



擬木の上にいたメスコバネマルハキバガ♀──(フユシャク同様)メスは翅が退化したフユシャクちっくな蛾だ。しかし、メスコバネマルハキバガは「メスコバネマルハキバガ科」なので、フユシャクとは呼ばない(フユシャクは年に1度、冬に成虫が出現/メスは翅が退化し飛ぶことができないという特徴をもつ「シャクガ科」の蛾の総称)。


この個体……よく見ると、顔に仮面をかぶっているような!?


羽化のさいに、頭部の蛹殻がうまく剥離できなかったのだろうか?
しかし、動き出すとせわしなく元気に歩き回っていた。



なんちゃって冬尺蛾メスコバネマルハキバガ

擬装するイモムシ他



アオシャクの仲間と思われる幼虫。ゴミをまとってカムフラージュするのがおもしろい。


チョウも色々見かけるようになったが、早春の蝶・コツバメも出ていた。


コツバメはコンクリート擬木にとまって太陽光を効率よく浴びる角度に翅を傾けていた。
鱗翅目(蛾やチョウ)以外の昆虫も少しずつ増えてきている。


ミヤマシギゾウムシはコナラの虫こぶに産卵するらしい。擬木の上でもしばしば目にするが、動きまわってなかなか上手く撮れないことが多い。


擬木のふちから思い切り身を乗り出していたミミズクの幼虫↓。


面に貼り付いていると輪郭がわかりにくいのだが、こうしているとよく判る。このあと跳ねて姿を消してしまった。


ミミズクとエゴシギゾウムシ

ユニークな昆虫・ミミズク(耳蝉)



ガードパイプの支柱の上にミミズク成虫がとまっていた。「ミミズク」というと鳥(木菟)を連想しがちだが、これは植物の汁を吸う半翅目(カメムシ目)の昆虫。なんといっても前胸背にある耳介状の突起が目をひく。これがミミズク(木菟)の羽角っぽいということでこう呼ばれるようになったらしい。昆虫のミミズクは漢字では「耳蝉」と記す。


カメラを近づけると体を起こし、ミミズクのダンスを始めた。


体をゆっくりと左右にスライドさせるミミズク・ダンス……警戒した時の動きのようだが、この行動の意味については「動いて相手の反応(ミミズクの動きを追尾しているか)」をうかがっている(ジャンプして逃げる必要があるかないかの見極めをしている)のではないかと僕は考えている(*素人想像)。


ユーモラスな脱力系ダンスに見えなくもないが、ふかわりょうの小心者克服講座ではない。


体を伏せれば、葉や樹皮にぴったりはりつくことができるデザイン。翅の先端付近は半透明で、とまった樹皮の色が透けて輪郭を隠蔽する効果がある。さすがにガードパイプの上ではバレバレだが、木に止まっていれば、ちょっと気づかない。


なんともユニークな風貌……。成虫の体長は14~18mmほど。


おもしろい昆虫だが、その生活史はきっちり解明されているわけではないらしい。ネット上には「成虫越冬」とする情報もあるが、僕の見たところでは幼虫で越冬しているものもいるようだ。幼虫は遅くて11月まで、早くは2月から見ている。終齢幼虫と思われる個体は4月~5月にも見ているので、幼虫での越冬は確かだろう。


これも↑、これも↓、大きさからしておそらく終齢幼虫。「幼虫越冬」の個体に違いない。


この幼虫の姿がヒトの顔に見えて仕方ない……というコトは何度か記した通り。


※↑【眠れる森の長老!?ミミズク幼虫】より

鴫(シギ)っぽい象?エコシギゾウムシ



ミミズクではないが、鳥の名前が入った昆虫にシギゾウムシがいる。ゾウムシの仲間だが、細長い口吻が(ゾウの鼻というより)シギ(鴫)のクチバシに似ていることからつけられたのだろう。シギゾウムシの1つ、エゴシギゾウムシがやはりガードパイプの支柱の上にとまっていた。
カメラを近づけると──こちらはダンスではなく、体を膨らませた!?


ふだんシギゾウムシの仲間を見て鳥(シギ)を連想することはないのだが、体を膨らます姿を見て、なんだか鳥っぽい仕草だと感じた。鳥は毛を逆立てて膨れたように見えることがあるが、そんなイメージが重なる。昆虫の体は固い装甲(外骨格)でかっちり固められているイメージがあるが、組まれたパーツの隙間がひろがって膨れて見えるようだ。


体を膨らませることの意味はよくわからないが……ちょっと鳥っぽく感じたので「へえ?」と思ったしだい。

ついでに、やはりガードパイプの支柱の上にとまっていたシナノクロフカミキリ↓。


擬木の上にいた、ヒメスギカミキリ↓







シモフリトゲエダシャク♀の毛皮感!?

3年ぶりのシモフリトゲエダシャク♀



ふと見上げると、苔むした桜の枝にフユシャク♀の姿が……。産卵後で腹がしなびているが……にもかかわらず大きい!? 「これは!」と思いよく見るとシモフリトゲエダシャクだった。標準和名に「フユ」は入っていないがフユシャク(冬尺蛾)のひとつ。


産卵前はパンパンだったはずの腹はすっかりしぼんで見すぼらしい感じになっていたが……シモフリトゲエダシャクはフユシャク♀としては国内最大級だそうで、以前そのボリューム感あふれる姿を目の当たりにして圧倒されたことがある。♀をみたのは3年ぶりだ。


僕はシモフリトゲエダシャク♀を見るとユキヒョウのイメージが浮かぶ。気品ただよう美しき獣。が、この個体はしなびた腹がペタンコになってしまい、まるで毛皮の敷物のよう……「トラのラグマット」ならぬ「ユキヒョウのラグマット」を思い浮かべてしまった。


シモフリトゲエダシャク♀の白地に黒のカラーリングがユキヒョウのイメージと重なるのだが、この時期よく見られるシロフフユエダシャク♀(色合いにはかなり個体差がある)の中にも似たような色合いのものがいる。同日撮影した2種♀を並べ見ると↓。


色合いは似ているのだが質感的にちょっと違う!? シロフフユエダシャク♀はシモフリトゲエダシャク♀よりだいぶ小ぶりだが、印象の違いは大きさの違いだけではない。シロフフユエダシャク♀では腹の表面を短冊状の鱗粉が瓦のように覆っている。


シロフフユエダシャク♀別個体↓。こちらは産卵前で(卵がつまった)腹がふくれている。




これはこれでキレイだが……シロフフユエダシャク♀の短冊状の鱗粉に対し、シモフリトゲエダシャク♀の腹を覆っているのは獣の被毛のような鱗毛。高級毛皮感(?)が漂っている気がしないでもない!?




毛皮チックな鱗毛は、やはりユキヒョウを思わせる。産卵後のプロポーションでは本来の魅力が伝わらないので、4年前の記事から画像を再掲載↓。


(※↑【雪豹フユシャクふたたび+産卵&卵】より)
「フユシャク(冬尺蛾)界の女王」と呼びたくなる立派な風貌だ。

鳥ではないミミズクと牛ではないカメムシ



雑木林沿いの欄干を歩いていたのはミミズクの幼虫。平たい体から、海底を泳ぐヒラメやエイを思い浮かべてしまった。


脚は体にぴったり隙間なく収納できるデザインになっている。ボディラインを隠す効果があるのだろう──静止して脚をたたむと葉や幹に密着できる。なんともユニークな昆虫なので、これまで何度もネタにしてきた(*)。
冬にも虫はそれなりに見られるもので、ウシカメムシもその1つ。


カッコ良くてユニークなフォルムが魅力。


この虫も色々ネタにしてきた(*)


ミズキ開花:4月下旬の昆虫

キンケトラカミキリ@ミズキほか4月下旬の昆虫



狭山丘陵のミズキも4月下旬に入って咲き始めた。陽当たりの良い花には虫がよく集まる。カミキリが来ていないか探すと、こんな姿が……↓。


撮るには少し遠いところにある花に、ちょっと大きめで黄色っぽいトラカミキリがいるのはわかった。キイロトラカミキリだろうかと思って、撮って画像を拡大してみると、模様が違う……キンケトラカミキリのような。もっとアップで撮りたかったが、位置が悪くて近づけなかった……。
ミズキはまだ蕾も多い。満開はGWの頃だろう。
ミズキの花にはトゲヒゲトラカミキリも来ていた。花では撮れなかったので、擬木の上にいたヤツを↓。


この個体↑は右前脚が欠けていた。トゲヒゲトラカミキリはトウキョウトラカミキリに代わって目につくことが多くなってきた。
擬木にいたゴマフカミキリ↓。


擬木を歩くゴマフカミキリを追っていると、ヒシカミキリがフレームインしてきた。


ゴマフカミキリ(10~16mm)もそう大きな昆虫ではないが、ヒシカミキリ(3~5mm)と並ぶとデカく見える。そのヒシカミキリ↓。


やはり極小サイズのヨツボシチビヒラタカミキリは粗朶(そだ)でも↓。


小さな昆虫に目が馴れてくると、このアオマダラタマムシ(17~29mm)サイズの昆虫は大きく感じる↓。




アオマダラタマムシはヤマトタマムシほどハデではないが、にぶいながら金属光沢があって、よく見ると美しい。上翅には立体的な模様があってウバタマムシを思わせる。
4月下旬に入ってエゴシギゾウムシの姿も見るようになった。黒っぽい模様の部分が赤茶色の固体をたまに見るが、羽化してあまり時間が経過していない(ので色が定着していない)のだろうか? それとも単なる個体差による色の違いなのか?




赤茶色のエゴシギゾウムシ──カメラを向けると擬木の縁にスタンバったので、飛びそうだな……と思ったら翅を広げた。が、この時は飛び立てず。一度翅をたたんでしきりなおすと、飛翔した。
こちら↓は通常の体色のエゴシギゾウムシ。


エゴシギゾウムシ(5.5~7mm)を初めて見た時は「小さい」と感じたが、その後極小サイズのチビシギゾウムシ類を知ってからは、「余裕のある大きさ(?)」と感じるようになった。画像右下の画像(楕円の中)はエゴシギゾウムシと同じ日に見たジュウジチビシギゾウムシ(2~3mmほど)。模様はよく似ているが、大きさがかなり違う。
ということで、小さなジュウジチビシギゾウムシと、同日みつけた大きなシロコブゾウムシを比べてみた↓。




シロコブゾウムシは擬木の支柱側面にとまっていたが、やはり擬木にとまっていたカオジロヒゲナガゾムウシ↓。




ちょっと前に【眠れる森の長老!?ミミズク幼虫】で紹介したミミズク──その時は幼虫だったが、今年初の成虫↓。


今年初のイタドリハムシ↓。


ピッカピカの虹色葉虫アカガネサルハムシ



擬木の上で虹色に輝いていたのは──目に入った瞬間わかったアカガネサルハムシ。珍しい昆虫ではないのだが、美しいことこの上ない。今年の年賀記事にも抜擢した昆虫でもあるのだが……画像にしてみると全然その輝きが感じられず、ガッカリするのも毎度のコト……。


撮り始めると落下したので、近くの葉に止まらせて撮影↓。




毎回感じるが……光沢昆虫は(も)、キレイに撮るのが難しい……。