FC2ブログ

ユーザータグ : ホルスタインの記事 (1/4)

サザナミフユナミシャクの愛称!?他

サザナミフユナミシャク@東京



木製手すり接続部の溝に沿うようにとまっているフユシャクのメスをみつけた。目に入ったときは、翅が大きめだったのでクロオビフユナミシャク♀が頭に浮かんだが……それにしては細長い!? よく見るとサザナミフユナミシャクのメスだった。


ネット上の画像では見たことがあったが、実際に目にしたのは初めてだったかもしれない。クヌギやコナラといったありふれた食樹で育つらしいが、そのわりに分布は局所的らしい。


このメスがいた手すりの近くにはクヌギが生えていたので、そこで育ったのだろう。


サザナミフユナミシャク♀の大きさは、直径20mmの1円硬貨と比較すると、こんな感じ↓。


フユシャク(冬尺蛾)のメスとしては大きめの翅だが、オスと比べると退化していることは明らか。サザナミフユナミシャク♂は、こんな姿↓。


和名に「ナミシャク」が入る蛾は、翅に波模様が入っていがちで、このオスも翅の裾(?)の方に波模様が入っている。この波は数字の「3」のくり返しにも見えるわけだが……サザナミフユナミシャクではこの数字模様が「3373」だったらいいのに……と思ってしまうのは僕だけであろうか? 「3373」なら「サザナミ」と読めるのに……残念。しかし、野帳をつけている人は記入時間を節約するために、きっとサザナミフユナミシャクを「3373」と記しているに違いない(?)。「サザナミフユナミシャク」と記すのは煩わしいが「3373」ならラクで速い。ただ、記入記号としては重宝しそうだが、口述するときは「さんさんななさん」は「サザナミ」よりも言いにくくなってしまう。となれば口述のさいにも言いやすいニックネームが必要なではないかと思い立った。そこで閃いたのが「波平(なみへー)」──言わずと知れた人気漫画『サザエさん』の登場人物・磯野波平である。「サザエさんの波平」略して「サザ波」というわけ。野帳に記入する時は、「波へー」の「へー」の長音記号を「波」形にして「へ~」と記して、これだけて「波へー」と読む。
「へ~」→「波へー」→「サザエさんの波平」→「サザ波」→「サザナミフユナミシャク」というのは、どうであろうか?
余談だが……今回の件で『サザエさん』を検索して「えっ!? そんなバカな!」と思ったことがある。「磯野波平」は54歳! 波平が僕より若かったなんて……。

冬尺蛾♀では大きめの翅・クロオビフユナミシャク



サザナミフユナミシャク♀を見たとき(翅が大きいということで)頭に浮かんだクロオビフユナミシャク♀。このメスは陽に当たる擬木の上にいたのだが、鱗粉がテカって浮き上がって見えるので、影をかけて撮影↑。冬の浅い角度の陽射しにあたっているのをそのまま撮るとこうなる↓。


今シーズンはクロオビフユナミシャクが多い気がする。


ホルスタインちっくなチャバネフユエダシャク



サザナミフユナミシャク♀とは対照的に翅が消失しているチャバネフユエダシャク♀。こんなところにも↓。


サザナミフユナミシャクを「波平」と呼ぶ人はいないかも知れないが、チャバネフユエダシャクの愛称「ホルスタイン」は広く定着しているのではあるまいか?


これでも立派な蛾の成虫↑。ユニークきわまりないチャバネフユエダシャク♀に対して、平凡(?)な姿のオス↓。


フユシャク亜科のフユシャク♀



やはり翅が消失したフユシャク亜科のフユシャク♀。


クロスジフユエダシャク♀



オスの乱舞の時期はもうとっくに終わってしまったが、まだ単独のメスは見かける。

スポンサーサイト



ギボッチ&桜っちで冬尺蛾

緑地の擬木柵などは昆虫観察の意外なスポットだったりする。そんな擬木を中心に虫探しをする「擬木ウォッチ」を僕は略して「ギボッチ」と呼んでいる(ちなみに擬木ウォッチをする「擬木ウォッチャー」は「ギボッチャー」)。そして毎年この時期になると、イチモジフユナミシャクやチャバネフユエダシャクなどフユシャクががよくみつかるサクラにも注目することになる。「擬木ウォッチ」が「ギボッチ」なら「桜ウォッチ」は「桜ッチ」ということで。

イチモジフユナミシャク♀の理想の美麗個体は?



桜並木ぞいのフェンスの支柱に登っていたイチモジフユナミシャク♀。珍しい種類ではないのだが、美麗個体となると目にする機会は、そう多くない。フユシャクなのでメスの翅は退化していて小さい。この前翅が青~緑がかったメスはキレイでお気に入りなのだが、この♀はほとんど青みが無かった。


イチモジフユナミシャク♀の腹部は白っぽく、背中の節ごとに対になって並ぶ黒紋と側面に並ぶ輪状紋があるのだが、この♀↑の腹には白い鱗粉の中に黒い鱗粉も散在してごま塩模様になっていた。
苔むしたサクラのやや高いところにとまっていたイチモジフユナミシャク♀↓。ぷち木登りして撮ってみたが、これも青みが薄い個体だった。


サクラで見つかるイチモジフユナミシャクは、日陰側にいることが多い。このメス↑も日陰側にいたので引きの画像はフラッシュ強制発光で撮影。晴れた日の桜ッチは(冬の太陽は角度が浅いので)逆光がかなりストレスになる。日陰側に多いというのは、鳥など捕食者から見えづらい逆光ポジションを選んでのことなのかもしれない。
やはりサクラの日陰側にいた、メスとは似ても似付かないイチモジフユナミシャクのオス↓。


サクラの日陰側ではないが……サクラの近くにある案内板の支柱の日陰側にとまっていたイチモジフユナミシャク♀↓。


このメス↑は若干青みがあったが、黒い鱗粉が入ったごま塩模様になっていた。
イチモジフユナミシャクは夜行性なので昼間はじっと動かないことが多いのだが……擬木の上を歩き回っていたイチモジフユナミシャク♀↓。


頭を起こし、小さな翅をやや立てて歩いていた。静止モードの姿勢とはずいぶん感じが違う。擬木支柱のふちで止まったところを撮影↓。


このメスは翅に関しては淡い水色でキレイな部類。水色の前翅に黒い帯が走っている個体もいるが、このメスは黒帯が途切れている。腹は白い部分に黒い鱗粉が混じって紋が不鮮明なのが、(ヒトの美観上?)ちょっと残念。


この後、このメスはまた歩き始めた。歩く時は翅を持ち上げ、触角を開いて先端を前に向けていたが、息を吹きかけると触角を倒して静止した。


翅を上げているので腹部側面の輪状紋がよく見える(ごま塩模様になっているのがちょっと残念)。小さな頭部と長い脚が印象的……。


サクラの枝にとまっていたイチモジフユナミシャク♀↓。


水色の前翅はやや色が薄いが、白い腹の黒い紋はクッキリキレイに見える。


個人的な好みでいうと……前翅の青みが強く、できれば黒い帯模様がクッキリ入り、腹はパールホワイトに黒い紋が明瞭なメスが、理想的な美麗モデルなのだが……完璧な個体にはなかなか出会えない。

あわいブルーの冬尺蛾
イチモジフユナミシャク♀は地衣類擬態!?

チャバネフユエダシャク



やはり桜ッチで見つかることが多いチャバネフユエダシャクのメス。イチモジフユナミシャク♀とはまた違った味わいの存在感がある。


イチモジフユナミシャク♀は個体によって、かなり美麗度(?)に差があるが、チャバネフユエダシャク♀では、さほど当たりハズレ感はない。大小体格差があったり産卵前後で体型は変わるていど。
産卵ダイエット(?)で、いくらか腹が凹んできたチャバネフユエダシャク♀↓。


木製の手すりの上にいた産卵前の豊満なチャバネフユエダシャク♀↓。




こんなホルスタインちっくなメスとは全く似ていないチャバネフユエダシャクのオス↓。




フユシャク♀5種

冬の風物詩・フユシャク(冬尺蛾)。このグループの特徴を顕著に現しているのがメス──翅を退化させたユニークな姿が見どころのひとつといえるだろう。ということで、最近目にしたフユシャクのメスを5種。

今シーズン初のイチモジフユナミシャク♀



淡い水色の前翅と腹の側面に並ぶ輪紋がお気に入りのイチモジフユナミシャク♀。今シーズンの初個体が桜並木ぞいのフェンスの上に出ていた。






オスや普通の蛾とはまったく違うフォルム&色合いが独特の雰囲気をかもしだしている。飛翔能力のあるオスの翅はもっとずっと大きく、美しい水色は入っていない。そんなオスを含む過去の記事↓。
あわいブルーの冬尺蛾
イチモジフユナミシャク♀は地衣類擬態!?

今季初のシモフリトゲエダシャク♀だったが…



これも今シーズン初のフユシャクだったのだが……何だか、ちょっとヘン!?




腹の先端がまだ蛹のような感じで、形成不全っぽい。シモフリトゲエダシャク♀は大型でユキヒョウや高級毛皮を思わせるゴーヂャスなイメージが(僕には)あるのだが……ちょっと残念で痛々しい(?)個体だった。とりあえず今季の発生を確認したということで。
本来の美しい姿は、こんな感じ↓
シモフリトゲエダシャク♀@桜
シモフリトゲエダシャクペア&ヒロバフユエダシャク

このところ目につくクロオビフユナミシャク♀



前回(*)も紹介したクロオビフユナミシャク。フユシャク♀の中では大きめの翅をもつメス。その後もいくつか見ることができた。




別の擬木の支柱上面のフチにとまっていたクロオビフユナミシャク♀↓。


模様の色合いやコントラストは固体によって変異がある。
クロオビフユナミシャク♀色々

ホルスタインことチャバネフユエダシャク♀





クロオビフユナミシャク♀の大きめな翅とは対照的に、翅が消失しているチャバネフユエダシャク♀。そのため、より蛾には見えず、ミステリアスな正体不明感(?)を漂わせている。見た目のイメージから「ホルスタイン」の愛称で親しまれているチャバネフユエダシャク♀も続々と出てきた。ギボッチ(擬木ウォッチ)でみつけたメス↓。


擬木支柱の鉛直面にとまっていたチャバネフユエダシャク♀↑と、水平面にとまっていたチャバネフユエダシャク♀↓。


木製手すりのこんなところにも↓。


オスにはないホルスタイン模様がどうしてメスだけにあるのか等、不思議さ満載の存在だ。
ホルスタインちっくなチャバネフユエダシャク♀

翅を広げたクロスジフユエダシャク♀



少し前にはオスたちの乱舞が見られたクロスジフユエダシャクだが、その舞台となった雑木林も今では閑散としており、祭りのあとのよう……。季節の移ろいは早いもので、オスは単体でチラホラ見られる程度になってしまった。擬木では4枚の小さな翅をしっかり広げたメスの姿が見られる。


色合いや模様は固体によって変異がある。


この時期、擬木などにとまっている単体のメスは(産卵前の個体は)姿勢が良い──4枚の小さな翅を展翅したかのようにきれいに広げているものが多い。発生初期~ピーク期に、ペアになっているメスでは翅がきれいに整っているものが少なかった気がする。メスが羽化後どの程度経った時点で交尾に至るのかは知らないが、まだ羽化してさほど経たぬうちに──翅が完全に伸びきっていないうちにフェロモンを発散するのではなかろうか? 未交尾のメスが見えないところに隠れていてもフェロモンを発すると、とたんにオスたちが集まり婚礼ダンスが始まる。そして1匹が交尾を成立させると他のオス達はさっさと引き上げてしまう。交尾中の♀がいても、メス探しをしているオスたちは無反応。また、交尾後オスが離れた後のメスにもオスたちは反応しない。交尾が成立した時点でオスを呼ぶフェロモンはシャットダウンされるのだろう。やはり昼行性のフユシャク・フチグロトゲエダシャクの場合はメスが時間をおいて何度も交尾するというが、クロスジフユエダシャクも同様に複数回フェロモンを放つことがあるのか僕は知らない。ただこの時期、単体で擬木などにとまっているいるクロスジフユエダシャク♀はおそらく(交尾後の)産卵前後の個体であることが多く、羽化からある程度時間が経っているために翅が充分伸びきって「展翅したかのように」広げているものが多いのではなかろうか……。


翅の大きさが違う冬尺蛾3種

フユシャク(冬尺蛾)が見られる時期になった。「フユシャク」は年1回、冬に成虫が出現し、メスは翅が退化して飛ぶことができないというユニークな特徴を持ったシャクガ科の蛾の総称。昆虫なのに(虫にとって活動しにくいと思われる)冬に現れるとか、蛾なのにメスは飛翔能力を捨ててしまったという点が興味深い。「どうして、そんなことになってしまったのか?」と想像力を刺激する。飛ぶことができるオス(一見ふつうの蛾)とかけ離れたメスの容姿もおもしろい。活動している昆虫が少ない時期──冬の「主役」ともいえる昆虫だ。

翅が消失したチャバネフユエダシャクのメス



冬に現れる、この奇怪な虫↑──チャバネフユエダシャク♀を知らずに初めて見たときは、いったい何の仲間なのか見当もつかなかった。イモムシにしては脚が長いし、ジョロウグモの仲間にしては、脚は6本……昆虫なのであろう。昆虫の成虫なら翅があってもよさそうなものだが、この虫には無い……。翅の無い昆虫ということでカマドウマを思い浮かべたりもしたが、それともまた雰囲気が違う……。これが冬に出現する蛾のメスだと知った時は大いに驚いた。


フユシャクは種類によってメスの翅の退化の度合いにかなり格差があって、チャバネフユエダシャクではメスの翅はほとんど消失している。蛾の特徴である翅がなく、オスとは似ても似つかないホルスタインちっくな容姿のため、最初はとてもこれが蛾の成虫だとは思えなかったわけだ。
これでもちゃんと蛾である証拠に──以前の記事からペアショットを──↓。


※【チャバネフユエダシャクのペア】より再掲載↑。
今回みつけたチャバネフユエダシャク♀と同じコンクリート壁にとまっていた。

フユシャクとしては大きめの翅を持つクロオビフユナミシャク♀



翅が消失したチャバネフユエダシャク♀とは対照的に、フユシャクの中では大きめの翅を持つクロオビフユナミシャクのメス。これなら、なんとなく蛾の仲間であると想像できる。




体色や模様のコントラストは個体によって変異がある。
やはり擬木で見つけたクロオビフユナミシャク♀↓




フユシャクのメスとしては大きめの翅だが、オス↓と比べると退化していることは明らか。


小さな翅が魅力のクロスジフユエダシャク♀



今シーズン何度か記事にしているクロスジフユエダシャクのメス。


翅は退化して小さいが、ちゃんと4枚(前翅と後翅が1対ずつ)あるのがわかる。小さな翅は可愛らしいアクセントでもあり、完全に消失した種類よりも、むしろ「退化した感」が漂ってくる気がしないでもない。
もちろん、オスは飛翔能力のある翅を持っている↓。


オスもメスも個体によって大きさに差があるが、立派な体格のクロスジフユエダシャク♀↓。


小さな翅を広げてとまった姿勢はりりしさを感じさせる。


なんちゃって冬尺蛾!?なアカシデ種子(果苞)ほか



この時期、木の幹や擬木に付いているアカシデのタネ(果苞)は、ちょっとフユシャク♀に見えなくもない!? フユシャク♀がこうした植物片に擬態しているとは思わないが(それほどの擬態効果があるのかは疑問)、フユシャクに興味を持って探し始めた頃はしばしば騙された。



やはりこの時期に見られるカバエダシャク↑。シャクガ科の蛾だが、メスにも翅があって、フユシャクではない。
体色と似た色合いの幹にとまっていると隠蔽擬態効果抜群のキノカワガだが……ずいぶん目立つところにとまっていた↓



年末のフユシャク♀2017

イチモジフユナミシャク♀の美麗条件!?

前の記事で取り上げたばかりのイチモジフユナミシャク♀だが、その後もつい探してしまう。この時期には比較的よく見かけるフユシャクなのだが、美麗個体はそう多くはない。新成虫はおおむね(?)美しいのだろうが、イチモジフユナミシャク♀は見た目の劣化が早いような気がする。
新鮮な個体も劣化した個体も、「見つけた時期が違うだけ」で、その個体自体に変わりはないのだが……やはりキレイな時の姿を見ておきたくなる。成虫は1月の上旬まで見られるだろうが新鮮な個体の割合は減っていくだろう。すでに産卵後の腹が萎んだ個体を目にすることが多くなってきている。
ということで、見られる時期に美麗個体を見ておかねばもったいない──と、ついビンボー根性で、その姿を探してしまうのであった……。




サクラ(幼虫の食餌植物)の古木で見つかることが多いイチモジフユナミシャク♀。これは産卵前のキレイな部類。
全く個人的なこの種♀の「理想の美麗基準」は──
◎前翅・胸の青みが濃いこと。
◎前翅の黒帯模様がハッキリしていること。
◎腹はパールホワイトで背面の黒紋と側面の輪紋が明瞭なこと。
◎鱗粉がきれいに整っていること。
◎腹がぷっくりふくれて張りがあること(産卵前のプロポーション)。
これは、あくまでも個人的な「希望」。希望通りの個体を目にすることは、そう多くない……。
上の個体を見つけたあと、やはりサクラッチ(桜ウォッチ)をしている人がいる──と思ったら、確認済飛行物体のnoriさんだった。そのnoriさんが見つけたきれいなイチモジフユナミシャク♀↓。


とまっているのは、やはり苔むしたサクラの幹。微妙な位置にいて、撮影時は伸ばした腕がプルプルしがちな状況。刺激して、じゃっかん動いてもらって撮った画像↓。


背景に、あわいブルーの地衣類の片鱗が写っているが、イチモジフユナミシャク♀の翅のブルーとよく似ている(*)。


産卵前の美しいプロポーション↑に比べ、産卵後はというと──↓。


腹がしぼんで、ちょっと貧相に見える。腹が縮んだことで比率的に翅が大きく感じられ、印象がずいぶん変わる。よく知らなかった当初は産卵の前後で別の種類だと思っていた。
木製の手すりの上にいた、やはり産卵後の♀↓。




擬木の上にいたこの♀は、まだ卵を持っていそう?↓






前翅&胸の青みは濃く、色合い的には申し分ないが……腹は少ししぼみぎみ。産卵の途上なのだろうか?
この♀↓は、産卵前のプロポーションだが、鱗粉(特に腹)がささくれて、ちょっとみすぼらしい……。




体をおおう鱗粉は、風雨あるいは乾燥、時間の経過などの影響で荒れてしまうのだろうか? キレイな個体との比較↓。


ということで、やはり見るなら美麗個体であってほしい──と思ってしまう。

翅が消失したフユシャク♀

イチモジフユナミシャク♀には、小さいながらも翅があって、それが魅力であったりもするのだが、フユシャク♀の中には翅が消失しているものもいる。




ホルスタインチックな白黒模様で異彩を放つチャバネフユエダシャク↑。
単独でいると種類を特定するのが難しいフユシャク亜科のフユシャク♀↓。




苔むしたサクラにとまっていたフユシャク♀も↑、noriさんが見つけた個体。