FC2ブログ

ユーザータグ : ヘビの記事 (1/3)

ツチノコの正体!?

01ツチノコ図

ツチノコ・フィーバーをふり返って
昔、ツチノコというUMA(未確認生物)がブームになったことがあった。
実際に遭遇したことがあるという矢口高雄氏の漫画『幻の怪蛇バチヘビ』(バチヘビ=ツチノコ)が、ツチノコブームの火付け役となったとされている。僕もこの作品は夢中になって読んだ記憶がある。
世の中の関心が高まるなか、ツチノコに賞金をかけツチノコ探しのイベントで地域おこしをはかる自治体が現れ、それがブームにさらに拍車をかけた。ツチノコにかけられた懸賞金の最高額は2億円。実在しない生物の発見や捕獲に多額の賞金をかけて集客するのは、当たりのないクジを売るようなもの──賞金は最初から支払われることがない(ことを見越した)見せ金で、ブームに便乗したあざといPRイベントではないのかといぶかしく思ったものだ。
ツチノコ探検隊には多くの参加者が集まり盛況だったらしいが、当然のことながら、肝心のツチノコは確認されていない。
ツチノコの存在を確かめることが真の目的であるならば、発見がかなわなかったのだから催しは《失敗》ということになるはずだが、実際は集客に成功し地域PRのもくろみが当ったことで、企画者たちは《成功》とほくそ笑んでいたことだろう。
けっきょくツチノコは地域PRのアイテムとして利用されただけ。未知の生物に対する関心など見せかけで、実際に欲しかったのはツチノコによる集客利益だったのではなかったか……そう考えると、なんだかさもしい印象がなくもない。

ツチノコの目撃情報──イタチ誤認説!?
ツチノコの存在を裏付けるものは何もみつかっていないが、目撃情報だけはたくさんある。おそらく全てが何かの見間違い──誤認情報だったのだろう。
ツチノコの正体(誤認された別の生物)については諸説あるようだが、僕は目撃情報の中にはイタチを見間違えたケースも何割か含まれているのではないかと秘かに思っている。《イタチ誤認説》はあまりメジャーではないようなので、一応記しておくことにした。

ツチノコの正体については、僕も既存の在来ヘビ(捕食後や卵を抱えて胴がふくらんだ個体)や輸入物資に紛れ込んできたデスアダーのような外来ヘビの可能性を考えていた。そんな僕が《イタチ誤認説》を持ち出すのは、以前飼っていたフェレット(家畜化されたイタチ科動物)が散歩中にヘビと間違えられたことが何度かあったからだ。
「白蛇」と誤認された個体がこれ⬇。
02フェレット切株A
一見、フェレット(イタチ)とツチノコは全く別物だ。だから最初ヘビに間違えられた時は僕も意外だった。
フェレットは通常、背中を丸めているが、警戒しているときなどは、地面に貼り付いた姿勢で匍匐前進(ほふくぜんしん)することがある。見通しの良い浅い草原のようなところ(身を隠す場所が無い所)では、天敵の猛禽を警戒する習性からか、よく地面にへばりついた匍匐前進スタイルで移動する。すると脚が見えず、草の上をズンドウで尾が細いヘビが滑るように移動しているようにも見える。その姿勢で頭を持ち上げると、鎌首を持ち上げたツチノコのできあがりである⬇。
03フェレット匍匐A
水を張った容器に体をつけて涼むフェレット(別個体)⬇。
04フェレット水浴
こうして見るとフェレットの細長い体はズンドウのヘビに見えなくもない。
フェレットは家畜化された動物だが、日本のイタチも同様に匍匐前進することがあるなら、これを見てズンドウで尾が細いヘビ=ツチノコと誤認する人がいてもおかしくない──そう考えたしだい。
ツチノコの目撃情報の中には、まばたきをする(ヘビは眼が透明なウロコでおおわれており、まばたきはしない)とか、ジャンプする、体表面には毛がはえていたというようなものもあるというが、これらはイタチを誤認したものではないかという気がする。中には角が生えていたという話もあるが、これはイタチの耳介が角に見えたのかもしれない。
矢口高雄氏は『幻の怪蛇バチヘビ』の中で彼がヤマメ釣りで遭遇したバチヘビ(ツチノコ)について《色は黒褐色で背中に斑点あり》と記しているが、イタチはよく川にもぐってエサをとり、水からあがったときの姿は水を含んでくっつきあった毛先(黒っぽい)が細かくまとまり黒っぽい斑点もようになる(髪を細かく編み込むコーンロウで頭に模様ができるように)──。ツチノコの模様については、イタチが川から上がってまだ被毛が濡れているときにできる模様のことではないかという気もする。
ツチノコの目撃情報のうち、イタチを誤認したケースがどれだけあるのかわからないが……フェレットがヘビに間違えられるのを目の当たりにしている僕としては、一定の割合で《イタチを誤認した目撃情報》が含まれているのではないかと思えてならない。

白蛇と間違えられたフェレットは、こんな動物⬇


実在しない生物を追うより、実在する生物に関心を!
ツチノコ・ブームのときは、〝未知なる存在〟への憧れ──ツチノコ探しがロマンを追うことのように世間では捉えられていたフシがある。しかし、ツチノコ探しに情熱を傾ける人たちを見ていると、既存のヘビに対する基本知識が欠如していたり、ヘビに対する関心が無いばかりか、ヘビ嫌いの人も含まれていたようで、僕には違和感があった。ツチノコを新種のヘビだと考えている人が多かったようだが、既存のヘビについて語ることができない人たちが、どうして未知のヘビについて語ることができるのか。ヘビについて無知だからこそ、ヤマカガシやマムシをツチノコだと誤認するようなことが起こり得たのだろう。
ツチノコ探しに賞金をかけたり、〝ロマンを感じて〟探検隊に加わった人たちの〝本気度〟がどこにあったのか、僕によくわからない。自治体のPRや功名心、あわよくば賞金稼ぎ……そんなところに真意があったのではないか?
《ロマンは欺瞞》と言いたくなる。

僕としては……《実在しない生物にロマンを求めるのではなく、実在する生物に求めたらどうなんだ!》という気持ちがある。
《まぼろしの生物ツチノコ》はユニークではあるけれど、その想像図とよく似たヘビ(デスアダーやヒメハブなど)は実在する。ツチノコが実在していたとしてもさほど奇異なことでもないだろう。あるいは、そのビミョ〜なリアリティが「もしかしたらいるかも?/見つかるかも?」という幻想(?)を後押しすることにつながったのかもしれないが……。
しかし、《奇異な存在》《ふしぎな生物》という点でツチノコ以上という存在は、既存の生物の中にもたくさんいる。どうして不確かな《未知の生物》ばかりに関心を向け、既存の生物に着目しようとしないのか──僕には不思議でならない。
たとえば先日、人気番組の中でとりあげられたシャチホコガの幼虫なんぞは、ツチノコよりもはるかにインパクトのある生物だと僕は思っている。
05シャチホコガ幼虫TV
幻想にロマンを求めるのではなく、身のまわりに実在している不思議を再発見することに、もっと関心を向けてもよいのではないか……僕はそう思うのである。



散歩派フェレット・プチアルバム
ザ!鉄腕!DASH!!にシャチホコガ幼虫
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜トップページ
スポンサーサイト



猫目のアオダイショウ!?

猫目のアオダイショウ!?


暖かい日が続き、昆虫やクモなども増えてきたが、アオダイショウも出てきた。画面右側にある頭部を見ればわかるように、アオダイショウの眼には黒っぽい模様がかかっている。これはエサとする鳥などが警戒する「眼」を隠す効果があるのだろうと僕は考えている。
昆虫には眼状紋(目玉模様)を持つものが多く、鳥が反応することが知られている。カイコの幼虫に色々な大きさのニセ目玉をつけてムクドリに与える実験を行った人がおり、大きな目玉は(鳥に対して)威嚇効果があり、小さな目玉は攻撃を誘導することがわかったという。鳥にしてみれば自分を狙う天敵の眼をいち早く察知して逃げるなり、眼を攻撃して(敵やエサを)無力化させることは、生存競走の中で獲得した有効な生き残り術なのかもしれない。昆虫の眼状紋(目玉模様)にすら反応する感度の《眼探知警戒システム》を鳥が備えているとすると、鳥を狙うヘビなどは、獲物から警戒されがちな眼を隠すことで狩りの成功率を高めてきたのではなかろうか……アオダイショウの《目玉模様》ならぬ《目玉隠蔽模様》には、そんな意味があるのではないかと想像している。
ところで、画像のアオダイショウは成体だが、幼体(幼蛇)は成体とはずいぶん違った色や模様をしており、しばしばマムシと間違えられる。僕にはアオダイショウ幼蛇とマムシはそれほど似ているようには思えないのだが……両種を見分けるポイントの1つが「眼」──アオダイショウの瞳孔は円形なのに対し、マムシの瞳孔は(猫の眼のように)縦長になっている。
当然、今回撮ったアオダイショウも「瞳孔は円形」のはずなのだが……画像をチェックしたら(マムシやハブのように)縦長っぽく見えたので「!?」。

眼だけ見るとマムシやハブのような「縦長の瞳孔」!?──よく見ると……、

アオダイショウの眼には、前屈みでカメラを構える僕の姿が映り込んでいた。

マムシ擬態!?アオダイショウの幼蛇


マムシと間違われがちなアオダイショウの幼蛇(幼体)は、こんな姿↑。アオダイショウ幼蛇の《はしご模様》がマムシの《銭型模様》に誤認されることがあるようだ。そのためか「マムシに擬態している」という説もあるが、僕は懐疑的だ。もしマムシが派手で目立つ警告的な色彩や模様をしており、それに似ているというのであれば、警告効果のある擬態といえるのかもしれないが……マムシの模様は目立たぬためのもので、警告的な意味合いはないように思う。アオダイショウ幼蛇の模様もやはりボディラインをかく乱する隠蔽的なもので、結果としてマムシと似ている(?)にすぎないというのが僕の考えだ。アオダイショウの成体と幼蛇で色や模様がなぜ違うのか──ということについては以前記したことがある(*)。ちなみに、シマヘビやジムグリも、幼蛇(幼体)は成体とはずいぶん違った模様がある。


逃亡ヘビ事件

身近でもあった逃亡ヘビ事件

動植物園で行方不明になっていたカーペットニシキヘビがみつかったというニュースがあった↓。

<東山動植物園>逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170726-00000081-mai-soci

行方が判らないでいる間にヘビは自力でエサを捕り、成長した姿で見つかったという。
この記事を読んで、昔、友人が飼っていたアオダイショウの逃亡事件を思い出した。
僕が小学6年生だったとき、クラスメイトが若いアオダイショウを捕まえてきて飼育を始めた。当初「なかなかエサを食わない」と心配していたが、思いのほか元気(?)で脱走。けんめいに捜索したものの見つけることができず、あきらめていたところ、後日、近所の家で発見されたという吉報(?)がもたらされた。喜び勇んで(?)引き取りに行ったというのだが……逃亡アオダイショウが発見された状態というのがまことにドラマチックだった。

その家ではカナリアを飼っており、その鳥カゴの中で問題のアオダイショウは発見された。鳥カゴの格子の隙間から入り込み、カナリアを捕食していた。ヘビは獲物を丸呑みにするので、当然食後は腹が太くなる。鳥カゴに入り込むことはできたアオダイショウだったが、カナリアを呑み込んでしまうと膨れた腹が格子につかえて出られなくなった……そんな状態がカナリアの飼い主によって発見されたという。
僕はそのクラスメイトに顛末を聞いただけで、現場は見ていないのだが……想像するとスゴイ状況だ。

カナリアの飼い主がいつものように鳥カゴをのぞきこむと……そこにいたのは愛しいカナリアではなく腹の膨れたヘビだった!?──そのときの衝撃はいかほどのものだったか?
失ったペットが見つかったということで引き取りに行ったら、その家のペットを食っちゃっていたというのも、かなり気まずい状況だ。
ペットを失った飼い主とペットを取り戻した飼い主──悲しみや怒り・喜びや申し訳なさが渦巻く両者の間で、どのように逃亡アオダイショウの引き渡しが行なわれたのか……その場の空気を想像するといたたまれなくなる。

逃亡ヘビが無事に(?)見つかる──この記事を読んで、むかし級友から聞いた「アオダイショウ逃亡事件」を久しぶりに思い出したのであった。


●小動物など~メニュー~

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-629.html

■エッセイ・雑記 ~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-130.html

小動物など~メニュー~

※【昆虫】や【フェレット】を除く小動物のタイトル(クリックで記事へ)をまとめてみた。
【小動物など】の書庫をクリックすれば一覧ページが表示されるが、リストは複数ページに分割されてしまう(該当タイトルは1ページにまとめた方が便利)。また他の書庫に収めた小動物関連記事(◎)も加えてまとめておきたいと思って作ってみたしだい。


小動物など(昆虫・フェレットを除く)メニュー

カメレオン~捕食・体色変化&観察動画~
カメのヘソ!?
疑問:ヤマカガシが《相手の目を狙って毒液を飛ばす》説
ミミナガハリネズミ(オオミミハリネズミ)
ミミナガハリネズミ驚異の反射神経
ヒバカリ(ヘビ)の飼育プチ記録
幼蛇と成体・模様が異なる理由:アオダイショウ
Myカメレオン映像TVに…ならず
【ヒバカリ】名前の由来考
うちゅうのモグラ捕獲!?!
親とは似てないシマヘビ幼蛇
ニホンヤモリの瞳孔
ヒバカリ幼蛇の捕食
サファイア・ブルーなヒガシニホントカゲ幼体
なんちゃってフタオトカゲ!?
トカゲの尾は何度も切れる!?
ヘビの抜け殻&アオダイショウ幼蛇
ヒガシニホントカゲの捕食
穴を掘るヒガシニホントカゲ
ヒガシニホントカゲ~《分類》雑感
猫目のアオダイショウ!?
日光浴するニホンヤモリと卵
珍事記事、ハリネズミではなくヤマアラシ
日本テレビ『ZIP!』でハリネズミ
外来種を悪とみなす見方についての違和感
逃亡ヘビ事件

トップーページにも各ジャンルの主なタイトル(記事にリンク)をまとめてある。

ヘビの抜け殻&アオダイショウ幼蛇

ヘビの抜け殻&脱皮主のアオダイショウ幼蛇

前記事の石垣でヒガシニホントカゲハリサシガメを撮っていたところ、まだ新しいヘビの抜け殻を見つけた。

セミの抜け殻などは成虫が脱出するさいに背中が裂けているが、ヘビの抜け殻は全体がほとんど無傷で残っていることがある。この抜け殻は残念ながら(?)途中で切れていたが、すぐ近くに残りがあった。

実はこの↑抜け殻の近くに脱皮主と思しきアオダイショウ幼蛇がいたのだが、カメラを近づけると石垣の奥に隠れてしまい、抜け殻との2ショットは撮ることができなかった……。
しかし、しばらくすると近くの石垣の隙間から現れた。


アオダイショウの幼蛇は成体とは違った模様や体色をしているので、一見別種のヘビに見える。幼蛇のはしご模様が、マムシの銭形模様に間違えられるらしく、しばしばマムシと誤認されている。マムシの瞳孔はネコのように縦長だがアオダイショウの瞳孔は丸い。

ヘビは二股に分かれた舌をよく出し入れする。これは舌で集めた空気中の化学物質を口蓋にある一対のヤコブソン器官(嗅覚器官)へ運んでニオイを感知するため。

ヘビは手足がないのに実にスムーズに移動することができる。くねらせた体の要所要所で体を押し当て一定方向(頭の方向)に体を滑らせ続けることで前進できる。下から上への移動も滑るように(実際に滑らせて)自由自在。
ちなみに幼蛇とはずいぶん印象が違うアオダイショウの成体↓。

アオダイショウの幼蛇と成体ではなぜ模様が違うのかふしぎなところだが……以前、これについて考えてみたことがある→【幼蛇と成体・模様が異なる理由:アオダイショウ

ヘビの抜け殻はヘビ本体よりも長くなる

ヘビは体をくねらせて一定方向(頭の方向)に滑る(進む)ことができるが、滑る方向を決めているのが腹板と呼ばれる幅の広いウロコだ。今回の抜け殻で見てみると↓。

腹板はヘビの腹側(つまり地面などと接する部分)の幅の広いウロコ。継ぎ目が前の腹板の下に重ねられているので、頭方向へは抵抗なくスムーズに滑るが、尾方向には腹板の後縁がひっかかってブレーキとなる。つまり腹板が逆進防止のストッパーの役割りをはたしている。
抜け殻の頭を見ると、眼をおおっていた透明なウロコもいっしょに脱皮しているのがわかる↓。

半透明のウロコ(体鱗)の間に見える白っぽい部分は、普段ウロコの下にたたまれている皮膚で、大きな獲物を呑み込んだときなどに拡張する。脱皮のさいには、このウロコの下にたたまれている皮膚も伸ばされていくことになり、そのため抜け殻はヘビ本体よりも長くなる。

ヘビの脱皮は鼻先から始まり、頭をおおっていた古い表皮がめくれ上がり、パーカーのフードをはねあげたように後屈する。その反転した頭が古い体を呑み込んで行くような形になる。ストッキングを脱ぐように古い皮を裏返しながら脱皮は進むので、抜け殻を傷つけることなく本体が脱出できるわけだ。脱ぎ終えたヘビの抜け殻は裏表が逆転している(抜け殻↑では頭の外側だった面が内側になっている)。

(※↑【脱皮マジック】より再掲載)

余談だが……ヘビの脱皮は本体より抜け殻が長くなるのに対し、昆虫の脱皮では抜け殻より大きな本体が現れたりする……これにもビックリだ。

(※↑【脱皮マジック】より再掲載)