ユーザータグ : ブログの記事 (1/4)

最新記事欄のぷち不具合!?

最新記事欄のぷち不具合!?@FC2ブログ
サイドバーにある《最新記事》欄の一番上──最新記事のタイトルが表示される位置にトップページに設定したタイトル(チャンネルF+〜抜粋メニュー〜)が表示されるというぷち不具合が度々発生している。

4月1日にリリースされたトップページを固定する機能を利用して1ヶ月。この機能がなかったそれ以前には、常にブログトップに表示しておきたい記事の投稿日を未来の年月日に書き換えることで《最新記事》の扱いとし、ブログのトップに示されるように操作をしていた。そのため、サイドバーの《最新記事》のトップにも常にこのタイトルが(実際は最新記事ではないのに)示され続けるといった小さな矛盾があった。
具体的には【チャンネルF+〜抜粋メニュー〜】なのだが、これは実際には2019年04月07日に投稿した記事だった。記事が投稿年月日の新しい順から表示されるシステムを利用し、この記事の投稿年を2030年に書き換え《最新記事》の扱いにして常時ブログのトップに表示させていたわけだ。

それが先月の頭(4/1)にリリースされた新機能を使って本来の投稿年月日のままでトップ記事に設定できるようになった。さっそくこの機能を利用して【チャンネルF+〜抜粋メニュー〜】をトップページに設定し、投稿年も本来の2019年に戻した。これによって《最新記事》の欄には、本来の最新記事の順にタイトルが示されるようになった──はずなのだが、時々このトップページのタイトルが《最新記事》の一番上に表示されるという現象が起きている。

4月21日に表示されていた⬇。
01最新記事不具合0421
この〝ぷち不具合〟⬆があった日は《【マーチャント】コンテンツマーケットにておまけ動画機能が追加されました!》というアナウンスがあった日で、この新機能リリース後に〝ぷち不具合〟は解消された。
同様の現象は4月18日にも確認していて、この日は《レスポンシブ対応の公式テンプレートを追加しました!》というアナウンスがあった。
新機能のリリースやその前後、あるいはメンテナンスなどのさいに、何らかの技術的な操作の過程でこうした現象が起きるのかもしれない。
新機能リリースのアナウンスがない日にも同様の現象が起きている⬇。
02最新記事不具合0428
一時的な現象であり、特に困ることもないので放置しているが、今後もちょくちょく起きそうな気がしている。



トップページ固定機能とプチ障害!?
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜
スポンサーサイト



トップページ固定機能とプチ障害!?

FC2ブログでもトップページを固定する機能が加わった
2020年4月1日のインフォメーションで、FC2ブログでもトップページを固定する機能が加わったことを知った。

【ブログ】トップページに固定表示する記事を作成できるようになりました

昨年サービスを終了したYahoo!ブログから他のブログへの引っ越しを余儀なくされたとき、移行先の条件として第一に考えたのが《トップページに特定の記事を常時固定しておくことができるかどうか》だった。
僕のブログでは、そのつど自分が面白いと感じたこと・考えたことなどを記事にしてきた。テーマや素材はバラバラなので、それらをある程度まとめた一覧ページをトップページには設定しておきたいと考えていたからだ。

ところが移行当時(1年程前)、FC2ブログにはトップページを固定する機能がなかった。しかし、投稿年月日を手動で入力できる機能があったので、トップに固定表示しておきたい記事に未来の年月日を入れることで、最新記事としてトップに記されるように操作していた。

それが、ようやくFC2ブログでもトップページを固定する機能が備わったというので、早速これを適用してみた。
トップページに使っている記事【チャンネルF+〜抜粋メニュー〜】は2019年04月07日に投稿したものだったが、これまでは投稿年を「2030年」に設定して、最新記事扱いにすることでトップに標示していたが、これを本来の2019年に戻し、トップページ固定の機能を使ってブログトップに設定し直した。

これまでは【最新記事】欄の一番上には「2030年」に設定していた【チャンネルF+〜抜粋メニュー〜】のタイトルが記されていたが、これで本来の最新記事順のタイトルが標示されるようになった。
ちなみに固定トップページに設定した記事は、ブログのタイトル(チャンネルF+)をクリックすると開く。

新機能がらみのプチ障害!?
実はこの新機能がリリースされる直前──2020年3月31日にトップページがブランクになる(表示されない)という不具合が発生していて、FC2サポートに問い合わせのメールを出していた。翌日の2020年4月1日には異常は解消されていて、スタッフからは「一時的な不具合の可能性がある」という返信があったのだが、これは新機能がらみの不具合だったのかもしれない。
また、2020年04月01にはカウンターの不具合なのか……訪問者がわずか5人だった。Yahoo!ブログ時代には1日の訪問者数は平均3桁、4桁に登る日もあったのだが、FC2ブログに移行してからは訪問者数の低迷が続いていた……それにしても、5人はちょっと少なすぎるのではないかと思っていたのだが、これも同日リリースされた新機能がらみの障害だったのかもしれない。
ブログでは新機能を追加するタイミングで、よく不具合が発生する。

訪問者にはあまり関心のない話かもしれないが、FC2ブログの歴史(?)のひとつとして、トップページ固定機能が加わったことを記録しておくことにした。


※追記1:新機能でトップページに固定し、投稿年を「2019年」に戻して【最新記事】欄から消えていた【チャンネルF+〜抜粋メニュー〜】だったが、なぜか再び【最新記事】欄のトップに戻ってきていた。
まだ、新機能がらみのメンテナンスが続いているのかもしれない……とすれば、また不具合が発生する可能性もなくはない!? しばらくは気をつけておく必要がありそうだ。

※追記2:──と、追記1を加筆したら、正常に(最新記事のラインナップに)戻っていた。



ブログの考え方〜個人誌感覚でチャンネルF+
ブログ引っ越し騒動:ひと区切りついて

改めて「このブログについて」

このカテゴリ【このブログについて】はFC2ブログに移行してくる以前、Yahoo!ブログ時代(2019年にYahoo!ブログは消滅)に作ったもので、これ以前の記事はYahoo!ブログ時代のものということになる(FC2ブログ移行後は【FC2】というカテゴリを作っている)。

このカテゴリはしばらく放置していたのだが、知らずに訪れた訪問者にはわかりづらいかと思い、あらためてこのブログ《チャンネルF+(プラス)》について簡単に記しておくことにした。

ここへ引っ越して来る前──Yahoo!ブログ時代のブログの名称は《星谷 仁のブログ》だった。当時の記事はここ《チャンネルF+(プラス)》に移行済み。そのあたりの事情は【ブログ引っ越し騒動:ひと区切りついて】で記している。

僕の場合、ブログは何か特別なテーマを決めてスタートしたものではなかった。まだインターネットがなく個人が情報発信する方法がごく限られていた頃に同人誌や個人誌を作ったことかある者としては、ブログというツールは興味深かった。それで、このツールを使ってどんなことができるのか、色々試してみた──というのが、ブログを始めるきっかけだった。このあたりのことは、当時の【Yahoo!ブログの可能性】という記事に記している。

そのつど自分が興味のあることについて記してきたが、これはかつて作っていた粗末な個人誌《チャンネルF》と同じ。FC2ブログでの名称《チャンネルF+》はこの個人誌の延長──という意味合いを込めてつけたものだ。

方向性を決めずに投稿してきたのでブログ全体としては一貫性はないのだが、テーマによってメニュー(目次)ページをいくつか作っており、トップページには抜粋メニューの記事を置いている。自分が記録してきた記事を読み返したい時に探しやすいように、また閲覧者にも興味のある記事が探しやすいよう整理したものだ。参考になれば幸いである。


チャンネルF+〜抜粋メニュー〜
インディーズ&ローカルヒーロー目次
昆虫など〜メニュー〜
小動物など〜メニュー〜
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜
エアポケット幻想
創作童話・ショートショート・漫画メニュー

謹賀新年2020子年

年賀2020子年

年明け恒例の年賀ブログ──といっても、FC2ブログでは初めての年賀記事ということになる。10年ほど続けてきたYahoo!ブログがサービスを終了したため、昨年FC2ブログに引っ越してきた。
年賀状にかえての年賀ブログ記事──今年は子(ねずみ)年ということで、空目力を駆使してネズミが隠れている賀詞を探してみたら、こうなった。

今年は和暦でいうと令和2年……僕が生まれた昭和はずいぶん遠く(昔に)なってしまった。令和世代から見れば昭和世代というのは──僕らにとっての明治世代と同じ。どうりで物忘れもひどく、令和元年の正月を迎えた記憶がない!? 1年前は、まだ平成だったような気がする。ふり返ってみれば……令和元年は8ヶ月分くらいしかなかったように思えてならない……。それだけ時間の加速感が進行しているということなのであろうか!? だとすれば、今年は更に短く感じられることになりはしないか心配である。

さて、僕は年賀状を何年も前から廃止している。その理由や年賀状について思うところは過去に記事にしているので割愛(*)。この年賀ブログ記事をもって年始の挨拶を済ませたこととさせていただいているので、あしからず。

年賀状について
年賀状雑感


◎過去の年賀記事(Yahoo!ブログからの移行記事)
2010・とら年2011・うさぎ年2012・たつ年2013・へび年2014・うま年2015・ひつじ年2016・さる年2017・とり年2018・いぬ年2019・いのしし年

Yahoo!ブログの亡霊!?

01Yahoo!ブログの亡霊

FC2ブログに来る前にいた古巣Yahoo!ブログは先日──12月15日で完全にサービスを終了した(実際にアクセスできなくなったのは12月16日)。しかし検索していると、なぜか検索結果にYahoo!ブログの記事がヒットする。もちろんクリックしても開くことはできないから、これは実体のない亡霊のようなものである。

Yahoo!ブログ時代、僕のブログでは訪問者のほとんどが検索による《通りすがり》だったろう。《固定読者》が多ければ、新着記事へのアクセスが増えるはずだが、当時のアクセス解析では、過去の記事へのアクセスが圧倒的だった。インディーズヒーロー簡易マスク作製法など、季節を問わずアクセスのある記事もあったが、昆虫や小動物を扱った記事が多いため、該当種の活動時期に合わせてヒットする記事も移り変わっていくといったぐあい。毎年その時期になるとコメントがつく記事もあって、コメント数が100を越えることもあった(FC2ブログに移行できたコメントは20件)。

Yahoo!ブログ時代にはそれなりにあった訪問者数だが、FC2ブログへ引っ越してきてからは激減した。更新しているFC2ブログは閑散としているのに、更新を止めたYahoo!ブログの方は以前と同じように訪問者が多かった……(更新終了後もしばらくは閲覧可能だった)。この偏りは僕のブログでは「検索による《通りすがり》」が多かったためだろう。検索では閲覧実績があるYahoo!ブログの記事が優先的にヒットし(そのため《通りすがり》はYahoo!ブログに集中)、同内容の移行記事(FC2ブログ)は逆に検索結果からはじかれるためだろう。
Yahoo!ブログが完全終了すれば(ネット上から削除されれば)、Yahoo!ブログ記事は検索対象から外れ、(順位は下位からのスタートになるだろうが)FC2ブログの記事が徐々に検索結果に載るようになるだろうと考えていた。ネット上から削除されたYahoo!ブログが、その後も検索でヒットし続けるのは利用者にとってわずらわしいし、(Yahoo!ブログがサービスを終了したことはニュースにもなっていたから)検索エンジン側でYahoo!ブログのURLを検索対象から除外するような措置はあるのではないかと思っていた。

ところが、Yahoo!ブログが完全終了したあとも、検索をしてみるとヒットするのはYahoo!ブログ記事の亡霊ばかりで、そのため(?)同じ内容のFC2ブログ記事は検索結果からはじかれ続けているようだ。
Yahoo!ブログでは訪問者数が1日平均3桁、ときに4桁という日もあったのだが(*)、FC2ブログでは(Yahoo!ブログ完全終了以降も)平均1桁というわびしい状況が続いている。僕はアクセス数そのものには関心が無いが、インターネット利用者が知りたい情報を検索したとき、(あるのに)僕の該当記事が見つけられないようでは公開記事にしている甲斐がない。

すでに消滅したYahoo!ブログ記事がヒットし、存在するFC2ブログの移行記事が見つからないという、不本意な現象……Yahoo!ブログの亡霊の影響はいつまで続くのであろうか……?


沈みゆくYahoo!ブログの記録 ※訪問者数比較


エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜