FC2ブログ

ユーザータグ : ブログの記事 (1/4)

謹賀新年2020子年

年賀2020子年

年明け恒例の年賀ブログ──といっても、FC2ブログでは初めての年賀記事ということになる。10年ほど続けてきたYahoo!ブログがサービスを終了したため、昨年FC2ブログに引っ越してきた。
年賀状にかえての年賀ブログ記事──今年は子(ねずみ)年ということで、空目力を駆使してネズミが隠れている賀詞を探してみたら、こうなった。

今年は和暦でいうと令和2年……僕が生まれた昭和はずいぶん遠く(昔に)なってしまった。令和世代から見れば昭和世代というのは──僕らにとっての明治世代と同じ。どうりで物忘れもひどく、令和元年の正月を迎えた記憶がない!? 1年前は、まだ平成だったような気がする。ふり返ってみれば……令和元年は8ヶ月分くらいしかなかったように思えてならない……。それだけ時間の加速感が進行しているということなのであろうか!? だとすれば、今年は更に短く感じられることになりはしないか心配である。

さて、僕は年賀状を何年も前から廃止している。その理由や年賀状について思うところは過去に記事にしているので割愛(*)。この年賀ブログ記事をもって年始の挨拶を済ませたこととさせていただいているので、あしからず。

年賀状について
年賀状雑感


◎過去の年賀記事(Yahoo!ブログからの移行記事)
2010・とら年2011・うさぎ年2012・たつ年2013・へび年2014・うま年2015・ひつじ年2016・さる年2017・とり年2018・いぬ年2019・いのしし年
スポンサーサイト



Yahoo!ブログの亡霊!?

01Yahoo!ブログの亡霊

FC2ブログに来る前にいた古巣Yahoo!ブログは先日──12月15日で完全にサービスを終了した(実際にアクセスできなくなったのは12月16日)。しかし検索していると、なぜか検索結果にYahoo!ブログの記事がヒットする。もちろんクリックしても開くことはできないから、これは実体のない亡霊のようなものである。

Yahoo!ブログ時代、僕のブログでは訪問者のほとんどが検索による《通りすがり》だったろう。《固定読者》が多ければ、新着記事へのアクセスが増えるはずだが、当時のアクセス解析では、過去の記事へのアクセスが圧倒的だった。インディーズヒーロー簡易マスク作製法など、季節を問わずアクセスのある記事もあったが、昆虫や小動物を扱った記事が多いため、該当種の活動時期に合わせてヒットする記事も移り変わっていくといったぐあい。毎年その時期になるとコメントがつく記事もあって、コメント数が100を越えることもあった(FC2ブログに移行できたコメントは20件)。

Yahoo!ブログ時代にはそれなりにあった訪問者数だが、FC2ブログへ引っ越してきてからは激減した。更新しているFC2ブログは閑散としているのに、更新を止めたYahoo!ブログの方は以前と同じように訪問者が多かった……(更新終了後もしばらくは閲覧可能だった)。この偏りは僕のブログでは「検索による《通りすがり》」が多かったためだろう。検索では閲覧実績があるYahoo!ブログの記事が優先的にヒットし(そのため《通りすがり》はYahoo!ブログに集中)、同内容の移行記事(FC2ブログ)は逆に検索結果からはじかれるためだろう。
Yahoo!ブログが完全終了すれば(ネット上から削除されれば)、Yahoo!ブログ記事は検索対象から外れ、(順位は下位からのスタートになるだろうが)FC2ブログの記事が徐々に検索結果に載るようになるだろうと考えていた。ネット上から削除されたYahoo!ブログが、その後も検索でヒットし続けるのは利用者にとってわずらわしいし、(Yahoo!ブログがサービスを終了したことはニュースにもなっていたから)検索エンジン側でYahoo!ブログのURLを検索対象から除外するような措置はあるのではないかと思っていた。

ところが、Yahoo!ブログが完全終了したあとも、検索をしてみるとヒットするのはYahoo!ブログ記事の亡霊ばかりで、そのため(?)同じ内容のFC2ブログ記事は検索結果からはじかれ続けているようだ。
Yahoo!ブログでは訪問者数が1日平均3桁、ときに4桁という日もあったのだが(*)、FC2ブログでは(Yahoo!ブログ完全終了以降も)平均1桁というわびしい状況が続いている。僕はアクセス数そのものには関心が無いが、インターネット利用者が知りたい情報を検索したとき、(あるのに)僕の該当記事が見つけられないようでは公開記事にしている甲斐がない。

すでに消滅したYahoo!ブログ記事がヒットし、存在するFC2ブログの移行記事が見つからないという、不本意な現象……Yahoo!ブログの亡霊の影響はいつまで続くのであろうか……?


沈みゆくYahoo!ブログの記録 ※訪問者数比較


エッセイ・雑記 〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜

古巣Yahoo!ブログの消滅

01YB完全終了
というわけで、10年ほど利用していたYahoo!ブログはサービスを完全に終了した。この終了予告があったのが2019年2月。色々考えた末にFC2ブログに引っ越してきたのが2019年4月5日。それより前の記事はYahoo!ブログ(星谷 仁のブログ)からの移行記事ということになる。
Yahoo!ブログでは、ブログでどんなことができるのか色々試していた。
今ではブログは当たり前に使われているが、インターネットが普及する以前は、一般の個人が不特定多数の人に向けて情報を発信する手段はほとんどなかった。例えば、趣味でマンガや小説を描いても一般の読者に読まれる機会はほとんどない。出版社の作品公募に応募したり、雑誌社に持ち込んだりして、入賞したり採用されたりすれば本や雑誌に載ることもあるが、これは狭き門だ。アマチュアが作品を発表する場といえば、同人誌や自費出版が一般的だった。これには手間ひまかかるし、お金もかかる。苦労して冊子の形にしても、けっきょく読者のほとんどは身内・関係者ということになり、個人の発信力には限界があった。
02窓誌面製版
うまいぐあいにコンテストで入賞したり、持ち込んだ作品が評価されて、本になったり雑誌に載ることができたとしても、全国の書店にくまなく配本されるわけではないし、書店に並ぶことができてもその期間は短い。作品と一般の読者と出会いは一期一会といった感が無くもない。
その点、ブログで発信した情報は、不特定多数の人がアクセスできるし、インターネット上にある限り、いつでも誰もが見ることができる。これは画期的なことだ。テレビやラジオ・雑誌・新聞など、マスメディアが発信する情報はどんどん移り変わっていくものだった。これに対し個人がブログなどで発信した情報は同時にそこに保存される。かつての憧れだった《自分の文章を活字化する》ことが実現するだけでもありがたいのに、総天然色画像や映像まで添付できるのだから恐れ入る。しかも、この個人発信ツールは、タダでも利用できるというのだからスゴイ時代になったものである。
同人誌や個人誌を作ったことがある者からすると、ブログは夢のようなツールといえる。これを使って、どんなことができるのか……僕が利用し始めた頃は、むかし撮った映像や、マンガ・文芸作品などをまとめたり、ローカルヒーロー・ショーを実写版マンガのようにまとめるのに使ってみたり、色々試しながら、《気ままな個人誌》のようなつもりで続けてきた。
03ブログ色々試行
「いつでも見ることができる」というのがブログの大きな魅力の1つだが、Yahoo!ブログがサービスを終了してしまえば、投稿し続けてきた記事は、もう見ることができなくなる……そうなる前に記事をFC2ブログに移行することができたのでホッとしている。

僕は拙作小品や関心があることをまとめ、いつでも見られるように整理しておきたいという考えで──また、同じような関心のある人にも面白さを伝えられたらという思いもあってブログを利用してきた。自分でおもしろいと感じることを記事にしてきたのだから当然なのだが……たまに昔投稿した記事を読み返してみると、おもしろい。ただ、記事が増えてくると、「見たい」と思い立ったときに、該当記事を探しだすのが難しくなってくる。そこで、過去に投稿した記事とリンクしたタイトル一覧のメニューをいくつか作ってある。


ブログ引っ越し騒動:ひと区切りついて
沈みゆくYahoo!ブログの記録


エッセイ・雑記 〜メニュー〜
インディーズ&ローカルヒーロー目次
創作童話・ショートショート・漫画メニュー
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜
エアポケット幻想
【冗区(ジョーク)】〜メニュー〜
昆虫など〜メニュー〜
小動物など〜メニュー〜
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜

沈みゆくYahoo!ブログの記録

01YB終了から移行
FC2ブログに引っ越してくる前の古巣であったYahoo!ブログが完全消滅するのは2019年12月15日(それまでは閲覧可)。しかし記事の更新ができるのは8月いっぱいまで──9月1日には記事の投稿や編集ができなくなり、アクセス解析の機能も終了するとのこと。そこでYahoo!ブロガーにとって実質最後の月となった8月の訪問者数の記録を移行先のFC2ブログとの比較でまとめておくことにした。
02訪問者数比較2019AUG
Yahoo!ブログの方で僕が最後に記事を投稿したのは6月19日。それ以降はFC2ブログの方で記事を更新しているのだが、移行先のFC2ブログよりも移行元のYahoo!ブログの訪問者が圧倒的に多い傾向(*)は続いている。
8月は日ごとの集計で、FC2ブログでの訪問者数は最低3人〜最高でも15人という低水準であるのに対し、Yahoo!ブログでは最低でも441人〜最高は1275人。この月は訪問者が千人を超えた日が2度あった(ページビュー数では千を超えた日が7回)。僕のブログでは、過去に投稿してきた昆虫や小動物関係の記事が(おそらく検索で)閲覧されることが多く、昆虫の活動が盛んな夏になると訪問者が増え、冬になると減るという傾向が顕著だった。
Yahoo!ブログでは、これまでの訪問者数の累計が67万8千人を超えている(9月1日現在/8月末の時点で677530人)。僕は個人誌の延長のような感覚でブログを更新してきたが、同人誌や個人誌を作っていたときの発行部数や読者数に比べれば、膨大な訪問者数だ。資金や労力を費やして同人誌を作っていた経験のある者からすると、ブログというツールのすごさ、ありがたみを強く感じる(*)。そんなYahoo!ブログが消滅するのは残念だが、とりあえず記事はFC2ブログへ移行することができた。
同じ記事があるのに訪問者数に格差があるのは、FC2ブログでは最新記事が検索されにくいのと、(今のところ?)実績(?)のあるYahoo!ブログの記事の方が検索でヒットしやすいということなのだろう。

Yahoo!ブログが完全終了したあと、移行先のFC2ブログがどの程度閲覧されることになるのかわからないが、記してきた記事が、内容に関心のある検索者の目にとまる機会が増えればと思っている。



ブログ引っ越し騒動:ひと区切りついて
ブログの訪問者数比較
Yahoo!ブログの可能性
ブログ以前〜個人誌的ブログ:チャンネルF
FC2ブログ版〜抜粋メニュー〜

12日ぶりのネット復帰

今年(2019年)は1月にブログに載せる画像を撮るのに使っていたコンパクトデジタルカメラが起動しなくなり、「どうしたものか……」と思っていたところ、2月に突然、Yahoo!ブログが年内にサービスを終了するという話が飛び込んできた。今後のブログ画像以前にブログそのもののピンチである。これまで蓄積してきた記事や今後のことを「どうしたものか……」と考えているうちに、今度はインターネットへの接続が不安定になってきた。何度かサポートセンターに問い合わせるが、なかなかスッキリと解決しない……。通信に問題があるのかパソコンに問題があるのか……いずれにしても、インターネットに接続できなくなったらブログの更新や整理どころか閲覧することもできなくなってしまう。またまた「どうしたものか……」と不安に思っていたのだが……5月31日にFC2ブログに1つ記事を投稿した後、とうとうインターネットに接続できなくなってしまった。例によってサポートセンターに問い合わせたりしてあれこれやってみて、先ほどようやく復旧できた。12日間、遭難していた気分である。久しぶりにインターネットに接続したら、世間では三百年たっていた……なんてことはなかったようなのでホッとした。

エッセイ・雑記 〜メニュー〜

※2019.6.15 追記:どうも、まだインターネットへの接続が不安定のよう。またネット遭難することもあり得るのかも……!?