FC2ブログ

ユーザータグ : ファンタジーの記事 (1/3)

人面ガエル

400字詰原稿用紙8枚半ほどの《怖い話》。読み切りホラー童話。
01人面ガエルFC2
02人面ガエルFC2
03人面ガエルFC2
04人面ガエルFC2
05人面ガエルFC2
06人面ガエルFC2
07人面ガエルFC2
08人面ガエルFC2
09人面ガエルFC2

10人面ガエル表紙FC2


創作童話・ショートショート・漫画メニュー
スポンサーサイト



創作童話・ショートショート・漫画メニュー

01星谷仁作品一覧画
★掌篇童話・短篇小説・ショートショートなど★
チョコといっしょのおるすばん(フェレットの掌篇童話)
雨の日の通信(掌篇ファンタジー)
愛しいまぼろし(短篇小説)
金色の首輪(読み切り童話)
チョウのみた夢〜善意の報酬〜(読み切り童話)
団地さいごの日!?(読み切り童話)
おじいちゃんのしんぱいごと(掌篇童話)
掌篇童話2編
消えた大発明(掌篇童話)
さかなのおんがえし(読み切り童話)
おふろの海ぼうず(読み切り童話)
ハサミのめがね(読み切り童話)
虫歯の木(童話)
宇宙人のヒョウタン(読み切り童話)
病院跡の座敷童子(童話)
人面ガエル(童話/怖い話)
カエルの念力(読み切り童話 ※はてなブログ版)
とどけられたポケッチ(読み切り童話)
いきいきリサイクル(読み切り童話)
赤いクモ〜夢の前兆〜(ショートショート)
地震の予知〜作家の死〜(ショートショート)
不老の理由(ショートショート)
守護霊〜霧に立つ影〜(ショートショート)
暗示効果(ショートショート)
因果応報(ショートショート)
神への陳情(ショートショート)
地球のタネ(SFメルヘン ※はてなブログ版)
愛犬家博士の<夢の発明>(ショートショート ※はてなブログ)
巻貝が描く《幻の地図》(幻想的着想メモ ※はてなブログ)
バーベットin夢(※はてなブログ)
小説版『ミラクル☆スター〜復活篇〜』(※はてなブログ)
実録『怪喜!笑い袋爺』(本当にあったおかしい話)
読み切りアイディア・ストーリー〜メニュー〜(※はてなブログ)
読み切り童話・短編・ショートショート メニュー(※FC2ブログ)

02漫画一覧用185
★マンガ 〜メニュー〜★
☆フェレット漫画『ふぇレッツ・ゴー』※カラー加筆復刻版
しっぽの役割:編(尾の役割&しっぽ振りの意味)
超魔術イタチ:編(&動画【超魔術イタチ】/ケバエ幼虫との遭遇)
グランジ目線で散歩:編(&グランジが散歩した距離/動画【快走!散歩派フェレット】)
イタチと迷信!?:編(イタチは不吉!?)
ニオイでほんろう:編(最後っ屁対決!?/【イタチのさいごっぺ】について)
すっげ〜:編(最大のハプニング!?)
忍者イタチ:編(&忍者イタチ動画)
『フェレットinジャケット』(フェレット漫画第1作)
『ふぇレッツ・ゴー』ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編
『フェレットのいる風景』
イタチmeets猫(実写4コマ)
コノハムシだよこのハナシ(コノハムシ漫画)
虫屋な人々
懐かしの4コマ漫画×4本+α
4コマ漫画:総理の腹案
★漫画メニュー頁

病院跡の座敷童子

病院跡の座敷童子(読み切り児童小説)

子ども達が遊んでいると、いつの間にか1人増えている……なのにあとから加わったのがどの子なのか誰にもわからない!?──《謎のプラス1》座敷童子の正体とは!? 四百字詰め原稿用紙で20枚半ほどのファンタジー。

































《いつのまにか1人増えているのに、それが誰なのかわらない》──というミステリアスな座敷童子現象(?)に対する謎解き(解釈)が着想のきっかけとなった作品。朝日小学生新聞に作&絵で短期連載した『病院跡のざしきぼっこ』(1994年12月17日~12月25日・全8回)をまとめて若干手を加えたもの(今回のカットは当時の挿絵ではない)。

新聞や雑誌等で発表することができた作品も、そのとき限りで読み返される機会がないまま埋もれてしまうことは多い。昔は不特定多数の人が目にする《発表の場》はごく限られていたから、それが普通だった。しかし今ではインターネットを利用し《誰でもアクセスできる場》に個人で情報を発信することが容易にできるようになった──ということで、埋もれがちな小品をブログで再公開してみることにした。
小説を投稿しているブログは珍しくはないようだ。ただ、途中から始まっていたり、途中で終わっていたりする記事だと、その前後を探すのがわずらわしい。閲覧者の立場からすると、開いた記事の中で完結した「読み切り作品」であることが好ましいように思う。そんな理由からサラッと読める掌篇やショートショートを掲載してきたが、本作はやや長め(原稿用紙換算で20枚半)……ブログで紹介するにはどうかと迷ったが、試しに載せてみることにした。例によって、文芸作品は「縦書き」の表記がしっくりくるので禁則処理をほどこした縦書きの画像にしてある。


エアポケット幻想 ※着想・パロディなど

マツトビゾウムシのシンデレラ



着想の経緯

昆虫ウォッチングで擬木を見続けていると、脳味噌は設定した昆虫フィルターに反応があったときに注意が呼び覚まされる自動運行モードになりがちだ。(機械的に?)目では擬木を追いながら、脳味噌はあまり働いていないか別のことを考えていたりする。
《悟りの境地》か《妄想の狂地》か──こうした状態では弛緩した脳味噌の片隅・意識の隙間にたあいもない着想がわいたり、荒唐無稽なイメージが展開すことがある。僕はこれを「エアポケット幻想」などと呼んでいるが、今回もそんなハナシ。タイトルをつけるなら──『マツトビゾウムシのシンデレラ』。

今回の着想のきっかけは、ギボッチ(擬木ウォッチ)をしていて目に入った入れ歯だった(冒頭の画像)。昆虫を想定していたので、まさかこんなものがフィルターに引っかかるとは予想もしておらず、違和感たるや大きかった。いったい、どうしてこんなモノが擬木の上に置かれるなどといった状況が発生しうるのか!?──どうでもいいといえばどうでもいい話だが、これはちょっとしたミステリーとして心にひっかかっていた。そして後日、この入れ歯はこつ然と姿を消していたのである。誰が何のために持ち去ったのか!?……謎は深まるばかりであった……。

この「擬木上に残された入れ歯」からふと連想したのが(既に記した)シンデレラの話(*)。「残されたガラスの靴」で持ち主(シンデレラ)を特定する定番のストーリーは説得力に欠ける。持ち主を特定するのであれば、残されたツールは「靴」よりも「入れ歯」の方がふさわしいのではあるまいか? 歯の治療痕は(検死で)被害者特定にも使われたりもする。「残された入れ歯」がピッタリ合った人がシンデレラだというのであれば納得できる……そんなことを考えたわけだ。

さて、ギボッチ(擬木ウォッチ)ではその後、マツトビゾウムシを見るようになる。この虫の新成虫には牙(状突起)がついていて、地上に出てくるとほどなく脱落するらしい(*)。擬木上で片方の牙をなくしてたたずむマツトビゾウムシ(画像)を見ているうちに、ふと閃くものがあった。「マツトビゾウムシの失われた片牙」と「擬木上にとり残されていた入れ歯」が、頭の中でリンクしたのだ。『奇跡の人』で、「手に触れているもの(井戸水)」と「water」が突然結びついたヘレン・ケラーの心境!?
《擬木の上に残されていた謎の「入れ歯」は、片牙のマツトビゾウムシが落としていった「ガラスの靴」的存在ではなかったか?》──頭の中にはにわかに、『マツトビゾウムシのシンデレラ』のストーリーが展開するのであった。



マツトビゾウムシのシンデレラ

あるところに新出(しんで)玲良(れいら)という娘がいた。意地悪な継母とその連れ子である義理の姉に虐げられた生活で、自由な外出もままならない。彼女の友達は虫たちだけであった。その虫たちが擬木のステージで舞踏会を開くという話を知り、玲良はできるなら自分も虫になって参加してみたいと思う。と、そこに現われたお人好しの老婆──実はかつてシンデレラに魔法をかけ、車錠探偵長(@破裏拳ポリマー)にホラメット(転身用ヘルメット)を与えた魔法使いであった。
「虫たちの舞踏会に出たいんだね。願いをかなえてあげよう。一晩だけあんたを虫にしてあげるよ」──魔法使いのおばあさんが杖を一振りすると、玲良の姿ははあっという間にマツトビゾウムシに変わった。「ただし、今回の魔法の効力はは今日限り。夜12時を告げる鐘が鳴り終わる前に戻ってくるんだよ」
魔法使いのお婆さんに見送られて、マツトビゾウムシとなった玲良は飛翔して虫たちの舞踏会場へ向かう。

玲良は擬木の上で行われた虫たちの舞踏会に飛び入り参加。そしてマツトビゾウムシの王子に見初められる。あまりの楽しさに時が経つのを忘れていた玲良だが、ふと気がつけば夜12時が近づいていた。
「しまった。はやく戻らなければ!」あわてて舞踏会場をあとにするが、そのとき、マツトビゾウムシになっていた玲良は、牙(状突起)の片方を擬木の上に落としてしてきてしまう……。
なんとかタイムリミットギリギリで、部屋に帰りつき人間に戻ることができた玲良だったが……鏡を見てビックリ! 彼女の上あごからは歯がごっそり抜け落ちていたのであった。
そのころ、虫たちの舞踏会場となった擬木の上では……マツトビゾウムシの王子が、行方をくらました愛しい相手が落としていった片方の牙を手にしていた。「この牙が、欠け痕と一致する娘をきっと探し出して妃にするのだ」──王子が宣言したまさにそのとき、12時の鐘が鳴り終わった。すると彼が手にしていた牙は巨大化し、人間の入れ歯になった──シンデラレの魔法が解けたタイミングで、マツトビゾウムシの牙もヒトの歯に戻ったのだ。王子はその下敷きになって身動きがとれず、気を失ってしまう。

さて、人間に戻った玲良だが、歯がごっそり抜け落ちていたことに我慢ならず、魔法使いのお婆さんを探しまわって数日後にようやく見つけて談判する。「どうひて、わたひがこんな目にあわなきゃいけないの!? 元の姿に戻ひて!」
魔法使いのお婆さんは早合点して「おやおや、そんなに虫の姿がよかったかい。それじゃ戻してやろう」と玲良に魔法をかけて再びマツトビゾウムシに変えてしまった。
途方に暮れたマツトビゾウムシの玲良は舞踏会場だった擬木に戻る。すると彼女の片牙を抱いた王子が気を失って倒れていた。王子を押さえつけていた入れ歯は、再びかけられた魔法によってマツトビゾウムシの牙に戻っていたのだ。
「王子様、しっかり!」玲良が王子を抱き起こすと王子は覚醒し、かかえていた牙を玲良の顎にあてる。「おお、ピッタリ一致する! 君こそ探していたプリンセスだ!」
玲良は昆虫として生きることを受け入れ、マツトビゾウムシの妃になったのだった。

これが、「《擬木上に突如現われ、数日後にこつ然と消えた入れ歯》の真相」である……。
──という、エアポケット幻想ストーリー。


*シンデレラには嘘がある!?~ガラスの靴よりふさわしいもの

https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-745.html

*片牙ゾウムシ&シロトゲエダシャク
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-749.html

●エアポケット幻想
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-642.html

【冗区(ジョーク)】~メニュー~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-379.html

エアポケット幻想


ぼうっとしていると、弛緩した脳味噌にとりとめもないイメージが展開することがある。幻想的妄想というか妄想的幻想というか……ふとした意識の空白地帯(エアポケット)に浮かび上がる着想・ひらめき・インスピレーションのようなもの。こうしたイメージを「エアポケット幻想」と呼んでみようかと思う。
意図せず湧きあがる他愛もない思いつきはすぐに忘れてしまいがち。ブログに記したものもあるのだけれど、投稿時の書庫・カテゴリーもバラバラだったりして、時間が経つと、何をどんなエントリーに記したのか、にわかに思い出せなくなっていたりする。
ということで、エアポケット幻想ネタ──幻想・ホラー系からちょっとしたジョークまで、あまり役に立ちそうも無い着想が含まれた記事を、まとめておくページを作ってみようかと思い立った。
とりあえず、思いつくところからピックアップ……投稿順にはなっていない。

エアポケット幻想 ~メニュー~

キリギリス幻想
フォト怪奇譚『樹に宿る眼』
巻貝が描く《幻の地図》
白い虹の幻想!?日暈を映すカミキリ
細胞分裂を思わせるチョウ!?
雨でも傘は濡らさない
標本箱がコワイ!?~虫の知らせ
民話風フユシャクなぜ話
民話風なぜ話:マツトビゾウムシとヤニサシガメ~ウバタマムシ
クモがコミミズクを捕食!?~エナガの恩返し
猫バスの幼生 ※トビモンオオエダシャクの創作異聞
謎の美少女仮面伝説!?@ホソバシャチホコ幼虫
怪獣!?ドラゴン!?!UMAじゃない実在生物
眠れる森の長老!?ミミズク幼虫
ぷち地蔵アカシマサシガメQuiz
バルタン星人に勝つには
冬来たりなば貼るトウガラシ
重力エスカレーター
つれづれに夢の話
空耳ならぬ空目アワー
擬態と空目・聞き做しと空耳
空耳くしゃみ「Head Action!」
どんでん寓話『川渡り』
秘薬・毛生え薬
寓話的ヤスマツトビナナフシのオス
シンデレラには嘘がある!?~ガラスの靴よりふさわしいもの
マツトビゾウムシのシンデレラ
実録『怪喜!笑い袋爺』

※創作作品として記したものは↓
読み切り童話・短編 メニュー


※このページは主だった記事のタイトルをまとめたTOPページ【チャンネルF+】の★エッセイ・雑記★の下に「☆エアポケット幻想」としてリンクしておく。