FC2ブログ

ユーザータグ : ヒーローの記事 (2/3)

バケツからの生還


バケツからの生還
※外部ブログから加筆再収録

実写版で自作の変身ヒーローを撮ろうと思い立ったきっかけの一つが、東急ハンズで型取材が手に入ると知ったことである。これを使えば自分がデザインしたオリジナルのヒーロー『ミラクル☆スター』のマスクを実体化できるのではないか……そんな思いがよぎったのが発端だった。

造形に関しては全くの未経験だったが、マスクの作り方は(理屈として)はなんとなく想像できる。

頭部の型をとって石膏で再現。それに粘土を盛ってマスクの原型を作成。その型をとってFRPを塗って固めれば原型通りのマスクができる……ハズである。
そう考えて、型取材や石膏などを買って帰った。

さて、まずは頭部の型をとる作業である。本来ならモデルとなる人と作業をする人の二人が必要だ。しかし、身近に手伝ってくれる人がいなかったので、とりあえず独りで試してみることにした。

で、考えたのが、ポリバケツに型取材を入れ、呼吸用にゴムホースをくわえて頭を突っ込む。そのまま型取材が固まるのを待って頭を抜く──という方式。
深く考えずに実行に移したのだが……。
これが実際にやってみたところ……次第に固まっていく型取材の中に目をつむったまま(当然だが)顔を突っ込んでいるというのはけっこう圧迫感があってコワイのである。
そのことに気がついたのは、もちろん顔をバケツにつっこんでいる最中。
コワイと思うとだんだん息苦しさも増してくるから不思議なものである。

「ホントにこんな方式でうまくいくのかいな?」という疑問が頭をよぎると不安が堰を切ったように脳みその中になだれ込んできた。圧迫感は急加速する。
「は…早く頭を抜きたい」
そろそろ固まってきたかという頃、「もう我慢できん!」とついに頭を引き抜こうとして愕然とした。
「ぬ…抜けない!?!」
型取材が髪の毛やまつげまでもしっかり押さえていて抜けないのである!
不安は一気に臨界点を突破して恐怖に反転。
「げっ! そ…そんな」とアセり、じたばたしてると、なんとくわえていたホースだけが抜けてしまった。
呼吸用のホースはいわば命綱──もし、型取材が固まりきっていなくてホースの抜けた穴が塞がってしまったら……そのまま窒息死である。
ポリバケツに頭を突っ込んだまま死んでいる自分の姿が脳裏をよぎる!
目の前は真っ暗──って、目をつぶって型取材の中に埋まっているのだから当然だが──そんな死に方はいくらなんでも恥ずかしすぎる!
ミラクル☆スターが最初に迎えた最大のピンチ!?

かなりあわてたが、ホースの抜けた穴から空気は通っているようす。とりあえず窒息死の危機は免れているらしいと判り、ちょっぴり平常心を取り戻した。
心理状態を立て直し「なんとかバケツから頭を抜かなければ……」ともがきはじめると、スポッとバケツから抜ける感触があった。
「助かった」と思いきや……相変わらず顔は覆われたまま!?
なんのことはない、頭を埋めたプリン状態で型取材ごとバケツから抜けただけだった。
これではなんの解決にもならない。プリン頭でさらにじたばたしていると、型取材が二つに割れ、ようやく顔を出すことができた。そして固まった型取材からなんとか頭を引き抜くことに成功し、ミラクル☆スターは生還したのである。

独りでロケにのぞんだ『ミラクル☆スター』撮影中には、「ああ、もう一人自分がいたらなぁ」と思う事が何度もあった。しかしこの造型プロセスでもスタッフがもう一人ほしかった──。
もしも、もう一人いたなら、バケツに頭をつっこんだままジタバタしている自分の姿を撮影しておく事ができたではないか! そんな面白い命がけ(?)のシーンがあったのに、映像を撮り逃した事が大いに悔やまれる……。

さて、その造形の続きだが……割れた型をバケツの中に戻して合わせ石膏を流し込むと、なんとか頭部の型がとれた。これに粘土を盛ってマスクの原型をつくったのは冒頭の画像の通り。
この原型から型をとって、初めてFRPなるものを使ってマスクを制作したのだが、液状の樹脂を塗っていく段階で凝固剤を多く入れすぎ、作業中にもくもくと煙が立ち始め、なんと発火! あわてて外へ放り出した──なんて事もあった。

ミラクル☆スターは怪人と闘う以前に、窒息死のピンチや火事の危機とも闘っていたのである。


●ミラクル☆スター~実写版~
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

●ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
https://hoshtani.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

子どもはなぜヒーローが好きか

子どもはなぜヒーローが好きか

強くてカッコ良いヒーローやヒロイン。
いつの時代も子どもたちはヒーロー・ヒロインに憧れる。
ではナゼ子どもたちはヒーローが好きなのか?
それは子どもが弱者だからだ──と僕は考えている。社会的にも肉体的にも精神的にも未熟な子どもは、潜在的にいつも様々な不安や怖れを抱えている。
不安や怖れに脅かされやすい弱い存在だからこそ、それらを払拭する強いヒーローに憧れるのだろう。

「怪人」は昔で言う「お化け」や「幽霊」のようなものに似ている。子どもの心に巣食う不安や怖れを投影する存在。
ご存知のように子どもは「お化け」「幽霊」の話が好きである。
怖がる。なのに聞きたがる。
ちょっと矛盾した反応のようにもみえるが、この心理というのはおおよそ次のようなものだろう。

子どもは、(潜在的に抱いている)不安や怖れを「お化け」や「幽霊」というイメージに託し、「お話」を介してそれらと対峙し、乗り越えるべく決着をはかろうとする──「お話」の中でお化けを退治したり・時には仲良くなったりすることで、不安を解消し安心を得ようとするわけだ。
つまり「お化け」「幽霊」のハナシは不安を乗り越える為の疑似体験・代償行為のようなものと言えるかも知れない。

「怪人」も、こうした「お化け」「幽霊」同様、子どもが抱える<不安>や<怖れ>を投影する対象なのだろう。
<不安>や<怖れ>の象徴であるところの「怪人」──これを、子どもに代わってやっつけてくれるのが「ヒーロー」である。
こうした潜在的構図を背景に「ヒーロー」が「怪人」を打ち負かすことで子ども達はカタルシスを得る。
そして、自分がヒーローになったつもりで怪人をやっつける遊びを模倣し、安心感・充足感を得ようとするのである。

ところで、「怪人」の意味するものは「<不安>や<怖れ>の象徴」だけではないだろう。
子どもは怪人を怖れる反面、未分化な自分を投影したり、社会のルールにとらわれず自由奔放にふるまう怪人に、憧れや共感のようなものを感じている部分もあるのではないかと思う。

子どもが住む世界──親や大人によって構築された社会・秩序は子ども達を守り育むものだが、その反面、子どもたちを抑え縛るものでもある。
その中に身をおいていれば安心だと判っていても、ときには規制・管理されることが窮屈になり、自分を縛るものから開放され、勝手気ままに振る舞ってみたくなる──そんな潜在的な願望もあるはずである。

子ども達の力では太刀打ちできない、彼らを縛る社会の秩序──それらを打ち砕く「怪人」の奔放さには、ある種のカタルシスがあるに違いない。「怪人」は安全を脅かす危険な存在・不安の象徴であると同時に、子どもを拘束する秩序を破壊し解放をもたらすあこがれ的存在でもあるともいえる。

「怪人」にもファンが多いのはこうした心理があるためだろう。

「怪人」のように、社会の窮屈なルールに縛られず自由奔放に振る舞ってみたい──そんな潜在的なあこがれを持ちつつ、「怪人」の破壊的な暴走に対しては不安や怖れを抱く──こうした二律背反的な葛藤が子どもの潜在意識の中には存在し、その《葛藤》の構図が「ヒーローと怪人の《闘い》」の中にも投影されている気がする。
だから、ヒーローの活躍に心を揺さぶられる。

「子どもはヒーロー好き」──その理由はこうしたとにあるのだろうと僕は考えている。


※HTMLモードのテストを兼ねて最収録

ローカルヒーロー首都決戦2010もくじ



ローカルヒーロー首都決戦2010★目次★

2010年11月7日に東京・秋葉原で行なわれた【ローカルヒーロー首都決戦2010】のフォト漫画風レポート。
※タイトルをクリックするとレポートが開きます。

ローカルヒーロー首都決戦2010開幕 日本ヒーローリーグ・インフィニティ紹介




超装甲ジオブレード(1)
超装甲ジオブレード(2) &オレンジリボンについて/主催者代表







ローカルヒーロー首都決戦2010開幕

子供を守れ!【ローカルヒーロー首都決戦2010】

2010年11月7日(日)、秋葉原UDXアキバ広場で行なわれた【ローカルヒーロー首都決戦2010】を観に行ってきた。このイベントは児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーン(11月は児童虐待防止推進月間)の一環で、去年は亀有でおこなわれている(昨年のもよう)。




横断幕にある【日本ヒーローリーグ・インフィニティ】は、今年結成された、社会貢献や公共の奉仕を前向きに行っていくローカルヒーロー協働体。

オープニング前にすでに観客席で注目をあびていた…

オープニング前にすでに客席で注目をあびていたのが、この乳母車↓!
なんと、スカルフィッシュのベビー!?


ローカルヒーローのレポートで有名な LocalHero's Mom さん(全国のローカルヒーローを見守る母の会)が、父に会わすため(?)電車で連れてきたそうな。
PCOスタッフから贈られたものだそうで、さすがによく出来ている。
(※大きさがわかるようミラクル☆スターのマスクを置いてみた)
乳母車に一緒に入っているチラシは LocalHero's Mom さんが作成したもの。サポーター側もサスガ。

オープニング/日本ヒーローリーグ・インフィニティ紹介

児童虐待防止・オレンジリボンキャンペーンについての説明があり、このイベントに全国から駆けつけた【日本ヒーローリーグ・インフィニティ】の各団体代表ヒーローが登場。





今回の参加は6団体。北からマブリットキバ(岩手県)・超速戦士G-FIVE(群馬県)・超装甲ジオブレード(東京都)・幸戦隊コウタレンジャー(愛知県)・渦戦士エディー(徳島県)・パワーシティオーイタ(大分県)。
横断幕に出ているようにオレパンダー(愛知県)さんも「日本ヒーローリーグ・インフィニティ」メンバーだが、この日は恒例のデザインフェスタに出店していたため今回は欠場。
ステージに登場した代表ヒーローたちは報道陣の取材撮影に応じていた。



さて、このあとヒーローたちのショーがくりひろげられる。
どのショーもクオリティが高かった。それに比べ僕の撮影技術は低く、画像の方はイマイチだが、少しずつレポートをあげていくつもり。

ミラクル☆キッド~実写版~

小学2年生でもスーパーヒーローになれる!?





 
『ミラクル☆スター』の続編で【えび天】再登場をもくろむが……ロケ初日のケガで撮影は中断。急きょ企画変更し小学2年をヒーローに抜擢して撮った作品が『ミラクル☆キッド』である。冒頭には問題のケガのシーンも収められている。
ケガをしたミラクル☆スターに託された転身メダルで小2の虫とり少年が変身し、ミラクル☆キッドとなって怪人に挑む。5分57秒の8mmビデオ作品(1991年制作)。
 

 
この作品は【えび天】再登場を意識して作られ、番組ネタがいくつか盛り込まれている。作中に出てくる変身メダルはえび天で受けた銅賞メダル。ミラクルタワーは特別奨励賞ミニトロフィーである。
企画変更して作品の完成を急いだのには「番組が終了する前に」という思いがあったのだが……『ミラクル☆キッド』の完成と前後するように番組は突然打ち切り。
けっきょく【えび天】再登場は果たせなかったのである。
 
冒頭のケガの原因はミラクル☆スターの試作FRPの視界不良が原因。視界性を改善した発泡ポリエチレン製のマスクを作って『ミラクル☆キッド』を撮った。このマスクの作り方は次の通り。
 
自作ヒーロー:型紙マスクの作り方
 
ミラクル☆スター~実写版~