FC2ブログ

ユーザータグ : ヒーローの記事 (1/4)

えび天ミラクル☆シリーズから30周年

ミラクル☆シリーズ&えびぞり巨匠天国から30年
01MSえび天1991

トップページにも画像を置いてある実写版ミラクル☆シリーズ──ごく一部の知人に見せるつもりでイタズラに制作したビデオ映像作品がTBSテレビ『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』で放送されてから、気づいてみれば今年で30年! いったい、いつの間にそんな歳月が!?……まったく油断もスキもあったものではない。しかし、ふり返ってみると、たしかに経年のためか記憶があやふやになっているところもある。今一度、当時(1991年前後)の記録をふり返って記憶を整理をしておくことにした。ということで、今回は個人的な忘備録的意味合いの強い記事になる。

個人誌から平成名物TV『えびぞり巨匠天国』へ
三脚に固定したカメラの前で変身ヒーローと怪人の一人二役を演じ、闘っているかのように編集した実写版ミラクル☆スター。もとはと言えばワープロ(日本語ワードプロセッサ)を使って制作した個人誌《チャンネルF》で展開していた楽屋落ちパロディヒーロー小説だった。その頃は8mmビデオカメラでヘビやカメ、昆虫等を撮っていたのだが、ビデオカメラがあるのならパロディヒーローの実写化も謀れるのではないかと気まぐれを起こして試作に踏み切ったもの。
当時僕は30代前半──高校時代には友人らと8ミリフィルムでアクション映画を撮って文化祭で上映したなんてこともあったが、高校卒業後はほとんど運動をしていない。このままでは肉体は錆びつき、いずれ動けなくなるだろう──若い時に修得した技術(宙返りなど)を喪失する前に映像記録として残しておくのも良いのではないかという気持ちもあった。
その頃、脳内には「〝動けていた時期〟の運動イメージ(記憶)」がしっかりと残っていて「実際にはどれだけ動けるのか」の感覚は確かめられていない状態だった。
よく子どもの運動会で久しぶりに走って足がもつれ転倒する親御さんがいがちだが、あれは「思っていたより体(足)がついてこなくなっていた」──つまり「脳内に残っている若い頃の運動イメージ(記憶)」と「実際の運動能力(気づかぬうちに劣化している)」とのギャップによる現象だろう。
実写版ミラクル☆スターの試作カットを撮り始めた頃も、実際に動いてみて、運動イメージのギャップを感じることがないでもなかった。1991年1月6日にはミニトランポリンの踏み切りをしくじって肩から落下。鎖骨骨折というアクシデントに見舞われて、鎖骨にワイヤーを入れる手術を受けた(1月9日)。ワイヤーがとれるまでは負荷のかかる運動はできないというので、しかたなく退院(1/11)後は、おとなしく撮影済みの映像素材の編集を始めていた。
当時のビデオ編集はビデオデッキをつないで、再生機で再生した映像の必要な部分だけを録画機でダビングしてつなげていくといった形で行われていた。録画機の操作(録画一時停止の解除など)はタイムラグがあるため、カットのタイミングを合わせるのがやっかいだった。そして1991年1月12日(土)深夜、編集作業を始めようとビデオデッキの電源を入れたところ、モニターに使っていたテレビに、たまたま「三宅裕司のえびぞり巨匠天国」の第1回放送が映し出された。当時はまだYouTubeなどなかった時代。アマチュアの制作した映像作品を見る機会は、ほとんどなかったので、自主制作映像作品を紹介する「えび天」は新鮮だった。番組内でアマチュアの映像作品を募集する告知があり、ちょうど編集中だった「ミラクル☆スター」を応募してみようかと思い立った。

急きょ「えび天」応募用に編集した「ミラクル☆スター」のビデオテープ(コピー)を発送したのが1月14日。思いつきで応募してはみたものの、しょせん内輪ウケ狙いで撮り始めたイタズラ作品だったので、あまり期待はしていなかった。
ところがわずか2日後──1月16日の夜に採用を告げる電話を受けて驚いた。
1月23日に恵比寿で番組の説明会があったのだが、1月21日の朝に倒れ、右顔面神経麻痺の症状に見舞われる。鎖骨の手術をうけた病院を受診するが要領を得ない。説明会後の1月29日の再診で入院することになり、1週間ほど右顔面神経麻痺の治療。2月9日(土)に行われた「えび天」収録には間に合った。
収録当日(2/9)の記録を見ると──17:30、TBS日比谷シャンテSTUDIO B3控え室に集合。18:00過ぎに説明会。19:00にスタジオ入り。前説が30分ほどあって、19:40から収録開始。「えびぞり巨匠天国」は生放送番組ということになっていたが実は生収録。CMの時間もリアルタイムでとり2時間40分ぶっ続けで収録し編集は行わないとのことだった。「ミラクル☆スター(えび天バージョン)」の結果は銅賞(メダル)&特別奨励賞(トロフィー)。出演時には鎖骨にワイヤーが入っており、顔面神経麻痺を隠すため特性の自作マスクを被っていた。オンエアは1週間後の1991年(平成3年)2月16日(土)・24:40〜27:00だった。
実写版ミラクル☆スターは独りで撮った試作版だったが、どうにかカットのタイミングを合わせてビデオ編集ができることはわかった。この要領で仲間を加えて撮れば、独りではかなわなかったシーンも増やせるし、アクションの可能性が広がる。そうすればもっとおもしろいことができるはずだと考え、動けない期間に色々と次回作の構想を練る。
ようやく鎖骨のワイヤーを抜く手術が行われたのは3月20日(抜糸は4月2日)。鎖骨骨折にこりて注文した特注の折りたたみ式エバーマットが4月24日に届く。高校時代にアクション映画を撮った仲間を巻き込んで1991年4月30日にミラクル☆スター第2弾の撮影を開始。しかし、フェンス越えの前方2回宙返りのシーンで早々にケガ──エバーマットに首から落下し、首・胸骨・背中を痛める。回転オーバーを警戒して背中から落ちるつもりでやや早めに体を開いた(回転にブレーキをかけた)ところ、なんと回転不足だった。痛みをこらえて予定していた石垣からのダイブ後方宙返りのシーンまでは撮影するが、そこでロケは中断。
再びのケガで撮影スケジュールが狂い、とりあえず型紙を使った改良マスクの製作を始める。試作のFRPマスクはデザイン的には視界を広くとっていたものの、通気性が悪く、ポリカーボネイト板のハーフミラー(ゴーグル部)が息でくもって非常に見えづらいことになっていた。もっとよく見える新マスクを──ということで、発泡ポリエチレン板を使った新マスクを考案。通気性を改善し、ゴーグル部をハーフミラーのフィルムに変更した。ついでに胸当て部分も作り直した。
02MSマスク旧FRP新
03MS新胸当て
型紙による改良マスクはすぐにできたが、ミラクル☆スターの撮影再会の見通しは不透明。そこで、すぐに撮れる代替案として浮上したのが『ミラクル☆キッド』だった。
撮影中の事故によってミラクル☆スターは頓挫……という実情を取り入れた設定(実際にはフェンス越えのダブル宙の撮影でケガをしているが、作中では石垣上からのダイブ宙でケガをした設定になっている)で、負傷したミラクル☆スターに代わって虫とり少年がニューヒーローとなり怪人を倒すという内容。当時小学2年生だった甥っ子を主役に抜擢してミラクル☆キッドの造形を開始。撮影は主役の夏休みを利用して1991年8月に行われた。
04ミラクルキッド1991夏
『ミラクル☆キッド』は「えび天」再登場を意識して作られた。ミラクル☆スターが少年に託した変身メダルは「えび天」で受けた銅賞メダル(銅監督に与えられるメダル)、その変身メダルに転身エネルギーを送るミラクル・タワーには奨励賞トロフィーを使用している。
05ミラクル変身メダル
06Mタワー照射キッド
最後にミラクル・タワーに現れる顔は「えび天」の司会アシスタントをつとめていた福島弓子アナウンサーだったりする。
07Mタワー福島弓子
しかし、「三宅裕司のえびぞり巨匠天国」は9月末に突然の終了。『ミラクル☆キッド』での「えび天」再登場はかなわなかった。
ということで、せっかく撮ったのだし、チャンネルFの実写ヒーロー物のまとめとして、ミラクル☆スターからえび天を経てミラクル☆キッドまでメイキング映像を含めて編集し直したビデオ『ミラクル☆シリーズ スペシャル』(1991年)を作成。YouTubeに投稿したミラクル☆スターとミラクル☆キッドはこのスペシャル・バージョンということになる。





紙媒体の個人誌《チャンネルF》の方では、実写版ミラクル☆スターへの展開を受けて、架空の設定や図解などをまとめた「ミラクル☆スター 秘密大百科」を作成。ミラクル☆キッドの制作後には改訂増頁版として「ミラクル☆シリーズ 秘密大百科」を作っていた。
08CF版ミラクルシリーズ
実写版の元となった小説版ミラクル☆スター・シリーズは、僕が関わった同人誌仲間が登場する楽屋落ち的ギャグ作品で、ネタが判るごく限られた読者を念頭に書いたものだった。少し前に埼玉県を揶揄するギャグがウケた『翔んで埼玉』(2019年)という邦画があったが、同じようなこと(怪人のモデルとなった友人・某が住んでいた葛飾区を揶揄)を小説版ミラクル☆スター・シリーズでは1989年にやっていた。チャンネルF・10号収録の『ミラクル☆スター〜復活篇〜』は、ブログの読み切り作品としては少々長め(3万字ほど)なのだが《はてなブログ》の方で公開している(ブログ版では登場人物は仮名)。
高校時代にアクション映画を撮っていた頃は「格闘シーンに限って言えば、文章表現は、視覚に直接うったえる映像表現にはとてもかなわない→格闘物は小説には不向き」だと思っていた。しかしその後、「文章でも迫力のあるアクション・シーンは描くことができるし、実写映像とはまた違った──実写映像では表現するのは難しいシーンも文章では自由に表現することができる」と考えを改めた。これを試してみたのが小説版ミラクル☆スター・シリーズだったともいえる。久しぶりに読んでみたら面白かった。エピソードの元ネタを知らない人が読んでもそれなりに楽しめるのではないか……などと思ってしまった。



ミラクル☆スター〜実写版〜※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド〜実写版〜※小学2年のスーパーヒーロー誕生
『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』と出演覚書
ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
自作ヒーロー:型紙マスクの作り方
幻のインディーズヒーロー・アクション※『ミラクル☆スター2』の絵コンテ
小説版『ミラクル☆スター〜復活篇〜』(はてなブログ)
ヒーロー的宙返り
最後の宙返り
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜➡トップページ
スポンサーサイト



真夏日のマスクは意外に楽!?

01冬夏マスク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のマスク着用が一般化した昨今。
僕は花粉症(スギ・ヒノキ)なので毎年2月〜4月頃にはマスクを着用してきた。今年も新型コロナ騒動以前に、すでに今シーズン分のマスクを買っていたので、世間のマスク不足や高騰の影響は受けずにすんだ。マスク着用の日々にも違和感はない。
しかし、今年は花粉症の時期を過ぎてもマスク着用の日々が続いている。この時期のマスク着用は未体験ゾーンである。気温が高くなると「マスク着用で熱中症のリスクが高まる(ので注意が必要)」といった報道もあったので、夏日・真夏日には、わずらわしいのだろうなと覚悟していた……のだが……、意外にも、さにあらず。
30℃超えの日中にマスクをつけて外出しても、意外にラク──というより、むしろ花粉症の時期よりも快適さを感じている。というのも、冬に不織布マスクをして外を歩くと吐く息がマスク内で結露し、水を吸収しない不織布の内側は水滴がたまってはなはだ不快な状態になる。これに比べれば真夏日のマスクの蒸れなど、はるかにマシという感じがする。
また、それよりも困るのが、マスクを着用したままメガネをかけるとレンズが曇ることだった。マスクのフチから排出される暖かい息が、冷えたメガネ表面に細かい水滴を作り、これが乱反射を起こしてレンズを白く濁らせる。それでこれまでは「マスクをしていると老眼鏡が使えない」という認識でいた。ところが、気温が高くなってみると、マスクをしていても老眼鏡が曇らない!──これはかなりありがたいことに感じられた。
「夏マスクはうっとうしい」と覚悟していただけに、拍子抜けというか……むしろラッキー感すら覚えていたりする。
まだ東京アラート発動中だったこともあり(自粛を継続していたので)汗だくになるほどには歩いていないが、いずれにしても夏マスクのうっとうしさは、大したことはないだろうという気がしている。

熱中症リスクうんぬんの報道もあったが、「夏にマスクを着けて歩くのはうっとうしそうだ」と思っていたのは、昔、自作のヒーローマスクを被ってビデオ撮影をしたことがあって、「顔が覆われると、予想していた以上に暑苦しく感じる」という経験があってのことである。
ジョーク感覚で作った『ミラクル☆スター』がえび天で採用されたのに気を良くして第2弾を企画したが、ケガで中断。急きょ企画変更して小学2年生の変身ヒーロー『ミラクル☆キッド』を撮ったのが夏だった。
02ミラクルK1再
ケガを負って闘うことができないミラクル☆スターに代わって誕生した正義のヒローローは小学2年生──木を蹴ってカブトムシを落とす少年のキック力が買われて正義の戦士ミラクル☆キッドに抜擢されるという設定。カブトムシはミラクル☆キッドのピンチを救うアイテム(カブト手裏剣)としても使われる。
03ミラクルK2再
というわけで、設定も撮影も夏であった。
当然長袖に手袋・マスク着用は暑いだろうと覚悟していたわけだが、予想していた以上に暑苦しかった。それぞれのカットは短かったのだが、1カット撮るたびにマスクを外して木陰で休憩。水分をとりながら休み休みの撮影だった。暑い盛りにヒーロー(or怪人)マスクをつけるのは予想外にしんどいことを実感した。

ヒーローのマスクに比べれば、薄くて空気を通す不織布マスクは楽勝だ。
花粉症でマスクをつけ慣れている人にとっては、夏マスクにもあまり抵抗がないのではないかと思われる。そうでない人には、やはりうっとうしいのかもしれないが……これからの時期は、うっとうしさを上回るファッションアイテムとしての付加価値が加えられることによって、マスクの愛用化が進む(利用率が高められる)のではないかと個人的には予想している。そんな「オシャレ・マスク」と同時に、面倒な化粧をせずに外出できる「無精マスク」も定着してマスク着用が常態化していくのではなかろうか。

子供向けには、ウルトラマンや仮面ライダーの口元をデザインしたマスクだとか、ロック好きにはローリング・ストーンズのベロ・マーク付きのマスクなんかが登場しそうな気がしているが、まだ僕は見たことがない。



ミラクル☆スター〜実写版〜※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド〜実写版〜※小学2年のスーパーヒーロー誕生
『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』通称『えび天』出演覚書
エッセイ・雑記 〜メニュー〜
◎チャンネルF+〜抜粋メニュー〜トップページ

新型コロナで手作りマスクブーム!?

手作りマスクなら…30年前にマイブーム!?
パンデミックに至った新型コロナウイルス感染症。感染防止アイテムとして需要が急増し価格が高騰していたのがマスクだ。そんな中、手作りマスクを作成するのがブーム(?)となっているらしい。ネット上には手作りマスクの作り方や型紙が色々と紹介されている。
マスクをつけて出歩くのが日常化した昨今、みんな同じマスクをつけているのは野暮ったい──服や帽子と同じようにマスクでもオシャレをしたいと工夫する風潮が生まれるのは自然なことなのかもしれない。以前は見かけなかった色や柄の入ったマスクを見かけるようになってきた。
そんな手作りマスクの登場もあってか、今では市販マスクは過多になって値崩れを起こしているという。

《型紙による手作りマスク》といえば……30年ほど前に、僕にもマイ・ブーム(?)があった。自作マスクをつけてテレビ番組に出たことも!?⬇
01手作りマスクえび天
──ということで、僕が出演したのは、アマチュアの映像作品を紹介する「三宅裕司のえびぞり巨匠天国」通称「えび天」と呼ばれていた番組。当時(1991年)はまだYouTubeもなかったので、アマチュアの映像作品を視聴できるということ自体が珍しく、新鮮で面白かった。
ちなみに僕が制作したのは、ひとりで撮った変身ヒーロー・アクション『ミラクル☆スター』(ヒーロー・怪人・カメラマンの1人3役)。
当初、変身ヒーローのマスクはFRPで製作したのだが、息でくもって具合が悪く、改良するために考案したのが型紙で作るマスクだった。費用も制作時間も節約できることから、色々と試作していた。
02型紙ミラクルS
型紙を作成し(※)、トレースした発泡ポリエチレン板を切り出して、速乾性の合成ゴム系ボンドG17で張り合わせて作ったもの。
型紙を縮小コピーすることで、子供サイズのマスクを作ることも簡単。

03縮小MK仮面再
自作ヒーロー:型紙マスクの作り方より⬆
04ミラクルキッド再

だてマスク・無精マスク……そして
新型コロナ緊急事態宣言は解除されたが、これからもマスク着用の習慣は定着していくことになるだろう。手作りマスクをきっかけに、オシャレのための伊達ダテマスクや化粧をせずに済む無精マスクが流行るかもしれない。
その進化系として、仮面型のマスクをつけて歩く人の姿が見られる日も……なきにしもあらず!?



自作ヒーロー:型紙マスクの作り方
『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』と出演覚書
ミラクル☆スター〜実写版〜※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド〜実写版〜※小学2年のスーパーヒーロー誕生
ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
インディーズ&ローカルヒーロー目次
チャンネルF+〜抜粋メニュー〜

インディーズ&ローカルヒーロー目次

01インディーズヒーロー目次
★インディーズヒーロー★〜メニュー〜
ミラクル☆スター〜実写版〜※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド〜実写版〜※小学2年のスーパーヒーロー誕生
ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
自作ヒーロー:型紙マスクの作り方
幻のインディーズヒーロー・アクション※『ミラクル☆スター2』の絵コンテ
ヒーロー的宙返り
最後の宙返り
『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』通称『えび天』出演覚書
バケツからの生還
1月16日は《ヒーローの日》
えび天ミラクル☆シリーズから30周年
小説版『ミラクル☆スター〜復活篇〜』(はてなブログ)
子どもはなぜヒーローが好きか

02ローカルヒーロー目次
★ローカルヒーロー★〜メニュー〜
ローカルヒーロー首都決戦2009:INDEX
ローカルヒーロー首都決戦(1)オープニング
ローカルヒーロー首都決戦(2)クルメイザー
ローカルヒーロー首都決戦(3)まくあい:みずすまし げんごろう
ローカルヒーロー首都決戦(4)幸戦隊コウタレンジャー
ローカルヒーロー首都決戦(5)転成合神ゲンキダーJ
ローカルヒーロー首都決戦(6)精霊法士トチノキッド〜友情出演〜
ローカルヒーロー首都決戦(7)機天草子 織姫ヒメル・風天狗リューマイン〜友情出演〜
ローカルヒーロー首都決戦(8)渦戦士エディー
ローカルヒーロー首都決戦(9)ゲスト:Xリーグチア
ローカルヒーロー首都決戦(10)防犯戦隊フリコマン
ローカルヒーロー首都決戦(11)マブリットキバ
ローカルヒーロー首都決戦(12)ダルライザー
ローカルヒーロー首都決戦(13)超装甲ジオブレード
ローカルヒーロー首都決戦(14)エンディング
ローカルヒーロー首都決戦2010もくじ
ローカルヒーロー首都決戦2010開幕
パワーシティオーイタ(1)@ローカルヒーロー首都決戦2010
パワーシティオーイタ(2)@ローカルヒーロー首都決戦2010
パワーシティオーイタ(3)@ローカルヒーロー首都決戦2010
超装甲ジオブレード(1)@ローカルヒーロー首都決戦2010
超装甲ジオブレード(2)@ローカルヒーロー首都決戦2010
幸戦隊コウタレンジャー(1)@ローカルヒーロー首都決戦2010
幸戦隊コウタレンジャー(2)@ローカルヒーロー首都決戦2010
幸戦隊コウタレンジャー(3)@ローカルヒーロー首都決戦2010
ジオブレードによるヒーロー紹介@ローカルヒーロー首都決戦2010
マブリットキバ(1)@ローカルヒーロー首都決戦2010
マブリットキバ(2)@ローカルヒーロー首都決戦2010
マブリットキバ(3)@ローカルヒーロー首都決戦2010
マブリットキバ(4)@ローカルヒーロー首都決戦2010
渦戦士エディー(1)@ローカルヒーロー首都決戦2010
渦戦士エディー(2)@ローカルヒーロー首都決戦2010
渦戦士エディー(3)@ローカルヒーロー首都決戦2010
超速戦士G-FIVE(1)@ローカルヒーロー首都決戦2010
超速戦士G-FIVE(2)@ローカルヒーロー首都決戦2010
エンディング@ローカルヒーロー首都決戦2010

チャンネルF+〜抜粋メニュー〜

チャンネルF抜粋目次画
〜抜粋メニュー〜 ※タイトルをクリックすると記事が開きます
★インディーズヒーロー
ミラクル☆スター〜実写版〜※ひとりで撮ったスーパーヒーロー・アクション
ミラクル☆キッド〜実写版〜※小学2年のスーパーヒーロー誕生
ミラクル☆シリーズさくっと制作経緯
自作ヒーロー:型紙マスクの作り方
幻のインディーズヒーロー・アクション※『ミラクル☆スター2』の絵コンテ
ヒーロー的宙返り
インディーズ&ローカルヒーロー目次

★フェレット漫画『ふぇレッツ・ゴー』※カラー加筆復刻版
しっぽの役割:編(尾の役割&しっぽ振りの意味)
超魔術イタチ:編(&動画【超魔術イタチ】/ケバエ幼虫との遭遇)
グランジ目線で散歩:編(&グランジが散歩した距離/動画【快走!散歩派フェレット】)
イタチと迷信!?:編(イタチは不吉!?)
ニオイでほんろう:編(最後っ屁対決!?/【イタチのさいごっぺ】について)
すっげ〜:編(最大のハプニング!?)
忍者イタチ:編(&忍者イタチ動画)
『フェレットinジャケット』(フェレット漫画第1作)
ハムスペ新人まんが大賞受賞作:編
『フェレットのいる風景』
フェレット漫画@ハムスペ覚書
イタチmeets猫(実写4コマ)
散歩派フェレット・プチアルバム
漫画メニュー頁

★小動物★
カメのヘソ!?ヘビの抜け殻&アオダイショウ幼蛇幼蛇と成体・模様が異なる理由:アオダイショウ親とは似てないシマヘビ幼蛇ヒバカリ(ヘビ)の飼育プチ記録ヒバカリ幼蛇の捕食サファイア・ブルーなヒガシニホントカゲ幼体トカゲの尾は何度も切れる!?穴を掘るヒガシニホントカゲ/★小動物など〜メニュー〜

★昆虫★
カマキリは大雪を知っていたのか!?謎の幼虫大群:ケバエ怪獣のような幼虫!?葉上のドラゴン:ウコンカギバ幼虫紫のピカチュウ!?ウラギンシジミ幼虫の線香花火金色に輝くジュエリー昆虫虹色の輝き!アカガネサルハムシ黄金色のコガネムシ宝石昆虫タマムシ・玉虫の金蔵とは!?エメラルドを隠し持つムツボシタマムシ輝くアオマダラタマムシと銀の蛾シブく輝くウバタマムシ他牙付きマツトビゾウムシ牙付きクチブトゾウムシ眼を隠すシロコブゾウムシエゴヒゲナガゾウムシ:オスの眼はなぜ離れてる!?切られた触角の謎〜《ひげ噛み行動》考《カブトムシの角は矛盾だった》のか?TokyoToraカミキリ@東京ヨコヤマトラカミキリの模様変化する模様!?キマダラミヤマカミキリ他変化する輝き!?アカアシオオアオカミキリ@葉トラフカミキリの印象擬態冬の極小カミキリ登場可愛い悪役!?ルリカミキリの産卵ゴマダラカミキリに思う…ニホントビナナフシの雌雄モザイクニホントビナナフシ東京でも両性生殖黄色いトビナナフシ飛来したトビナナフシ宝石蜂セイボウ:輝きの秘密と生活史考カギバラバチ:大量微小卵のナゼ?刺さない蜂!?ライポン昆虫のギミック&トリックセミヤドリガの羽化スーパーヒロイン模様の虫ノコメエダシャクはなぜ傾いでとまるのか?フユシャクの婚礼ダンスクロスジフユエダシャクはなぜ隠れて交尾するのか意外な翅の役割り!?クロスジフユエダシャクまるで別種なフユシャクの♂と♀美麗蛾ウンモンスズメ他クモ擬態のオーロラハマキ!?木片そっくりの蛾ヒメエグリバのトリックアートアカエグリバ&ヒメエグリバの枯葉擬態眼状紋と眼隠蔽模様マエムキダマシ!?クロスジホソサジヨコバイは誰を騙すのか?ミミズクのダンステングスケバ天狗の鼻は何のため?青リンゴの香り:キバラヘリカメムシオオトビサシガメのバナナ臭ヤニサシガメのベタベタは分泌物なのか松ヤニなのか?キマダラカメムシの臭腺開口部ツノカメムシの異種ペアハート紋のモンキツノカメムシ&…紅葉・黄葉するカメムシ!?フトハサミツノカメムシの歯状突起&臭腺開口部アカスジキンカメムシぷち実験で輝き復活カメムシの奇行!?抜け殻落としプチまとめ珍虫ハリサシガメの観察❲総集編❳ぷち地蔵なアカシマサシガメマツヘリカメムシ:卵・幼虫・成虫立冬すぎのアブラゼミ!アメンボを嗅いでみた:飴の匂いは本当なのか?メタリックな美麗昆虫10種ザ!鉄腕!DASH!!にシャチホコガ幼虫幻の東京産オオクワガタを捕った思い出/★昆虫など目次
コノハムシ〜卵から成虫まで〜葉に化ける工夫偽瞳孔脚の再生脱皮羽化コノハムシ漫画

創作童話・ショートショート・漫画メニュー
作品評・感想など(映画・本)〜目次〜

★エッセイ・雑記★
子どもはなぜヒーローが好きかバケツからの生還総括なき多鑑賞最近のテレビ番組に思うこと自然公園のやる事か実録バイクアクション!?クリスマスの思ひで僕は宇宙の常識人!?ハートに乾π・面積の思ひで幻と消えた大発明・永久機関の夢時間の加速感Yahoo!ブログの可能性人はなぜ宝くじを買うのか人はなぜ《霊》を感じるのかテレビが終わる日空耳ならぬ空目アワー「ら抜き言葉」についてつれづれに夢の話スポーツ指導わかる気がしないでもない「しゃべらぬ若者」雨でも傘は濡らさないダンゴムシの心?こども心にひっかかった《ひろすけ童話》の【善意】『昆虫はすごい』スゴイのだけど…髪はなぜ伸び続けるのか?ヒトはどうして眠るのか?~ロボットの反乱&自意識の覚醒昆虫を見る意義!?〜人はなぜ死を恐れるのか?点と線…テンで理解できまセンうつろう記憶媒体〜失われし記憶ハ痛イ〜語彙と表現力読書中の内なる声!?《学力》と《賢さ》ドラゴンを折って昆虫進化の奇跡を思う昆虫の何に魅かれるのか?時はどんどん加速する長生きほど人生は短い!?時間の逆転現象考えるマーライオン『三宅裕司のえびぞり巨匠天国』通称『えび天』出演覚書ブログ以前〜個人誌的ブログ:チャンネルFブログ引っ越し騒動:ひと区切りついて同人誌回顧録絶滅危惧!?消えゆく本屋と雑木林実録『怪喜!笑い袋爺』《かわいさ》は赤ちゃんの武器!?【絵本】と【童話】の違いひとり多い!?座敷童子2題人数が増減する騙し絵の簡単な解説夢の中から電話!?宮沢賢治『やまなし』とクラムボンファーブル昆虫記の違和感についてタマムシとコガネムシキアイを入れれば見える!?空目色々アマビエは龍宮の使い!?記憶層と忘却の浸食ツチノコの正体!?飛行機とび禁止の意外な真相!?異教徒ならぬ無教徒の死生観/★エッセイ・雑記の目次/★エアポケット幻想
01座敷童子騙し絵新A

【冗区(ジョーク)】〜メニュー〜

※2019年12月に終了したYahoo!ブログ【星谷 仁のブログ】から移行してきたため、まだリンクの整理がしきれていところがあるかもしれません。